ドラマ「4分間のマリーゴールド」福士蒼汰と菜々緒 人の最期を知る救急救命士と義姉のラブストーリー

ドラマ「4分間のマリーゴールド」福士蒼汰と菜々緒 人の最期を知る救急救命士と義姉のラブストーリー

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2019年8月5日

ドラマ「4分間のマリーゴールド」福士蒼汰と菜々緒 人の最期を知る救急救命士と義姉のラブストーリー

2019年10月からのTBSの金10枠のドラマの主演は福士蒼汰です。

まず、「4分間のマリーゴールド」のあらすじを一言でまとめます。

手を重ねた人の最期の姿がみえる救急救命士が、命の期限が1年後に迫る義姉と恋をする

原作は原作は2017年より週刊ビッグコミックスピリッツで連載、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエの漫画。

死の運命が見える特殊な能力を持つ救急救命士の主人公を福士蒼汰、その義姉で死期が近づくヒロインを菜々緒が演じます。

目次・4分間のマリーゴールド

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ

救急救命士として働く花巻みことは、手を重ねた人の「死の運命」が視える特殊な能力を持つ。

これまでに視た「死の運命」は、どれだけみことが手を尽くそうとも必ず現実になってしまった。

そんなみことは、最愛の義姉・沙羅が1年後の28歳の誕生日にこの世を去るという「死の運命」を視てしまう。

自分は何をするべきか、自分が生まれてきた意味とは何か。

救命士であるのに命を救うことができないみことは、どうするのか。

一つ屋根の下に暮らす義姉の沙羅を愛してしまったみことは、あと1年、沙羅の幸せのために尽くすことを心に誓う。

キャスト、福士蒼汰に菜々緒

花巻みこと – 福士蒼汰
3年目の救急救命士。
手を重ねた人の最期の姿が視えるという特殊な能力を持つ。
実母は病死して9歳の時に父が再婚、義母の連れ子の義姉の沙羅に想いを寄せている。

花巻沙羅 – 菜々緒
みことの義姉で画家。
お年寄り向けに絵画教室を開いたり、子どもたちにお絵描き指導をしている。
天真爛漫で家族にとって太陽のような存在。
1年後の28歳の誕生日に死ぬ運命にあるが、本人はそのことを知らない。
マリーゴールドの花が好き。




Wikiwikiメモ

・タイトルにある「4分間」の意味は、救命における生死を分かつタイムリミット「4分間」のこと

・呼吸が停止してからの4分間が救急救命士にとっての正念場で、人の命を救えるかを左右する重要な時間

公式ツイッター




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2019年10月スタート、金曜22時
放送局:TBS
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@4mari_tbs
脚本:櫻井剛
原作:キリエ
ドラマ発表日:2019年8月5日

・2019年月10月〜12月のドラマ情報のまとめ



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)