映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」福島第一原発事故の最前線 佐藤浩市に渡辺謙

映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」福島第一原発事故の最前線 佐藤浩市に渡辺謙

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年11月20日




映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」福島第一原発事故の最前線 佐藤浩市に渡辺謙

東日本大震災時の福島第一原発事故を描く映画「Fukushima 50」が2020年に公開されます。

原作は90人以上の関係者の取材をもとにした門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」。

主演の佐藤浩市が福島第一原発1、2号機の当直長。

渡辺謙は亡くなった福島第一原発の吉田昌郎所長を演じます。

目次・Fukushima 50 (フクシマフィフティ)

あらすじ
キャスト
wiki
概要とスタッフ

あらすじ、2011年3月 福島原発で約50人の作業員が残り続けていた

2011年3月11日午後2時46分。

最大震度7という日本の観測史上、最大の地震が発生した。

巨大な津波が福島第一原子力発電所を襲う。

原子炉は冷却が不可能となり、建屋が次々に水素爆弾を起こしてメルトダウンが迫っていた。

原発の当直長の伊崎利夫は次々と起こる不測の事態に対応せざるを得ない。

所長の吉田昌郎は現場の指揮を執りつつ、混乱する本社とのやり取りに悪戦苦闘。

福島原発を放棄すれば、その影響は5000万人にも及ぶ。

自衛隊は緊急出動、米軍は「トモダチ作戦」を発動。

その中で、福島原発の現場には約50人の作業員が残り続けていた。

キャスト、佐藤浩市に渡辺謙

伊崎 利夫 – 佐藤浩市
福島第一原発1、2号機当直長。

吉田 昌郎 – 渡辺謙
福島第一原発所長。

Wikiwikiメモ

・若松節朗監督は「ホワイトアウト」(2000年)、「沈まぬ太陽」(2009年)などを手掛けた

・タイトルの「Fukushima 50」は福島第一原発で現場に残り続けた約50人の作業員を欧米メディアが呼称していた

・佐藤浩市が演じる伊崎利夫は仮名、渡辺謙が演じるのは亡くなった吉田昌郎元所長




概要とスタッフ

映画公開日:2020年
公式サイト:ー
ツイッター公式アカウント:ー
監督:若松節朗
脚本:前川洋一
原作:門田隆将
映画発表日:2018年11月20日
映画撮影期間:2018年11月25日〜2019年1月末

・2019年の映画情報まとめ



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)