ドラマ「ごめん、愛してる」超人気の韓国作品に長瀬智也と吉岡里帆、坂口健太郎

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年8月13日

ドラマ「ごめん、愛してる」主演は長瀬智也 人気急上昇の吉岡里帆と坂口健太郎が出演

大人気の韓国ドラマを日本版にリメイクしたドラマが2017年7月9日から、TBSで日曜よる9時に放送です。

まず、ドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじを一言でまとめます。

韓国の超人気恋愛ドラマを長瀬智也と吉岡里帆が演じる

ドラマ「ごめん、愛してる」は2004年に韓国で放送されて「冬のソナタ」を超える大ブームとなりました。

日本版の「ごめん、愛してる」は2017年の日本を舞台にリメイク、長瀬智也と吉岡里帆が熱く悲しい恋愛を演じます。

人気急上昇中の坂口健太郎や大竹しのぶが出演、冬ソナ超えの大作の日本版に挑みます。

目次・ごめん、愛してる

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
吉岡里帆
イ・スヒョク
概要とスタッフ
原作のネタバレ

あらすじ、母に捨てられた男が憧れと怒りで葛藤する


岡崎律は母親に捨てられて裏社会で育つゴロツキだ。

ある日、律は事件に巻き込まれて頭部に重症を負う。

余命わずかとなった律は最期に母親を見つけようと動き出す。

律は母親を探し当てるものの、その母は新たな息子と裕福に幸せそうに暮らしていた。

貧しさのために母が自分を捨てたと思っていた律は母に対して憧れと怒りの感情が渦巻く。

律の母の麗子は自分の息子が近くにいるとも知らず、新しい息子に愛を降り注いでいた。

キャスト、長瀬智也に吉岡里帆 坂口健太郎と大竹しのぶ


岡崎 律(おかざき・りつ) – 長瀬智也
幼い頃に母に捨てられて愛を知らずに底辺で生きてきた男。
裏社会で金を稼ぎ母親への憧れと復讐心で悩む。

三田 凛華(みた・りんか) – 吉岡里帆
純粋で他人を思いやる優しい女。
幼なじみの日向サトルに好意を持っているものの上手くいかない。

日向 サトル(ひゅうが・さとる) – 坂口健太郎
卓越した演奏技術とルックスを持つ人気アイドルピアニスト。
元ピアニストの母親の教育を受けて育ち屈託のない明るい性格。

日向 麗子(ひゅうが・れいこ) – 大竹しのぶ
元一流ピアニストだったが挫折したプライドの高い女。
息子の律を捨てたものの、新しい息子のサトルを溺愛している。

河合若菜 – 池脇千鶴
律と同じ児童養護施設で育った女性。
事故により知能が7歳程度で止まる高次脳機能障害を抱える。

古沢塔子 – 大西礼芳
天才サックス奏者。
サトルに好意を持たれている。

加賀美修平 – 六角精児
麗子を憎み、律の周囲を嗅ぎ回るゴシップ記者。

三田恒夫 – 中村梅雀
凛華の父親で麗子を尊敬するマネージャー。

ぺクラン – イ・スヒョク
韓国マフィアの跡取り息子で律を兄のように慕っている。



Wikiwikiメモ、原作は冬ソナ超えの人気作品

・主演の長瀬智也が純粋なラブストーリーを演じるのは1998年のドラマ「ラブとエロス」以来、19年ぶり

・長瀬智也と大竹しのぶの共演は1997年のドラマ「Dearウーマンスペシャル」以来、20年ぶり

・原作となる2004年に韓国KBSテレビで放送されたドラマ「ごめん、愛してる(ミアナダ サランハンダ)」は「冬のソナタ」を超える29.2%の最高視聴率を記録した超人気作品

・韓国は朝鮮戦争での戦争孤児の救済のために海外養子縁組を奨励していた経緯があるため、原作の韓国ドラマを含めて海外での養子が物語のテーマになりやすい

・2017年の冬ドラマで知名度を一気に高めた「カルテット」の吉岡里帆、「東京タラレバ娘」の坂口健太郎が出演すると話題

・天才サックス奏者を演じる大西礼芳は実際に13歳から7年間、サックスを吹いていた経験を持つ

・韓国で人気の若手俳優イ・スヒョクが日本のドラマに出演するのは本作が初めて

・初回視聴率は9.8%

公式ツイート




ピックアップ俳優、カルテットで人気急上昇の吉岡里帆


吉岡里帆(よしおか・りほ)とは1993年1月15日生まれの女優。

映像関係で働く親を持ち、高校3年から俳優養成所に通い始める。

小劇場の舞台に立った後に2012年末から芸能事務所エーチームに所属した。

出身の京都から2015年に上京してドラマの出演が増え、2016年のドラマ「ゆとりですがなにか」で民放連続ドラマに初レギュラー出演を果たす。

2017年冬のドラマ「カルテット」では不思議で魔性の女の来杉有朱を演じて全国的な知名度を高めた。

ドラマ「カルテット」の最終回では「人生、チョロかった!」との名言を残す。

グラビアアイドルとしても活動、隠れ巨乳の一人として名前が上がることが多い。

ブレイクするか、韓国で人気の若手俳優イ・スヒョク

@leesoohyukがシェアした投稿


ドラマには韓国で人気の若手俳優イ・スヒョクが第1話のメインゲストとして出演します。

韓国では誰もが知っている人気ドラマの日本版に韓国人として出演するだけに責任も重大。

その甘いマスクが日本でブレイクするか、注目ですね。

概要とスタッフ 浅野妙子に清水真由美

ドラマ放送日:2017年7月9日スタート、日曜21時
放送局:TBS
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@gomen_aishiteru
脚本:浅野妙子(映画「NANA」ドラマ「イノセント・ラヴ」など)
プロデュース:清水真由美
主題歌:宇多田ヒカル「Forevermore」
原作:韓国KBSドラマ(脚本:イ・ギョンヒ)
製作著作:MMJ、TBS




原作の韓国ドラマのネタバレ、主人公の最期の言葉


主人公は幼い頃に韓国かららオーストラリアへ養子に出された。

主人公はストリート・チルドレンとして育ち詐欺行為をして生きていく。

主人公は元恋人の結婚式で起きた銃撃で、かつて愛した女性を助けようと弾丸を受けて余命わずかになる。

一方、オーストラリアに仕事でやってきたヒロインは好きな人間に振られた上に強盗に合う。

ズタボロになったヒロインを見つけた主人公はさらに身ぐるみを剥ぐが、パスポートを見て同じ韓国人と知り最期には助ける。

主人公は自分を捨てた母への復讐に生きていたが、主人公が無事に育っていたと知らなかった母の真実を知って和解した。

主人公はヒロインと愛情を深めていくも余命がわずかとなったため、全てを捨てて死を待つだけの状態になる。

ヒロインは最期に主人公に熱い告白をするも、まもなく死ぬ運命の主人公は何も答えずに別れた。

しかし、主人公は死ぬ間際にヒロインに電話して「ごめん、愛してる」と告げる。

そして1年後、ヒロインは主人公の墓に花を持っていく。

・2017年7月〜9月のドラマ情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)