映画「君は月夜に光り輝く(君月)」死期が近い少女の代行体験 永野芽郁と北村匠海

映画「君は月夜に光り輝く(君月)」死期が近い少女の代行体験 永野芽郁と北村匠海

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年11月13日
画像:特設サイト

映画「君は月夜に光り輝く(君月)」死期が近い少女の代行体験 永野芽郁と北村匠海

永野芽郁がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主役以降、初の主演となる映画が2019年3月15日に公開です。

まず、「君は月夜に光り輝く」のあらすじを一言でまとめます。

死期の近い少女の願いを代行体験する少年の物語

原作は佐野徹夜の第23回電撃小説大賞(2016年)で大賞を獲得した小説。

主演は永野芽郁に北村匠海。

松本穂香や今田美桜、優香や及川光博も出演します。

目次・君は月夜に光り輝く

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、死期が近づくにつれて肌が光る不治の病「発光病」を患う少女を少年が見舞う

死期が近づくにつれて肌が光る不治の病「発光病」。

この病気にかかると成人するまで生存した人はいない。

病院から出ることさえ許されない不治の病「発光病」、渡良瀬まみずはそんな重い病気にかかっていた。

ある日、入院中のまみずにクラスの寄せ書きを届けるため同級生の岡田卓也がやってくる。

余命わずかな、まみずが死ぬまでにしたいことがあると知った卓也。

「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」

卓也はまみずの叶えられない願いを代わりに実行し、その感想を伝える「代行体験」を行うことに。

代行体験をしていくうちに惹かれあっていく二人だが、最後の時間がやってくる。

そして、まみずは卓也に最期の代行体験を託す。

キャスト、永野芽郁に北村匠海 松本穂香に今田美桜

渡良瀬 まみず – 永野芽郁
死期が近づくにつれて肌が光るという原因不明の「発光病」を患っている。
病院から出ることもできないため、自分のしたいことをする代行体験を同級生の卓也に託す。

岡田 卓也 – 北村匠海(DISH//)
姉を亡くして以来、投げやりに生きてきた。
まみずに出会い、止まっていた時間が動き始める。

平林 リコ – 今田美桜
卓也のバイト先の先輩。
卓也のことを気にかけている。

香山 彰 – 甲斐翔真
デタラメで遊び人の卓也の同級生。
卓也とまみずが出会うきっかけを作る。

岡崎 – 優香
まみずの担当看護師

渡良瀬 律 – 生田智子
まみずの母。

渡良瀬 真 – 及川光博
ある事情からまみずに会えない父。

岡田 鳴子 – 松本穂香
15歳で死んでしまった卓也の亡き姉。

岡田 恭子 – 長谷川京子
卓也の母。




Wikiwikiメモ

・永野芽郁はNHK朝の連ドラ「半分、青い。」の主役以降、初の主演映画

・監督、脚本の月川翔は映画「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」に続いて北村匠海を起用

・原作は2016年の第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)で大賞に輝いた

公式ツイッター




概要とスタッフ

映画公開日:2019年3月15日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@kimitsuki0315
監督、脚本:月川翔
原作:佐野徹夜
映画発表日:2018年10月15日
映画撮影期間:2018年10月7日~11月13日

・2019年の映画情報まとめ



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)