実写ドラマ「この世界の片隅に」主役は能年玲奈ではなく松本穂香 松坂桃李に尾野真千子

実写ドラマ「この世界の片隅に」主役は能年玲奈ではなく松本穂香 松坂桃李に尾野真千子

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年7月16日
画像:映画公式サイト

実写ドラマ「この世界の片隅に」主役は能年玲奈ではなく松本穂香

日本中に温かい気持ちを届けてロングランヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」が2018年7月15日から、TBSの日曜9時の枠で連続ドラマとなって実写化です。

まず、「この世界の片隅に」のあらすじを一言でまとめます。

広島の戦後を普通に生きようとする女性の物語

漫画家のこうの史代の原作をもとにした映画「この世界の片隅に」はクラウドファンディングで資金を集めて2016年11月に公開、1年超たった現在も上映している異例のロングラン作品。

映画では主人公の声優を「のん」こと能年玲奈が担当しており、実写ドラマ化の発表を受けて「主役は能年玲奈しかいない」との声が溢れていました。

連ドラでの主役は若手女優の松本穂香、その夫役に松坂桃李。

尾野真千子や土村芳、田口トモロヲや伊藤蘭なども出演です。

目次・この世界の片隅に

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
ロケ地
松本穂香
松坂桃李
概要とスタッフ

あらすじ、戦後の広島で少女のすずが明るく生き抜こうとする

1944年(昭和19年)、日本は戦争で厳しい状況に置かれていた。

そんな時、18歳のすずに、縁談がもちあがる。

トントン拍子で話は進み、1944年年2月にすずは呉へとお嫁にやって来た。

呉は日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄えている。

見知らぬ土地で、海軍勤務の文官の北條周作の妻となったすずの生活が始まった。

そして1945年3月、呉は空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされて、すずが大切にしていたものが失われていく。

1945年8月6日、呉では爆風が響き、広島方面から巨大な雲が上がる。

激動の展開を前にして泣き崩れる人々。

それでもすずは、なんとか生き抜いていこうとしていく。

キャスト、松本穂香に松坂桃李 二階堂ふみに村上虹郎

北條 すず – 松本穂香(幼少期:新井美羽)
広島市江波で育ったおっとりとした少女で旧姓は浦野。
絵を描くことが好きで呉にある北條家に嫁ぐ。

北條 周作 – 松坂桃李
北條家長男で海軍軍法会議所の録事(書記官)。
幼い頃に出会ったすずを探して結婚、慣れない土地で生活するすずに優しく接する。

黒村 径子 – 尾野真千子
周作の姉で口調が強い。
嫁ぎ先から娘を連れて出戻ってきた。

水原 哲 – 村上虹郎
すずの小学校の同級生でガキ大将。
海軍に入隊後も意識し合っていたすずに会うため北條家にやってくる。

白木 リン – 二階堂ふみ
呉にある遊郭で働く女性。
偶然出会ったすずと奇妙な友情を育む。

浦野すみ – 久保田紗友
すずと仲の良い一歳下の妹でしっかり者。

森田イト – 宮本信子
すずのよき理解者である優しい祖母。

浦野キセノ – 仙道敦子
嫁いだ娘を心配するすずの母。

浦野十郎 – ドロンズ石本
工場に勤めるすずの父。

北條 円太郎 – 田口トモロヲ
周作と径子の父で、海軍の技術者。

北條 サン – 伊藤蘭
周作と径子の母で、足が悪いながらも家事を手伝っている。

刈谷 幸子 – 伊藤沙莉
北條家の隣に住む女の子。
幼いころから周作に思いを寄せていた。

刈谷 タキ – 木野花
北条家の隣人家族の母で近所のリーダー的存在。

堂本 志野 – 土村芳
北條家の近くに住む、夫が出征中の主婦。

堂本 安次郎 – 塩見三省
北条家の隣人家族の祖父で偏屈な性格。

〜現代パート〜
近江 佳代 – 榮倉奈々
2018年に東京から呉市の古民家を訪れる。

江口 浩輔 – 古舘佑太郎
佳代の恋人。




Wikiwikiメモ、アニメ映画は長編バージョンが2018年末に公開

・TBSの公式サイトでドラマのエキストラを募集中(リンク)

・6月17日にドラマの予告を公開した(リンク)

・主人公の幼少期を演じる新井美羽は2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でも主人公の子供時代を演じて天才子役として有名

・アニメ映画「この世界の片隅に」では主人公の声優を担当した能年玲奈を絶賛する声が溢れた

・2016年公開のアニメ映画(129分)が好評だったため、160分の長編バージョンのアニメ映画を2018年末に公開予定

・2011年には日テレが北川景子主演でスペシャルドラマとして「この世界の片隅に」を放送した

公式ツイッター

ロケ地

エキストラをTBS公式サイトで募集中(リンク)

・小学校の撮影現場(可能性大)
名称:旧上岡小学校
住所:茨城県久慈郡大子町上岡987-3

・その他のロケ地
千葉県九十九里や茂原市、広島県広島市、広島県呉市、東京都小金井市(大規模ロケ)




ピックアップ俳優、松本穂香とは

【松本穂香はauのCMで神木隆之介と共演】

松本穂香(まつもと・ほのか)とは1997年2月5日生まれの女優。

2015年にロッテのお菓子のショートムービーで俳優デビュー、ドラマや映画の出演が始まる。

2016年の「ヨミガエラセ屋では初舞台ながら初主演を務め2017年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」では主人公役の有村架純の同僚も演じた。

「ひよっこ」出演時には「おかっぱ頭のメガネっ娘の澄子(松本穂香)が能年玲奈に似ている」と話題にも。

所属する芸能事務所は広末涼子や戸田恵梨香らがいるフラーム。

ピックアップ俳優・松坂桃李とは

松坂桃李(まつざか・とおり)とは1988年10月17日生まれの俳優。

モデルとして芸能界で活動をスタートし、テレ朝の特撮ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」でドラマ初主演をつとめる。

「松坂桃李」の名前は本名で神奈川県茅ヶ崎市出身、事務所は菅田将暉や木村佳乃が所属するトップコート。

2017年のドラマ「視覚探偵 日暮旅人」や2018年の映画「不能犯」など主演クラスの俳優に成長。

2017年度後半のNHKの朝ドラ「わろてんか」ではヒロインの葵わかなの夫役を演じて国民的な知名度を手にした。

スラムダンク好きのバスケ部出身で左利き。




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年7月15日スタート、日曜21時
放送局:TBS
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@konoseka_tbs
脚本:岡田惠和
音楽:久石譲
演出:土井裕泰
プロデュース:佐野亜裕美
原作:こうの史代
ドラマ発表日:2018年3月20日

・2018年7月〜9月のドラマ情報のまとめ



LINEで送る
Pocket

実写ドラマ「この世界の片隅に」主役は能年玲奈ではなく松本穂香 松坂桃李に尾野真千子” に3件のコメントがあります

  1. すずさんも周作も、よく似合った俳優が選ばれたなと思う。水原や晴美ちゃん、リンさんが誰になるのか。オリジナルキャラクターも登場とのことで、原作とどういった違う魅力が生まれるのか楽しみ。

  2. すずさんは「こまい」から、身長的には杉咲や川栄は有だけど、いずれもすずさんのキャラって感じじゃないんだよなぁ…

  3. 川栄李奈が主演との噂だが。
    ネット配信なら能年玲奈、深夜ドラマなら川栄。
    ゴールデンタイムなら黒木華や吉岡里帆、杉咲花か有村架純。
    広瀬すずではないのは間違いない。

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)