ドラマ「重要参考人探偵」玉森裕太、小山慶一郎、古川雄輝

最終更新日:2017年11月25日
画像:小学館

ドラマ「重要参考人探偵」玉森裕太、小山慶一郎、古川雄輝

イケメン3人が事件解決に挑むドラマ「重要参考人探偵」が2017年10月20日、テレビ朝日の金曜よる11時の枠で放送です。

まず、「重要参考人探偵」のあらすじを一言でまとめます。

イケメンモデル3人が事件を解決する

原作は絹田村子が少女漫画雑誌「月刊フラワーズ」で連載中の漫画。

モデル3人を演じるのはキスマイの玉森裕太、ニュースの小山慶一郎、古川雄輝の3人です。

目次・重要参考人探偵

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、常に死体の第一発見者になる不幸なモデルが事件を推理


小さな事務所「ウェーブ」のモデルの弥木圭は不幸な男だ。

5歳の時に初めて林の中で死体を発見、それ以降も次々と死体の第一発見者になってしまう。

あまりに事件に慣れすぎたため、警察からは不審人物として事件の重要参考人にされる。

圭が無実だと知っているのはモデル仲間の周防斎とシモン藤馬。

卓越した推理力を持つ圭は、重要参考人ながらも仲間たちと一緒に事件解決に奔走する。

キャスト、玉森裕太に小山慶一郎 古川雄輝

弥木圭(まねき・けい) – 玉森裕太(Kis-My-Ft2)
小さな事務所「ウェーブ」のモデル。
なぜか殺人事件の現場に居合わせて死体の第一発見者になってしまう不幸な男。
卓越した推理力でえん罪の危機を回避する。

周防斎(すおう・いつき) – 小山慶一郎(NEWS)
圭のモデル仲間で推理マニア。
推理力はないが圭の巻き込まれた事件に首をつっこむ。

シモン藤馬(しもん・とうま) – 古川雄輝
圭のモデル仲間。
ナンパ好きで聞き込み上手。

早乙女果林 – 新木優子
警視庁捜査一課の女性刑事。
かつて付き合っていた弥木圭と事件でたびたび遭遇する。

浪江篠介 – 遠藤憲一
事務所ウェーブの社長でかつてのカリスマモデル。
少しオネエ気質がある。

牧太真希子 – 堀田茜
事務所ウェーブの敏腕マネージャー。

古仙淳 – 西岡徳馬
警視庁捜査一課の捜査一課長。

登一学 – 豊原功補
捜査一課の主任で現場にいる圭を不信に思う。

今井寛太 – 一井直樹
圭たちを追う警視庁捜査一課の刑事。



Wikiwikiメモ

・ドラマでは原作にはないオリジナルのヒロインを新木優子が演じる

・海外生活の長かった古川雄輝は英語が堪能なため海外でも俳優として活躍している

・原作者の絹田村子は2008年に漫画家デビュー、代表作は神主・住職・牧師の息子たちが主人公の「さんすくみ」

公式ツイッター、古川雄輝の腹筋が話題に

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年10月20日スタート、金曜23時15分
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@sankounin
脚本:黒岩勉(ドラマ「貴族探偵」、映画「謎解きはディナーのあとで」など)
演出:塚本連平、宝来忠昭
ゼネラルプロデューサー:横地郁英
プロデューサー:神田エミイ亜希子、浅井千瑞、本郷達也
初回視聴率:4.9%
原作:絹田村子(小学館「月刊flowers」)
ドラマ発表日:2017年8月13日

