ドラマ「もみ消して冬(もみ冬)」山田涼介と波瑠が家族のコメディードラマ

最終更新日:2018年2月17日

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」山田涼介と波瑠が出演

2018年1月13日からの日テレの土10枠で平成ジャンプの山田涼介と波瑠がコメディードラマに挑みます。

まず、「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」のあらすじを一言でまとめます。

エリート一家が自分たちのためだけに奮闘

超優秀な一家の山田涼介が末っ子の警察官、波瑠が長女の弁護士を演じる。

父親には中村梅雀、長男には小澤征悦が揃い、コメディーのホームドラマを展開します。

目次・もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~(もみ冬)

あらすじ
キャスト
wikiメモ
ツイッター
ロケ地
山田涼介
波瑠
概要とスタッフ

あらすじ、優秀な一家が法律や常識を超えて自分たちのためだけに動く

北沢一家は誰もが羨む優秀な家族だ。

長男は医者、長女は弁護士、次男は警視庁でそれぞれエリートの道を進んでいる。

父親は難関私立中学校の学園長と盤石の一家。

そんな北沢家は家族の幸せを守るためにはありとあらゆる権力と手段を使う。

父の北沢泰蔵が好きになった女性から裸の女性から写真を撮られて金を要求されれば素直に従う一家ではない。

末っ子のエリート警察官の秀作は強い職業倫理を持つために常に葛藤する。

ただ、家族から軽んじられている秀作は愛情を獲得するため、めちゃくちゃな屁理屈により法律と常識を超えて家族のために活躍する。

〜2月17日放送の第6話〜

泰蔵が何者かに睡眠薬を飲まされ病院に運ばれた。

睡眠薬はチョコレートの中に入っていたようだ。

その夜、泰蔵は大学時代の社交ダンス部の同窓会に行っていた。

北沢家は犯人は同級生の中にいるとにらみ、泰蔵にチョコレートをあげた5人の女性を呼ぶ。

秀作はその中でも犯人のオーラを放つこずえ(山村紅葉)が怪しいと読むが、犯行動機が見つからない。

さらに別のチョコレートからは最悪、死に至る別の薬物が検出されて事態は殺人未遂事件と変わっていく。

キャスト、山田涼介に波瑠 小澤征悦に中村梅雀

北沢 秀作(きたざわ・しゅうさく) – 山田涼介(Hey! Say! JUMP)
北沢家の次男で東大卒、警視庁に勤務するエリート警察官で25歳。
未来の警視総監を目指すも正義感が強すぎる。
家族にはバカにされており認められたいと思っている。

北沢 知晶(きたざわ・ちあき) – 波瑠
北沢家の長女で優秀な27歳の弁護士。
優秀な家族の中でも抜群の頭脳を持つ。

北沢 博文(きたざわ ひろふみ) – 小澤征悦
北沢家の長男で天才と呼ばれる心臓外科医で38歳。
部下からの信頼も厚く将来の院長候補と言われる。

北沢 泰蔵(きたざわ・たいぞう) – 中村梅雀
北沢家の父親で63歳。
私立中学校「北沢学園」の学園長で、3人の子供を東大に進学させた著書がベストセラーとなった。

