ドラマ「嫌われる勇気」香里奈がアドラー女子

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年4月9日

ドラマ「嫌われる勇気」あらすじまとめ、アドラー心理学がテーマ 主演は香里奈

世界的に有名な心理学者のアルフレッド・アドラーの名著をテーマにしたドラマがやってきた。

アドラーの「嫌われる勇気」を原作に、フジテレビが2017年1月12日の木曜よる10時から香里奈主演のドラマを放送しました。

まず、ドラマ「嫌われる勇気」のあらすじを一言でまとめます。

香里奈が心理学に詳しい刑事でアドラー女子

「嫌われる勇気」の原作者のアルフレッド・アドラーはジークムント・フロイト、カール・グスタフ・ユングと並んで「心理学界の三大巨匠」と呼ばれます。

他者から嫌われることを恐れない勇気を持った時に、人は自分だけの生き方ができるとするアドラー心理学を体現する刑事を演じるのが香里奈。

香里奈に振り回される後輩にはNEWSの加藤シゲアキ、心理学の教授に椎名桔平の布陣で臨みます。

では、ドラマや映画を解説する「あらすじ大全」がドラマ「嫌われる勇気」のストーリーやキャストをご紹介します。

目次:ドラマ嫌われる勇気

あらすじ
キャスト
うんちく情報
解説・アドラー心理学とは
ピックアップ俳優・加藤シゲアキとは
アドラー心理学会からの批判
ドラマ嫌われる勇気のスタッフ
ツイッターでの主なハッシュタグ

あらすじ、アドラー女子の庵堂蘭子


警視庁刑事部捜査一課8係は難事件を解決する。

その中心にいるのがアドラー心理学を体現する庵堂蘭子だ。

一匹狼の蘭子は他人の声や評価を気にせず、嫌われる勇気を持つアドラー女子。

蘭子は圧倒的な検挙率に鑑識係たちからも尊敬されている。

蘭子とコンビを組む青山年雄は、傍若無人な彼女の生き方に圧倒される。

先輩の刑事の推理も蘭子は「その推理、明確に否定します」と断言、深い知識と洞察力で事件の真実を探す。

蘭子にアドラー心理学を教えた大学教授の大文字哲人も心理学の観点から警察の捜査に協力する。

アドラー女子の蘭子、アドラー心理学のすべてを知る大文字教授の二人から年雄はアドラー心理学を学ぶ。

一匹狼の蘭子を軸に、警視庁刑事部捜査一課8係はアドラー心理学を使って難事件に挑んでいく。

キャスト、香里奈に加藤シゲアキ 椎名桔平に相良樹

庵堂 蘭子(あんどう・らんこ) – 香里奈
32歳で独身、彼氏なしの警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。
仕事はできるが周囲の言葉には耳を貸さない。
生まれながらにしてアドラー心理学が身に付き嫌われる勇気を持つアドラー女子。
決め台詞は「その推理、明確に否定します」。
なんでもできてジャグリングも得意。

青山年雄(あおやま・としお) – 加藤シゲアキ(NEWS)
正義感が強く刑事にあこがれ、捜査一課8係で蘭子とコンビを組む。
優柔不断で周囲に嫌われる勇気を持てない28歳。
自分勝手な蘭子に振り回されながらアドラー心理学を学ぶ。

大文字 哲人(だいもんじ・てつと) – 椎名桔平
帝都大学文学部心理学科の教授で専門は犯罪心理学。
深い知識で捜査に協力して警察から信頼を得ている。
蘭子が大学生の時にアドラー心理学を教えた。

相馬 めい子 – 相楽樹
帝都大学医学部法医学講座の助教授。
事件の被害者の解剖を担当、態度の悪い蘭子に不満。

半田 陽介 – 升毅
部下の蘭子の勝手な行動に手を焼く捜査一課8係長。

小宮山 正明 – 戸次重幸
半田の部下で捜査一課8係の現場―のリーダー。

浦部 義孝 – 丸山智己
武闘派で蘭子と対立、自称FBI仕込みのプロファイリングを披露する刑事。

三宅 隆俊 – 桜田通
無口なネットオタクでデジタル捜査担当の刑事。

梶 準之助 – 正名僕蔵
鑑識官で口癖は「さすが庵堂蘭子」。

村上 由稀菜 – 岡崎紗絵
蘭子を尊敬する鑑識係。

間雁 道子 – 飯豊まりえ
帝都大学文学部心理学科の助手。

土方 登志郎 – 寿大聡
帝都大学文学部心理学科の准教授。

男 – 堀井新太
庵堂蘭子と交際している男。
と、見せかけて弟。

鈴木 夏輝 – 高杉真宙
父親の工場を継いで働く誠実な青年。
兄が15年前に殺害されている。

・その他のキャスト
狸穴勝利(元大臣) – 山田明郷
治子(勝利の妻) – 朝加真由美
吉川(家政婦) – 小松彩夏
寿也(長男) – 水橋研二
武藤(秘書) – 平野貴大
塔子 – 内山理名
美沙 – 中島亜梨沙
山岸 – 六角慎司
繁田諒 – 渋江譲二
木本正晴 – 河相我聞
遥 – 知花くらら
松田純一 – 横井優一
鈴木将也 – 阿久津秀寿
鈴木俊江 – 片岡礼子



うんちくポイント、決め台詞は「その推理、明確に否定します」

・ドラマはベストセラー(ダイヤモンド社)を原案、実写化した

・アドラー心理学とはアドラーとその弟子たちが発展させた心理学で「個人心理学」「勇気の心理学」と呼ばれる

・原作の「嫌われる勇気」では哲人と青年の2人が登場し、青年の問いに哲人が答える形式

・香里奈の決め台詞は「その推理、明確に否定します」

・第1話で椎名桔平が香里奈を「ナチュラル・ボーン・アドラー(生まれながらのアドラー)」と評した。これは、プロレスラー武藤敬司の「ナチュラル・ボーン・マスター(生まれついての天才)」を意識していたと思われる

・主題歌を担当する大塚愛が3月9日放送の第9話に総務部に所属する婦人警官として出演した

解説・アドラー心理学とは


アドラー心理学とは、オーストリア出身の心理学者アルフレッド・アドラー(1870年2月7日〜1937年5月28日)の思想から始まり、後継者たちが作り上げた心理学の体系。

アドラー心理学ではすべての悩みの原因は対人関係にあるとする。

人は過去の原因で動かされるのではなく今の目的に沿って生きており、人生はいつでも選択可能だと説く。

人は変われないのではなく、変わらないという決心をしているのに過ぎず、幸せを実感できない人は変わる勇気が足りないと説明するため「勇気の心理学」とも言われる。

「嫌われる勇気」では対人関係の悩みでは他人の問題を抱え込まず、自分の課題に集中する必要があると説明する。

一方で、他者を仲間とみなして自分がそこにいても良いと思える対人関係を目指すべきともいう。

劣等感を「健康で正常な努力と成長への刺激」と捉え、だれかの役に立つような生き方を推奨する。

ピックアップ俳優・加藤シゲアキとは

加藤シゲアキ(かとう・しげあき)とは1987年7月11日生まれのタレント。

アイドルグループ「NEWS」のメンバー。

ジャニーズ事務所のアイドルとしてドラマやバレエティ番組に出演する一方、小説家としての顔を持つ。

2012年にはジャニーズ事務所所属のタレントとして初めての小説「ピンクとグレー」を出版した。

その後も「傘をもたない蟻たちは」などを出版、男性アイドルでありながら小説家という独自のポジションを確立している。

ドラマ「嫌われる勇気」では香里奈の部下の素朴な青年として活動している。



アドラー心理学会からの批判

非営利社団法人日本アドラー心理学会は2月10日、フジテレビに対してドラマに重大な問題があると発表した。

学会は「貴番組のアドラー心理学理解は日本及び世界のアドラー心理学における一般的な理解とはかなり異なっているように思えます」と指摘。

学会はアドラー心理学の勇気とは「他者と共同し協力して生活する能力」と説明、ドラマでの主人公は「相互理解のための努力や一致に到達する努力や意見や信念を分かちあうための努力の側面を放棄しているように見受けられます」と批判した。

概要とスタッフ 徳永友一に大石哲也

放送日:2017年1月12日開始、毎週木曜日22時
放送局:フジテレビ
ドラマ公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/kira-yu/index.html
原案:岸見一郎、古賀史健「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社)
脚本:徳永友一(ドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」など)、大石哲也(映画「無限の住人」など)、ひかわかよ
音楽:得田真裕
主題歌:大塚愛「私」
企画:渡辺恒也、橋爪駿輝
制作:フジテレビ、東映
原作:アルフレッド・アドラー

嫌われる勇気の主なハッシュタグ

#嫌われる勇気
#嫌勇
#アドラー心理学
#シゲアキ逮捕して

ドラマ「嫌われる勇気」のストーリーや出演者、アドラー情報まとめ

以上、香里奈がその推理を明確に否定するドラマ「嫌われる勇気」のストーリーや登場人物、うんちく情報まとめでした。

・話題の2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら








LINEで送る
Pocket

ドラマ「嫌われる勇気」香里奈がアドラー女子” への1件のフィードバック

  1. ドクターXの刑事バージョンみたいだ。
    香里奈が窮屈そう。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)