・次クールの金11ドラマの情報はこちら

・2018年1月〜3月のドラマ情報のまとめはこちら






実写映画「累 ―かさね―」土屋太鳳と芳根京子、他人の顔を奪う女性のサスペンス

最終更新日:2018年1月8日
画像:イブニング

実写映画「累 ―かさね―」他人の顔を奪う女性のサスペンス

2013年からイブニングで連載中の「累 ―かさね―」が2018年9月7日の実写映画化が決定です。

まず、「累 ―かさね―」のあらすじを一言でまとめます。

醜い顔の少女が他人と顔を入れ替える口紅を手にして女優になる

原作の「累 ―かさね―」は伝説の女優の娘ながらも醜い顔で生まれた少女が他人と顔を入れ替える口紅を手にして変わっていく物語。

主人公のを演じるのは土屋太鳳と芳根京子による2人2役。

演技力を試される役柄をNHKの朝ドラ女優コンビがどうこなすかに注目です。

目次・累 ―かさね―

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
見所
ロケ地
概要とスタッフ

あらすじ、醜い顔の少女が他人と顔を入れ替える力を手にする

美しさと演技力で伝説の女優と言われた淵透世は若くしてこの世を去った。

その淵透世の娘の累(かさね)は母とは似ても似つかない醜い顔で子供時代からいじめられていた。

学芸会の演劇でもいじめられていた累は生前の母から教わった形見の口紅を使い、他人と顔を入れ替える力を手にする。

その口紅は12時間程度、自分と他人の顔を入れ替えられる不思議なものだった。

累は口紅の力で美貌を手にして、病気の美人女優たちとの出会いを使いながら女優としての人生を歩み始める。

しかし、淵透世の本当の娘である野菊は、口紅の力を使っている累を憎み復讐を考えていた。

キャスト、土屋太鳳に芳根京子


淵 累(ふち・かさね) – 芳根京子
口裂けた醜い顔に生まれていじめられてきた。
人間不信だが女優だった母の演技に憧れている。
母の形見の口紅を使い女優への道を歩みだす。

丹沢ニナ – 土屋太鳳
美しい顔を持って生まれた舞台女優。
女優として花開かずにいた所で累に出会う。

淵 透世(ふち・すけよ) – キャスト未発表
累の母親で美しい顔と演技力から伝説の女優と呼ばれた。
もともとは醜い姿だったが口紅の力を手にして女優として上り詰めるが若くして亡くなる。
過去を知る人からは誘(いざな)と呼ばれる。

野菊(のぎく) – キャスト未発表
本物の透世の娘で累の異母妹。
美しい少女だが父に性的虐待を受け、戸籍も与えらずに苦しい人生を送っている。

羽生田 釿互(はぶた・きんご) – キャスト未発表
淵透世(誘)と同郷で累を女優として成功させようとする演出家。




Wikiwikiメモ

・実写映画化は6月23日の11巻発売にあわせて発表された

・原作の漫画は作者の松浦だるまが第19回イブニング新人賞優秀賞を受賞した連載デビュー作

・主演の二人は土屋太鳳が「まれ」、芳根京子が「べっぴんさん」の主演を務めたNHK連続テレビ小説の先輩・後輩コンビ

・土屋太鳳は丹沢ニナとニナの顔をした累、芳根京子は累と累の顔をしたニナを演じるため二人二役という特殊な演じ方

公式ツイッター

見所、実写化では複数の女優が一人のキャラを演じる


「パトレイバー」などで有名な漫画家のゆうきまさみは実写映画「累 ―かさね―」について、「何人もの女優さんが一つの人格を演じることになるので、それは確実に見所になる」とコメントした。

「累 ―かさね―」の物語は主人公の累が他人の顔を奪い取りながら生きていく。

実写版で表現すると土屋太鳳と芳根京子が同じ「累」を演じる。

映画での一人二役などは一般的だが、二人一役は珍しいため話題になりそうだ。

ロケ地

・演劇シーンの撮影場所
名称:富士市文化会館ロゼシアター
住所:静岡県富士市蓼原町1750

概要とスタッフ

映画公開日:2018年9月7日
公式サイト:リンク
映画ツイッター公式アカウント:@kasane_movie
累-かさね-ツイッター公式アカウント:@kasane_fuchi
監督:佐藤祐市
脚本:黒岩勉
プロデューサー:上原寿一
原作:松浦だるま
映画撮影期間:2017年8月4日〜9月7日
原作連載期間:2013年4月〜現在
映画発表日:2017年6月23日

・2018年の映画情報のまとめはこちら






ドラマ「貴族探偵」相葉雅紀主演、召使いに滝藤賢一・松重豊・中山美穂

最終更新日:2017年8月11日

2017年4月のフジの月9ドラマ「貴族探偵」主演は相葉雅紀

2017年4月17日からフジの月9ドラマが嵐の相葉雅紀主演で放送しました。

豪華キャストがそろいフジテレビの本気度が話題になりましたね。

まず、「貴族探偵」のあらすじを一言でまとめます。

使用人に難事件の推理をさせる貴族の探偵

「貴族探偵」は主人公の探偵が全く推理をせず、優秀な使用人たちが事件を推理して解決していく異色の探偵物語です。

原作の麻耶雄嵩(まや・ゆたか)は一癖も二癖もあるミステリー作家として有名。

武井咲や仲間由紀恵、滝藤賢一や松重豊、中山美穂が出演して主演の相葉雅紀を盛り上げる。

釈由美子や加藤あい、広末涼子などゲストも全力でした。

目次・貴族探偵

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイート
感想と評判、原作に忠実
ロケ地
麻耶雄嵩
原作の解説
概要とスタッフ