尾関 光希 – 小瀧望(ジャニーズWEST)
エリート警察官の秀作の後輩で巧みな話術を使う説得のプロ。
苦労人のためにセレブな北沢家に憧れている。

楠木 松也 – 千葉雄大
北沢家の執事見習い。
家族の秘密を知って愕然とする。

小岩井 凛治 – 浅野和之
北沢家のベテラン執事で家族から絶大な信頼を得ている。

池江 里子 – 恒松祐里
エリート警察官の秀作が好意を抱く女性警察官。

手毛綱 美鎖夫(てげつな・みさお) – 児嶋一哉(アンジャッシュ)
北沢家に出入りする街のクリーニング屋。

善財 – 竹森千人
北沢家の長男の博文の最大のライバル。




Wikiwikiメモ、ヒットドラマ鉄板の医者と弁護士、警視庁

・本作はヒットドラマの鉄板の三大職業の医者と弁護士、警視庁を揃えた

・長男役の小澤征悦は父が世界的指揮者の小澤征爾で従兄にミュージシャンの小沢健二とリアルエリート一家

・櫨山裕子プロデューサーは「とにかく笑って楽しく見ていただけるザッツエンターテインメント」とコメント

公式ツイッター

ロケ地

・山田涼介や波瑠たちが暮らす北沢家の外観
名称:旧朝吹常吉邸(東芝高輪倶楽部・東芝高輪倶楽部)
住所:東京都港区高輪3-19-1

・中村梅雀が運営する私立中学校「北沢学園」の撮影場所
名称:浴風会
住所:東京都杉並区高井戸西1-12-1

・小澤征悦が通う帝都国際大学病院のロケ地
名称:東千葉メディカルセンター
住所:千葉県東金市丘山台3-6-2

ピックアップ俳優、山田涼介とは

山田涼介(やまだ・りょうすけ)とは1993年5月9日生まれのジャニーズ事務所所属のタレント。

小学生でサッカーを始めてプロチームの湘南ベルマーレのジュニアユースに所属していた。

2004年にテレ東のバラエティ番組「Ya-Ya-yah」の公開オーディションにて合格してジャニーズ事務所に入る。

2007年に結成したアイドルグループ「Hey! Say! JUMP」のメンバーになる。

2010年のドラマ「左目探偵EYE」で連続ドラマ初の単独主演を果たし、多くのドラマや映画に出演していく。

ドラマや映画の出演が決まると「ジャニーズだから」という理由で批判されがちだが、2015年に映画初主演を務めた「暗殺教室」は好評で第39回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した。

圧倒的なイケメン。




ピックアップ俳優、波瑠とは

波瑠(はる)とは1991年6月17日生まれの女優。

2004年の中学1年生の時にプロモーションビデオのオーディションの応募をきっかけに芸能界入り。

2007年から雑誌「セブンティーン」の専属モデル、2012年からは雑誌「non-no」の専属モデルとなった。

いくつかのドラマや映画の出演を経て、2015年にNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインを務めて大ブレイクする。

性格はサバサバしていると言われ、ドラマなどでも男前な性格のキャラを演じることが多い。

ショートカットが似合う芸能人としても有名で事務所はホリエージェンシー所属。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年1月13日スタート、毎週土曜22時
放送局:日本テレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@momikesi_ntv
脚本:金子茂樹(ドラマ「世界一難しい恋」「ボク、運命の人です。」など)
主題歌:Hey! Say! JUMP「マエヲムケ」
原作:オリジナル
チーフプロデューサー:福士睦
プロデューサー:櫨山裕子、秋元孝之
ドラマ発表日:2017年11月6日
初回視聴率:13.3%(関東、ビデオリサーチ調べ)

・2018年1月〜3月のドラマ情報のまとめはこちら






実写映画「坂道のアポロン」主演は知念侑李、中川大志と小松菜奈が出演

最終更新日:2018年1月5日
画像:アニメ公式サイト

実写映画「坂道のアポロン」主演は知念侑李 中川大志と小松菜奈が出演

ジャズを題材にした小玉ユキの漫画「坂道のアポロン」が2018年3月10日に実写映画化されます。

まず、「坂道のアポロン」のあらすじを一言でまとめます。

男子高校生の熱いジャズ物語

「坂道のアポロン」は男子高校生のピアニスト、ドラマーの2人によるジャズを通した友情物語です。

漫画を連載していた月刊フラワーズの6月号で実写映画化が発表されました。

主演はHey!Say!JUMP(平成ジャンプ)の知念侑李、さらに中川大志と小松菜奈が出演します。

監督は三木孝浩で原作の聖地でもある長崎など九州がロケ地となりました。

目次・坂道のアポロン

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
タイトルの由来
ロケ地
概要とスタッフ

あらすじ、1966年の高校生のジャズと恋愛の物語


1966年の日本、長崎県。

転校を繰り返していた男子の西見薫は高校生に入って長崎県の佐世保市にある佐世保東高校やってきた。

薫は転校初日にジャズを愛する不良の川渕千太郎に出会い、ジャズに夢中になっていく。

薫は千太郎の幼なじみの律子を好きになる。

ただ、律子は千太郎が好きで、千太郎は上級生の深堀百合香に好意を持っていた。

ジャズと恋愛が入り乱れる高校生の青春。

坂道のある学校に通いながら、薫はピアノを弾き千太郎はドラムを叩く。

キャスト、知念侑李に中川大志 小松菜奈

西見 薫(にしみ・かおる) – 知念侑李(Hey! Say! JUMP)
転校を繰り返してきた高校1年生であだ名は「ボン」。
真面目すぎて人付き合いが苦手。
小学生の頃からピアノを弾いており、佐世保東高でジャズに出会う。
千太郎の幼なじみの律子に好意を持つ。

川渕 千太郎(かわぶち・せんたろう) – 中川大志
豪快な性格の不良で千太郎のピアノに興味を持つ高校1年生。
ジャズのドラムを担当するクリスチャン。
先輩の深堀百合香に憧れる。

迎 律子(むかえ・りつこ) – 小松菜奈
千太郎の幼なじみで薫のクラスの同級生。
クリスチャンで実家はレコード店「ムカエレコード」。
千太郎に惚れている。

深堀 百合香(ふかほり・ゆりか) – 真野恵里菜
薫たちの先輩で高校2年生。
明るい性格で美術部に所属する。
大学生の淳一に恋をする。

桂木 淳一(かつらぎ・じゅんいち) – ディーン・フジオカ
トランペット奏者で千太郎から慕われている。
親に反対されながらも東京の大学に向かう。

迎 勉(むかえ・つとむ) – 中村梅雀
律子の父親でレコード店「ムカエレコード」の店主。
ジャズ好きで練習用の防音室を持つ。

・その他の出演者
山下容莉枝、松村北斗(ジャニーズJr.)、野間口徹



Wikiwikiメモ、聖地は佐世保北高校

・原作の舞台の佐世保東高校は実在する佐世保北高校がモデルで聖地

・映画のロケ地は長崎や佐世保、大分県など九州

・映画のキャッチコピーはおそらくアニメと同じ「僕たちの間には、いつもJAZZが流れていた」

・原作は2009年度の「このマンガがすごい!オンナ編」の第1位を獲得した

公式ツイッター

タイトルの由来、坂道の町の佐世保とギリシア神話のアポロン

「坂道のアポロン」はタイトルの由来は「坂道」と「アポロン」にわかれます。

原作者の出身地であり物語の舞台となっている長崎県佐世保市は坂道の多い町として有名です。

佐世保市のすぐ近くの異国情緒あふれるオランダ坂などは観光名所の一つ。

アポロンはギリシア神話に登場する神で全知全能のゼウスの息子。

理想の青年像や太陽のような存在とされたアポロンは音楽など芸能・芸術の神としても有名です。

また、アポロンはキューピッドの悪さにより川の神の娘「ダフネ」を好きになり、ダフネには嫌われてしまう。

アポロンを嫌ったダフネは月桂樹の木に姿を変えてまで逃げたという逸話があります。

「坂道のアポロン」は長崎での音楽の物語という意味に加えて、薫→律子→千太郎→百合香→淳一という恋愛模様も表現したのかもしれません。




ロケ地は聖地である長崎県の佐世保市など

・主人公たちが通う佐世保東高校のロケ地1
名称:長崎県立佐世保北高校
住所:長崎県佐世保市八幡町6-6-31

・学校のロケ地2
名称:佐世保市立早岐中学校
住所:長崎県佐世保市陣の内町100

・撮影に使った神社
名称:八幡神社
住所:長崎県佐世保市中里町

・ロケ地の候補の昭和の町
名称:昭和の町
住所:大分県豊後高田市新町989−1

概要とスタッフ 監督は三木孝浩

映画公開日:2018年3月10日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@apollonmovie
監督:三木孝浩(映画「先生!」「陽だまりの彼女」など)
脚本:高橋泉(映画「ミュージアム」「ソラニン」など)
主題歌:小田和正「坂道を上って」
配給:東宝、アスミック・エース
映画撮影期間:2017年4月末~6月
原作:小玉ユキ
原作発表期間:2007年〜2012年
アニメ放送期間:2012年4月末〜6月中旬

