ドラマ「dele(ディーリー)」菅田将暉と山田孝之がダブル主演

ドラマ「dele(ディーリー)」菅田将暉と山田孝之がダブル主演

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年9月12日




ドラマ「dele(ディーリー)」菅田将暉と山田孝之がダブル主演 デジタル遺品を抹消する仕事人

菅田将暉と山田孝之が主演のドラマが2018年7月27日からテレビ朝日の金曜23時にスタートです。

まず、「dele(ディーリー」のあらすじを一言でまとめます。

死後に不都合なデジタル記録を抹消する仕事をする2人の男

原作なしのオリジナル作品で脚本には「ストレイヤーズ・クロニクル」の本多孝好のほか、ドラマ「SP」や「BORDER」シリーズ、2017年の小栗旬のドラマ「CRISIS」の金城一紀などが揃いました。

RADWIMPSの野田洋次郎やラッパーの般若、水曜日のカンパネラのコムアイなど各話ごとに多くのゲストが登場してドラマを盛り上げます。

目次・dele(ディーリー)

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、デジタル遺品を抹消する2人の仕事人が依頼人の人生をも探る

SNSなどインターネットやスマホなどが普及した現代では、あらゆる記録がデジタルで保存されている。

そのままでは本人の死後、不都合な記録も永久に残ってしまう。

坂上圭司と真柴祐太郎はそんな「デジタル遺品」を内密に抹消する仕事を請け負っていた。

不正を告発しようとしていた記録、遺書、愛する人との思い出、テロ計画の証拠。

2人は任務としてデジタル遺品を抹消しようとするも、さまざまな問題に巻き込まれる。

圭司と祐太郎は依頼人の人生、そこに隠された真相を探りながら仕事を遂行していく。

〜9月14日放送の最終回〜

データの死後削除を依頼していた辰巳仁志(大塚明夫)が死亡。

報告を受けた祐太郎は怒りを抑えた表情を浮かべ、依頼人は弁護士の辰巳仁志なのかと確認する。

いつもは朗らかな祐太郎の豹変ぶりに驚きを隠せない圭司。

さらに何者かが「dele. LIFE」のシステムにクラッキングを仕掛けてきた。

まもなく圭司は、辰巳が祐太郎の妹・真柴鈴(田畑志真)の死をめぐり、入院先の弁護を担当していた人物だと突き止める。

当時、鈴の死には不審な点があったが、病院側の主張が通り、祐太郎ら遺族は筆舌に尽くしがたい心の傷を負っていたのだ。

圭司は祐太郎に促されるまま、辰巳が遺した音声データを再生。

そこには祐太郎の無念を晴らす真実を示唆する、大物政治家・仲村毅(麿赤兒)との黒い会話が記録されていた。

慎重に動き確実に仲村を追い詰めようとする圭司に対し、祐太郎は不信感をあらわに「dele. LIFE」を飛び出していく。

キャスト、菅田将暉に山田孝之 野田洋次郎や般若も

真柴祐太郎 – 菅田将暉
何でも屋で「デジタル遺品」を内密に抹消する仕事につく。
オフィスから出ない圭司に代わり足を使った仕事をこなす。
素直で無邪気。

坂上圭司 – 山田孝之
フリーのプログラマーで祐太郎とコンビを組む。
原因不明の難病で車椅子生活を送っている。
頑固でプライドが高く、テリトリー意識が強い男。

坂上 舞 – 麻生久美子
圭司の姉で有能な弁護士。
圭司の会社「dele. LIFE」の信用保証を担い、資金援助や顧客紹介もする。
姉御肌でサバサバした性格。

沢渡 明奈 – 柴咲コウ
高校の音楽教師。
かつて付き合っていた坂上と年に1回は会っている。

・各話のゲスト
朝比奈秀樹、石橋静河、江口のりこ、大塚明夫、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、高橋源一郎、塚本晋也、野田洋次郎(RADWIMPS)、般若、松本若菜、Mummy-D(RHYMESTER)、麿赤兒、矢島健一、山田愛奈、余貴美子、渡辺大知(黒猫チェルシー)、橋本愛




Wikiwikiメモ

・ドラマの発表前に菅田将暉と山田孝之が共通のアカウントを4月15日に開設して話題になった

・ドラマの原作となる本多孝好の小説「dele」(角川文庫)が5月25日に発売した

公式ツイッター




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年7月27日スタート、金曜23時15分
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@sudayamada
監督:瀧本智行、常廣丈太
脚本:本多孝好、金城一紀、瀧本智行、青島武、渡辺雄介、徳永富彦
原案:本多孝好
原作:オリジナル
ドラマ発表日:2018年5月25日

・2019年月1〜3月のドラマ情報のまとめ



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)