映画「居眠り磐音(いねむりいわね)」松坂桃李が主演か 2019年公開

映画「居眠り磐音(いねむりいわね)」松坂桃李が主演か 2019年公開

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年3月23日

映画「居眠り磐音(いねむりいわね)」松坂桃李が主演か 2019年公開

NHKで人気だった時代劇「居眠り磐音」が映画となって2019年5月ごろに公開です。

まず、「居眠り磐音」のあらすじを一言でまとめます。

爽やかな青年剣士が居眠り剣法で人を守る

原作は佐伯泰英の時代小説シリーズ「居眠り磐音 江戸双紙」。

NHKでは2007年から2009年にかけて山本耕史が主演で連続ドラマとして放送、2017年にスペシャル版として完結しました。

2018年3月より松竹映画としての「居眠り磐音」のエキストラの募集が始まっています。

大分県杵築市で松坂桃李が時代劇の撮影を行っており、映画「居眠り磐音」の主人公の可能性があります。

目次・居眠り磐音

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、心に傷を負った居眠り剣法の使い手の磐音が人々を守る

1772年(明和9年)4月、坂崎磐音は江戸での剣術道場での修行を終えて故郷の九州の豊後関前に戻った。

幼なじみと共に藩政改革を志すも、トラブルによりその幼なじみを討ち取ることになってしまう。

磐音は再び江戸に戻り、鰻割きと両替商今津屋の用心棒の仕事を始める。

居眠りをする猫のように敵の剣を柔らかく受け流し、根負けした相手を打ち倒すその剣術は「居眠り剣法」と呼ばれる。

磐音は故郷での事件により心に傷を負いながらも、困っている人に優しく正義を貫いていく。

キャスト、主演は松坂桃李か

坂崎 磐音(さかざき・いわね) – 松坂桃李(可能性)
江戸深川の金兵衛長屋に住む浪人。
許嫁の兄を討ち取ることになってしまい、九州・豊後関前藩から出た。
剣術の達人でその構えから「居眠り剣法」と呼ばれている。




Wikiwikiメモ

・京都市メディア支援センターが撮影支援中の2019年5月頃公開予定の松竹映画「居眠り磐音」のボランティア募集を紹介している(リンク)

・大分県杵築市で3月中旬に松坂桃李の映画の撮影があった

・大分県杵築市は石畳の坂道が残る城下町としてたびたび、時代劇のロケに使われている

・「居眠り磐音 江戸双紙」は全51巻、累計2000万部突破のベストセラーでシリーズの公式サイト(リンク)もある

・NHKが2007年から放送した時代劇のタイトルは「陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜」

公式ツイッター、松坂桃李が出演する映画

概要とスタッフ

映画公開日:2019年5月ごろ
公式サイト:ー
ツイッター公式アカウント:ー
監督:本木克英
脚本:ー
原作:佐伯泰英
映画発表日:ー

・2018年の映画情報のまとめ






LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)