・平成ジャンプの2018年のドラマや映画の出演作品のまとめはこちら

・2018年の映画情報のまとめはこちら






ドラマ「ごめん、愛してる」超人気の韓国作品に長瀬智也と吉岡里帆、坂口健太郎

最終更新日:2017年8月13日

ドラマ「ごめん、愛してる」主演は長瀬智也 人気急上昇の吉岡里帆と坂口健太郎が出演

大人気の韓国ドラマを日本版にリメイクしたドラマが2017年7月9日から、TBSで日曜よる9時に放送です。

まず、ドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじを一言でまとめます。

韓国の超人気恋愛ドラマを長瀬智也と吉岡里帆が演じる

ドラマ「ごめん、愛してる」は2004年に韓国で放送されて「冬のソナタ」を超える大ブームとなりました。

日本版の「ごめん、愛してる」は2017年の日本を舞台にリメイク、長瀬智也と吉岡里帆が熱く悲しい恋愛を演じます。

人気急上昇中の坂口健太郎や大竹しのぶが出演、冬ソナ超えの大作の日本版に挑みます。

目次・ごめん、愛してる

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
イ・スヒョク
概要とスタッフ
原作のネタバレ

あらすじ、母に捨てられた男が憧れと怒りで葛藤する


岡崎律は母親に捨てられて裏社会で育つゴロツキだ。

ある日、律は事件に巻き込まれて頭部に重症を負う。

余命わずかとなった律は最期に母親を見つけようと動き出す。

律は母親を探し当てるものの、その母は新たな息子と裕福に幸せそうに暮らしていた。

貧しさのために母が自分を捨てたと思っていた律は母に対して憧れと怒りの感情が渦巻く。

律の母の麗子は自分の息子が近くにいるとも知らず、新しい息子に愛を降り注いでいた。

キャスト、長瀬智也に吉岡里帆 坂口健太郎と大竹しのぶ


岡崎 律(おかざき・りつ) – 長瀬智也
幼い頃に母に捨てられて愛を知らずに底辺で生きてきた男。
裏社会で金を稼ぎ母親への憧れと復讐心で悩む。

三田 凛華(みた・りんか) – 吉岡里帆
純粋で他人を思いやる優しい女。
幼なじみの日向サトルに好意を持っているものの上手くいかない。

日向 サトル(ひゅうが・さとる) – 坂口健太郎
卓越した演奏技術とルックスを持つ人気アイドルピアニスト。
元ピアニストの母親の教育を受けて育ち屈託のない明るい性格。

日向 麗子(ひゅうが・れいこ) – 大竹しのぶ
元一流ピアニストだったが挫折したプライドの高い女。
息子の律を捨てたものの、新しい息子のサトルを溺愛している。

河合若菜 – 池脇千鶴
律と同じ児童養護施設で育った女性。
事故により知能が7歳程度で止まる高次脳機能障害を抱える。

古沢塔子 – 大西礼芳
天才サックス奏者。
サトルに好意を持たれている。

加賀美修平 – 六角精児
麗子を憎み、律の周囲を嗅ぎ回るゴシップ記者。

三田恒夫 – 中村梅雀
凛華の父親で麗子を尊敬するマネージャー。

ぺクラン – イ・スヒョク
韓国マフィアの跡取り息子で律を兄のように慕っている。



Wikiwikiメモ、原作は冬ソナ超えの人気作品

・主演の長瀬智也が純粋なラブストーリーを演じるのは1998年のドラマ「ラブとエロス」以来、19年ぶり

・長瀬智也と大竹しのぶの共演は1997年のドラマ「Dearウーマンスペシャル」以来、20年ぶり

・原作となる2004年に韓国KBSテレビで放送されたドラマ「ごめん、愛してる(ミアナダ サランハンダ)」は「冬のソナタ」を超える29.2%の最高視聴率を記録した超人気作品

・韓国は朝鮮戦争での戦争孤児の救済のために海外養子縁組を奨励していた経緯があるため、原作の韓国ドラマを含めて海外での養子が物語のテーマになりやすい

・2017年の冬ドラマで知名度を一気に高めた「カルテット」の吉岡里帆、「東京タラレバ娘」の坂口健太郎が出演すると話題

・天才サックス奏者を演じる大西礼芳は実際に13歳から7年間、サックスを吹いていた経験を持つ

・韓国で人気の若手俳優イ・スヒョクが日本のドラマに出演するのは本作が初めて

・初回視聴率は9.8%

公式ツイート




ブレイクするか、韓国で人気の若手俳優イ・スヒョク

@leesoohyukがシェアした投稿


ドラマには韓国で人気の若手俳優イ・スヒョクが第1話のメインゲストとして出演します。

韓国では誰もが知っている人気ドラマの日本版に韓国人として出演するだけに責任も重大。

その甘いマスクが日本でブレイクするか、注目ですね。

概要とスタッフ 浅野妙子に清水真由美

ドラマ放送日:2017年7月9日スタート、日曜21時
放送局:TBS
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@gomen_aishiteru
脚本:浅野妙子(映画「NANA」ドラマ「イノセント・ラヴ」など)
プロデュース:清水真由美
主題歌:宇多田ヒカル「Forevermore」
原作:韓国KBSドラマ(脚本:イ・ギョンヒ)
製作著作:MMJ、TBS




原作の韓国ドラマのネタバレ、主人公の最期の言葉


主人公は幼い頃に韓国かららオーストラリアへ養子に出された。

主人公はストリート・チルドレンとして育ち詐欺行為をして生きていく。

主人公は元恋人の結婚式で起きた銃撃で、かつて愛した女性を助けようと弾丸を受けて余命わずかになる。

一方、オーストラリアに仕事でやってきたヒロインは好きな人間に振られた上に強盗に合う。

ズタボロになったヒロインを見つけた主人公はさらに身ぐるみを剥ぐが、パスポートを見て同じ韓国人と知り最期には助ける。

主人公は自分を捨てた母への復讐に生きていたが、主人公が無事に育っていたと知らなかった母の真実を知って和解した。

主人公はヒロインと愛情を深めていくも余命がわずかとなったため、全てを捨てて死を待つだけの状態になる。

ヒロインは最期に主人公に熱い告白をするも、まもなく死ぬ運命の主人公は何も答えずに別れた。

しかし、主人公は死ぬ間際にヒロインに電話して「ごめん、愛してる」と告げる。

そして1年後、ヒロインは主人公の墓に花を持っていく。

・2017年7月〜9月のドラマ情報のまとめはこちら






NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」

最終更新日:2017年12月3日

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」主演は柴咲コウ

2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が1月8日から始まりました。

柴咲コウの力強い演技と秀逸なタイトルが話題です。

まず、「おんな城主 直虎」のあらすじを一言でまとめます。

勝気な女性が戦国時代で大名として活躍

「おんな城主 直虎」は歴史上に実在した井伊直虎という大名がおんなだったという有力説に基づいたドラマです。

現代の文化と違う、男性が絶対的な立場にあった戦国時代で女性がどんな生き方で城主を務めたのか。

12月10日放送の第49回のタイトルは歴史上の出来事「本能寺の変」に引っ掛けて「本能寺が変」です。

目次・おんな城主直虎

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
ロケ地
各話のタイトル
スタッフと概要

あらすじ、少女の「おとわ」が戦乱の世に巻き込まれて直虎になる


天文13年(1544)遠江の国・井伊谷。

戦国時代のまっただ中で井伊家の男勝りの少女「おとわ」は幸せな日々を生きていた。

優しい父や母、幼なじみの亀之丞や鶴丸と楽しく過ごす。

ある日、男子が生まれない井伊家の今後のため、おとわに亀之丞との縁談話がやってくる。

おとわが亀之丞の妻として井伊家を守ろうと決めた時、主君の今川義元が謀反の疑いで亀之丞の父を殺害する。

そこから井伊家の人間は次々と今川に討たれ、おとわの周りには男がいなくなっていく。

戦乱に残ったおとわは井伊家を守るために「直虎」と名乗り家督を継ぐ。

女では家を守れないと批判が渦巻く中、直虎は家を守ろうとする。

「おんな城主」となった直虎は行方不明になった許嫁、井伊家の幼き子供たちを育てながら乱世を生き抜く。

キャスト、柴咲コウに三浦春馬 高橋一生に杉本哲太


井伊直虎 – 柴咲コウ(幼少期:新井美羽)
井伊家当主の井伊直盛の一人娘。
井伊家で男子が生まれず、分家の亀之丞(直親)と結婚するはずだった。
今川義元の支配下で井伊家が混乱、男として生きて家を守ろうとする。

井伊直親 – 三浦春馬(幼少期:藤本哉汰)
直虎のいいなずけで幼名は亀之丞。
父が謀反の疑いで今川に殺害され、命を狙われるて逃げる。

小野政次 – 高橋一生(幼少期:小林颯)
おとわや亀之丞の幼なじみで幼名は鶴丸。
井伊家の筆頭家老の小野政直の嫡男として井伊家に使える。

井伊直盛 – 杉本哲太
井伊家の当主で直虎の父。
今川家の支配下で苦しむ。

千賀 – 財前直見
井伊家に今川との同盟のために嫁いできた直虎の母。

井伊直平 – 前田吟
直虎の曽祖父で先々代の当主。

南渓和尚 – 小林薫
直虎の大叔父で井伊家の菩提寺の龍潭寺の住職。

龍雲丸 – 柳楽優弥
盗賊団のかしら。

井伊直政 – 菅田将暉
井伊直親の嫡男で父に代わって直虎に育てられる。

徳川家康 – 阿部サダヲ
井伊家と今川家の混乱を狙う徳川家の総大将。

・その他のキャスト
しの – 貫地谷しほり
瀬戸方久 – ムロツヨシ
井伊直満 – 宇梶剛士
小野政直 – 吹越満
新野左馬介 – 苅谷俊介
奥山朝利 – でんでん
中野直由 – 筧利夫
瀬名 – 菜々緒
傑山 – 市原隼人
小野玄蕃 – 井上芳雄
今川義元 – 春風亭昇太
今川氏真 – 尾上松也
寿桂尼 – 浅丘ルリ子
佐名 – 花總まり
松下常慶 – 和田正人
高瀬 – 高橋ひかる
昊天 – 小松和重



Wikiwikiメモ、幼少期の直虎役の新井美羽の演技が好評

・第一回放送から幼少期の直虎役の新井美羽の演技が素晴らしいと絶賛の声があがった

・第一回の放送はリアルタイム視聴率が16.9%、タイムシフト視聴率が5.9%の総合視聴率22.1%だった。これは昨年の「真田丸」の最終回の総合視聴率(21.3%)を上回る

公式ツイッター

井伊谷城のロケ地は浜松市の高根城跡

ドラマの序盤に出てきた井伊谷城のロケ地となったのが静岡県浜松市にある高根城跡です。

この地の豪族の奥山金吾正定則が応永21年(1414)に築き、戦国時代には今川義元が支配した「おんな城主」ゆかりの地でもあります。

田園風景は浜松市にある日本棚田百選に選ばれた「久留女木の棚田」、龍潭寺のシーンは浜松市西区庄内町の宿蘆寺などがロケ地になりました。

大河ドラマのロケ地では全国から人が集まる例が多く、浜松市もおんな城主観光に力を入れています。

おんな城主直虎のロケ地の詳細
名称:高根城跡
住所:静岡県浜松市天竜区水窪町地頭方184




各話のタイトル、名作のパロディーも

第1回「井伊谷の少女」
第2回「崖っぷちの姫」
第3回「おとわ危機一髪」
第4回「女子にこそあれ次郎法師」
第5回「亀之丞帰る」
第6回「初恋の別れ道」
第7回「検地がやってきた」
第8回「赤ちゃんはまだか」
第9回「桶狭間に死す」
第10回「走れ竜宮小僧」
第11回「さらば愛しき人よ」
第12回「おんな城主直虎」
第13回「城主はつらいよ」
第14回「徳政令の行方」
第15回「おんな城主 対 おんな大名」
第16回「綿毛の案」
第17回「消された種子島」
第18回「あるいは裏切りという名の鶴」
第19回「罪と罰」
第20回「第三の女」
第21回「ぬしの名は」
第22回「虎と龍」
第23回「盗賊は二度 仏を盗む」
第24回「さよならだけが人生か?」
第25回「材木を抱いて飛べ」
第26回「誰がために城はある」
第27回「気賀を我が手に」
第28回「死の帳面」
第29回「女たちの挽歌」
第30回「潰されざる者」
第31回「虎松の首」
第32回「復活の火」
第33回「嫌われ政次の一生」
第34回「隠し港の龍雲丸」
第35回「蘇えりし者たち」
第36回「井伊家最後の日」
第37回「武田が来たりて火を放つ」
第38回「井伊を共に去りぬ」
第39回「虎松の野望」
第40回「天正の草履番」
第41回「この玄関の片隅で」
第42回「長篠に立てる柵」
第43回「恩賞の彼方に」
第44回「井伊谷のばら」
第45回「魔王のいけにえ」
第46回「悪女について」
第47回「決戦は高天神」
第48回「信長、浜松来たいってよ」
第49回「本能寺が変」

概要とスタッフ ナレーターは中村梅雀

放送局:NHK総合
ドラマ放送日:毎週日曜20時(1月8日スタート)
公式サイト:http://www.nhk.or.jp/naotora/
ツイッター公式アカウント:@nhk_naotora
ナレーター:中村梅雀
脚本:森下佳子
演出:渡辺一貴
プロデューサー:岡本幸江
原作:なし

・現在放送中の2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら