ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」主演は黒木華 人気漫画の実写化

最終更新日:2019年6月15日
画像:原作公式サイト

ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」主演は黒木華 人気漫画の実写化 2019年7月からTBSの金10枠で放送

2019年7月からのTBSの金10枠のドラマの主演は黒木華です。

まず、「凪のお暇(なぎのおいとま)」のあらすじを一言でまとめます。

都内で働くアラサーのOLが会社を辞め、郊外で新たな生活を始める

コナリミサトが月刊女性漫画雑誌「Eleganceイブ(エレガンスイブ)」で連載している漫画「凪のお暇」を実写ドラマ化。

黒木華が天然パーマの主人公を演じます。

目次・凪のお暇(なぎのおいとま)

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ

大島凪(おおしま・なぎ)はいつも場の空気を読むのに必死で生きてきた28歳のOL。

くせ毛に時間をかけてストレートに整え、女子力の高い自分を演じてきた。

唯一の趣味は節約で、心の支えは営業部のエースである我聞慎二と周囲に内緒で交際していること。

凪は慎二との結婚を夢見ていた。

しかしある日、慎二が凪と会うのは性行為だけが目的と話しているのを聞いてしまい過呼吸に陥る。

倒れた凪は退職し、三軒茶屋から立川市の六畳一間のアパートへ転居。

無職の期間を「お暇」と称し、新しい生活を満喫しようとする。

新たなアパートでの出会いと、元カレの慎二の再接近が凪の新生活を揺るがしていく。

キャスト、主演は黒木華

大島 凪(おおしま・なぎ) – 黒木華
空気を読んで生きてきた28歳のOLで節約が趣味。
ひどい縮毛だが2時間かけてストレートに整えていた。
交際相手の慎二の冷たさを知り退職、新たな場所で生活を始めようとする。

我聞 慎二(がもん・しんじ) – 高橋一生
凪が勤めていた会社の営業部のエース社員。
ストレートの髪の女性が好みで凪と交際していた。

安良城 ゴン(あらしろ・ゴン) – 中村倫也
凪が住むアパートの住民。
クラブイベントのオーガナイザーで腕にタトゥーを入れている。
穏やかな性格ながら人との距離感が近く、凪と恋愛関係に。

うらら – キャスト未発表
凪が住むアパートの住民で小学5年生の女の子。
凪のくせ毛を気に入り、一緒に節約料理や遊びを楽しむ。




Wikiwikiメモ

・黒木華の名前の読み方は「くろきはる」が正しく、「くろきはな」ではない

・黒木華は主人公を演じる際、かつらではなく実際にパーマをかけて撮影

・本作の実写ドラマ化は4月18日発売の週刊新潮が「石原さとみを差しおいてTBS勝負ドラマに抜擢される女優」と事前に報じていた

・原作の公式ツイッター:@naginooitoma

・原作者の公式ツイッター:@konarikinoko

・連載している雑誌の公式ツイッターはエレガンスイブ編集部:@e_motto

公式ツイッター




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2019年7月スタート、金曜22時
放送局:TBS
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@nagino_oitoma
脚本:大島里美
原作:コナリミサト
ドラマ発表日:2019年5月20日

・2019年月7〜9月のドラマ情報のまとめ



ドラマ「東京独身男子(AK男子)」高橋一生に斎藤工、滝藤賢一 あえて結婚しないアラフォー男子

最終更新日:2019年5月2日

ドラマ「東京独身男子(AK男子)」高橋一生に斎藤工、滝藤賢一 あえて結婚しないアラフォー男子

2019年4月13日からのテレ朝の土11枠のドラマの主演は高橋一生です。

まず、「東京独身男子」のあらすじを一言でまとめます。

あえて結婚しない系のアラフォー男子たちが恋愛で苦戦する

原作なしのオリジナルドラマで脚本は「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』」などの金子ありさ。

あえて結婚しなかったアラフォー男子(AK男子)を高橋一生と斎藤工、滝藤賢一が演じます。

目次・東京独身男子

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
高橋一生
概要とスタッフ

あらすじ

現代では50歳まで1度も結婚したことのない男性が4人に1人いると言われる。

その中には仕事や趣味に没頭、「あえて結婚しない」という人もいる。

「今のままで十分。独身生活、幸せです」

そう豪語していたアラフォーの3人の男がいた。

メガバンク勤務で38歳の石橋太郎。

バツイチの審美歯科クリニック院長で37歳の三好玲也。

大手弁護士事務所のボス弁で45歳の岩倉和彦。

そんな彼らに、結婚を意識させる転機が訪れる。

恋愛に乗り出す3人だったが、カルチャーギャップに現実、プライドを賭けた攻防など、さまざまな困難が待ち受けていた。

キャスト、高橋一生に斉藤工 滝藤賢一

石橋 太郎 – 高橋一生
メガバンク勤務の38歳。
バランス感覚の良い組織人だが、恋愛はスムーズにいかない。

三好 玲也 – 斎藤工
バツイチの審美歯科クリニック院長で37歳。
離婚したばかりで2度目の独身生活を謳歌中。

岩倉 和彦 – 滝藤賢一
大手弁護士事務所のボス弁で45歳。
最高峰独身男子で、太郎と三好にとってはよき兄貴的な存在。

三好 かずな – 仲里依紗
三好玲也の妹で夢見がちな3人のAK男子に、辛辣な意見を突きつける。
兄の審美歯科の受付担当ながら、クリニックを取り仕切る影の立役者。
実は昔から太郎に密かな思いを寄せてきた。