あらすじ、推理を使用人に任せる貴族の探偵


(画像:集英社

山奥での密室殺人事件、美容院での恐怖の事件、犯罪者と被害者が絡み合う円環殺人事件。

複雑怪奇な事件をさっそうと解決する探偵がいた。

その名は貴族探偵、高貴な身分で趣味が探偵という一風変わった男だ。

貴族探偵は決して自分で推理はしない。

「雑務は使用人に任せておけばいいんですよ」。

貴族探偵はそう言って、執事やメイド、運転手に難事件の推理を任せる。

優秀な使用人たちは貴族探偵に代わって事件を推理して真実を突き止める。

推理そっちのけで女性を口説くのに夢中な貴族探偵は、自らの頭を使わずにいくつもの難事件を解決していく。

キャスト、相葉雅紀や松重、中山美穂や滝藤


貴族探偵 – 相葉雅紀(嵐)
自らは推理をしない貴族の探偵。
警察へのコネと優秀な使用人を駆使して事件を推理する。
犯人探しの過程において女性を口説くのが趣味。

山本 – 松重豊
貴族探偵に仕える執事。
生真面目な性格で事件を推理する。
貴族探偵に忖度するのが得意。

田中 – 中山美穂
貴族探偵に仕えるメイド。
可愛い顔をしながら事件を推理する。
紅茶をいれさせたら右に出る者はいない。

佐藤 – 滝藤賢一
貴族探偵に仕える運転手。
事件を推理しつつ、驚異的な戦闘能力で貴族探偵のボディーガードも兼ねる。

高徳愛香 – 武井咲
喜多見切子探偵事務所に所属して貴族探偵と対決する若き女探偵。
誰とでも気軽に話す一方、思ったことを口にしてしまう性格。
スマホの音声アシスタント機能で物事をすぐに調べる。

喜多見切子 – 井川遥
高徳愛香の探偵の仕事を教えた師匠。
過去に貴族探偵との推理対決に敗れ、謎の死を迎えた。

鼻形雷雨 – 生瀬勝久
神奈川県警捜査一課の主任。
出世意欲が強くお金持ちが目標。

常見慎吾 – 岡山天音
鼻形雷雨の部下の刑事。
仕事はそれなりにこなす。

冬樹和泉 – 田中道子
事件の証拠を採取して分析する鑑識。
不思議な遺体を見るとテンションが上がる。

ギリ(スマホの声) – 仲間由紀恵
女探偵の高徳愛香が使うスマホの音声対話ソフト。

玉村依子 – 木南晴夏
財閥の社長令嬢で山荘でパーティーを開催中に殺人事件に巻き込まれる。

・第1話のボルチーニパーティーの出席者
ハリー杉山、阿部亮平、納富有沙、平山あや、内田朝陽

・第2話の落石事件での出演者
紺野まひる、大和田伸也、横山めぐみ、豊田エリー、丸山智己

・第3話の頭部切断事件の出演者
橋本環奈、内野謙太、酒井敏也、岩佐真悠子、高橋努、大島蓉子、陽月華

・第4話の儀式で繁盛する老舗温泉旅館での事件の出演者
釈由美子、阿部力、草刈麻有、柳ゆり菜、渋谷謙人、小松和重

・第5〜6話の事件の出演者
加藤あい

・第7話のゲスト
広末涼子

・第10話と最終話のゲスト
桐山漣



Wikiwikiメモ、めざましテレビがフライング

・相葉雅紀の月9主演は2016年末から報じられており、2017年1月30日付の週刊現代がドラマのタイトルは「貴族探偵」だと伝えた

・フジの月9は1987年4月よりスタートしており、2017年4月の「貴族探偵」は30周年の記念ドラマになる

・原作の「貴族探偵」と続編の「貴族探偵対女探偵」がドラマの内容

・劇中で武井咲がスマホの音声アシスタント機能「ギリ」で貴族探偵を調べるも出てこなかったため、現実にiPhoneの「Siri」で貴族探偵を検索する遊びが流行った

・主題歌は4月19日にリリースの嵐の51枚目のシングル「I’ll be there」

注目ツイート、武井咲と生瀬勝久は奮闘

感想と評判「武井咲が主役」「原作に忠実」

第1話は女探偵の武井咲と刑事の生瀬勝久のやり取りを中心に進みます。

そのため、「武井咲が主役か」との感想が目立ちました。

武井咲の軽快な言葉使いと全体的にポップな展開から「TRICK(トリック)」に似ているとの声も多い。

生瀬勝久の貴族探偵でのキャラクターはトリックで本人が演じた矢部謙三警部補、また櫻井翔主演のドラマ「謎解きはディナーのあとで」で椎名桔平が演じた風祭京一郎警部に似ています。

殺人はすぐに起きて貴族探偵の出番は少なくコメディーな部分は麻耶雄嵩の原作を忠実に再現していると原作ファンから好評です。




第1話のロケ地は神奈川県の箱根にある結婚式場「アルベルゴバンブー」


貴族探偵でのロケ地は神奈川県の箱根にある洋館のレストラン・結婚式場の「アルベルゴバンブー」。

1000坪の広大な敷地にイタリア人建築家や職人が8年間を費やして洋館を建設、イタリアから取り寄せた大理石やインテリアが特徴的な施設です。

アルベルゴバンブーは積極的にドラマや映画のロケを誘致しており、2011年の櫻井翔主演のドラマ「謎解きはディナーのあとで」で結婚パーティーの会場の撮影場所にもなりました。

岩井俊二監督の2016年の映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」のロケ地としても有名ですね。

嵐ファンにとって、箱根のアルベルゴバンブーは重要な聖地になりました。

・貴族探偵の主要なロケ地
名称:アルベルゴバンブー
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原984-4
画像、公式サイト:リンク

・その他の貴族探偵のロケ地情報

・相葉雅紀が海でボートに乗るシーン
名称:慶良間諸島(沖縄県)

・事件現場の撮影場所
名称:旧岩崎邸庭園
住所:東京都台東区池之端1-3-45

・貴族探偵のロケ地
名称:お台場海浜公園
住所:東京都港区台場1-4

・撮影に使ったホテル
名称:星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
住所:山梨県北杜市小淵沢町129-1

・ロケ地になった和洋菓子店
名称:萬年堂
住所:静岡県御殿場市川島田644-1

・撮影に使った役場
名称:開成町役場
住所:神奈川県足柄上郡開成町延沢773

ピックアップ原作者、麻耶雄嵩とは


(画像:講談社

麻耶雄嵩(まやゆたか)とは1969年5月29日生まれの推理作家。

京都大学在学中に綾辻行人や島田荘司などの推理作家と知り合い、1991年の「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」でデビューした。

圧巻のトリック、厳密なロジックでミステリーファンからの評価が高い。

ミステリーの基本的な構造をひっくり返すような大胆な結末などが特徴。

代表作の一つで日本推理作家協会賞を受賞した「隻眼の少女」は探偵と犯人という構図を時間軸を巧みに使って挑戦的なストーリーに仕上げた。

講談社の子供向け推理小説のシリーズとして発表した「神様ゲーム」はロリコンや殺人の要素を盛り込み、壮絶なまでの読後感で物議をかもした。

短編集の「貴族探偵」の中の作品の一つ「こうもり」は先鋭的な逆叙述トリックと言われてファンに大人気。

原作の短編集「貴族探偵」の解説

・ウィーンの森の物語
信州のウィーンの森と呼ばれる避暑地の別荘が舞台。

会社社長の都倉政一が密室で死亡している事件が発生する。

被害者のスーツのポケットには長い糸に通された鍵が発見され、自殺ではなく他殺ではないかと警察は疑う。

・トリッチ・トラッチ・ポルカ
郊外の倉庫から頭と腕のひじから下が切断された女性の遺体が発見される。

被害者は事件当日、美容院に行ったあとに和菓子屋に行ったと見られる。

犯人と見られる人物には一見すると完璧なアリバイがあるように見えるのだった。

・こうもり
若い2人の女、寺崎紀子と安永絵美が老舗旅館にやってきた。

そこで2人は大ファンの作家の大杉と堂島と出会う。

2人の作家は妻やその妹などを連れていたが殺人事件が発生、寺崎紀子と安永絵美が殺人事件のアリバイ作りに巻き込まれる。

・加速度円舞曲
日岡美咲は山道を運転していた時に落石により事故にあう。

貴族探偵たちが落石の原因を調べると、石の所有者のミステリー作家の厄神春柾が殺されていた。

厄神春柾が死亡した1時間後に落石事件が起きた謎を解く。

・春の声
大富豪の桜川鷹亮は孫娘の桜川弥生の婿を探していた。

重い病気にかかった鷹亮は後継ぎのための候補を水口佳史、高宮悟、尼子幸介の3人に絞る。

鷹亮はあと3日で弥生に婿を決めるように告げる。

その夜に婿候補の3人が死亡、外部から人が侵入した気配はなかった。

概要とスタッフ 主題歌は当然に嵐

ドラマ放送日:2017年4月17日スタート、毎週月曜よる9時
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
公式ツイッターアカウント:@kizoku_gozen
脚本:黒岩勉(ドラマ「謎解きはディナーのあとで」「僕のヤバイ妻」など)
原作:麻耶雄嵩
プロデューサー:羽鳥健一、西坂瑞城
主題歌:嵐「I’ll be there」
ドラマ撮影期間:3月上旬〜
初回視聴率:11.8%
原作発売日:2010年5月

・嵐のメンバーの2017年ドラマ・映画のまとめはこちら


・2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら