実写映画「ニセコイ」セクゾの中島健人と中条あやみ、ジャンプ漫画の実写化

最終更新日:2018年5月29日
画像:集英社

実写映画「ニセコイ」ジャンプ漫画の実写化、セクシーゾーンの中島健人と中条あやみがダブル主演

少年ジャンプの王道ラブコメが2018年12月21日に実写映画化されます。

まず、「ニセコイ」のあらすじを一言でまとめます。

ヤクザの組長の息子の高校ハーレム系のラブコメ

原作は古味直志が少年ジャンプに2011年から2016年まで連載した漫画。

単行本全25巻の累計発行部数は1000万部を突破しジャンプ史上最長のラブコメ漫画の実績を持ちます。

主演はジャニーズの「Sexy Zone(セクシーゾーン)」の中島健人と中条あやみです。

目次・ニセコイ

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
撮影情報
千葉県のYさん
概要とスタッフ

あらすじ、ヤクザの息子とギャングの娘が親の都合で偽の恋人になる

一条楽は子供の頃、一人の少女と両思いになっていた。

楽と少女は別れの時に「ザクシャ イン ラブ Zawsze in love(愛を永遠に)」の言葉を誓う。

楽は鍵穴があるロケット型のペンダントを、少女はそのペンダントを開ける鍵を持って別々になった。

それから10年後、高校生になった楽は転校生の少女の桐崎千棘と出会う。

ヤクザ「集英組」組長の一人息子の楽とギャング「ビーハイブ」のボスの娘の千棘は反発し合う。

しかし、ヤクザとギャングの抗争を収めるため、二人は親の言いつけで「偽の恋人(ニセコイ)」にさせられる。

楽は怒りやすい千棘に手を焼くも子供時代の約束の女の子ではないかと感じる。

千棘は相手を覚えていないものの、過去に少年と約束した鍵を持っていた。

しかし、楽が中学生の頃から好きだった小野寺小咲もまた、ロケット型のペンダントを開ける鍵を持っているのだった。

キャスト、セクゾの中島健人 中条あやみに池間夏海

一条 楽(いちじょう・らく) – 中島健人(Sexy Zone)
地元で有名なヤクザ「集英組」組長の一人息子。
ギャング集団「ビーハイブ」との争いを避けるため、相手のボスの娘・千棘と恋人役を演じる。
幼い頃に両思いになった女の子と大人になったら結婚しようと約束、鍵穴があるロケット型のペンダントを持つ。
中学生になるとクラスメイトの小咲のことが好きりなり、次第に約束の女の子への気持ちは薄らいできた。

桐崎 千棘(きりさき・ちとげ) – 中条あやみ
アメリカ人と日本人のハーフで赤いリボンを付けた金髪の美人。
ギャング「ビーハイブ」のボスの娘で、敵対する集英組との抗争を鎮めるために楽と恋人を演じる。
アメリカから転校してきて誰とでも仲良くなれる一方、大雑把な性格ですぐに怒って暴力をふるうことも。
子供の時に少年と約束した鍵を持っているが相手は覚えていない。

小野寺 小咲(おのでら・こさき) – 池間夏海
和菓子屋「おのでら」の経営者の娘。
おっとりした性格で優しく、中学生の時から楽のことが好き。
子供の時に少年と約束した鍵を持っている内容を覚えておらず、その相手が楽であれば良いと思っている。

橘 万里花(たちばな・まりか) – 島崎遥香(ぱるる)
警視総監の娘で楽のクラスメイト。
楽のことを「楽様」と呼び積極的にアプローチしている。
楽の妻となるため花嫁修業に邁進、千棘とは犬猿の仲。

クロード – DAIGO
ギャング組織の幹部で千棘のボディーガード。

鶫誠士郎 – 青野楓
クロードの右腕。

舞子集 – 岸優太(King&Prince)
楽の親友。

宮本るり – 河村花
小咲の親友。

日原教子 – 松本まりか
楽たちの担任。




Wikiwikiメモ

・原作は最近のジャンプでは珍しいベタなラブコメながら4年9ヵ月も連載、「いちご100%」を抜いてジャンプのラブコメディ作品の最長記録を持つ

・原作では次々に主人公と関係のある女の子が登場するが短い時間の映画では千棘と小咲の関係に焦点を当てそう

・本作の実写化は4月16日月曜日発売のジャンプで発表した

・小野寺小咲を演じる池間夏海は15歳の沖縄出身の新人女優で「シーサーも振り向くほどの美女」

公式ツイッター

撮影情報、4月24日から 片寄涼太や白石聖、桜井日奈子の情報はガセ

映画「ニセコイ」は河合勇人監督でエキストラを募集、撮影期間は4月24日〜6月上旬。

ロケ地は群馬県前橋市や東京都品川区のカフェなど関東近郊。

5月23日〜5月30日の撮影では小田急線成城学園前駅の東宝スタジオで文化祭の客役として400人程度の募集も行っている。

ネットでは河合勇人監督と2017年の映画「兄に愛されすぎて困ってます(兄こま)」でもコンビを組んだ片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が主演との噂が出回っていた。

撮影現場には白石聖、桜井日奈子、飯島寛騎や塩野瑛久もいたという。

4月23日に主演は中島健人と中条あやみと公式発表、これらの噂はガセだったと判明した。




「千葉県のYさん」伝説 人気投票での熱狂的なファン、最終回で意中のキャラと

漫画「ニセコイ」で伝説になったのが一人の熱狂的なファン。

二人のヒロインではない「橘万里花」というキャラが二回目の人気投票で2位を獲得した。

万里花には「千葉県のYさん」というファンがおり第1回の人気投票では手書きで1500票投じたことが明らかにされている。

「千葉県のYさん」は万里花の応援を続けてキャラクターの誕生日では2015年に「月の土地の権利書」と「花束」、2016年には「特注っぽいガラスの靴」と「花束」を作者に贈った。

漫画側でも「千葉県のYさん」への言及があるなどイチファンとしては異例の扱い。

そして、最終回では主人公への恋を諦めた万里花がお見合い相手で「千葉県在住の…」とYさんを匂わせるコメント。

一連の流れは「2次元への恋が実った」という伝説となって漫画好きに語り継がれている。

概要とスタッフ

映画公開日:2018年12月21日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@nisekoi_1221
監督:河合勇人
脚本:ー
原作:古味直志
映画発表日:2018年4月16日

・2018年の映画情報のまとめ






実写映画「るろうに剣心」3作目の続編 主演は佐藤健、武井咲も9月撮影で復帰

最終更新日:2018年5月24日
画像:集英社

実写映画「るろうに剣心」3作目の続編 主演は佐藤健、武井咲も9月撮影で復帰

人気漫画の実写化として成功作品の一つと呼ばれる「るろうに剣心」のシリーズ3作目の映画が2019年に公開されそうです。

漫画「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」は1994〜1999年に少年ジャンプで連載した幕末をテーマにした人気作品。

佐藤健が主人公の緋村剣心を演じた実写映画は2012年と2014年に公開、批判の出やすい人気漫画の実写化ながら見事に成功しました。

ヒロインの神谷薫役を演じた武井咲が2018年3月12日に第一子を出産、翌日にサンケイスポーツが武井咲について「映画『るろ剣』で9月女優復帰へ」と映画続編について報道しました。

2018年9月に「るろ剣」映画の続編の撮影を開始、2019年に公開するようです。

その後、出産後の武井咲がファンクラブを解散するとも伝わり人誅編ではなく追憶編のみにするか、薫役を変更するのかと話題に。

2018年5月23日には所属事務所が武井咲は7月から仕事に復帰すると公表。

2018年5月24日にサンスポがこの9月に「るろうに剣心」の撮影で武井咲が女優復帰と改めて報じました。

目次・るろうに剣心 続編

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、剣心が殺してしまった妻の弟が復讐にやってくる(人誅編)

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客、緋村剣心。

明治維新後は「不殺(ころさず)」を誓い、町の剣術道場を営む神谷薫らと平和な暮らしを守ろうとしていた。

政府転覆を狙ったもう一人の「人斬り抜刀斎」の志々雄真実との戦いから月日が流れたある夜、剣心たちの行きつけの料亭「赤べこ」が破壊される。

そして、剣心は「人誅」と書かれた手紙を見つける。

人斬り時代の自分を狙う復讐者たちと剣心は覚悟を決めるも、目の前には銀髪の青年が現れる。

その青年は雪代縁といい、かつて剣心が殺してしまった妻の雪代巴の弟だ。

雪代縁が狙うのはかつて自分が味わった地獄の苦しみを剣心にも負わせること。

現在の剣心にとって心の拠り所である神谷薫を雪代縁は殺害しようとしていたのだった。

キャスト、剣心は佐藤健 どうなる武井咲、雪代縁と巴の配役は

緋村 剣心(ひむら・けんしん) – 佐藤健
幕末最強と言われた伝説の人斬り「緋村抜刀斎」。
明治維新後は不殺(ころさず)を誓い、逆刃刀で弱きものを助けていた。

神谷 薫(かみや・かおる) – 武井咲
神谷活心流の道場を切り盛りする女性。
流れ者になっていた剣心を支える。

相楽 左之助(さがら・さのすけ) – 青木崇高
怪力と打たれ強さを持つ喧嘩屋。
幕末時代は赤報隊の一員として活動するも、剣心たちと出会い仲間になる。

雪代 縁(ゆきしろ・えにし) – キャスト未発表
剣心の元妻の雪代巴の弟。
姉を殺害した剣心に地獄の苦しみを味わわせる復讐「人誅」を計画する。

雪代 巴(ゆきしろ・ともえ) – キャスト未発表
剣心が人斬りの「抜刀斎」だった頃の妻。
許婚を殺害した抜刀斎に復讐するため、間者として接近するも復讐の対象を愛してしまった。

外印(げいん) – キャスト未発表
人間の死体から人形を作る技術を持つ人形師。
技術を追求するために縁の復讐に協力する。

清里明良 – 窪田正孝
雪代巴の本来の許婚。
人斬り「緋村抜刀斎」に殺される。




Wikiwikiメモ

・原作では既に東京編と京都編を映画化しており、残っている長編エピソードは人誅編と追憶編

・これまでの映画を手がけた大友啓史監督は人誅編の前のエピソードの追憶編をやりたいとインタビューで語っており、前作と同様の形式で追憶編が前編、人誅編を後編とする展開も考えられる

・武井咲が2017年9月に妊娠を発表した時点で「映画・るろうに剣心の新作が予定されていた」との報道が相次いだ

・2018年4月22日の女性自身が「武井咲のオフィシャルファンクラブが解散する」と報じた

・2018年5月24日のサンスポが「武井咲、7月CMで仕事復帰!9月「るろうに剣心」新作で女優復帰」と伝えた

・実写版の第1作目では「外印」を綾野剛が演じたが、人誅編や追憶編での外印とは名前が同じだけで漫画とは全く別のキャラクター

・実写の第1作目はジャンプの人気漫画の実写化で恒例の大批判を事前に浴びたが、佐藤健の演技や各アクションに絶賛が集まり京都大火編では興行収入が50億円超と大ヒットした

・原作は2017年10月から「北海道編」がスタートしていたものの、作者が児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたため2017年12月から休載した

・2018年4月23日に集英社のジャンプスクエア編集部は「北海道編」の連載を6月4日発売号より再開すると発表した

公式ツイッター、2018年に金曜ロードショーで地上波放送

概要とスタッフ

映画公開日:2019年(サンスポ報道)
映画公式サイト(前作):リンク
ツイッター公式アカウント:@ruroken_movie
監督:大友啓史(可能性大)
脚本:ー
原作:和月伸宏
映画発表日:ー

・2018年の映画情報のまとめ






映画「Bの戦場」絶世のブスが主人公 ガンバレルーヤよしこ、大野拓朗と速水もこみち

最終更新日:2018年4月4日
画像:集英社

映画「Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課」絶世のブスがウエディングプランナー 主演は誰か

「絶世のブス」がウエディングプランナーとして結婚式場で働く物語が2019年に実写映画化されます。

まず、「Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課」のあらすじを一言でまとめます。

絶世のブスとB専のイケメン上司が結婚式場で働く

原作は集英社が主催する公募文学賞ノベル大賞で2016年の大賞を受賞した、ゆきた志旗のライトノベル。

絶世のブスと言われる主人公をガンバレルーヤよしこ、B専のイケメン上司を速水もこみち、大野拓朗も出演です。

目次・Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、誰もが認める絶世のブスが意識の高いB専の上司の求婚に振り回される

北條香澄は誰もが認める「絶世のブス」だ。

香澄は一番写りが良かった写真は母のお腹の中のエコー写真だったと自虐する。

子供の頃から容姿でいじめられ、いつかは自分をまるごと愛してくれる王子様が現れると母に説得されてきた。

そんな香澄は大人になってウエディングプランナーとしてさいたま新都心で働いている。

子供の頃に見た結婚式に憧れて自分は無理でもせめてそれを演出する人になろうと健気に頑張ってきた。

ある日、香澄はエリートで絶世の美男子の久世課長に求婚される。

ついに白馬の王子様のがやってきたのか。

しかし、久世課長の言葉に香澄は耳を疑う。

「香澄さん、ずっと探していました。あなたのような…絶世のブスを」。

久世課長は自称「意識の高いB専」だった。

求婚してくる久世課長に対して香澄はこんな変態とはやっていけないと激怒。

絶世のブスだけど中身は美しい香澄は、超イケメンだが性格は大問題の久世課長の求婚に振り回されていく。

キャスト、絶世のブスの主人公を演じるのはガンバレルーヤよしこ

北條 香澄(ほうじょう・かすみ) – ガンバレルーヤよしこ
誰もが認める絶世のブス。
ウエディングプランナーとしての仕事の評判は良い。
自分の顔面偏差値が異常に低いと自覚しつつも、強く優しく他人の幸せを願う。

久世課長 – 速水もこみち
高学歴でイケメンの香澄の上司。
ハイスペックだが究極のブス専。
ブスをブスと理解したうえで醜さを礼讃する自称「意識の高いB専」。

武内 – 大野拓朗
ホテルにある生花店の男性店長。
素朴な性格で香澄を励ます。

・その他の出演者
おのののか、山田真歩、高橋ユウ、有村藍里、安藤玉恵、日沼さくら




Wikiwikiメモ、監督は並木道子 ロケ地には実際のさいたま新都心も

・タイトルの「Bの戦場」のBは「BUSU(ブス)」や花嫁や婚礼を意味する「bridal(ブライダル)」の意味合い

・監督はドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年)」や「突然ですが、明日結婚します(2017年)」の演出を担当した並木道子

・映画のロケ地では原作の設定と同じ埼玉県のさいたま新都心も使われる(エキストラ募集:登録フォーム

・原作では「ブス」を連発するイケメン上司の久世課長が性格が悪すぎると言われ、実写化では難しい役割になる

公式ツイッター

概要とスタッフ

映画公開日:2019年
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@b_no_senjou
監督:並木道子
脚本:お~い!久馬
原作:ゆきた志旗
映画発表日:2018年2月21日

・2018年の映画情報のまとめ






映画「コーヒーが冷めないうちに」主演は有村架純 波瑠や林遣都、健太郎に石田ゆり子

最終更新日:2018年6月4日

映画「コーヒーが冷めないうちに」主演は有村架純 波瑠や林遣都、健太郎に石田ゆり子

有村架純主演で豪華な俳優陣との映画が2018年9月21日に公開です。

まず、「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじを一言でまとめます。

過去に戻れる喫茶店で起きる奇跡

原作は川口俊和による小説で2017年の本屋大賞に選ばれて「4回泣ける」と言われた名作。

波瑠や林遣都、健太郎に石田ゆり子、吉田羊と松重豊など豪華な出演陣が揃いました。

目次・コーヒーが冷めないうちに

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、過去に戻れる喫茶店で起きる4つの奇跡

願うならあの日に戻りたい。

そんな人々の想いを叶えるという都市伝説が広がっている喫茶店がフニクリフニクラだ。

とある座席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという。

ただし、そこには非常に面倒なルールがあった。

1.過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない者には会う事はできない

2.過去に戻って、どんな努力をしても、現実は変わらない

3.過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ

4.過去に戻っても、席を立って移動する事はできない

5.過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ

やっかいなルールにもかかわらず、今日も都市伝説の噂を聞いた客がこの喫茶店を訪れる。

キャスト、有村架純に健太郎 林遣都に波瑠

時田 数 – 有村架純
過去に戻れる喫茶店「フニクリフニクラ」のスタッフ。
自分が淹れるコーヒーで人を過去に戻すことができる。

新谷 亮介 – 健太郎
数に想いを寄せる美大生。

賀田多 五郎 – 林遣都
女性には奥手だが優秀なエンジニア。
留学を考えるも幼馴染みの二美子のことで悩む。

清川 二美子 – 波瑠
三十路前のキャリアウーマンで喫茶店フニクリフニクラの常連。
幼馴染の五郎の留学話を聞いて悩む。

時田 流 – 深水元基
数の従兄で喫茶店フニクリフニクラの店主。

平井 久美 – 松本若菜
姉の代わりに家業の旅館を継いだ。

平井 八絵子 – 吉田羊
久美の姉で家を出て自分の店を経営する。

高竹 佳代 – 薬師丸ひろ子
若年性健忘症で喫茶店フニクリフニクラに居ついている。

房木 康徳 – 松重豊
高竹の夫で看護師。

謎の女性 – 石田ゆり子
フニクリフニクラに現れる謎の女性。




Wikiwikiメモ

・原作は4つの奇跡が軸で過去・現在・未来を交錯させながら恋愛や家族愛を描く

・監督はドラマ「アンナチュラル」「重版出来!」などヒットドラマの演出を手掛けてきた塚原あゆ子で本作が映画監督デビュー

・映画のロケ地は東京都大田区の西大井駅や千葉県の小湊鐡道の上総鶴舞駅、横浜の元町中華街など(エキストラ募集)

・映画の予告を5月30日に公開した(リンク)

ツイッター、原作者が相関図を紹介

概要とスタッフ

映画公開日:2018年9月21日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:ー
監督:塚原あゆ子(ドラマ「重版出来!」「アンナチュラル」など)
原作:川口俊和
映画発表日:2018年3月9日
映画撮影期間:2018年3月10日〜4月9日

・2018年の映画情報のまとめ






映画「空母いぶき」日中の軍事衝突を西島秀俊と佐々木蔵之介 かわぐちかいじの漫画実写化

最終更新日:2018年3月11日
画像:小学館

映画「空母いぶき」かわぐちかいじの日中衝突の漫画が実写化

日本と中国の軍事問題を題材にした漫画が2019年に実写化さます。

まず、「空母いぶき」のあらすじを一言でまとめます。

尖閣諸島を巡っての日中の軍事衝突

原作は「沈黙の艦隊」や「ジパング」など自衛隊など日本の軍事をテーマにした作品が人気のかわぐちかいじの漫画。

空母いぶきの艦長で主人公を西島秀俊、副艦長を佐々木蔵之介が演じます。

目次・空母いぶき

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、自衛隊初の空母が完成するも中国が尖閣諸島に侵攻

日本が実効支配しつつも中国が領有権を主張している尖閣諸島。

ある日、遭難者に擬装した工作員が尖閣諸島に上陸して「この島は中国固有の領土であり、中国の船舶を待つ」と主張する「尖閣諸島中国人上陸事件」が発生した。

そして日本の領海に侵入を図る中国海警局の船舶と海上保安庁巡視船が衝突して事態はエスカレートしていく。

日本政府は中国に妥協して事態の収拾を図るが、危機感を覚えた首相は新型護衛艦を旗艦にした新護衛隊群の創設を柱とする「ペガソス計画」の前倒しを決定する。

1年後、自衛隊初の空母である「いぶき」が完成した。

しかし「いぶき」が演習航海中に中国軍は突如として日本への侵攻を開始する。

中国は尖閣諸島を制圧、戦闘で自衛隊は初の戦死者を出す。

内閣総理大臣は史上初の防衛出動の決断を下し、日本と中国の武力衝突は避けられない展開になった。

キャスト、艦長を西島秀俊 副艦長を佐々木蔵之介

秋津 竜太(あきつ・りょうた) – 西島秀俊
航空自衛隊のエースパイロットを経て空母「いぶき」の初代艦長となる。
抑止力による戦争回避を主張するも、実際の武力衝突も視野に入れている。
力には力で対抗する必要を感じている。

新波 歳也(にいなみ・としや) – 佐々木蔵之介
秋津と空母「いぶき」艦長の座を競った結果、副艦長兼航海長となる。
自衛隊が発足以来、一人も任務で殺傷していないことを誇りに思っている。
艦長の秋津の思想には同意していない。

一の瀬 一(いちのせ・はじめ) – キャスト未発表
東都新聞の政治部記者で政府を鋭く批判する。
中国の軍事力に対して自衛隊の戦力では歯止めにならないと主張。
日中の軍事衝突も日本政府の対応に問題があると指摘する。

垂水 慶一郎(たるみ・けいいちろう) – キャスト未発表
内閣総理大臣。
アメリカの軍事的影響力が低下する中で独自の防衛力を高める必要があると考える。




Wikiwikiメモ

・2月24日発売の小学館の雑誌「ビッグコミック」で実写映画化が発表された

・原作は「ビッグコミック」で2014年から現在も連載中で3月30日に単行本9巻が発売される

・空母「いぶき」は架空の航空機搭載型護衛艦(DDV)

・映画の撮影期間は2018年3月10日〜4月30日でエキストラを募集中(リンク

公式ツイッター、ビッグコミック編集部

概要とスタッフ

映画公開日:2019年
公式サイト:ー
ツイッター公式アカウント:ー
監督:若松節朗
脚本:長谷川康夫
企画:福井晴敏
原作、監修:かわぐちかいじ
映画発表日:2018年2月24日
映画撮影期間:2018年3月10日〜4月30日

・2018年の映画情報のまとめ






実写ドラマ・映画「わたしに××しなさい!(バツしな)」玉城ティナ、小関裕太、志尊淳

最終更新日:2018年4月15日
画像:講談社

実写ドラマ・映画「わたしに××しなさい!(バツしな)」玉城ティナと小関裕太がW主演

ギラギラした過激な恋愛漫画を原作に玉城ティナと小関裕太がW主演で2018年3月27日からTBSで実写ドラマ、6月23日には映画公開と続きます。

まず、「わたしに××しなさい!」のあらすじを一言でまとめます。

小説のため恋愛を知ろうとする女子の恋物語

原作の少女漫画雑誌「なかよし」で2009〜2015年に連載した遠山えまの漫画。

強気な女子に玉城ティナ、命令されるイケメンに小関裕太です。

ツイッターのやりとりから志尊淳も出演する可能性が高い。

目次・わたしに××しなさい!

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、ケータイ小説家の女子が恋愛を知るためイケメンを脅迫

氷室雪菜は無愛想で目つきが悪いため「雪女」とも呼ばれてクラスメイトから怖がられていた。

そんな雪菜は女子高生に人気のケータイ小説家「ユピナ」としての顔も持つ。

ある日、雪菜は自身の小説に恋愛要素が足りないと指摘される。

不器用で恋愛経験のない雪菜は小説のためにどう恋愛すれば良いのか悩む。

そんな時、雪菜は同じクラスの人気者の北見時雨の腹黒い部分を知る。

雪菜は時雨を脅迫して疑似的に恋愛を経験しようとする。

キャスト、玉城ティナに小関裕太 佐藤寛太に山田杏奈

氷室 雪菜(ひむろ・ゆきな) – 玉城ティナ
無愛想で目つきが悪く「絶対零度の女」と呼ばれる女子。
「ユピナ」のペンネームで携帯小説を書いている。
小説に恋愛要素を加えるため、弱みを握った時雨と強制的な疑似恋愛を始める。

北見 時雨(きたみ・しぐれ) – 小関裕太
イケメンで女子生徒をゲーム感覚で惚れさせている。
気のない女たらしだと雪菜に知られて疑似恋愛に付き合わされる。
頭が良くて人気者だが雪菜だけは思い通りにできていない。

霜月 晶(しもつき・あきら) – 佐藤寛太(劇団EXILE)
雪菜の従弟で携帯小説作家の「ユピナ」だと知っている。
昔から一緒にいる雪菜のことが好きで、時雨とはライバル関係。

水野 マミ(みずの・まみ) – 山田杏奈
病弱な時雨の幼なじみで男子のアイドル的存在。
時雨を好きなために雪菜に敵意を抱く。

氷雨 – 金子大地
雪菜の恋愛小説のライバルで時雨の腹違いの兄弟。

下仁田 – オラキオ
雪菜の編集者。

川渕 – 高田里穂
氷雨の編集者。

・出演の可能性の高い俳優
志尊淳




Wikiwikiメモ

・「わたしに××しなさい!」は「わたしにバツバツしなさい」と読み、略称は「バツしな」

・玉城ティナは本作が映画初主演

公式ツイッター、志尊淳も出演か

概要とスタッフ

映画公開日:2018年6月23日
TBSドラマ放送日:2018年3月27日、火曜25時28分(全4回)
MBSドラマ放送日:2018年3月25日、日曜24時50分(全4回)
放送局:TBS(MBS)
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@batsu_shina
監督:山本透
映画主題歌:ポルカドットスティングレイ「ICHIDAIJI」
原作:遠山えま
ドラマ・映画発表日:2018年1月24日

・2018年4月〜6月のドラマ情報のまとめ

・2018年の映画情報のまとめ






実写映画「響(ひびき)-HIBIKI-」欅坂46の平手友梨奈(てち)が初主演

最終更新日:2018年6月5日
画像:小学館

実写映画「響-HIBIKI-」主演は欅坂46の平手友梨奈(てち)、北川景子や柳楽優弥が出演

奇抜な女子高生かつ小説家をテーマにした漫画「響~小説家になる方法~」が2018年9月14日に実写化されます。

まず、「響-HIBIKI-」のあらすじを一言でまとめます。

狂気をはらむ変人の女子高生が大ベストセラーになる

原作は2014年から雑誌「ビッグコミックスペリオール」で連載している柳本光晴の漫画。

週刊文春などで事前に報道があったように欅坂46の平手友梨奈、通称「てち」が映画の初主演となります。

主要人物には北川景子やアヤカ・ウィルソン、高嶋政伸と柳楽優弥、野間口徹なども出演です。

目次・響-HIBIKI-

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、本好きだが暴力的な女子高生が小説家になる

テレビやインターネットの発展により出版業界は不況に苦しみ、中でも文芸部門は末期的な状況に陥っていた。

文芸誌「木蓮」の若い編集者の花井ふみは出版不況を変えるようなスターが出てこないかと探していた。

ある日、文芸誌「木蓮」の新人賞に直筆での応募作が届く。

データでの応募のみを受け付けていたため、その応募作は破棄されようとしていたところを花井ふみが止める。

応募作「お伽の庭」は荒削りながら圧倒的な才能が秘められていた。

鮎喰響はその「お伽の庭」を中学の終わりに執筆して投稿、高校に入学する。

響は本を書くのが好きだが冗談の通じない性格で、自分の考えを決して曲げない。

不良に絡まれればその瞬間に殺し合いを始めるような覚悟を見せる。

先輩と意見が違っても自分が思ったことを押し通す。

そんな響は高校で文芸部に入り、圧倒的な才能で業界に嵐を巻き起こす。

キャスト、平手友梨奈に北川景子 高嶋政伸に柳楽優弥

鮎喰 響(あくい・ひびき) – 平手友梨奈(欅坂46)
本を読み書くのが好きな女子高生で驚異的な文才と感性の持ち主。
空気を読まない性格で自分の考えを決して曲げない。
成績は学年トップクラスだが、年上に敬語は使わず突発的に暴力的な行動に出ることも多い。

祖父江 凛夏(そぶえ・りか) – アヤカ・ウィルソン
響が入部する文芸部の部長
フィンランド人の母とのハーフのために金髪で小麦色の肌。
軽い人間と思われがちだが本が好きで理性的。

花井 ふみ(はない・ふみ) – 北川景子
文芸誌「木蓮」編集部の若い編集者。
響の才能を発掘して文芸の復活を目指す。
響を理解しようとするも常識はずれの行動に手を焼く。

山本 春平 – 小栗旬
家族を背負い情熱のある小説家。
芥川賞候補に3度も名を連ねながら受賞を逃しながら執筆を続けている。

椿 涼太郎(つばき・りょうたろう) – キャスト未発表
響の幼馴染で文芸部員。
文武両道なイケメンだが響を異常なほど愛している。
響を守ろうとするも小説家ではなく普通の女の子でいてもらいたいと思っている。

神田(かんだ) – キャスト未発表
文芸誌「木蓮」編集部の編集長。
穏やかだが文芸業界の復活には懐疑的。

・出演が決定した俳優
高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生




Wikiwikiメモ

・原作はコミックシーモアで無料立ち読みができる

・作者の柳本光晴氏がブログで「響役は欅坂の平手さんかなーとか。リョータローはセクゾの中島君とか」と過去に記載、その後に削除したとの噂が広まっていた

・原作はマンガ大賞2017大賞を受賞、作者の柳本光晴氏は受賞式でアシスタントから「先生、マンガは絵じゃないってことが証明されましたね!」と言われたという話で会場を笑わせた

・漫画の主人公の響の性格は「寡黙な天才で時に暴力的」であり、秋元康が作り上げた欅坂46のセンターを務める平手友梨奈のイメージと重なる

・映画の撮影が4月下旬から始まるため、4月16日にキャストが発表された(エキストラ登録フォーム)

・週刊文春が「欅坂46の平手友梨奈が今秋の映画に初主演」と報じていたため、映画「響」の主演が平手友梨奈だと事前に予想されていた

公式ツイッター

概要とスタッフ

映画公開日:2018年9月14日
公式サイト:リンク
原作ツイッター公式アカウント:@hibiki_akui
監督:月川翔(映画「君の膵臓をたべたい」「となりの怪物くん」など)
配給:東宝
原作:柳本光晴
映画発表日:2017年12月13日
映画撮影期間:2018年4月下旬〜6月1日

・2018年の映画情報のまとめ






映画「キングダム」人気漫画の実写化、山崎賢人に長澤まさみ 吉沢亮や本郷奏多

最終更新日:2018年5月24日
画像:漫画公式サイト

映画「キングダム」人気漫画の実写化、山崎賢人主演で2018年から撮影へ

実写化の噂のあった週刊ヤングジャンプの人気漫画の映画化がついに決定しました。

集英社は漫画「キングダム」の4月19日発売のコミックス第50巻を記念して実写映画化されることを発表。

作者の原泰久もこの1年に脚本会議に加わっており、これから大作を作り上げていきます。

キングダムは10周年を記念した実写動画を山崎賢人の主人公バージョンで2016年4月に公開しており、実写化は時間の問題と言われていました。

キャストや公開日などの正式発表はまだですが、2017年12月に週刊文春がキングダムの実写映画は2018年春から撮影が始まると報じており、主演は山崎賢人で長澤まさみも出演する可能性が高い。

吉沢亮や橋本環奈、本郷奏多や満島真之介も出演しそうです。

目次・キングダム

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
羌瘣役
概要とスタッフ

あらすじ、キャストの噂から王弟の反乱がテーマか

キングダムは中国の紀元前770年から紀元前221年までの春秋戦国時代の終わりを舞台にした物語です。

天下の大将軍を目指す戦争孤児の少年の「信」と後の始皇帝となる若者の「政」を中心として政治と戦争が繰り広げられる。

漫画は長い物語だけに実写映画ではどの部分に焦点を当てるのか。

最強の六大将軍の王騎が活躍した秦趙攻防戦か、主人公たちの国である「秦」が絶体絶命に陥る合従軍との攻防か。

ネットではキャスト情報として、政の弟にあたる成蟜のほか竭氏など王弟の一派が重要な位置を占めています。

これが正しければ原作では序盤の「王弟の反乱」と「暗殺者の襲来」あたりが主軸となりそうです。

なんにせよ原作ファンから大きな議論を呼びそうです。

キャスト、山崎賢人と長澤まさみは可能性大 吉沢亮や橋本環奈も出演か

・山崎賢人と長澤まさみは文春報道、その他はネット情報

〜〜主要キャラ〜〜
信(しん) – 山崎賢人(幼少期:大西利空)
戦争孤児の少年で天下の大将軍を目指す。
猪突猛進型で強い勇気を持つ。
秦王である政とは親友のような関係。

嬴政(えいせい) – 吉沢亮
秦国の若き王で後の始皇帝。
多くの民のため中華を統一する最初の王になると公言、内外の敵と戦う。
冷静沈着で深い洞察力を持つ。

漂(ひょう) – 吉沢亮(幼少期:南出凌嘉)
信の幼馴染の親友で共に武芸に励んできた。
政とソックリの容姿のために影武者として王宮で働く。

河了貂(かりょうてん) – 橋本環奈
山民族の末裔で蓑を被っている少女。
兵法を学んで軍師として政と信に協力する。

羌 瘣(きょう・かい) – キャスト不明
伝説の刺客一族「蚩尤」の少女。
高い戦闘力で信を支える。

王騎(おうき) – 大沢たかお
秦国六大将軍の一人で中華全土に名を馳せた最強の武人。

騰(とう) – 要潤
常に王騎の傍にいる忠実な副官。

昌文君(しょうぶんくん) – 高嶋政宏
政に忠誠を誓う秦国の文官。

壁(へき) – 満島真之介
生真面目な昌文君の副官で信の兄貴分。

〜〜山の民〜〜
楊端和(ようたんわ) – 長澤まさみ
女性ながら「山界の死王」と呼ばれる山の民の最大勢力の王。

バジオウ – 阿部進之介
戦で滅んだバジ族の生き残りで満足に言葉は使えず荒い気性。

タジフ – 一ノ瀬ワタル
石球を使う巨大な戦士。

〜〜王弟の一派〜〜
成蟜(せいきょう) – 本郷奏多
政の異母弟の王弟で臣下を道具のように扱う残虐な性格。
平民の血を引く兄の政を憎んでいる。

竭氏(けつし) – 加藤雅也
秦国の元左丞相の野心家で成蟜と共にクーデターを狙う。

肆氏(しし) – 石橋蓮司
竭氏の参謀で王弟のクーデターの指揮をとる。

左慈(さじ) – 坂口拓
肆氏の片腕かつ竭氏の人斬り長でクーデターに参加する。

魏興(ぎこう) – 宇梶剛士
肆氏の指示に従いクーデターに参加する。

ランカイ – 阿見201
圧倒的な巨体と怪力を持ち成蟜に買われて虐待されている。

敦(とん) – 大内田悠平
成蟜の側近を務める青年。

〜〜暗殺部隊〜〜
朱凶(しゅきょう) – 深水元基
ムタ – 橋下じゅん

〜その他〜
里典 – 六平直政
小さい頃の信や漂を下僕として扱う。




Wikiwikiメモ

・原作者の原泰久は「この1年、脚本会議にも加えて頂き、意見を尊重して頂き、感謝しております」と述べたうえ、「納得の脚本です!! 予算も破格!! キャストの皆様も超豪華!!」と期待を高めた

・キングダムは漫画10周年を記念して山崎賢人が実写動画を既に制作して配信しており、実写化の計画が進んでいると噂が広がっていた

・本作は秦の始皇帝の若き頃をテーマにしているため、漫画などで暴君として扱われがちな秦の始皇帝が善人として描かれている

・橋本環奈は4月に中国で映画撮影をしているとテレビで明らかになっていおり、キングダムの撮影中と見られる

・映画「いぬやしき」の5月5日のラインライブで木梨憲武が本郷奏多に「今の撮影は佐藤信介監督の中国映画か」と確認しており、ネットに流れたキャスト情報の確度が高まった

ツイッター、実写化の下準備は十分か

2016年版の動画、羌瘣役の山本千尋が話題に

2016年版のキングダムの実写動画では羌瘣役の山本千尋が話題になりました。

漫画さながらの女剣士・羌瘣の華麗な全力剣舞シーンを演じたのが3歳より太極拳を学び、2012年の第4回世界ジュニア武術選手権大会で優勝した山本千尋です。

山本千尋は2017年9月から山﨑賢人や窪田正孝、柴咲コウや竹内結子のいるスターダストプロモーション(スタダ)の所属になりました。

強い事務所の力を背景に山本千尋が実写映画版キングダムの羌瘣役を務めれば原作ファンを納得させられるかもしれません。

・2016年版、実写動画のキャストとスタッフ
信 – 山﨑賢人
羌瘣(キョウカイ) – 山本千尋
龐煖(ホウケン) – 五城健児
監督:大野大樹
音楽、プロデューサー:Thomas Suess
コンポーザー:Robster Henke
ナレーター:吉永幸一

キングダム10周年記念動画:リンク




概要とスタッフ

映画公開日:ー
公式サイト:ー
原作ツイッター公式アカウント:@kingdom_yj
監督:佐藤信介(可能性大)
原作、脚本協力:原泰久
原作連載期間:2006年〜現在
映画正式発表日:2018年4月8日
映画撮影期間:2018年春から(文春報道)

・2018年の映画情報のまとめはこちら






映画「ハード・コア」山田孝之と佐藤健 監督は山下敦弘

最終更新日:2017年8月19日

映画「ハード・コア」山田孝之の映画プロデュース2作目 佐藤健も出演

山田孝之が2作目となる映画プロデュースに挑戦します。

まず、「ハード・コア」のあらすじを一言でまとめます。

下流の男たちとロボットと埋蔵金の不思議な物語

漫画家のいましろたかし、原作者の狩撫麻礼によるディープな漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」が映画の原作です。

どうしようもない兄を山田孝之、エリートの弟を佐藤健が演じる。

山田孝之と監督の山下敦弘のコンビは話題になる作品の提供が続いているだけに漫画「ハードコア」の実写化にも期待が高まります。

目次・ハードコア

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、埋蔵金掘りをしていた下流の男がロボットを発見する


権藤右近は飲み屋で騒ぐ若者に対して暴れるような正真正銘のアウトローだ。

右近は下流に生きる男として埋蔵金掘りの仕事にいそしむ。

右近が心を許せるのは同僚の牛山のみ。

右近の弟でエリート商社マンの左近は兄に対して情けなさと自由への憧れを持っている。

ある日、右近と牛山は1体の古びたロボットを発見する。

左近が調べると、そのロボットは驚異的な性能を持っていた。

ロボットを生き返らせていく右近たち3人はその性能で埋蔵金を掘り当てる。

さらに右近は怪しい活動家の娘と肉体関係を持ち、混沌とした状況に陥っていく。

キャスト、山田孝之に佐藤健 荒川良々も


権藤右近 – 山田孝之
飲み屋で暴れる正真正銘のアウトロー。
埋蔵金掘りの仕事を続けている。

権藤左近 – 佐藤健
右近の弟でエリート商社マン。
情けない兄を持つが、その自由な生き方に憧れてもいる。

牛山 – 荒川良々
右近の親友で埋蔵金掘りの仕事の同僚。
怪しい活動家のあっ旋もしている。

活動家の娘 – キャスト未発表
怪しい活動家の娘で右近と肉体関係を持つ。




Wikiwikiメモ、山田孝之と山下敦弘のコンビはカンヌから続く

・山田孝之と山下敦弘監督のコンビは2017年1月のテレビ東京のドラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」から続いている

・佐藤健は「山田孝之ファンとしては、山田孝之との兄弟役と聞き2秒で出演を決めました」とコメント

・原作の「狩撫麻礼・いましろたかし」のコンビは下流を生きる男たちの哀愁を描く物語に定評がある

・ロシアとアメリカの共同制作、全編一人称視点で2017年4月に公開された映画のタイトルも同じく「ハードコア」

公式ツイッター、山田孝之関連




概要とスタッフ

映画公開日:2018年
映画公式サイト:ー
映画ツイッター公式アカウント:ー
監督:山下敦弘
脚本:ー
映画撮影期間:2017年8月上旬~9月初旬
原作:狩撫麻礼(画・いましろたかし)
映画発表日:2017年8月11日

・2018年の映画情報のまとめはこちら






実写映画「あのコの、トリコ。(あのトリ)」吉沢亮・新木優子・杉野遥亮の三角関係

最終更新日:2017年11月4日
画像:小学館

実写映画「あのコの、トリコ。(あのトリ)」吉沢亮・新木優子・杉野遥亮で2018年公開

人気の若手俳優たちが人気の少女漫画そのもののを演じる映画「あのコの、トリコ。」が2018年公開です。

まず、「あのコの、トリコ。」のあらすじを一言でまとめます。

高校生で芸能界にいる男女3人の恋愛

少女漫画雑誌「Sho-Comi」で連載している漫画「あのコの、トリコ。」は高校生ながら芸能界で輝く幼なじみ3人の男女の物語。

主演は映画「銀魂」など出演作品が激増中の吉沢亮です。

ヒロインに新木優子、イケメンのライバルに杉野遥亮と主要キャラクターに勢いのある美男美女を揃えました。

目次・あのコの、トリコ。

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
吉沢亮
概要とスタッフ

あらすじ、スーパースターを約束した幼なじみ3人

鈴木頼は小さい時、幼なじみの雫と昴で「私たちはスーパースターになるのだ!」という約束を交わしていた。

頼が引っ越して平凡な暮らしを始めている一方、雫と昴は華やかな芸能界で活躍を始める。

頼は高校になって雫と再会した。

スーパースターの道を諦めていた頼は雫のマネージャーとして夢を応援する。

ある日、雫を助けるために出演したCMで頼は大人気になった。

昴が主演の舞台にも頼は出演、スタートなった幼なじみたちの三角関係が入り組んで行く。

キャスト、吉沢亮に新木優子 杉野遥亮

鈴木 頼(スズキ・ヨリ) – 吉沢亮
地味なメガネ男子だが演技は天才的。
幼なじみの雫の笑顔が好き。

立花 雫(タチバナ・シズク) – 新木優子
人形のように可愛い新人アイドル。
ガサツで男勝りな野心家。
下着の撮影を実は嫌がよ

東條 昴(トウジョウ・スバル) – 杉野遥亮
今をときめく超人気俳優。
人を惹きつけるスター性を持つ。




Wikiwikiメモ、原作のストーリー展開が早い

・原作はこれまで発売された4巻までで累計50万部を突破

・原作者の白石ユキは「多分一番びっくりしているのは白石です…! 身に余る出来事にそわそわしっ放し」とコメント

・単行本の1巻を2014年に発売して連載中の原作はとにかくストーリー展開が早いのが現代風と言われる

・ドラマ「最後から二番目の恋」などを手がけてきた宮脇亮にとって本作が初の映画監督作品

出演者たちのツイッター




ピックアップ俳優、吉沢亮とは


吉沢亮(よしざわ・りょう)とは1994年2月1日生まれの俳優。

芸能事務所アミューズの2009年の全国オーディションに合格して芸能界入り。

2012年のドラマ「仮面ライダーフォーゼ」に出演、学園もののドラマや映画で活躍する。

2017年10月公開の映画「斉木楠雄のΨ難」、2018年の映画「リバーズ・エッジ」などにも出演する。

剣道は関東大会優秀選手に選ばれて2段を持つ実力者。

概要とスタッフ

映画公開日:2018年
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@anokono_toriko
監督:宮脇亮(ドラマ「最後から二番目の恋」「最高の離婚」など)
脚本:浅野妙子(映画「NANA」「大奥」「クローバー」など)
映画撮影期間:6月14日~7月中旬
配給:ショウゲート
原作:白石ユキ
映画発表日:2017年7月10日

・2018年の映画情報のまとめはこちら