映画「蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)」天才たちのピアノコンクール物語 原作は恩田陸

映画「蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)」天才たちのピアノコンクール物語 原作は恩田陸

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年10月7日

映画「蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)」天才たちのピアノコンクール物語 原作は恩田陸

2017年に直木賞と本屋大賞のダブル受賞した恩田陸の名作が2019年に映画化されて公開です。

まず、「蜜蜂と遠雷」のあらすじを一言でまとめます。

4人のピアニストたちのコンクールでの葛藤と成長

原作は小説ながらピアノコンクールを題材にし、文字で見事に音楽を表現して高い評価を得た作品。

書店での原作の帯で「映画化決定、2019年東宝系ロードショー予定」と発表されました。

実写映画化の場合、若きピアニストたちをどんな俳優が演じるのかに注目が集まります。

目次・蜜蜂と遠雷

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、芳ヶ江国際ピアノコンクールに天才たちが集まる

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクールは優勝者が後に著名コンクールで優勝することで有名だ。

5カ国で開催されるオーディションではパリ会場に伝説的な音楽家ホフマンの推薦で参加した少年がやってきた。

その少年、風間塵は破壊的な演奏で衝撃と反発を受けるもオーディションに合格する。

そして、日本の芳ヶ江市で2週間に亘るコンクールが開催される。

風間塵は師匠の教えの本当の意味を知るため、コンクール参加者で元天才少女の栄伝亜夜に協力を頼む。

今回のコンクールでの優勝候補は世界的な天才ピアニストのマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。

そのマサルはかつて栄伝亜夜にピアノを教えてもらったことがある。

高島明石は28歳と年長でサラリーマンとして働きながらもコンクールに参加してきた。

3人の天才と1人のピアニストたちは音楽で悩み、成長しながらコンクールの優勝を目指す。

キャスト、ピアニストたちを演じる俳優は誰か

風間 塵(かざま・じん) – キャスト未発表
ピアノの演奏やコンテストの経験もなかった16歳の少年。
フランスでピアノの大家のホフマンに見いだされてパリ国立高等音楽院特別聴講生となる。
父親が養蜂業のため、野性的な演奏から「蜜蜂王子」と呼ばれるようになる。

栄伝 亜夜(えいでん・あや) – キャスト未発表
天才少女としてデビューしたものの母の死によりピアノが弾けなくなった20歳の女性。
音楽大学の学長に見出されてコンクールの中で復活していく。
子供時代には近所のマサルに、ピアノを教えたことがある。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール – キャスト未発表
誰もが才能を認める19歳の天才でコンクールの優勝候補。
日系三世のペルー人の母とフランス人の貴族の血筋の父を持つ。
子供時代に亜夜にピアノを教えてもらった。

高島 明石(たかしま・あかし) – キャスト未発表
音楽大学出身でかつてはコンクールに入賞したこともある28歳の男性。
卒業後は楽器店でサラリーマンとして働き妻と娘がいる。
ピアノは辞めておらず、最後の気持ちでコンクールに応募した。




Wikiwikiメモ

・原作は直木賞と本屋大賞のダブル受賞、同じ作家2度目の本屋大賞受賞は共に史上初

・原作の特設サイト(リンク)では作中のコンクールの曲が試聴できる

・作者は浜松国際ピアノコンクールの2006年第6回から2015年第9回まで、一日中ピアノ演奏を聴き続ける取材を行った

・映画撮影期間は2018年10月中旬〜12月中旬で、エキストラも募集している(リンク

公式ツイッター




概要とスタッフ

映画公開日:2019年
公式サイト:ー
ツイッター公式アカウント:ー
監督:ー
脚本:ー
原作:恩田陸
映画撮影期間:2018年10月中旬〜12月中旬

・2019年の映画情報まとめ



LINEで送る
Pocket

映画「蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)」天才たちのピアノコンクール物語 原作は恩田陸” に1件のコメントがあります

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)