竹嶋 舞衣 – 高橋メアリージュン
太郎の元恋人で旅行会社に勤務するツアーコーディネーター。
3年前にロンドンへ旅立ったのを機に二人の関係は破局。
最近、再び帰国して太郎の前に現れた。

日比野 透子 – 桜井ユキ
岩倉の事務所に所属するやり手弁護士。
職場では切れ味鋭く働く一方、プライベートではAK男子たちを圧倒する。

谷川 理子 – 内藤理沙
審美歯科クリニックの受付の新人。




Wikiwikiメモ

・本作では「あえて結婚しない男子」を「AK男子」と称している

・高橋一生は「僕は俳優という仕事柄、結婚を急かされることはありません。けれど同世代の友人の多くは結婚している」とコメント

・斎藤工は「結婚に消極的な人が多い理由には、人との摩擦を避けたい気持ちもあるのではないでしょうか」とコメント

・滝藤賢一は「所帯を持つ人生の方が魅力を感じたんですよね」とコメント

公式ツイッター

ピックアップ俳優、高橋一生とは


高橋一生(たかはし・いっせい)とは1980年12月9日生まれの俳優。

名前の「一生」の読み方は「いっしょう」ではなく「いっせい」。

児童劇団に入り10歳で子役デビュー、20歳で劇団扉座入りするも舞台俳優として長い期間を過ごす。

2015年のドラマ「民王」で複数の助演男優賞を受賞、2017年のドラマ「カルテット」で大ブレイクした。

幼稚園の頃に実父を亡くした苦労人としても知られる。

母が二度再婚して子供を産んだため2人目の父親の次男と三男、3人目の父親の四男と五男の4人兄弟の父親代わりでもあった。

三男はバンド「Never young beach」のボーカルの安部勇磨。




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2019年4月13日スタート、土曜23時15分
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@AKDanshi
主題歌:高橋一生「きみに会いたい-Dance with you-」
脚本:金子ありさ
原作:オリジナル
ドラマ発表日:2019年2月19日

・2019年月7〜9月のドラマ情報のまとめ



ドラマ「僕らは奇跡でできている」高橋一生が連ドラ初主演 榮倉奈々も出演

最終更新日:2018年12月11日

ドラマ「僕らは奇跡でできている」高橋一生が連ドラ初主演 榮倉奈々も出演

2018年10月9日からフジテレビ(関テレ)の火曜9時の枠のドラマは高橋一生がゴールデンタイムで初の連ドラ主演を務めます。

原作なしのオリジナル作品で、高橋一生はフシギに目がない変わり者の大学講師。

榮倉奈々や要潤、小林薫や児嶋一哉などが大学講師とその周辺の人々を演じます。

目次・僕らは奇跡でできている

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、動物行動学を教える大学講師がユニークに生きていく

35歳の相河一輝は半年前に動物行動学を教える大学講師としての生活をスタートした。

大好きな動物や生き物のこととなると他のことには目もくれず没頭してしまい、大学のルールを守らず職場では叱られる。

面倒だと思うことを先送り、時間を守ることも苦手だ。

大学の授業で課題を出すも結局は「正解はわからない」と言って学生たちを困らせる。

そんな一輝に対して周囲は戸惑い、苛立つ。

だた、常識や固定観念にとらわれない考え方を見て自らの価値観を大きく揺さぶられていく。

「それ、誰が決めたんですか?」
「物語の解釈は、自由です」

一輝の言葉は、多くの人々の心に何かを問いかけていく。

キャスト、主演は高橋一生 榮倉奈々に小林薫

相河 一輝 – 高橋一生
動物行動学を教える35歳の大学講師。
大好きな動物や生き物のこととなるとルールを守らず職場では叱られている。
常識にとらわれずユニークなものの見方をする。

水本 育実 – 榮倉奈々
一輝が通う歯科クリニックの歯科医師。
容姿端麗で若くして院長を務めるが、真面目すぎて他人と衝突もする。

丹沢あかり – トリンドル玲奈
一輝が通う歯科クリニックの歯科衛生士。
仕事よりもプライベートを重視するリア充女子。

樫野木 聡 – 要潤
一輝と同じ研究室の准教授で野心家。
教授の口利きで講師になった一輝のことを快く思っていない。

沼袋 順平 – 児嶋一哉(アンジャッシュ)
一輝の同僚講師でアリを専門に研究する。

相河 義高 – 田中泯
一輝にとって一番の理解者の祖父で陶芸家。

山田 妙子 – 戸田恵子
一輝を暖かく見守る家政婦。

鮫島 瞬 – 小林薫
動物学の権威で大学の学部長。
陽気な性格でユーモアがあり、探求心にあふれる。

〜一輝の教え子たち〜

新庄 龍太郎 – 西畑大吾
一輝の教え子の大学生でイケメンながら天然。

青山 琴音 – 矢作穂香
一輝の教え子の大学生でオシャレ。
異性に積極的に行動する肉食系女子で一輝の授業に興味を持っていく。

尾崎 桜 – 北香耶
一輝の教え子の大学生で控えめ。

須田 巧 – 広田亮平
一輝の教え子の大学生でしっかり者。




Wikiwikiメモ

・高橋一生は映画やスペシャルドラマの主演はあるものの、ゴールデンタイムの連続ドラマの主演は本作が初めてとなる

・高橋一生は2019年1月からのNHKの土曜ドラマ「みかづき」では永作博美とダブル主演を務める

・ヒロイン役と見られる榮倉奈々は2017年6月に賀来賢人との子供を出産、2018年7月のドラマ「この世界の片隅に」に出演している

公式ツイッター




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年10月9日スタート、火曜21時
放送局:フジテレビ(関西テレビ)
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@bokura_ktv
主題歌:SUPER BEAVER「予感」
オープニングテーマ:Shiggy Jr.「ピュアなソルジャー」
脚本:橋部敦子
原作:オリジナル
ドラマ発表日:2018年8月3日

・2019年月1〜3月のドラマ情報のまとめ



NHKドラマ「みかづき」高橋一生に永作博美 激動の塾業界の物語

最終更新日:2019年2月10日

NHKドラマ「みかづき」高橋一生に永作博美 激動の塾業界の物語

2019年1月26日からのNHKの土曜20時の枠のドラマは高橋一生と永作博美が主演を務めます。

まず、「みかづき」のあらすじを一言でまとめます。

昭和から平成の50年間のある塾教師の人生

原作は森絵都が2016年に発表した小説で2017年の本屋大賞第2位を獲得、当時から朝ドラに相応しいのではと期待された作品です。

高橋一生と永作博美が正反対の性格ながら学習塾を運営していく2人の長い人生を演じます。

目次・みかづき

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、性格の異なる2人が昭和と平成の激動の時代で学習塾を運営していく

昭和30年代、高度経済成長期に小学校用務員の大島吾郎は落ちこぼれの子どもたちに独自に勉強を教えていた。

そんな姿を見た一人の児童の母親の赤坂千明は、吾郎に自分の立ち上げる学習塾の講師になって欲しいと頼む。

「学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思う」

千明の強い熱意で吾郎は学習塾を共に運営することになる。

戦中の国民学校の教育に反発し、塾に可能性を見出したシングルマザーの千明。

のん気な性格で塾はあくまで公教育を支えるものだと考える吾郎。

性格の異なる二人はベビーブームと経済成長の激動の時代で、学習塾を運営していく。

対立や世間からの批判、正解のない教育の世界を二人は生き抜いていく。

キャスト、高橋一生に永作博美 工藤阿須加と大政絢

吾郎 – 高橋一生
のん気な性格の小学校の用務員。
教える才能を見込まれて千明と一緒に塾教師となる。
塾の役割は補習だと考えている。

千明 – 永作博美
血気盛んで激しい性格のシングルマザー。
吾郎を塾教師に迎えて規模拡大を進める。
公教育に憤りを持ち学習塾を受験へと特化させようとする。

・その他の出演者
工藤阿須加、大政絢、壇蜜、黒川芽以、風吹ジュン




Wikiwikiメモ

・原作は親と子、さらに孫と三世代にわたって教育に熱意を持つ家族を描いた

・原作者の森絵都は2006年に「風に舞いあがるビニールシート」で直木賞を受賞した

・ドラマのロケ地は千葉県勝浦市の商店街など

公式ツイッター、2018年の高橋一生は映画「空飛ぶタイヤ」「億男」に出演




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2019年1月26日スタート、土曜20時(全5回)
放送局:NHK総合
公式サイト:リンク
脚本:水橋文美江
原作:森絵都
演出:片岡敬司
制作統括:陸田元一、黒沢淳、高橋練
ドラマ発表日:2018年6月26日
ドラマ撮影期間:2018年6月下旬から8月

・2019年月4〜6月のドラマ情報のまとめ



映画「九月の恋と出会うまで」高橋一生と川口春奈の恋愛物語

最終更新日:2018年11月19日

映画「九月の恋と出会うまで」高橋一生と川口春奈の恋愛物語

高橋一生と川口春奈による恋愛映画が2019年3月1日に公開です。

まず、「九月の恋と出会うまで」のあらすじを一言でまとめます。

1年後からきたという謎の声と女性の恋愛

原作は松尾由美が2007年に発表した小説で恋愛とSFの要素を盛り込んだ物語。

ドラマや映画に引っ張りだこの高橋一生にとって恋愛映画初主演、その相手を川口春奈が努めます。

目次・九月の恋と出会うまで

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、1年後からきたという謎の「声」と女性が関係を深める

北村志織は旅行代理店の窓口をしている普通のOLだ。

趣味の写真で現像まで家でやっていたが、その匂いから苦情がきたために引っ越しを考えた。

新居は「自称芸術家」を入れてくれるマンション。

音楽家などが住むなか、志織の隣には不思議な雰囲気をまとった小説家志望の平野進が住んでいた。

ある日、志織はエアコンの穴から声を聞く。

「僕は、あなたの隣人です」。

しかし、その声の主は今の平野ではなく1年後の平野だという。

そして、1年後の平野は今の平野を尾行してくれと頼む。

志織は1年後の平野と会話するうちに惹かれていくが、ある事件をきっかけにその声が聞こえなくなってしまう。

「1年後の平野」の謎を解くため、志織は今の平野と行動をともにするようになる。

キャスト、高橋一生と川口春奈 川栄李奈に古舘佑太郎

北村 志織 – 川口春奈
普段の仕事は普通で趣味は写真。
自称芸術家を入れてくれるマンションに引っ越し、平野に出会う。

平野 進 – 高橋一生
志織の隣に住む隣人で小説家志望の男。

・その他の出演者
浜野謙太、中村優子、川栄李奈、古舘佑太郎、ミッキー・カーチス




Wikiwikiメモ、高橋一生は恋愛映画で初主演

・映画発表時点で37歳の高橋一生にとって本作が恋愛映画の初主演

・原作は恋愛というよりSF・ミステリー色が強い

公式ツイッター、高橋一生の今後の出演映画




概要とスタッフ

映画公開日:2019年3月1日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@9koi_movie
主題歌:androp「Koi」
監督:山本透
脚本:草野翔吾
原作:松尾由美
発表日:2018年3月20日

