NHKドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」玉山鉄二が赤塚不二夫に 比嘉愛未や森川葵 

最終更新日:2018年6月27日

NHKドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」玉山鉄二が赤塚不二夫に 比嘉愛未や森川葵 

天才ギャグ漫画家、赤塚不二夫のハチャメチャな生活を描いたドラマが2018年6月30日から、NHK総合で土曜20時にスタートです。

まず、「バカボンのパパよりバカなパパ」のあらすじを一言でまとめます。

リアルにバカボン一家のようだった赤塚不二夫の生活

原作は赤塚不二夫の娘の赤塚りえ子が父と家族を題材にした本。

まるでバカボンのパパのようだった赤塚不二夫を玉山鉄二が演じるほか、比嘉愛未や森川葵、長谷川京子や馬場徹が出演です。

目次・バカボンのパパよりバカなパパ

あらすじ
キャスト
wiki
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、ギャグ漫画の天才の漫画以上にぶっ飛んでいた私生活

「おそ松くん」、「ひみつのアッコちゃん」、「天才バカボン」。

大ヒット漫画を次々と生み出した赤塚不二夫は紛れもなくギャグ漫画の王様だ。

戦後ギャグ漫画史の礎を築いた天才の私生活は漫画以上にぶっ飛んでいた。

ある時は娘を連れてゲイバーへ、またある時はホームレスを自宅に呼んで大宴会。

自分が思うままに自由に生き、それでいてシャイで常識的な感覚も忘れない。

家庭ではダメな父親の赤塚不二夫は多くの人に愛され、慕われる。

これは笑いあり涙ありの愛すべきバカ家族の記録。

キャスト、玉山鉄二に比嘉愛未 長谷川京子に森川葵

赤塚 不二夫 – 玉山鉄二
「天才バカボン」や「おそ松くん」などを描いたギャグ漫画の王様。
人気漫画家の集うトキワ荘で作品を描き、女性アシスタントだった稲生登茂子と結婚。
日々の生活ではアルコール依存症にも苦しむ。

赤塚 眞知子 – 比嘉愛未
赤塚不二夫の二番目の妻。
夫に振り回されるが母のように見守る。

赤塚 登茂子 – 長谷川京子
赤塚不二夫の最初の妻で、りえ子の母。
笑いのセンスを持つファンキーな女性。

赤塚 りえ子 – 森川葵(子供時代:住田萌乃)
赤塚不二夫の一人娘。
父に対して様々な思いを抱えながらも明るく生きていく。

江守清人 – 馬場徹
登茂子の再婚相手であだ名はキータン。
赤塚家では珍しく常識人で赤塚不二夫を尊敬している。

横井 隆 – 浅香航大
赤塚不二夫担当の編集者。
仕事も遊びも常に赤塚不二夫と一緒。

潤子ママ – 草笛光子
赤塚不二夫が通うスナックのママで心の支え。

・赤塚不二夫のアシスタント
冨島邦一 – 駿河太郎
長瀬光雄 – マギー
木下拳太郎 – 井藤瞬
松本てつや – 千代將太
東野徹 – 駒木根隆介

ドラマの案内人 – 松尾スズキ




Wikiwikiメモ

・原作者の赤塚りえ子は水木しげると赤塚不二夫、手塚治虫の3人の娘が語る書籍「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」も出版した

・赤塚不二夫は1935年(昭和10年)生まれで2008年に亡くなり、2018年は没後10年にあたる

公式ツイッター

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年6月30日スタート、土曜20時15分(全5回、初回のみ19時30分から)
放送局:NHK総合
公式サイト:リンク
NHKドラマツイッター公式アカウント:@nhk_dramas
脚本:小松江里子、幸修司
制作統括:内藤愼介、佐藤啓、中村高志
プロデューサー:野村敏哉
原作:赤塚りえ子
発表日:2018年4月2日

・2018年7月〜9月のドラマ情報のまとめ






ドラマ「セシルのもくろみ(セシもく)」真木よう子・吉瀬美智子・伊藤歩・板谷由夏・長谷川京子

最終更新日:2017年8月16日

ドラマ「セシルのもくろみ(セシもく)」真木よう子、吉瀬美智子たちがくりなす大人のオンナの世界

真木よう子、吉瀬美智子など大人のオンナによるドラマ「セシルのもくろみ」が7月13日の毎週木曜よる10時からフジテレビで放送です。

まず、「セシルのもくろみ」のあらすじを一言でまとめます。

地味な母親がファッション業界の世界に紛れ込みオンナとなる

原作は主婦層に人気のファッション誌「STORY」で連載された唯川恵の小説です。

普通の母から読者モデルとして活躍しだす主人公に真木よう子。

カリスマモデルを吉瀬美智子が演じるほか、伊藤歩や板谷由夏、長谷川京子など本格派女優たちが揃いました。

大人の女たちによる嫉妬や嫌がらせ、不倫などドロドロの関係がどう描かれていくのかに注目です。

目次・セシルのもくろみ

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
真木よう子
真木よう子のツイッター
ロケ地
概要とスタッフ

あらすじ、地味な母親が読者モデルになってオンナの世界に入る


宮地奈央は夫と息子と3人家族で幸せながらも地味な生活を送ってきた。

奈央は着飾ることもなく、パート先の惣菜屋の手製のポテトサラダが人気なことを幸せだと感じていた。

ある日、奈央は人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスクに読者モデルとして誘われる。

女性ファッション誌の世界は美しさを追求する華やかな世界。

その裏には嫉妬や見栄、競争や男女の関係などオンナの世界が待っていた。

体育会出身の奈央だったが、トップモデルたちと接しているうちにオンナの世界に浸かっていく。

キャスト、真木よう子に吉瀬美智子 伊藤歩と板谷由夏と長谷川京子


宮地奈央(みやじ・なお) – 真木よう子
夫と中学1年生の息子と3人で暮らす堅実な母で尾崎豊に心酔している。
オシャレに興味はなかったが人気女性ファッション誌「ヴァニティ」から読者モデルとしてスカウトされる。
これめで否定してきた嫉妬や見栄など女の世界に没入していく。

浜口由華子(はまぐち・ゆかこ) – 吉瀬美智子
雑誌やモデル業界のカリスマモデルで愛称は「ハマユカ」。
女性の全てを兼ね備えた「ヴァニティ」のカバーモデル。
幸せに見え続けることを使命として生きている。

沖田江里(おきた・えり) – 伊藤歩
奈央とタッグを組む「ヴァニティ」のライター。
理想と現実の間でがむしゃらに働く。

黒沢洵子(くろさわ・じゅんこ) – 板谷由夏
「ヴァニティ」の編集部デスクで元モデル。
奈央をスカウトする。

安永舞子(やすなが・まいこ) – 長谷川京子
「ヴァニティ」の元ナンバー2のモデルで、現テレビコメンテーター。
強い信念と活力を持つ。

山上航平(やまがみ・こうへい) – 金子ノブアキ
「ヴァニティ」の専属カメラマンでプロ意識の高いモテ男。

安原トモ(やすはら・とも) – 徳井義実(チュートリアル)
奈央の理解者でヘアメークのカリスマ。

南城彰(なんじょう・あきら) – リリー・フランキー
温厚な「ヴァニティ」の編集長。

・その他のキャスト
編集部員 – 小野ゆり子
副編集長 – 眞島秀和
主婦ライター – 石橋けい
スタイリスト – 伊藤修子
新人主婦モデル – 佐藤江梨子
読者モデル – 藤澤恵麻
奈緒の夫 – 宇野祥平
奈緒の息子 – 佐藤瑠生亮
奈央の地元の友人 – 加藤雅人



Wikiwikiメモ、原作が連載されたのは主婦層に人気のファッション誌「STORY」

・ドラマの冒頭では女性の著名人が「女性としての生き方」を語る

・原作が連載されたのは30代から50代の主婦層に人気のファッション誌「STORY」

・連載当時はファッション誌「STORY」に読者モデルが表紙になっていないが、連載終了から6年後に読者モデルの稲沢朋子が表紙を飾った

・タイトルの「セシル」はフランスの小説家、フランソワーズ・サガンの「『悲しみよこんにちは」の主人公のセシルが由来

・サガンの「悲しみよこんにちは」では主人公が父親や再婚しそうな女に対して悪意を持つ悲劇の物語

・タイトルは「セシルのたくろみ」ではなく「もくろみ」

・初回視聴率は5.1%

・読者モデル役の藤澤恵麻は7月18日のサンケイスポーツでテニスの錦織圭選手似のさわやかなイケメンと結婚したと報道された

公式ツイッターアカウント

ピックアップ俳優、真木よう子とは

真木よう子(まき・ようこ)とは1982年10月15日生まれの女優。

芸能界に憧れて中学卒業後に俳優養成所の無名塾に入った。

2001年に映画デビュー、2006年の「ベロニカは死ぬことにした」で映画初主演、さらに2006年の映画「ゆれる」で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞する。

中学時代は陸上部に所属してサバサバした男っぽい性格と言われる。

2008年11月10日に元俳優の片山怜雄と結婚、第一子をもうけるも2015年9月に離婚した。




真木よう子、ツイッターでドラマの宣伝を全力 触れ合いも楽しむ

真木よう子はドラマ放送をきっかけに2017年6月28日からツイッターを開始しました。

ドラマを見てくれと土下座するなど全力で宣伝しています。

ツイッター上ではドラマのように奔放に振る舞い、見知らぬ人との交流を楽しんでいます。

真木よう子はツイッターを始めた理由を芸能人ではなく「人対人」として、多くの人と接してみたいと明らかにしました。

ツイッターで初めて真木よう子の性格を知った人も多く、結果的にファンも開拓できているようです。

ロケ地

・物語の設定と同様の春日部
名称:北春日部駅
住所:春日部市梅田本町1-13-1

・ヴァニティ編集部のある晴海書房
名称:ヤマタネビル
住所:東京都江東区越中島1丁目2-1

・真木よう子と伊藤歩、徳井義実と金子ノブアキが集まった焼肉屋
名称:ホルモン焼肉ぶち 新宿西口大ガード店
住所:東京都新宿区西新宿7丁目10−18

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年7月13日スタート、毎週木曜22時
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@cecile_plot
脚本:ひかわかよ(ドラマ「救命病棟24時・第5シリーズ」「医龍4」など)
プロデュース:太田大、金城綾香、浅野澄美
演出:澤田鎌作、並木道子、高野舞
主題歌:夜の本気ダンス「TAKE MY HAND」
原作:唯川恵
原作連載期間:2008年〜2010年
ドラマ発表日:2017年5月24日

・2017年7月〜9月のドラマ情報のまとめはこちら






映画「光」原作・三浦しをん、出演は井浦新や瑛太

最終更新日:2017年10月9日

映画「光」井浦新や瑛太が出演

いくつもの作品が映画化されている作家の三浦しをんの中で、暗さが特徴の「光」が2017年11月25日から映画化されます。

主要人物の4人を演じる井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミによって映画ではその闇はどう表現されるのか。

まず、映画「光」のあらすじを一言でまとめます。

極限状態を生き残り、闇を抱えたまま生きる人たち

映画「光」はある島で津波が起き、極限状態を生き残った人たちの物語。

島での秘密や屈折した愛情が残り、大人になってからも闇がついて回っていく。

決してむくわれない原作のストーリーを映画でどう表現するかに期待です。

目次・光

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
スタッフと概要
予告映像
原作ネタバレ

あらすじ、ある島で起きた悲劇と秘密


美浜島で暮らす中学生の信之は退屈な日々を送っていた。

信之にとっては恋人の美花と過ごす時間が人生のすべてだった。

ある日、津波が島を襲って多くの人が亡くなってしまう。

生き残ったのは信之と美花、信之を慕う輔とその父親と数人の大人たちだった。

津波に襲われた極限状態で生き残った美花にはさらなる暴力が襲っていくる。

信之は美花を助けるためある行動をとる。

それから20年後、美花は島での過去を捨てて芸能界で貪欲に生きていた。

美花を愛し続けている信之だったが、南海子と結婚して娘をもうけて平凡な生活を送っていた。

そんな時、島での過去を知る輔が美花と信之の前に現れる。

信之に異常な執着を見せる輔、結婚してみ美花を絶対視する信之、島のことを忘れたい美花。

傷ついた過去にさらなる闇が覆いかぶさろうとしていた。

キャスト、井浦新に瑛太 長谷川京子に橋本マナミ


信之 – 井浦新
津波のあった美浜島の生き残りで中学生時代に美花と付き合っていた。
その後も美花を愛しているが、南海子と結婚して一人娘をもうけた。

輔 – 瑛太
島の生き残りで父親に虐待されていた。
唯一、優しくしてくれた信之を異常に慕っている。

中井美花(篠浦未喜) – 長谷川京子
島の生き残りだが、当時の過去を捨てて芸能界で生きている。
信之や輔には既に関心はなくなっている。

南海子 – 橋本マナミ
信之の妻だが夫婦関係は冷たい。

小野 – 南果歩
芸能界での篠浦未喜のマネージャー。

洋一 – 平田満
輔の父で息子に虐待を行っていた。



Wikiwikiメモ、人を暗い方へ導く光


・作者の三浦しおんは「人を暗い方へ導く光もあるんじゃないか」と語っている

・大森立嗣監督は原作について「生命そのものの讃歌」を感じたという

・音楽はジェフ・ミルズが全編を担当

・映画のロケ地は伊豆諸島・利島、神奈川・川崎近郊

・原作は全体的に救いがない

公式ツイッター

概要とスタッフ

映画公開日:2017年11月25日
映画公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@hi_ka_ri_movie
原作:三浦しをん
監督:大森立嗣(映画「まほろ駅前狂騒曲」「セトウツミ」など)
映画撮影日:2016年8月20日~9月27日

予告映像




原作「光」のネタバレ

〜ここから原作のネタバレ〜
・美浜島で生き残った観光客が美花を襲ってきたため、信之は観光客を殺害する

・大人になった輔は信之と美花の過去を知っており、父から金を引っ張ってこいと言われて二人を脅す

・輔は信之に近づくために妻の南海子と不倫する

・信之は美花を守るために信之を殺す

・美花は信之が好きではない

・信之は南海子と夫婦生活を続ける

・2017年の映画情報のまとめはこちら