ドラマ「モンテ・クリスト伯」ディーン・フジオカが巌窟王 大倉忠義、山本美月、高橋克典

ドラマ「モンテ・クリスト伯」ディーン・フジオカが巌窟王 大倉忠義、山本美月、高橋克典

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年2月10日

ドラマ「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」ディーン・フジオカが巌窟王 大倉忠義、山本美月、高橋克典も出演

2018年4月のフジテレビの木10枠のドラマの主演はディーン・フジオカです。

まず、「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」のあらすじを一言でまとめます。

無実の罪で監獄に送られた男が巨万の富を手にして復讐を始める

日本では「巌窟王」のタイトルで知られる1840年代のフランスの名作が現代版にアレンジ。

恋人役に山本美月、ディーン藤岡の復讐相手は関ジャニ∞の大倉忠義、高橋克典、新井浩文です。

目次・モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
ディーン・フジオカ
概要とスタッフ

あらすじ、3人の男によって冤罪により15年を無駄にした男が復讐を開始する

小さな漁師町で柴門暖は愛する女性の目黒すみれと結婚が決まり、幸せの絶頂にいた。

そんな時、暖の幸せを邪魔する3人の男たちが現れた。

婚約者を奪おうとする恋敵の南条幸男、出世を妬む同僚の神楽清、ある事情を抱えた警察官の入間公平。

3人の仕業により暖は冤罪の罪で、異国の地の監獄に送られてしまう。

暖は無実の罪で15年間、牢獄に閉じ込められて婚約者と自らの未来を奪われた。

だが、暖は幸運を手にして獄中生活から逃れて巨万の富を手に入れる。

2003年から2018年の15年間を獄中で過ごした暖は別人となり、人生を狂わせた3人の男たちに大胆かつ華麗な復讐を始める。

キャスト、ディーン・フジオカに大倉忠義 山本美月に高橋克典

柴門 暖 – ディーン・フジオカ
冤罪で異国の地の牢獄に送られて15年間を過ごした悲劇の男。
愛する女性と未来の家族を奪った3人の男に復讐を開始する。

南条 幸男 – 大倉忠義(関ジャニ∞)
暖と仲の良い後輩ながら、暖の愛する目黒すみれを愛していた。
嫉妬心から暖を地獄へと葬った。

目黒 すみれ – 山本美月
婚約者の暖が無実の罪により投獄されて地獄の苦しみを味わう。
暖の帰りを信じて待ち続けようとするも次の人生への決断をしてしまう。

神楽 清 – 新井浩文
暖が勤めていた漁業会社の先輩社員。
学歴はないが地頭が良く損得勘定だけで動く。
出世の邪魔となる暖を失墜させる。

入間 公平 – 高橋克典
将来有望なキレ者の警察官。
無実の罪で暖を牢獄へと送り込んだことを隠しながら生きる。




Wikiwikiメモ、「今からあなたを脅迫します」に続いて復讐

・2月1日発売の週刊文春が本作について報道、「なぜ今、巌窟王?ディーン・フジオカ?」との局内の疑問の声も紹介した

・ディーン・フジオカは2017年10月の日テレの日10枠のドラマ「今からあなたを脅迫します」で主人公の脅迫屋を演じており、復讐というテーマは本作と被る

・原作の「モンテ・クリスト伯」はフランスの小説家アレクサンドル・デュマ・ペールが1840年代に発表した物語で、その後に世界各地でアレンジされた舞台やドラマが演じられている

・原作は主人公が無実の罪で監獄に送られて長い年月を過ごし、島で苦しみながらも巨万の富を手にして脱獄、モンテ・クリスト伯爵を名乗って自分を陥れた者たちに復讐する

・原作は日本で黒岩涙香が1900年代に登場人物を日本人名にして翻訳、「巌窟王」の名前で知れ渡った

公式ツイッター、ディーン・フジオカ




ピックアップ俳優、ディーンフジオカとは


ディーン・フジオカとは1980年8月19日生まれの俳優、ミュージシャン。

高校卒業後にシアトルの大学を出て2004年に香港に渡ってスカウトされてモデルや俳優として活動を開始した。

香港や台湾で活躍した後に2013年の日本の映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで(アイ・アム・イチハシ)」の監督と主演、主題歌を手がけた。

日本語、英語、北京語、広東語、バハサ(インドネシア語)の5言語を操るマルチリンガル。

本名は藤岡竜雄で福島県生まれ。

父親は中国生まれの日本人で母親も日本人であり、その見た目からハーフとの誤解も多い。

作詞・作曲・プロデュースを手がける音楽制作をインドネシアで行う。

2012年に結婚して2014年に男女の双子をもうけた。

2015年下半期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で五代友厚役を演じ、逆輸入俳優として絶大な人気を得た。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年4月スタート、毎週木曜22時
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@MONTE_CRISTO_cx
脚本:黒岩勉
プロデュース:太田大、荒井俊雄
演出:西谷弘、高野舞、野田悠介
原作:アレクサンドル・デュマ・ペール
ドラマ発表日:2018年2月10日

・2018年4月〜6月のドラマ情報のまとめ






LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)