ドラマ「刑事ゆがみ」浅野忠信と神木隆之介

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年9月19日
画像:ビッグコミックオリジナル

ドラマ「刑事ゆがみ」浅野忠信と神木隆之介

10月12日からのフジテレビの木10枠のドラマは浅野忠信と神木隆之介による刑事ものです。

まず、「刑事ゆがみ」のあらすじを一言でまとめます。

適当だが事件解決のためなら違法捜査を厭わない刑事

原作は「ビッグコミックオリジナル」で連載中の井浦秀夫による漫画。

浅野忠信が演じる主人公の刑事は普段は適当な性格ながらくせ者で、相棒の生真面目な新米刑事を神木隆之介が演じます。

目次・刑事ゆがみ

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
予告動画
浅野忠信
概要とスタッフ

あらすじ、普段は適当な刑事の弓神が事件のゆがみを見つける

主観的な正義とあいまいな真実が広がる現代社会。

普段は「てきとう」な刑事の弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)は軽い雰囲気で人から話を引き出していく。

弓神は相手がコソ泥でも国会議員でも関係なくは事件に潜む「ゆがみ」を見つける。

真実を求める弓神は空気を読まず、違法捜査も日常茶飯事に繰り返す。

そんな弓神の相棒は真面目だが出世意欲の強い新米刑事の羽生。

かみ合わないデコボココンビが現代社会が抱える問題に直面する。

キャスト、浅野忠信に神木隆之介

弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ) – 浅野忠信
普段は適当な性格でゆがんだ性格の刑事。
事件性がないと見られる事件でも犯罪者のゆがんだ心を見抜く。
犯罪を見逃さないためなら違法捜査も躊躇しない。

羽生虎夫(はにゅう・とらお) – 神木隆之介
真面目で正義感はあるが出世意欲も強い新米刑事。
相棒で違法捜査だらけの弓神に振り回される。

菅野理香 – 稲森いずみ
弓神と羽生と共に働く刑事。
適当すぎる弓神に苦言を呈する。

多々木挙男 – 仁科貴
うきよ警察署刑事課強行犯係の年長者。

町尾守 – 橋本淳
多々木と共に強行犯を支えるしっかり者の刑事。




Wikiwikiメモ、原作者の井浦秀夫の作品は「弁護士のくず」が過去にドラマ化

・主人公の刑事の名前「適当」は悪い意味のてきとうではなく、いい加減・極端じゃなく灰色という意味

・浅野忠信はキムタク主演の2017年1月のドラマ「A LIFE~愛しき人~」に続いて連ドラに出演

・原作者の井浦秀夫の作品では、「弁護士のくず」が2006年にTBSの木10枠、 豊川悦司主演でドラマ化した

公式ツイッター




予告動画

ピックアップ俳優、浅野忠信とは

浅野忠信(あさの・ただのぶ)とは1973年11月27日生まれの俳優。

祖父はアメリカ人のクオーターで身長は179cm。

ドラマのオーディションで芸能界入り、バンド活動を続けながらも映画俳優として活躍を始める。

2007年にはロシア人の監督作品「モンゴル」で主演のチンギス・ハーン役を務めるなど、国内外の映画に出演、いくつもの映画祭で受賞する。

1995年に歌手のCHARAと結婚して22歳で父になり、2子をもうけるも2009年に離婚した。

自身の父親が設立した芸能事務所アノレに所属。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年10月12日スタート、毎週木曜22時
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@keiji_yugami
脚本:倉光泰子(ドラマ「ラヴソング」「突然ですが、明日結婚します」など)、大北はるか(ドラマ「好きな人がいること」など)、藤井清美(映画「るろうに剣心」シリーズなど)
プロデュース:藤野良太、高田雄貴
演出:西谷弘、加藤裕将、宮木正悟
原作:井浦秀夫(小学館「ビッグコミックオリジナル」)
ドラマ発表日:2017年7月31日

・2017年10月〜12月のドラマ情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)