・2019年の映画情報まとめ



映画「億男(おくおとこ)」佐藤健に高橋一生 藤原竜也・沢尻エリカ・池田エライザも

最終更新日:2018年9月29日

映画「億男(おくおとこ)」 「君の名は。」のプロデューサー川村元気の小説が2018年10月19日に映画化

歴史的なヒット作になった映画「君の名は。」のプロデューサー川村元気の小説が2018年10月19日に映画化です。

まず、「億男」のあらすじを一言でまとめます。

大金を手にした人間たちの行動

「億男」はビジネス書や実用書のような性格が強く、「お金」についての哲学書とも言えます。

宝くじを当てる主人公に佐藤健、その主人公に金の使い方を教える男を高橋一生が演じます。

さらには藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザと超豪華な布陣となりました。

目次・億男

あらすじ
キャスト
wikiメモ
ツイッター
名言
概要とスタッフ

あらすじ、借金返済に苦しんでいた男が宝くじで大金を手にする

一男は弟の借金を肩代わりしたため昼は図書館の司書、夜はパン工場で働いていた。

妻や娘は去ってしまいお金のせいで苦しい日々を過ごす。

そんな一男はある日、宝くじで3億円を当てる。

突然に大金を手にして不安になった一男はインターネットで宝くじを当たった人のその後を調べると、多くの人が不幸になっていた。

お金と幸せについて悩んだ一男は大富豪になった親友の九十九を訪れる。

一男は九十九からお金の意味や使い方を知らないことを指摘される。

そして、九十九と一緒に豪遊した一男が翌日に起きると、3億円がなくなっていた。

なぜ九十九は大金を持ち去ったのか。

一男は3億円を取り戻すため、かつて九十九と働いていた人々のもとを訪れる。

キャスト、佐藤健に高橋一生 藤原竜也に池田エライザ

一男(かずお) – 佐藤健
失踪した弟の借金の肩代わりに図書館司書とパン工場で働く男。
妻と娘に逃げられてしまったが、宝くじで3億円を当てる。

九十九(つくも) – 高橋一生
一男の大学時代の親友。
新会社「バイカム」を起業して成功して金持ちになった。

万佐子 – 黒木華
一男と別居している妻。
借金返済しか頭にない夫に嫌気がさした。

十和子 – 沢尻エリカ
九十九と一緒に「バイカム」で働いていた現・主婦。
押入れに10億円の現金を隠し持ちながら地味な生活を送っている。

百瀬 – 北村一輝
九十九と一緒に働いていた「バイカム」の元CTOのエンジニア。
現在は3つの会社を経営しながら競馬場で大金を使っている。

千住 – 藤原竜也
かつて九十九と一緒に働いていた「バイカム」の元CFO。
怪しい億万長者セミナーを運営している。

あきら – 池田エライザ
金持ちを「億男」、それ以外を「雑魚」と呼ぶパーティー好きの港区女子。
3億円の行方を求めて一男の九十九探しに協力する。




Wikiwikiメモ、オーディオブックや中国で映画化

・本作を題材にしたオーディオブックは声優の小野大輔が主演で2017年10月20日から配信した

・カンヌ国際映画祭で監督賞を獲得したワン・ジャンが2017年に中国で「億男」を映画化した

・2017年は仮想通貨バブルにより億円単位を手にした「億り人」が発生したと言われており、「億男」は仮想通貨の世界にも当てはまる部分がある

・2018年始に佐藤健と高橋一生が本作の撮影のためにモロッコのロケに行っており、一部では「億男の撮影ではないか」と噂になっていた

公式ツイッター

名言、ドストエフスキーやソクラテスなど

原作の「億男」は小説でありながら、お金についての哲学書の性格も持っています。

ドストエフスキーやソクラテス、アダム・スミスやチャップチリンなど世界の偉人たちの名言が映画版でも登場しそうです。

・小説「億男」に出てくるお金の名言

世間は、金持ちを尊重し、偉人として認識する。(アダム・スミス)

お金は鋳造された自由である。(ドストエフスキー)

地獄の沙汰も金次第(黙阿弥)

富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、喉が渇いていく。(ショーペン・ハウアー)

諸悪の根源はお金そのものではなく、お金に対する愛である。(サミュエル・スマイルズ)

ひとりの金持ちが存在するためには、少なくとも五百人の貧乏人がいなければならない(アダム・スミス)

貨幣とは、奴隷制度の新しい形だ。(トルストイ)

人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ。(チャップリン)




概要とスタッフ

映画公開日:2018年10月19日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@okuotoko_movie
監督:大友啓史(映画「るろうに剣心」シリーズ、「3月のライオン」など)
主題歌:BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」
配給:東宝
原作:川村元気
映画発表日:2017年12月13日

・2018年の映画情報のまとめはこちら



ドラマ「民衆の敵」月9の主演は篠原涼子 石田ゆり子と高橋一生も

最終更新日:2017年12月25日

10月からの月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」主演は篠原涼子 石田ゆり子、高橋一生が出演

良くも悪くも話題になるのがフジテレビの月曜よる9時に放送するドラマ。

かつて高視聴率を記録してきた花のドラマ枠「月9」はネット時代に低迷が続いている。

2017年10月23日からの月9ドラマは篠原涼子が主演の選挙をテーマにした物語です。

共演者に石田ゆり子や高橋一生、古田新太や田中圭などこの1年で人気をさらに高めてきた俳優たちが揃いました。

目次・民衆の敵

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
篠原涼子
概要とスタッフ

あらすじ、仕事がなくなった母親が高額報酬求めて市議会議員に立候補


佐藤智子は夫と保育園に通う子ども1人の家族3人と平凡な生活を送っていた。

両親が失踪、高校を中退して苦労してきた智子は親のようにはなるまいと真面目に生きている。

バイト先で知り合った夫と結婚、転職を繰り返す夫を支えながら智子はパートで働いていた。

ある日、会社のルールに納得していなかった智子はクビにされてしまう。

同時に夫も職を失ってしまい智子の家族は大ピンチに陥る。

そんな時、智子は市議会議員の報酬があまりにも高額だと知った。

市の議員当選率は8割以上で職を探すより議員になる方が簡単なのではないか。

猪突猛進の智子は高い給料による家族の幸せを求めて市議会議員の立候補を決意する。

キャスト、篠原涼子に石田ゆり子 高橋一生に田中圭

佐藤智子 – 篠原涼子
夫と保育園に通う子ども1人と3人で暮らす女性。
パートで働きながらフリーターの夫を支えていた。
職場をクビになった時に市議会議員の高額報酬を知って議員への立候補を決意する。

佐藤公平 – 田中圭
優しい智子の夫。
立候補した妻を支援する。

平田和美 – 石田ゆり子
新聞社の元政治記者で智子の友人。
一人娘の母親で智子を応援する。

藤堂誠 – 高橋一生
代々続く政治家一家の次男として育ち総理大臣も視野に入るプリンス。
智子と選挙戦で議席を争う。

犬崎和久 – 古田新太
影で人を支配する癖のある市議会のドン。

園田龍太郎 – 斎藤司(トレンディエンジェル)
畑を守る農家に有利な条例を作ろうとして選挙戦に挑む。

小出未亜 – 前田敦子
犬崎に進められて市議会議員選挙に立候補する元グラビアアイドル

岡本遼 – 千葉雄大
過去の夜逃げから勝ち組として街に戻ってきた苦労人。

河原田晶子 – 余貴美子
市議会のドン・犬崎と対決する市長。
アメリカ仕込みのディベート力で悪の撲滅を目指す。

望月守 – 細田善彦
河原田市長の忠実な秘書。

莉子 – 今田美桜
悩みを抱えるデリヘル嬢。

若宮寛 – 若旦那
犬崎に忠誠を尽くす私設秘書。

前田康 – 大澄賢也
犬崎派のベテランの市議会議員。
対立する市長派に刃向かい、智子と因縁を持つ。




Wikiwikiメモ、高橋一生はNHKの朝ドラ「わろてんか」にも出演

・篠原涼子の直近の連ドラの出演は2015年のフジテレビの木10ドラマ「オトナ女子」

・高橋一生は本作と同じ時期の10月から始まるNHKの朝の連ドラ「わろてんか」にも重要キャラで出演する

・石田ゆり子と古田新太は2016年の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」の主要メンバーのコンビ

・第1話ではサプライズで桐谷美玲と成田凌がゲスト出演した

・事前報道では篠原涼子の役名は佐藤智子ではなく鈴木智子、元キャバ嬢のエースが市長を目指すという設定だった

公式ツイッター

ピックアップ俳優、篠原涼子とは


篠原涼子(しのはら・りょうこ)とは1973年8月13日生まれの女優で歌手。

中学・高校時代に現事務所のジャパン・ミュージックエンターテインメントのオーディションに合格して芸能界入りする。

1990年にアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバーとして歌手活動を始める。

フジテレビのバラエティ番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」でなんでもやるアイドルとして知名度を高めた。

1994年7月の小室哲哉プロデュースによる「篠原涼子 with t.komuro」名義のシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」が累計200万枚を超える大ヒット。

2005年に市村正親と結婚して本名は市村涼子となる。

主演を務めたドラマでは2006年の「アンフェア」や2007年の「ハケンの品格」で大きな話題を集めた。

2008年に長男、2012年に次男を出産、育児休暇を取りながらも女優業に復活している。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年10月23日スタート、毎週月曜21時
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@minshuuno_teki
脚本:黒沢久子
プロデュース:草ヶ谷大輔
演出:金井紘、石井祐介
主題歌:AAA「LIFE」
初回視聴率:9.0%
ドラマ発表日:2017年6月8日
ドラマ撮影期間:2017年7月から

・次クール、2018年1月スタートの月9情報はこちら

・2018年1月〜3月のドラマ情報のまとめはこちら






映画「嘘を愛する女」長澤まさみが偽名の恋人の高橋一生を追う

最終更新日:2018年1月20日

映画「嘘を愛する女(嘘愛)」主演は長澤まさみ、恋人役に高橋一生

人気爆発中の高橋一生と長澤まさみが出演するオリジナルストーリーの映画「嘘を愛する女」が2018年1月20日から公開しました。

まず、映画「嘘を愛する女」のあらすじを一言でまとめます。

5年同棲していた男の名前が嘘と知った女の生き方

ツタヤのクリエイターズプログラムの初代グランプリを獲得した「嘘を愛する女」が瀬戸内海を舞台に映画化します。

高橋一生は2017年にドラマ「カルテット」やNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で大ブレイクしただけに、長澤まさみとの共演がかつてない注目を集めます。

目次・嘘を愛する女

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
ロケ地
概要とスタッフ

あらすじ、5年同棲した恋人は偽名だった


二人の男女は普通の恋人同士のはずだった。

飲料メーカーに勤めて仕事のできる川原由加利は研究医で優しい小出桔平と恋愛が続き、同棲5年目を迎える。

ある日、桔平はくも膜下出血で倒れて意識を失う。

すると桔平が持っていた運転免許証や医師免許証が全て偽造だったと発覚した。

名前も小出桔平ではなかった、病院で眠り続ける男の正体はいったい何なのか。

由加利は探偵の海原匠に調査を依頼すると桔平が書いた700ページにもわたる未完成の小説が見つかる。

小説は家族が瀬戸内海で幸せに暮らす様子を描く。

由加利は桔平の秘密を追うために瀬戸内海に旅立った。

キャスト、長澤まさみと高橋一生 吉田鋼太郎も

川原由加利 – 長澤まさみ
飲料メーカーに勤めるキャリアウーマン。
恋人の小出桔平とは同棲5年目を迎える。
桔平がついていた大きな嘘にとまどう。

小出桔平 – 高橋一生
研究医として働く男。
「小出桔平」という偽の名前で生活し、由加利を騙していた。

海原匠 – 吉田鋼太郎
ぶっきらぼうで不器用な探偵。
由加利の依頼を受けて小出桔平を名乗る男を調査する。

木村 – DAIGO
海原匠の部下で天才ハッカー。

心葉 – 川栄李奈
小出桔平にストーカーする女子大生。



Wikiwikiメモ、長澤まさみと高橋一生の共演はセカチュー以来

・長澤まさみと高橋一生の共演は2004年の映画「世界の中心で、愛をさけぶ(セカチュー)」以来、14年ぶり

・本作は2015年に開催した第1回目の「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」のグランプリを勝ち取った企画

・原作はオリジナルだが中江監督が実際の新聞記事からアイデアを得た

・監督の中江和仁は長編映画を撮影するのは本作が初めて

公式ツイッター

ロケ地は愛媛県今治市や広島県尾道市

映画「嘘を愛する女」では名前を偽っていた高橋一生が倒れ、長澤まさみが今まで付き合っていたその男の故郷に向かいます。

謎の男の故郷のロケ地として愛媛県今治市や広島県尾道市など瀬戸内海周辺が選ばれました。

現地では「長澤まさみと吉田鋼太郎がこんなところに」と大騒ぎになりましたね。

同じ時期と場所に菊地健雄監督による大東駿介や貫地谷しほりが出演の「湊かなえ原作の映画」の撮影もあったため、混乱に拍車がかかったようです。

・長澤まさみが訪れた灯台
名称:大浜埼燈台
住所:広島県尾道市因島大浜町36-2

・撮影場所になった漁港
名称:木浦港
住所:愛媛県今治市伯方町木浦4625

・商店街のロケ地
名称:しおまち商店街
住所:広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田

概要とスタッフ 中江和仁に近藤希実

映画公開日:2018年1月20日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@usoaimovie
監督:中江和仁(短編映画「蒼い手」「パーマネント ランド」など)
脚本:中江和仁、近藤希実
映画撮影期間:2017年3月12日~4月末
配給:東宝

・2018年の映画情報のまとめはこちら






映画「空飛ぶタイヤ」池井戸潤の原作 長瀬智也にディーン・フジオカや高橋一生

最終更新日:2018年5月27日

映画「空飛ぶタイヤ」原作は池井戸潤、主演は長瀬智也

「半沢直樹」などで有名な池井戸潤の小説「空飛ぶタイヤ」が2018年6月15日に映画化です。

まず、映画「空飛ぶタイヤ」のあらすじを一言でまとめます。

中小企業の若社長が大企業の不正と戦う

「空飛ぶタイヤ」は強力な大企業が中小企業を犠牲にする社会問題をテーマにした物語。

意外にも池井戸潤の小説として初の映画化の主演を務めるのは庶民派アイドルとして成長したTOKIOの長瀬智也です。

ディーン・フジオカや高橋一生、深キョンや岸部一徳など多くの俳優陣が出演します。

目次・空飛ぶタイヤ

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイート
概要とスタッフ
原作のネタバレ

あらすじ、運送屋の2代目社長が横暴な大企業と戦う


赤松徳郎は父親の跡を継いで赤松運送を盛り立てる気の良い2代目社長だ。

ある日、赤松運送のトレーラーのタイヤが脱線して近くにいた親子に激突して死傷する事故が起きる。

警察は整備不良に問題があると決めつけて赤松を厳しく追及する。

事故により会社の信用はガタ落ちして取引先が離れていき、赤松運送は倒産の危機を迎える。

しかし、従業員を大事に守り育ててきた赤松は自社の定期点検に問題はなかったと考えた。

赤松は事故原因が車両メーカーにあるのではないかと気付く。

トラックの製造元「ホープ自動車」は自分たちに責任があることを知っていたが、必死に隠していたのだった。

非力な中小企業の赤松は自分の会社と家族、従業員を守るために強大な自動車会社と銀行に対して真っ向から対決を挑む。

キャスト、主演は長瀬智也 ディーンフジオカと高橋一生も出演

赤松 徳郎(あかまつ・とくろう) – 長瀬智也(TOKIO)
赤松運送の二代目社長。
従業員を家族のように大事にする。
小学校ではPTA会長を務める。

赤松 史絵(あかまつ・ふみえ) – 深田恭子
赤松徳郎の妻。
夫を頼りにしており、会社の危機にとまどう。

宮代 直吉(みやしろ・なおきち) – 笹野高史
赤松運送の専務で運行管理者。
若社長を支える会社の精神的支柱。

門田 駿一(かどた しゅんいち) – 阿部顕嵐(ジャニーズJr.・Love-tune)
赤松運送の自動車整備士。
仕事を真面目にこなしていたが事故を起こしてしまう。

狩野 威(かのう・たけし) – 岸部一徳
ホープ自動車の常務取締役。
徹底して自社のリコール問題を隠そうとする。

沢田 悠太(さわだ・ゆうた) – ディーン・フジオカ
ホープ自動車の販売部カスタマー戦略課長。
自社のリコールを隠蔽する会議を知り、正義と企業の一員としての立場で悩む。

井崎 一亮(いざき・かずあき) – 高橋一生
東京ホープ銀行の本店営業本部。
同じ財閥系のホープ自動車の経営計画に疑問を感じて自ら調査、事件に巻き込まれていく。

榎本 優子 – 小池栄子
週刊潮流の記者。
ホープ自動車のリコール隠し問題を追う。

高幡真治 – 寺脇康文
港北中央署の刑事。

小牧重道 – ムロツヨシ
ホープ自動車車両製造部。中村蒼

杉本元 – 中村蒼
ホープ自動車品質保証部。

・その他の出演者
柄本明、佐々木蔵之介、和田聰宏、木下ほうか、大倉孝二、浅利陽介、木下隆行(TKO)・木本武宏(TKO)、六角精児、岡山天音、津田寛治、升毅、谷村美月、近藤公園、田口浩正、村杉蝉之介、渡辺大、矢野聖人、斎藤歩、矢島健一、津嘉山正種、高川裕也、毎熊克哉、加藤満、筒井巧、井上肇、中林大樹、小久保丈二、池上紗理依




Wikiwikiメモ、2009年に仲村トオル主演でWOWOWでドラマ化

・本作は2009年に仲村トオル主演でWOWOWにてドラマ化した

・池井戸潤原作で多くのドラマが放送されているが、映画化は「空飛ぶタイヤ」が初めて

・原作のモチーフは2000年の三菱自動車のリコール隠し事件、2002年の三菱自動車製大型トラックの脱輪による死傷事故など

・大手自動車会社の不正を追及するストーリーのため、地上波ではスポンサーが付きにくく放送が難しいと言われていた

・原作で事件を追うジャーナリストの榎本崇は映画では女性になり小池栄子が演じる

公式ツイッター、2018年6月15日に公開

概要とスタッフ

映画公開日:2018年6月15日
映画公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@soratobu_movie
監督:本木克英(映画「鴨川ホルモー」「超高速!参勤交代など)
原作:池井戸潤(「半沢直樹」「下町ロケット」など)
主題歌:サザンオールスターズ「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」
映画撮影期間:2017年3~4月末
配給:松竹
映画発表日:2017年3月5日
原作発売日:2006年9月16日

原作のネタバレ

赤松運送のトラックはタイヤ脱落事故を起こして付近にいた母親が死亡する。

赤松徳郎社長は運転手に問題があったとして門田を解雇、警察が赤松運送を家宅捜査した。

赤松運送の評判が低下して経営が悪化する。

トラックでは同様の事故が起きており赤松社長は事故の原因が整備不良ではなく車両に問題があると疑問を持つ。

車両メーカーのホープ自動車は赤松社長の事故の再調査の依頼を断固として拒否した。

しつこく嗅ぎ回る赤松社長に対し、ホープ自動車の系列のホープ銀行は赤松運送の経営に問題があるため融資を返済しろと迫る。

週刊誌記者はホープ自動車の車両不良問題を記事にしようとするも大口スポンサー相手に記事の掲載は見送られてしまう。

独自で調査を続けた赤松はホープ自動車の国交省への調査報告書や、新車が整備不良となっていた案件を見つけた。

ホープ自動車がリコール隠しのためデータを捏造していたことが発覚する。

ホープ自動車の幹部は捏造データを隠して警察の家宅捜査を乗り切ろうとするも社内の人間が情報を外に出してホープ自動車の不正が暴かれた。

・2018年の映画情報のまとめはこちら






NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」

最終更新日:2017年12月3日

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」主演は柴咲コウ

2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が1月8日から始まりました。

柴咲コウの力強い演技と秀逸なタイトルが話題です。

まず、「おんな城主 直虎」のあらすじを一言でまとめます。

勝気な女性が戦国時代で大名として活躍

「おんな城主 直虎」は歴史上に実在した井伊直虎という大名がおんなだったという有力説に基づいたドラマです。

現代の文化と違う、男性が絶対的な立場にあった戦国時代で女性がどんな生き方で城主を務めたのか。

12月10日放送の第49回のタイトルは歴史上の出来事「本能寺の変」に引っ掛けて「本能寺が変」です。

目次・おんな城主直虎

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
ロケ地
各話のタイトル
スタッフと概要

あらすじ、少女の「おとわ」が戦乱の世に巻き込まれて直虎になる


天文13年(1544)遠江の国・井伊谷。

戦国時代のまっただ中で井伊家の男勝りの少女「おとわ」は幸せな日々を生きていた。

優しい父や母、幼なじみの亀之丞や鶴丸と楽しく過ごす。

ある日、男子が生まれない井伊家の今後のため、おとわに亀之丞との縁談話がやってくる。

おとわが亀之丞の妻として井伊家を守ろうと決めた時、主君の今川義元が謀反の疑いで亀之丞の父を殺害する。

そこから井伊家の人間は次々と今川に討たれ、おとわの周りには男がいなくなっていく。

戦乱に残ったおとわは井伊家を守るために「直虎」と名乗り家督を継ぐ。

女では家を守れないと批判が渦巻く中、直虎は家を守ろうとする。

「おんな城主」となった直虎は行方不明になった許嫁、井伊家の幼き子供たちを育てながら乱世を生き抜く。

キャスト、柴咲コウに三浦春馬 高橋一生に杉本哲太


井伊直虎 – 柴咲コウ(幼少期:新井美羽)
井伊家当主の井伊直盛の一人娘。
井伊家で男子が生まれず、分家の亀之丞(直親)と結婚するはずだった。
今川義元の支配下で井伊家が混乱、男として生きて家を守ろうとする。

