ドラマ「未解決の女」波瑠と鈴木京香が女刑事の相棒

ドラマ「未解決の女」波瑠と鈴木京香が女刑事の相棒

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年6月7日

ドラマ「未解決の女〜警視庁文書捜査官〜」波瑠と鈴木京香が女刑事の相棒

2018年4月19日からのテレ朝の木9枠のドラマは波瑠が主演の刑事ものです。

まず、「未解決の女〜警視庁文書捜査官〜」のあらすじを一言でまとめます。

波瑠と鈴木京香が凸凹コンビの女性刑事で未解決事件を捜査

原作は推理作家の麻見和史の小説「警視庁文書捜査官」。

熱血刑事の主人公に波瑠、文字から犯人の特徴を探る知的な刑事を鈴木京香が演じます。

最終回は6月7日。

・7月からの木9枠のドラマ

目次・未解決の女〜警視庁文書捜査官〜

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、熱血バカと文書解読のプロの2人の女性刑事が未解決事件を捜査する

熱血バカとも言われる女性刑事の矢代朋は無鉄砲な捜査で負傷、警視庁捜査一課の強行犯係から異動を命じられる。

異動先は薄暗い地下にある窓際部署の「特命捜査対策室」第6係。

そこは未解決事件の文書捜査を担当する部署だった。

朋は戸惑いながら文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事の鳴海理沙らと新しい部署で働き始める。

キャスト、波瑠に鈴木京香 沢村一樹に工藤阿須加

矢代 朋(やしろ・とも) – 波瑠
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事で28歳。
刑事ドラマで憧れて高校卒業後に警察官になった。
体力と柔術に自信があり「熱血バカ」と言われる。
文字から推理する理沙の調査を信じないが、次第に文字を手掛かりに謎を解く面白さに気づき始める。

鳴海 理沙(なるみ・りさ) – 鈴木京香
特命捜査対策室の刑事で48歳。
わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる類まれなる能力の持ち主。
「人より文字が好き」と豪語して文書室にこもる「倉庫番の魔女」。
クセ字が大好きで口癖は「文字の神様が下りてきた!」。

古賀 清成(こが・きよなり) – 沢村一樹
特命捜査対策室の室長で50歳。
叩き上げで刑事としてのプライドが高く、特命捜査対策室は閑職に追いやられたと屈辱感がある。
再び一課の花形部署に返り咲こうと部下を怒鳴りつけている。

岡部 守(おかべ・まもる) – 工藤阿須加
警視庁捜査一課の殺人犯捜査の刑事で32歳。
念願の捜査一課の刑事になり必死に働く。
同期の矢代朋が気になっている。

財津 喜延(ざいつ・よしのぶ) – 高田純次
特命捜査対策室の係長で55歳。
矢代朋と鳴海理沙、草加慎司の直属の上司。
温厚な人柄で、人格がバラバラなメンバーを上手くまとめる。

川奈部 孝史(かわなべ・たかし) – 光石研
警視庁捜査一課の殺人犯捜査の係長で55歳。
矢代朋にとっては元・直属の上司で花形の強行犯係でエース格の刑事として活躍。

草加 慎司(くさか・しんじ) – 遠藤憲一
特命捜査対策室の主任で53歳。
真面目で超無口なため「倉庫番のフランケン」と呼ばれていた。
矢代朋が異動してきてから捜査熱心な刑事として復活、鳴海理沙に密かに思いを寄せている。

吉田 治郎 – 西銘駿
特命捜査対策室の第2係に所属する25歳の刑事。

由比 雄一 – 植木祥平
特命捜査対策室の第2係に所属する刑事。

庄野 仁 – 裵ジョンミン
特命捜査対策室の第2係に所属する刑事。




Wikiwikiメモ

・日本では2010年4月の法改正で凶悪犯罪の時効が廃止され、全国の警察本部に未解決事件の専従班が設置されている

・脚本を務める大森美香は2016年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」以来の波瑠とのタッグ

・公式サイトでエキストラも募集中:リンク

公式ツイッター

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年4月19日スタート、木曜21時00分
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@mikaiketsu2018
脚本:大森美香
ゼネラルプロデューサー:横地郁英
プロデューサー:服部宣之、菊池誠、岡美鶴
演出:田村直己、樹下直美
主題歌:平井堅「知らないんでしょ?」
原作:麻見和史
ドラマ発表日:2018年3月5日

・2018年7月〜9月のドラマ情報のまとめ






LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)