映画「ザ・ファブル」岡田准一が休業中の殺し屋 木村文乃に福士蒼汰と山本美月

最終更新日:2018年6月23日
画像:講談社

映画「ザ・ファブル」岡田准一が休業中の殺し屋 木村文乃に福士蒼汰と山本美月

岡田准一や木村文乃、山本美月、福士蒼汰と豪華俳優陣が揃った映画が2019年に公開です。

まず、「ザ・ファブル」のあらすじを一言でまとめます。

一般人として普通の生活を送ろうとする殺し屋の物語

原作は南勝久が2014年から雑誌「週刊ヤングマガジン」で連載中の漫画。

柳楽優弥や向井理、安田顕、佐藤浩市らも出演して勢いのある青年漫画の実写化に挑みます。

目次・ザ・ファブル

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、殺し屋を休業中の二人が事件に巻き込まれた女性を助けようとする

裏社会で「天才的な殺し屋」と呼ばれる一人の男がいた。

その男は「寓話」という意味を持つ「ファブル」と呼ばれる。

幼い頃からファブルはパートナーの女と共に数々の標的を殺してきた。

しかし、その正体が暴かれるの恐れたボスがファブルに対して「殺し屋を1年間、休業して大阪で一般人として生活を送る」というミッションを与える。

もちろん、殺しは禁止だ。

佐藤明の偽名を与えられたファブルとパートナーの佐藤洋子は一般人としての生活を奇妙にも楽しむ。

そんなファブルたちは事件に巻き込まれたミサキを助けるため、再び裏社会に踏み込む。

キャスト、岡田准一に木村文乃 福士蒼汰と山本美月

ファブル – 岡田准一(V6)
幼少時から訓練を受けたプロの殺し屋で偽名は佐藤明(さとう・あきら)。
どんな敵でも6秒以内に殺す技術を持つ。
普段は温厚で無駄な殺生はしない。

佐藤 洋子(さとう・ようこ) – 木村文乃
ファブルのパートナーで凄腕の殺し屋でヨウコは偽名。
ボスの指示によりファブルと共に大阪で暮らす。
殺し屋の休業期間中に恋をすることを目標にしている。

ボス – 佐藤浩市
ファブルを幼い頃から殺し屋として育てる。

ミサキ – 山本美月
殺し屋休業中のファブルが大阪で出会う女性。

海老原 – 安田顕
ファブルの世話を請け負う真黒カンパニーの社長。
ファブルについては敵意がある。

小島 – 柳楽優弥
ミサキを追い詰める海老原の弟分。

砂川 – 向井理
海老原と対立する真黒カンパニー専務。

フード – 福士蒼汰
ファブルを倒し名を上げようとする殺し屋。




Wikiwikiメモ

・映画出演の多い岡田准一だが、漫画原作の映画化は初

・「ファブル」は「寓話」を意味する英語

・原作漫画の累計発行部数は200万部を突破、2017年度の講談社漫画賞を受賞した

公式ツイッター

概要とスタッフ

映画公開日:2019年
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@the_fable_movie
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
原作:南勝久
映画発表日:2018年6月23日
映画撮影期間:2018年6月13日~8月中旬

・2019年の映画情報まとめ






ドラマ「モンテ・クリスト伯」ディーン・フジオカが巌窟王 大倉忠義、山本美月、高橋克典

最終更新日:2018年6月12日

ドラマ「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―(モンテクリクリ)」ディーン・フジオカが巌窟王 大倉忠義、山本美月、高橋克典も出演

2018年4月19日からのフジテレビの木10枠のドラマの主演はディーン・フジオカです。

まず、「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」のあらすじを一言でまとめます。

無実の罪で監獄に送られた男が巨万の富を手にして復讐を始める

日本では「巌窟王」のタイトルで知られる1840年代のフランスの名作が現代版にアレンジ。

恋人役に山本美月、ディーン藤岡の復讐相手は関ジャニ∞の大倉忠義、高橋克典、新井浩文です。

最終回は6月14日。

・7月からの木10枠のドラマ

目次・モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
ロケ地
ディーン・フジオカ
概要とスタッフ

あらすじ、3人の男によって冤罪により15年を無駄にした男が復讐を開始する

小さな漁師町で柴門暖は愛する女性の目黒すみれと結婚が決まり、幸せの絶頂にいた。

そんな時、暖の幸せを邪魔する3人の男たちが現れた。

婚約者を奪おうとする恋敵の南条幸男、出世を妬む同僚の神楽清、ある事情を抱えた警察官の入間公平。

3人の仕業により暖は冤罪の罪で、異国の地の監獄に送られてしまう。

暖は無実の罪で15年間、牢獄に閉じ込められて婚約者と自らの未来を奪われた。

だが、暖は幸運を手にして獄中生活から逃れて巨万の富を手に入れる。

2003年から2018年の15年間を獄中で過ごした暖は投資家のモンテ・クリスト・真海と名乗り、人生を狂わせた3人の男たちに大胆かつ華麗な復讐を始める。

〜6月14日放送の第9話(最終回)〜

真海が信一朗に渡した薬を飲んだ未蘭は昏睡したままで面会謝絶。

真海の別荘を訪ねて詰め寄る信一朗に、真海はもうすぐ死んで償うと詫びた。

未蘭を排除した瑛理奈は、ついに貞吉を殺害しようとする。

そこに入間が帰ってきて貞吉は話があると合図、真海が残していったボードを使って会話を始める。

倉庫に閉じ込められた神楽は、国有地売却の件で議員と自分に闇献金疑惑がかけられ東京地検特捜部が捜査に動いたことを知る。

そこに天野満(栁俊太郎)が手下を連れて現れて神楽に拷問を始める。

幸男とすみれは真海に会いに行こうとしていた。

だが、その途中、愛梨から明日花と一緒にいると連絡が入る。

自分に恨みを持つ愛梨と娘が一緒だと知った幸男は、すみれを帰して独りで真海に会いに行くことに。

その頃、真海は入間と会っていた。

真海は入間に留美と安堂完治が一緒に逃げていると教える。

キャスト、ディーン・フジオカに大倉忠義 山本美月に高橋克典

モンテ・クリスト・真海(柴門 暖) – ディーン・フジオカ
冤罪で異国の地の牢獄に送られて15年間を過ごした悲劇の男でかつての名前は柴門暖。
世界有数の富を手にしてモンテ・クリスト・真海と名乗り投資家となる。
愛する女性と未来の家族を奪った3人の男に復讐する。

南条 幸男 – 大倉忠義(関ジャニ∞)
暖と仲の良い後輩ながら、暖の愛する目黒すみれを愛していた。
嫉妬心から暖を地獄へと葬った。
すみれと結婚、香港でスターになり逆輸入俳優として日本でも活躍する。

目黒 すみれ(南条 すみれ) – 山本美月
婚約者の暖が無実の罪により投獄されて地獄の苦しみを味わう。
暖の帰りを信じて待ち続けようとするも、幸男と結婚。
料理研究家として幸男と著名な夫婦となる。

神楽 清 – 新井浩文
暖が勤めていた漁業会社の先輩社員。
出世の邪魔となる暖を失墜させる。
その後に地上げ家業に乗り出し建設会社「神楽エステート」の社長になる。

入間 公平 – 高橋克典
キレ者の警察官で最年少の刑事部長に。
無実の罪で暖を牢獄へと送り込んだことを隠しながら生きる。

守尾 信一朗 – 高杉真宙
暖が勤める漁業会社の一人息子で父の死後、社長となる。
投資家となった真海の助けを借りて借金を返済。
市場で働くうち、真海の復讐対象の娘の未蘭と出会う。

安堂 完治(あんどう・かんじ) – 葉山奨之
警視庁・参事官の入間公平と接点を持つ青年。
アパレルブランドを立ち上げたいという夢に燃えつつ、人を欺くことをいとわない。

神楽 留美 – 稲森いずみ
ホステスや愛人などを経験してから神楽清の妻となった。
誰にも言えない衝撃的な過去を持つ。

入間 瑛理奈 – 山口紗弥加
自身の欲のために企みを持つ入間公平の後妻。

入間 未蘭 – 岸井ゆきの
公平と前妻との間の娘。
守尾信一朗と純愛する。

土屋 慈 – 三浦誠己
復讐鬼となった暖(真海)の忠実な秘書。

入間 貞吉 – 伊武雅刀
入間公平の父親で元世界的なファンドの代表。
莫大な資産を持つも、体が不自由になり信頼しているのは孫の未蘭だけ。

江田 愛梨 – 桜井ユキ
南条幸男のマネージャー。

寺角 類 – 渋川清彦
暖と神楽の先輩で地元のチンピラ。

柴門 恵 – 風吹ジュン
暖の母親。

守尾 英一朗 – 木下ほうか
暖の勤め先の漁業会社の社長。

ファリア 真海 – 田中泯
暖が無実の罪で投獄された独房の隣の地下牢に収監されていた人物。
投獄されている国の元大統領。




Wikiwikiメモ、原作は世界各地でアレンジされてドラマに

・原作の「モンテ・クリスト伯」はフランスの小説家アレクサンドル・デュマ・ペールが1840年代に発表した物語で、その後に世界各地でアレンジされた舞台やドラマが演じられている

・原作は主人公が無実の罪で監獄に送られて長い年月を過ごし、島で苦しみながらも巨万の富を手にして脱獄、モンテ・クリスト伯爵を名乗って自分を陥れた者たちに復讐する

・原作は日本で黒岩涙香が1900年代に登場人物を日本人名にして翻訳、「巌窟王」の名前で知れ渡った

公式ツイッター

ロケ地

・漁港の撮影場所
名称:宇佐美港(可能性大)
住所:静岡県伊東市宇佐美39

・結婚式場の撮影現場(可能性大)
名称:伊豆高原ミッシェルガーデンコート
住所:静岡県伊東市川奈1439-1

・ターミナル駅のロケ地
名称:守谷駅
住所:茨城県守谷市中央2-18-3




ピックアップ俳優、ディーンフジオカとは


ディーン・フジオカとは1980年8月19日生まれの俳優、ミュージシャン。

高校卒業後にシアトルの大学を出て2004年に香港に渡ってスカウトされてモデルや俳優として活動を開始した。

香港や台湾で活躍した後に2013年の日本の映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで(アイ・アム・イチハシ)」の監督と主演、主題歌を手がけた。

日本語、英語、北京語、広東語、バハサ(インドネシア語)の5言語を操るマルチリンガル。

本名は藤岡竜雄で福島県生まれ。

父親は中国生まれの日本人で母親も日本人であり、その見た目からハーフとの誤解も多い。

作詞・作曲・プロデュースを手がける音楽制作をインドネシアで行う。

2012年に結婚して2014年に男女の双子をもうけた。

2015年下半期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で五代友厚役を演じ、逆輸入俳優として絶大な人気を得た。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年4月19日スタート、毎週木曜22時
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@MONTE_CRISTO_cx
脚本:黒岩勉(ドラマ「貴族探偵」映画「謎解きはディナーのあとで」)
プロデュース:太田大、荒井俊雄
演出:西谷弘、高野舞、野田悠介
主題歌:DEAN FUJIOKA「Echo(エコー)」
原作:アレクサンドル・デュマ・ペール
ドラマ発表日:2018年2月10日

・2018年7月〜9月のドラマ情報のまとめ






映画「去年の冬、きみと別れ(冬きみ)」主演は岩田剛典、山本美月や斎藤工

最終更新日:2018年1月14日

映画「去年の冬、きみと別れ(冬きみ)」主演は岩田剛典 山本美月や斎藤工が出演

エグザイルグループで俳優としての人気を高めてきた岩ちゃんによる主演映画「去年の冬、きみと別れ(冬きみ)」が2018年3月10日に公開です。

まず、「去年の冬、きみと別れ」のあらすじを一言でまとめます。

ある焼死事件の容疑者を取材を進めるうちに闇にはまるルポライター

原作は2005年に「土の中の子供」で芥川龍之介賞を受賞した中村文則による本格サスペンス。

事件の取材を進める主人公に岩田剛典でその婚約者に山本美月、取材対象の怪しい男を斎藤工が演じます。

目次・去年の冬、きみと別れ

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、焼死事件の容疑者に取材を進めるルポライター

耶雲恭介は結婚を間近に控えたルポライターだ。

耶雲は週刊誌の編集者からある事件の取材を提案される。

それは盲目の美女が巻き込まれた焼死事件、その容疑者の天才写真家への取材だ。

事件を調べていくうちに耶雲は違和感を感じていく。

関係者たちの精神的なゆがみ、何かを隠し続けている容疑者。

そして耶雲は抜けることのできない深みにはまっていく。

キャスト、岩田剛典に山本美月 斎藤工に北村一輝


耶雲恭介(やくも・きょうすけ) – 岩田剛典(「EXILE」「三代目J Soul Brothers」)
心にトラウマを抱える新進気鋭のルポライター。

松田百合子(まつだ・ゆりこ) – 山本美月
耶雲の婚約者。

小林良樹(こばやし・よしき) – 北村一輝
耶雲に取材を提案する週刊誌編集者。

木原坂雄大(きはらざか・ゆうだい) – 斎藤工
耶雲の取材対象の写真家。

木原坂朱里(きはらざか・あかり) – 浅見れいな
木原坂の姉。




Wikiwikiメモ

・エグザイルの岩田剛典は同じく2018年公開の映画「パーフェクトワールド」でも主演を務める

・原作者の中村文則は「映像化不可能と言われていたミステリーですが脚本を読んでいた時に『この手があったか』と感心してしまいました」とコメント

・中村文則の小説は2018年に玉木宏主演で「悪と仮面のルール」も映画化される

公式ツイッター

概要とスタッフ

映画公開日:2018年3月10日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@fuyu_kimi
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
音楽:上野耕路
配給:ワーナー・ブラザース
制作プロダクション:C&Iエンタテイメント
主題歌:m-flo「never」
原作:中村文則(幻冬舎文庫)
映画発表日:2017年8月1日
映画撮影期間:2017年7月2日~8月17日

・2018年の映画情報のまとめはこちら






ドラマ「刑事ゆがみ」浅野忠信と神木隆之介

最終更新日:2017年12月14日
画像:ビッグコミックオリジナル

ドラマ「刑事ゆがみ」浅野忠信と神木隆之介

10月12日からのフジテレビの木10枠のドラマは浅野忠信と神木隆之介による刑事ものです。

まず、「刑事ゆがみ」のあらすじを一言でまとめます。

適当だが事件解決のためなら違法捜査を厭わない刑事

原作は「ビッグコミックオリジナル」で連載中の井浦秀夫による漫画。

浅野忠信が演じる主人公の刑事は普段は適当な性格ながらくせ者で、相棒の生真面目な新米刑事を神木隆之介が演じます。

目次・刑事ゆがみ

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
浅野忠信
概要とスタッフ

あらすじ、普段は適当な刑事の弓神が事件のゆがみを見つける


主観的な正義とあいまいな真実が広がる現代社会。

普段は「てきとう」な刑事の弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)は軽い雰囲気で人から話を引き出していく。

弓神は相手がコソ泥でも国会議員でも関係なくは事件に潜む「ゆがみ」を見つける。

真実を求める弓神は空気を読まず、違法捜査も日常茶飯事に繰り返す。

そんな弓神の相棒は真面目だが出世意欲の強い新米刑事の羽生。

かみ合わないデコボココンビが現代社会が抱える問題に直面する。

キャスト、浅野忠信に神木隆之介

弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ) – 浅野忠信
普段は適当な性格でゆがんだ性格の刑事。
事件性がないと見られる事件でも犯罪者のゆがんだ心を見抜く。
犯罪を見逃さないためなら違法捜査も躊躇しない。

羽生虎夫(はにゅう・とらお) – 神木隆之介
真面目で正義感はあるが出世意欲も強い新米刑事。
相棒で違法捜査だらけの弓神に振り回される。

菅野理香 – 稲森いずみ
弓神と羽生と共に働く刑事。
適当すぎる弓神に苦言を呈する。

氷川和美 – 山本美月
警察組織に属せず弓神の独自調査を支援する敏腕ハッカー。
弓神の裏の相棒であだ名はヒズミ。

多々木挙男 – 仁科貴
うきよ警察署刑事課強行犯係の年長者。

町尾守 – 橋本淳
多々木と共に強行犯を支えるしっかり者の刑事。

横島不二実 – オダギリジョー
7年前に自らの小説になぞった殺人事件を自演した作家。
逮捕される直前に焼身自殺を偽装、娘はヒズミ。

・各話のゲスト
小倉優子、杉咲花、岡田義徳、大後寿々花、小倉優香(第1話)
斎藤工、水野美紀(第2話)
寺脇康文(第3話)
高梨臨、飯豊まりえ(第4話)
板谷由夏、丸山智己、木下ほうか(第5話)
新田真剣佑、MEGUMI、新井美羽(第6話)
りょう、早見あかり(第7話)
市川由衣(第8話)
二階堂ふみ(第9話)



Wikiwikiメモ、原作者の井浦秀夫の作品は「弁護士のくず」が過去にドラマ化

・主人公の刑事の名前「適当」は悪い意味のてきとうではなく、いい加減・極端じゃなく灰色という意味

・浅野忠信はキムタク主演の2017年1月のドラマ「A LIFE~愛しき人~」に続いて連ドラに出演

・原作者の井浦秀夫の作品では、「弁護士のくず」が2006年にTBSの木10枠、 豊川悦司主演でドラマ化した

・第1話で痴漢事件の容疑者の妻役として小倉優子が7年ぶりにドラマ出演する

・第6話にはタクシードライバー兼モデルの「美人すぎるタクシードライバー」生田佳那が新田真剣佑の運転手役として出演する

公式ツイッター

ピックアップ俳優、浅野忠信とは

浅野忠信(あさの・ただのぶ)とは1973年11月27日生まれの俳優。

祖父はアメリカ人のクオーターで身長は179cm。

ドラマのオーディションで芸能界入り、バンド活動を続けながらも映画俳優として活躍を始める。

2007年にはロシア人の監督作品「モンゴル」で主演のチンギス・ハーン役を務めるなど、国内外の映画に出演、いくつもの映画祭で受賞する。

1995年に歌手のCHARAと結婚して22歳で父になり、2子をもうけるも2009年に離婚した。

自身の父親が設立した芸能事務所アノレに所属。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年10月12日スタート、毎週木曜22時
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@keiji_yugami
脚本:倉光泰子(ドラマ「ラヴソング」「突然ですが、明日結婚します」など)、大北はるか(ドラマ「好きな人がいること」など)、藤井清美(映画「るろうに剣心」シリーズなど)
プロデュース:藤野良太、高田雄貴
演出:西谷弘、加藤裕将、宮木正悟
主題歌:WANIMA「ヒューマン」
初回視聴率:7.6%
原作:井浦秀夫(小学館「ビッグコミックオリジナル」)
ドラマ発表日:2017年7月31日

・次クールの木10ドラマの情報はこちら

・2018年1月〜3月のドラマ情報のまとめはこちら






映画「友罪(ゆうざい)」生田斗真に瑛太、監督は瀬々敬久 少年犯罪のその後の物語

最終更新日:2018年5月24日

映画「友罪」生田斗真に瑛太 少年犯罪のその後の物語

映画「64-ロクヨン- 前編/後編」などを手がけた瀬々敬久が監督を務める映画「友罪」が2018年5月25日、公開です。

まず、「友罪」のあらすじを一言でまとめます。

凶悪事件の少年犯のその後の物語

原作は少年犯罪をテーマにした薬丸岳の小説。

凶悪な少年犯罪の疑いのある男に瑛太、その友人で疑心暗鬼になるのが生田斗真です。

目次・友罪

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
ロケ地
概要とスタッフ

あらすじ、17年前の少年犯罪に振り回される若者たち

益田純一はジャーナリストを目指すも挫折、生きるために製作所に住み込みで働き始める。

益田と同期入社の鈴木秀人は無口な暗い性格で毎晩のようにうなされていた。

中学生の時にいじめを苦にして自殺した友人を益田は思い出し、鈴木と仲良くしていこうと決める。

事務員の藤沢美代子と仲良くなっていくと鈴木はだんだんと明るくなり、製作所では穏やかな日々が流れるようになった。

そんな時、益田は元恋人の雑誌記者から17年前に起きた残虐な犯罪をした少年「青柳健太郎」について教えて欲しいと頼まれる。

益田はジャーナリスト時代の暗い過去から目を背けるため拒絶するも、その写真が同僚の鈴木に似ていると気づく。

益田は鈴木が少年犯罪をした少年だと調べていくうちに、17年前に犯した自分の罪と向き合わざるを得なくなる。

キャスト、生田斗真に瑛太 夏帆に山本美月

益田 純一 – 生田斗真
ジャーナリストを目指していた若者。
挫折をして寮のある町工場で働き出す。
中学生の時に友達が自殺してしまったことを悔やんでいる。

鈴木 秀人 – 瑛太
真面目で大人しい青年。
益田と同期として町工場で働く。
17年前の残虐な犯罪を実行した「青柳健太郎」との疑いがある。

藤沢 美代子 – 夏帆
益田や鈴木と同じ会社で働く事務員。
元恋人のせいでAV女優をした過去を持つ。
鈴木に好意を持っている。

杉本 清美 – 山本美月
益田のかつての交際相手。
雑誌記者として「黒蛇神事件」を調べている。

白石 弥生 – 富田靖子
犯罪をした少年「青柳健太郎」の母親代わりとなった女性。

達也 – 忍成修吾
藤沢美代子の元恋人。
AV女優時代のネタで美代子を脅迫する。

山内 修司 – 佐藤浩市
タクシードライバーで家族を解散した過去を持つ。
交通事故で人を亡くした息子が結婚しようとして怒る。

・その他の出演者
奥野瑛太、飯田芳、小市慢太郎、矢島健一、青木崇高、西田尚美、村上淳、片岡礼子、石田法嗣、北浦愛、坂井真紀、古舘寛治、宇野祥平、大西信満、渡辺真起子、光石研




Wikiwikiメモ

・原作者の薬丸岳(やくまる・がく)は女子高生コンクリート詰め殺人事件をきっかけに少年法への知識を深めて少年犯罪をテーマにした小説を書くようになった

・原作者の薬丸岳は2005年の小説「天使のナイフ」で第51回江戸川乱歩賞を受賞

・原作者の薬丸岳の作品で映像化されたのは滝沢秀明主演の「悪党(フジテレビ、2012)」、椎名桔平主演の「刑事のまなざし(TBS、2013)」、小出恵介主演の「天使のナイフ(WOWWOW、2015)」

公式ツイッター

ロケ地

・撮影現場になった学校
名称:高萩市立高萩中学校
住所:茨城県高萩市高浜町1丁目77

・少年院の撮影場所
住所:茨城県日立市

概要とスタッフ

映画公開日:2018年5月25日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@yuzai_movie
監督、脚本:瀬々敬久
原作:薬丸岳
原作発売日:2013年5月2日

・2018年の映画情報のまとめはこちら






実写ドラマ「東京アリス」 山本美月が主演、アラサー4人組の物語

最終更新日:2017年11月4日
画像:講談社

稚野鳥子の漫画「東京アリス」が実写ドラマ化 主演は山本美月

「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」や「東京タラレバ娘」など人気ドラマの原作が続いている講談社の雑誌「Kiss」からまた一つ、漫画が実写ドラマ化されます。

稚野鳥子(ちや・とりこ)が2005年から2015年まで連載した漫画「東京アリス」は8月25日発売のKiss10月号から新シリーズがスタート、合わせて8月25日よりAmazonプライム・ビデオにて実写ドラマが配信されました。

4人の大人の女性たちによる日常を描いた漫画「東京アリス」。

演じるのは主演に山本美月、トリンドル玲奈、高橋メアリージュン、朝比奈彩です。

男性陣は大谷亮平、大東駿介、白石隼也など豪華俳優陣によるAmazonプライム・ビデオのドラマとなります。

目次・東京アリス

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
原作者
予告映像
概要とスタッフ

あらすじ、ショッピング命のふうとアラサー女子たちの恋愛


アラサーのOLの有栖川ふうが愛や情熱を捧げるのはお買い物。

ブランドバッグを買おうとするために貯金を目指すも、すぐに買い物に走ってしまい毎月に多額のカードの引き落としに追われていた。

そんなふうは高校生時代からの同級生4人組と今でも頻繁にあっている。

心療内科医で女からもモテる桜川理央、育ちの良いお嬢様の円城寺さゆり、少女漫画家の羽田みずほ。

いろんな恋愛をしている3人をよそに、ふうは恋よりもショッピングに夢中だった。

ふうは新しく買ったバッグとは添い寝をするほどの変人だ。

ある日、ふうは終電を無くした時にタクシー代を払いたくないため、上司の奥薗慎二の家に強引に泊まってしまう。

そして、ふうたち4人のアラサー女子のショッピングと恋愛が盛り上がっていく。

キャスト、山本美月にトリンドル玲奈 高橋メアリージュンに朝比奈彩

有栖川ふう – 山本美月
デザイン制作会社のOL。
何よりもお買い物を大事にしている。

桜川理央 – 高橋メアリージュン
ふうの幼なじみで心療内科医。
同性のふうへの想いを隠している。

円城寺さゆり – 朝比奈彩
ふうの幼なじみで育ちの良いお嬢様。
付き合う男を頻繁に変えているが、家は結婚相手を決めようとしている。

羽田みずほ – トリンドル玲奈
ふうの幼なじみで少女漫画家。
ミュージシャン志望などダメ男ばかりと付き合っている。

奥薗慎二 – 大谷亮平
冷静で仕事の出来るふうの上司。
無表情なために「アイスマン奥薗」と呼ばれる。

翡山晃央 – 大東駿介
さゆりが惚れる不思議な男。

小田桐瞬 – 白石隼也
ふうの会社の同僚。

東雲ケン – 小関裕太
理央の幼馴染。

泉温斗 – 杉野遥亮
理央の病院の看護師。

香椎遊助 – 栁俊太郎
ふうが出会うカメラマン。

沢村環 – 佐津川愛美
奥薗の元カノで同僚。




Wikiwikiメモ

・漫画「東京アリス」を原作にした舞台が2009年、石川梨華・吉澤ひとみ・小川麻琴・木下智恵・吉野紗香らで行われた

・原作者の稚野鳥子の代表作「クローバー」は2014年に武井咲主演で実写化した

・雑誌Kissからは岩田剛典と杉咲花主演で2018年に映画「パーフェクトワールド」の公開も控えている

・「不思議の国のアリス」から名前を取る作品や団体は多く、ライトノベルの「東京アリスゴシック」や同人誌サークル「東京アリス」などがある

公式ツイッター




作者のツイッター、過去にもドラマ化を希望

予告映像

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年8月25日
放送局:Amazonプライム・ビデオ
ドラマ公式サイト:ー
ドラマ公式ツイッターアカウント:@tokyoalice0825
原作者ツイッター公式アカウント:@torikochiya
監督:瀬田なつき、菊地健雄
脚本:阿相クミコ(映画「ReLIFE」、ドラマ「カインとアベル」など)
主題歌:chay「恋はアヴァンチュール」
原作:稚野鳥子
旧シリーズの連載期間:2005〜2015年(講談社「Kiss」)

・2017年10月〜12月のドラマ情報のまとめはこちら






2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」脚本クドカン、中村勘九郎と阿部サダヲ

最終更新日:2018年7月3日

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」脚本はクドカン、主演は中村勘九郎と阿部サダヲ

2020年の東京オリンピックを控える直前の2019年、NHKの大河ドラマのテーマは「オリンピック」です。

脚本を担当するのは2013年に能年玲奈主演で日本中にブームを巻き起こした「あまちゃん」の脚本のクドカンこと宮藤官九郎。

まず、2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」のあらすじを一言でまとめます。

2020年五輪直前、日本のオリンピックの歴史を振り返る大河ドラマをクドカンが手がける

2020年の東京オリンピックを前に、日本が初めて出場したオリンピックや1964年の東京オリンピックまでの近現代史を扱った異例の大河ドラマとなります。

前半の主役は歌舞伎俳優の中村勘九郎、後半は阿部サダヲのダブル主演の形式になりました。

目次・いだてん~東京オリムピック噺~

あらすじ
キャスト
wikiメモ
ツイッター
解説、オリンピックとは
当時、オリンピック
スタッフと概要

あらすじ、日本初のオリンピックは選手は2人

gqujvudwukdbokv1479294355_1479294371
世界中の人々を感動させるスポーツのオリンピック。

2020年に開催される東京オリンピックでは日本選手たちに期待が集まる。

近代オリンピックは1896年にアテネ(ギリシャ)で初めて開催された。

日本人選手が初めてオリンピックに参加したのは1912年の「ストックホルム大会」だ。

日本初参加のオリンピックの選手はたったの二人。

マラソンの金栗四三は日射病で失神してしまい、短距離の三島弥彦は外国人恐怖症でレースに惨敗する。

だが、日本人はそこで世界とのスポーツでの戦いをあきらめなかった。

ストックホルムオリンピック日本選手団の役員で団長の嘉納治五郎を筆頭に日本人は世界のスポーツの猛勉強に取り組む。

1936年のベルリン大会では、水泳の前畑をはじめ金メダルを量産するほどに日本は成長する。

スポーツ大国になった日本は自国でのオリンピック開催を夢見るも太平洋戦争へと突入して混乱に陥る。

敗戦後、人々は必死に生き抜いて復興を進める。

そして1964年、日本人の泣き笑いがつまった「東京オリンピック」が実現する。

キャスト、中村勘九郎に阿部サダヲ 嘉納治五郎は役所広司

金栗 四三(かなぐり・しそう) – 中村勘九郎
1912年のストックホルムオリンピック日本選手の2人の選手のうちの1人。
マラソンのオリンピック予選で世界記録を破るタイムを出した。
本大会ではレース途中に日射病で意識を失った。

田畑 政治(たばた・まさじ) – 阿部サダヲ
東京オリンピックの開催に情熱を燃やした新聞記者。
水泳の指導者でもあり、東京オリンピックの組織委員会の事務総長になる。

嘉納 治五郎(かのう・じごろう) – 役所広司
日本のスポーツ普及に尽力した体育・柔道の父。
日本のオリンピック初出場のために奮闘して選手団団長として参加。
情熱とユーモアを併せ持つ大人物。

春野 スヤ(はるの・すや) – 綾瀬はるか
熊本の医者の娘で金栗四三の妻。
柔らかさと太陽のような明るさでオリンピックへまい進する夫を支える。

三島 弥彦(みしま・やひこ) – 生田斗真
父は元警視総監、兄は日本銀行総裁で金栗四三の盟友。
エリートながらスポーツに秀でて日本最初のオリンピック選手に選ばれる。
本大会では短距離走にエントリーするも世界のトップ選手たちとの実力の違いを見せつけられる。

シマ – 杉咲花
三島家に仕える女中で三島弥彦のよき理解者。
スポーツの魅力に引き込まれるもオリンピックへでの女子出場の壁に悩む。

野口 源三郎(のぐち・げんざぶろう) – 永山絢斗
日本初のオリンピック予選で金栗と共にマラソンに参加。
後のアントワープオリンピックでは主将として出場、現役引退後には大日本体育協会の理事となりスポーツを広める。

大森 兵蔵(おおもり・ひょうぞう) – 竹野内豊
アメリカに留学して日本にバレーボールとバスケットボールを持ち込む。
ストックホルムオリンピックでは日本選手団の監督となる。

永井 道明(ながい・どうめい) – 杉本哲太
ヨーロッパから日本に体操を持ち込む。
東京高師では金栗たちの寄宿舎の舎監を務める。

金栗 実次(かなくり・さねつぐ) – 中村獅童
金栗四三の兄で病弱な父親に代わり家を支える。

大森 安仁子(おおもり・あにこ) – シャーロット・ケイト・フォックス
大森兵蔵の妻で本名はアニー・バロウズ・シェプリー。
アメリカ人の令嬢で画家で国際結婚して来日する。

可児 徳(かに・いさお) – 古舘寛治
嘉納治五郎の下で大日本体育協会の立ち上げに尽力した。
東京高等師範学校の徒歩部の部長。

黒坂 辛作(くろさか・しんさく) – ピエール瀧
東京・大塚の足袋屋の店主。
金栗と一緒にマラソン用の足袋開発に取り組む。

池部 幾江(いけべ・いくえ) – 大竹しのぶ
夫を早く亡くし女手一つで家業を切り盛りしている金栗四三の養母。

古今亭 志ん生(ここんてい・しんしょう) – ビートたけし(青年時代:森山未來)
バクチや酒を愛するいいかげんな男で本名は美濃部孝蔵。
落語の世界そのものの生活を繰り返した結果、「落語の神様」と呼ばれるようになる。

五りん(ごりん) – 神木 隆之介
志ん生の自宅に強引に住み込む弟子。
落語には興味を持たず、志ん生に対しての口の利き方も雑。

小梅(こうめ) – 橋本愛
浅草の遊女で古今亭志ん生とともに浅草を破天荒に生きる。

清さん(せいさん) – 峯田和伸
浅草の人力車夫で古今亭志ん生の兄貴分。

知恵(ちえ) – 川栄李奈
五りんの彼女で明るく物おじしない性格。

橘家 圓喬(たちばなや・えんきょう) – 松尾スズキ
明治の東京で絶大な人気のある落語の名人。
どん底にいた古今亭志ん生の才能を見抜き師匠となる。

金栗 信彦(かなくり・のぶひこ) – 田口トモロヲ
金栗四三の父親。

金栗 シエ(かなくり・しえ) – 宮崎美子
金栗四三の母親。

春野先生 – 志賀廣太郎
金栗四三の妻となるスヤの父親。

池部 重行(いけべ・しげゆき) – 高橋洋
熊本・玉名の名家の跡取りでスヤの前夫。

三島 弥太郎(みしま・やたろう) – 小澤征悦
三島弥彦の長兄。

三島 和歌子(みしま・わかこ) – 白石加代子
三島家の大奥様で弥太郎と弥彦の母。

美濃部(みのべ) りん – 池波志乃
古今亭志ん生の妻。

今松(いままつ) – 荒川良々
古今亭志ん生の弟子。

吉岡 信敬(よしおか・しんけい) – 満島真之介
日本最初のスポーツ同好会「天狗倶楽部」の名物男。

中沢 臨川(なかざわ・りんせん) – 近藤公園
「天狗倶楽部」で頭脳派の工学博士。

押川 春浪(おしかわ・しゅんろう) – 武井壮
スポーツを愛して「天狗倶楽部」を創設する。

本庄(ほんじょう) – 山本美月
数少ない女性記者で金栗四三や三島弥彦たちを取材する。

大隈 重信(おおくま・しげのぶ) – 平泉成
内閣総理大臣などを歴任した大物で早稲田大学の初代総長。

内田(うちだ) – 井上肇
1912年に開催されたストックホルム・オリンピックでは外交官として初参加で苦労する日本選手団をサポートする。




Wikiwikiメモ、クドカン含めてあまちゃんスタッフが再び集結

・クドカン(宮藤官九郎)のNHKの執筆は、連続テレビ小説「あまちゃん」以来、2度目。

・チーフ・プロデューサーの訓覇圭、演出担当のチーフ・ディレクターの井上剛と2013年の連ドラ「あまちゃん」のスタッフが集結した。

・大河ドラマは実在の歴史人物が中心だが1986年の「いのち」(作:橋田壽賀子)など近現代史を扱ったものもある。

・2017年4月3日に中村勘九郎と阿部サダヲのW主演を発表、物語は1950年〜1960年が中心の前後編

公式ツイッター、NHK

解説・オリンピックとは

オリンピックとは国際オリンピック委員会(IOC)が開催する世界的なスポーツの大会。

夏季と冬季の大会が4年に1度に開催、シンボルマークから五輪とも呼ばれる。

夏季オリンピック第1回は1896年にアテネ(ギリシャ)で開催した。

オリンピックの名前はゼウスの神殿のあったオリンポスに由来しており、紀元前776年まで遡る古代オリンピックを現代に復活させたため近代オリンピックともいう。

1916年のベルリン大会は第一次世界大戦により開催中止、1940年の東京と1944年のイギリス大会も戦争により開催できなかった。

第二次世界大戦が終結した1948年のロンドン大会から復活、芸術部門も廃止して国際的なスポーツ大会の地位を確立した。

2018年の冬季五輪は韓国の平昌、2020年の夏季五輪は日本の東京、2022年の冬季五輪は中国の北京で開催する。

当時のオリンピックのポイント

・日本初のオリンピック出場選手となった金栗四三はレース中に日射病で倒れてゴールを諦めて帰国した

・金栗四三は1967年(昭和42年)3月、スウェーデンでのストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に呼ばれた

・記念式典で金栗は改めてゴールテープを切り、タイムは54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3とオリンピック史上最も遅いマラソン記録を残した




概要とスタッフ

放送開始日:2019年1月(全50回)
放送局:NHK総合
公式サイト:リンク
作:宮藤官九郎(脚本は映画「ピンポン」や「木更津キャッツアイ」シリーズ、監督は映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」など)
制作統括、チーフ・プロデューサー:訓覇圭
演出、チーフ・ディレクター:井上剛
ドラマ撮影期間:2018年4月4日から

・1作前のNHK大河ドラマの情報まとめはこちら



ドラマ「嘘の戦争」草なぎ剛が詐欺師

最終更新日:2017年3月14日
画像:公式サイト

ドラマ「嘘の戦争」あらすじまとめ、主演は草なぎ剛

2016年内に解散したSMAPの草彅剛が2017年1月10日スタートのドラマで主演を務める。

2015年のドラマ「銭の戦争」から2年、同じスタッフたちの布陣で草彅剛がリスタートを切りました。

まず、ドラマ「嘘の戦争」のあらすじを一言でまとめます。

草なぎ剛が詐欺師となり復讐に生きる

ドラマ「嘘の戦争」は完全オリジナルストーリーで天才詐欺師の草彅剛が父の汚名を返上しようと復讐に生きる物語。

テレビを見ない若者が増えてドラマの視聴率がふるわないと言われる昨今、安定の人気を持つと言われる草彅剛が力を見せています。

では、ドラマや映画、経済事象などのあらすじを解説する「あらすじ大全」がドラマ「嘘の戦争」のストーリーやキャストをご紹介します。

ドラマ「嘘の戦争」まとめ記事、目次

あらすじ
キャスト
うんちく情報
ピックアップ俳優、草なぎ剛とは
スタッフ
最終回の結末、ネタバレ

ドラマ「嘘の戦争」のあらすじ


天才詐欺師の一ノ瀬浩一は悲しい過去を抱えていた。

父が母と弟を殺し、無理心中したとされる事件。

それはある犯人によって仕組まれた殺人事件だった。

一ノ瀬は9歳の時に犯人を目撃、父は犯人ではなく自分は真犯人を見たのだと警察に主張するも信じてもらえない。

むしろ、一ノ瀬は嘘つきと呼ばれて周囲からおかしな少年と思われる。

大人になった一ノ瀬は他人から嘘つきと呼ばれた通りに詐欺師となった。

一度聞いたものは忘れない記憶力とその場でとっさに出てくる現実味のある嘘が一ノ瀬の得意技だ。

一ノ瀬は海外に渡り、海外での「日日詐欺(日本人が日本人を狙う詐欺)」で金を稼いでいた。

いつものように日日詐欺をしてい一ノ瀬は「傷のある男」を見つける。

それは一ノ瀬が忘れもしない父の事件の真犯人の一人だった。

「傷のある男」への復讐を誓い日本に戻ってきた一ノ瀬は30年前の事実を知り、詐欺師ならではの手段で関係者たちに罠を仕掛ける。

一ノ瀬は自分に自白を強要した刑事、事件のもみ消しをした弁護士などに次々と復讐していく。

一ノ瀬が復讐の最大の目標と睨むのは大企業「ニシナコーポレーション」の会長。

しかし、ニシナコーポレーションの現社長の仁科隆は一ノ瀬が怪しいと気づく。

一ノ瀬は仁科会長の娘の楓と詐欺の恋愛をして仁科家に近づき、壮絶な復讐劇を続けていく。

ドラマ「嘘の戦争」の主要キャスト

一ノ瀬 浩一 – 草彅剛
幼い頃に殺人事件で母と弟を亡くして父が殺人事件の汚名をかぶってしまう。
お金に欲がない天才詐欺師として成長し父の無実を晴らすため真犯人への復讐に生きる。
旧姓は千葉。

仁科 隆 – 藤木直人
大企業「ニシナコーポレーション」の社長。
仁科家と会社を守るためなら手段を選ばない。
一ノ瀬浩一の行動が怪しいと気づいて調べる。

十倉 ハルカ – 水原希子
一ノ瀬の相棒の女性詐欺師。
一ノ瀬とは同じ人間不信同士。
ニシナコーポレーションへの復讐のため仁科楓と接近する一ノ瀬の行動に嫉妬する。

仁科 楓 – 山本美月
仁科興三会長の長女で救命救急医。
父や兄の強引なやり方とは距離を取っている。
自分に接近してきた一ノ瀬に好意を持ち付き合う。

二科 興三 – 市村正親
大企業「ニシナコーポレーション」の会長。
一ノ瀬にとって最大の敵。
会社のためなら自分が泥をかぶって一ノ瀬を始末しようと考え出す。

八尋 カズキ – 菊池風磨(Sexy Zone)
一ノ瀬の下につく詐欺師見習い。
PCに強く一ノ瀬の復讐を手伝う。

百田 ユウジ – マギー
一ノ瀬に詐欺を教えた兄貴分で「バー800」を経営している。
一ノ瀬の復讐劇の途中でついていけないと感じる。

三瓶 守 – 大杉漣
一ノ瀬の父の友人。
30年前に仕事を辞め、一ノ瀬が育った児童養護施設を手伝うようになった。

仁科 晃 – 安田顕
仁科会長の最初の妻の息子でニシナコーポレーションの子会社の社長。
弟の隆には経営者に向いていないと断定される。
コンサルタントとして出会った一ノ瀬を信頼する。

七尾 慎司 – 姜暢雄
仁科会長の秘書でニシナコーポレーションを支える。

四谷果歩 – 野村麻純
仁科社長の秘書で一ノ瀬の謎を探る。

三輪 – 六平直政
30年前の事件で浩一に嘘の証言を強要した悪徳刑事。
浩一の手によりヒーローに仕立て上げられる。

四条綾子 – ジュディ・オング
二科興三にもみ消しを依頼した代議士。

四条司 – 森岡豊
四条綾子が溺愛するバカ息子。

オウム – (声)ゆりやんレトリィバァ
百田ユウジが経営するバー800にいるオウム。
カズキに攻撃的な発言をしているように聞こえる。

六車 – 神保悟志
仁科家で古くから仕える男。
ヤクザなどの業界に詳しい。



ドラマ「嘘の戦争」のうんちくポイント

・草彅剛の「彅」は表示されないPCなどがあるため「草なぎ剛」との表記が一般的

・2016年のSMAP解散直後、2017年で初めてのドラマとなる

・2016年11月19日からタイ・バンコクでクランクインし、エキストラを含む総勢200人を超す大規模な撮影を行った

・2016年12月6日にYouTubeで映像を初解禁、キャッチフレーズは「嘘つきは復讐の始まり。」

・第8話で危険人物の六車は熊やイノシシ用の物理的で超古典的な罠にハマりある意味で笑いを誘った

ピックアップ俳優・草なぎ剛とは

草なぎ剛とは1974年7月9日生まれの俳優。

2016年末を持ってアイドルグループ「SMAP」を卒業した。

1997年の主演ドラマ「いいひと。」は平均視聴率20%超、本人の良い人ぶりとの役がマッチして「ドラマアカデミー賞 主演男優賞」を受賞した。

1999年から男性ベストジーニストに5年連続で選ばれて殿堂入り。

2001年から韓国での活動についての番組「チョナン・カン」をきっかけに韓国での活動を展開、日本と文化交流が制限されていた当時の韓国で日本人としての知名度を急激に高める。

2009年に公園で酔っ払い公然わいせつ容疑で現行犯逮捕されたが、それまでの活動を愛する同業者やファンたちに支えられて復活した。

本来の表記は「草彅剛(くさなぎ・つよし)」だが「彅」の字がパソコンによっては表示されないために「草なぎ」表記が一般化している。

韓国での活躍により韓国語の語学力は高く、ドラマ「嘘の戦争」の第1話のタイでのシーンではタイ語も披露した。



ドラマ「嘘の戦争」の概要

放送日:2017年1月10日、毎週(火)21時
公式サイト:http://www.ktv.jp/uso/index.html
放送局:関西テレビ(フジテレビ)
脚本:後藤法子(「銭の戦争」、「チーム・バチスタ」シリーズなど)
演出・プロデューサー:三宅喜重(「銭の戦争」、「僕のヤバイ妻」など)
プロデューサー:河西秀幸(「銭の戦争」、「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」など)
制作著作:カンテレ
初回視聴率:11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

最終回のネタバレ、結末

一ノ瀬浩一は仇のニシノコーポレーションから企業秘密を盗み取り、そのデータと引き換えに会長の二科興三と社長の仁科隆に秘密を暴露しろと迫る。

会長の二科興三は一ノ瀬への謝罪を拒否するが娘の仁科楓の死を目の前に全てを誤った。

仁科楓は実際には死んでおらず、全てが終わった一ノ瀬浩一の前に警察がやってくる。

警察に追い詰められた一ノ瀬浩一は仁科晃に殺されたフリをして海に落ち逃げ去った。

一ノ瀬浩一はニシナコーポレーションの秘密を全て奪い取らず、データを社長の仁科隆に返す。

一ノ瀬浩一はタイに戻り、またいつものように詐欺師として生きるのだった。

ドラマ「嘘の戦争」のストーリーや登場人物、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」によるドラマ「嘘の戦争」のストーリーや登場人物、うんちく情報まとめでした。

・話題の2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら