映画「Bの戦場」絶世のブスが主人公 ガンバレルーヤよしこ、大野拓朗と速水もこみち

映画「Bの戦場」絶世のブスが主人公 ガンバレルーヤよしこ、大野拓朗と速水もこみち

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年4月4日
画像:集英社

映画「Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課」絶世のブスがウエディングプランナー 主演は誰か

「絶世のブス」がウエディングプランナーとして結婚式場で働く物語が2019年に実写映画化されます。

まず、「Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課」のあらすじを一言でまとめます。

絶世のブスとB専のイケメン上司が結婚式場で働く

原作は集英社が主催する公募文学賞ノベル大賞で2016年の大賞を受賞した、ゆきた志旗のライトノベル。

絶世のブスと言われる主人公をガンバレルーヤよしこ、B専のイケメン上司を速水もこみち、大野拓朗も出演です。

目次・Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、誰もが認める絶世のブスが意識の高いB専の上司の求婚に振り回される

北條香澄は誰もが認める「絶世のブス」だ。

香澄は一番写りが良かった写真は母のお腹の中のエコー写真だったと自虐する。

子供の頃から容姿でいじめられ、いつかは自分をまるごと愛してくれる王子様が現れると母に説得されてきた。

そんな香澄は大人になってウエディングプランナーとしてさいたま新都心で働いている。

子供の頃に見た結婚式に憧れて自分は無理でもせめてそれを演出する人になろうと健気に頑張ってきた。

ある日、香澄はエリートで絶世の美男子の久世課長に求婚される。

ついに白馬の王子様のがやってきたのか。

しかし、久世課長の言葉に香澄は耳を疑う。

「香澄さん、ずっと探していました。あなたのような…絶世のブスを」。

久世課長は自称「意識の高いB専」だった。

求婚してくる久世課長に対して香澄はこんな変態とはやっていけないと激怒。

絶世のブスだけど中身は美しい香澄は、超イケメンだが性格は大問題の久世課長の求婚に振り回されていく。

キャスト、絶世のブスの主人公を演じるのはガンバレルーヤよしこ

北條 香澄(ほうじょう・かすみ) – ガンバレルーヤよしこ
誰もが認める絶世のブス。
ウエディングプランナーとしての仕事の評判は良い。
自分の顔面偏差値が異常に低いと自覚しつつも、強く優しく他人の幸せを願う。

久世課長 – 速水もこみち
高学歴でイケメンの香澄の上司。
ハイスペックだが究極のブス専。
ブスをブスと理解したうえで醜さを礼讃する自称「意識の高いB専」。

武内 – 大野拓朗
ホテルにある生花店の男性店長。
素朴な性格で香澄を励ます。

・その他の出演者
おのののか、山田真歩、高橋ユウ、有村藍里、安藤玉恵、日沼さくら




Wikiwikiメモ、監督は並木道子 ロケ地には実際のさいたま新都心も

・タイトルの「Bの戦場」のBは「BUSU(ブス)」や花嫁や婚礼を意味する「bridal(ブライダル)」の意味合い

・監督はドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年)」や「突然ですが、明日結婚します(2017年)」の演出を担当した並木道子

・映画のロケ地では原作の設定と同じ埼玉県のさいたま新都心も使われる(エキストラ募集:登録フォーム

・原作では「ブス」を連発するイケメン上司の久世課長が性格が悪すぎると言われ、実写化では難しい役割になる

公式ツイッター

概要とスタッフ

映画公開日:2019年
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@b_no_senjou
監督:並木道子
脚本:お~い!久馬
原作:ゆきた志旗
映画発表日:2018年2月21日

・2018年の映画情報のまとめ






LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)