井伊直親 – 三浦春馬(幼少期:藤本哉汰)
直虎のいいなずけで幼名は亀之丞。
父が謀反の疑いで今川に殺害され、命を狙われるて逃げる。

小野政次 – 高橋一生(幼少期:小林颯)
おとわや亀之丞の幼なじみで幼名は鶴丸。
井伊家の筆頭家老の小野政直の嫡男として井伊家に使える。

井伊直盛 – 杉本哲太
井伊家の当主で直虎の父。
今川家の支配下で苦しむ。

千賀 – 財前直見
井伊家に今川との同盟のために嫁いできた直虎の母。

井伊直平 – 前田吟
直虎の曽祖父で先々代の当主。

南渓和尚 – 小林薫
直虎の大叔父で井伊家の菩提寺の龍潭寺の住職。

龍雲丸 – 柳楽優弥
盗賊団のかしら。

井伊直政 – 菅田将暉
井伊直親の嫡男で父に代わって直虎に育てられる。

徳川家康 – 阿部サダヲ
井伊家と今川家の混乱を狙う徳川家の総大将。

・その他のキャスト
しの – 貫地谷しほり
瀬戸方久 – ムロツヨシ
井伊直満 – 宇梶剛士
小野政直 – 吹越満
新野左馬介 – 苅谷俊介
奥山朝利 – でんでん
中野直由 – 筧利夫
瀬名 – 菜々緒
傑山 – 市原隼人
小野玄蕃 – 井上芳雄
今川義元 – 春風亭昇太
今川氏真 – 尾上松也
寿桂尼 – 浅丘ルリ子
佐名 – 花總まり
松下常慶 – 和田正人
高瀬 – 高橋ひかる
昊天 – 小松和重



Wikiwikiメモ、幼少期の直虎役の新井美羽の演技が好評

・第一回放送から幼少期の直虎役の新井美羽の演技が素晴らしいと絶賛の声があがった

・第一回の放送はリアルタイム視聴率が16.9%、タイムシフト視聴率が5.9%の総合視聴率22.1%だった。これは昨年の「真田丸」の最終回の総合視聴率(21.3%)を上回る

公式ツイッター

井伊谷城のロケ地は浜松市の高根城跡

ドラマの序盤に出てきた井伊谷城のロケ地となったのが静岡県浜松市にある高根城跡です。

この地の豪族の奥山金吾正定則が応永21年(1414)に築き、戦国時代には今川義元が支配した「おんな城主」ゆかりの地でもあります。

田園風景は浜松市にある日本棚田百選に選ばれた「久留女木の棚田」、龍潭寺のシーンは浜松市西区庄内町の宿蘆寺などがロケ地になりました。

大河ドラマのロケ地では全国から人が集まる例が多く、浜松市もおんな城主観光に力を入れています。

おんな城主直虎のロケ地の詳細
名称:高根城跡
住所:静岡県浜松市天竜区水窪町地頭方184




各話のタイトル、名作のパロディーも

第1回「井伊谷の少女」
第2回「崖っぷちの姫」
第3回「おとわ危機一髪」
第4回「女子にこそあれ次郎法師」
第5回「亀之丞帰る」
第6回「初恋の別れ道」
第7回「検地がやってきた」
第8回「赤ちゃんはまだか」
第9回「桶狭間に死す」
第10回「走れ竜宮小僧」
第11回「さらば愛しき人よ」
第12回「おんな城主直虎」
第13回「城主はつらいよ」
第14回「徳政令の行方」
第15回「おんな城主 対 おんな大名」
第16回「綿毛の案」
第17回「消された種子島」
第18回「あるいは裏切りという名の鶴」
第19回「罪と罰」
第20回「第三の女」
第21回「ぬしの名は」
第22回「虎と龍」
第23回「盗賊は二度 仏を盗む」
第24回「さよならだけが人生か?」
第25回「材木を抱いて飛べ」
第26回「誰がために城はある」
第27回「気賀を我が手に」
第28回「死の帳面」
第29回「女たちの挽歌」
第30回「潰されざる者」
第31回「虎松の首」
第32回「復活の火」
第33回「嫌われ政次の一生」
第34回「隠し港の龍雲丸」
第35回「蘇えりし者たち」
第36回「井伊家最後の日」
第37回「武田が来たりて火を放つ」
第38回「井伊を共に去りぬ」
第39回「虎松の野望」
第40回「天正の草履番」
第41回「この玄関の片隅で」
第42回「長篠に立てる柵」
第43回「恩賞の彼方に」
第44回「井伊谷のばら」
第45回「魔王のいけにえ」
第46回「悪女について」
第47回「決戦は高天神」
第48回「信長、浜松来たいってよ」
第49回「本能寺が変」

概要とスタッフ ナレーターは中村梅雀

放送局:NHK総合
ドラマ放送日:毎週日曜20時(1月8日スタート)
公式サイト:http://www.nhk.or.jp/naotora/
ツイッター公式アカウント:@nhk_naotora
ナレーター:中村梅雀
脚本:森下佳子
演出:渡辺一貴
プロデューサー:岡本幸江
原作:なし

・現在放送中の2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら