ドラマ「dele(ディーリー)」菅田将暉と山田孝之がダブル主演

ドラマ「dele(ディーリー)」菅田将暉と山田孝之がダブル主演

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年6月6日

ドラマ「dele(ディーリー)」菅田将暉と山田孝之がダブル主演 デジタル遺品を抹消する仕事人

菅田将暉と山田孝之が4月に開設したツイッターの作品は2018年7月のテレビ朝日の金11枠のドラマです。

まず、「dele(ディーリー」のあらすじを一言でまとめます。

死後に不都合なデジタル記録を抹消する仕事をする2人の男

原作なしのオリジナル作品で脚本には「ストレイヤーズ・クロニクル」の本多孝好のほか、ドラマ「SP」や「BORDER」シリーズ、2017年の小栗旬のドラマ「CRISIS」の金城一紀などが揃いました。

公式ツイッターではRADWIMPSの野田洋次郎やラッパーの般若などが既に顔を見せており、追加キャストの発表でも盛り上がりそうです。

目次・dele(ディーリー)

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
菅田将暉
概要とスタッフ

あらすじ、デジタル遺品を抹消する2人の仕事人が依頼人の人生をも探る

SNSなどインターネットやスマホなどが普及した現代では、あらゆる記録がデジタルで保存されている。

そのままでは本人の死後、不都合な記録も永久に残ってしまう。

坂上圭司と真柴祐太郎はそんな「デジタル遺品」を内密に抹消する仕事を請け負っていた。

不正を告発しようとしていた記録、遺書、愛する人との思い出、テロ計画の証拠。

2人は任務としてデジタル遺品を抹消しようとするも、さまざまな問題に巻き込まれる。

圭司と祐太郎は依頼人の人生、そこに隠された真相を探りながら仕事を遂行していく。

キャスト、菅田将暉に山田孝之 野田洋次郎も出演か

真柴祐太郎 – 菅田将暉

坂上圭司 – 山田孝之

・出演の可能性の高い俳優
コムアイ(水曜日のカンパネラ)、野田洋次郎(RADWIMPS)、般若




Wikiwikiメモ

・菅田将暉と山田孝之が共通のアカウントを4月15日に開設

・ツイッター開設の当初から脚本家の金城一紀が2人の共通アカウントをたびたびリツイートしていた

・5月24日発売の週刊文春が菅田将暉と山田孝之が7月から放送するテレビ朝日のドラマのダブル主演になると報じていた

・本多孝好が執筆した小説「dele」(角川文庫)が5月25日に発売

公式ツイッター、野田洋次郎や般若が登場

ピックアップ俳優、菅田将暉とは

菅田将暉(すだ・まさき)とは1993年2月21日生まれの俳優、歌手。

2008年のジュノンボーイのコンテストでファイナリストに選出されて芸能事務所トップコートに入る。

翌年2009年には平成の仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーW」で主演を務め、出演したドラマや映画で賞を取るようになっていく。

演技力の高さから幅広いキャラを任されており2015年のドラマ「民王」では総理大臣、2016年の映画「溺れるナイフ」では狂った少年を演じる。

映画「海月姫(2014年)」では女装したキャラを演じており、あまりにも美しすぎるとファンから歓喜の声が上がった。

音楽でも積極的に活動しており、自身が出演したドラマ「トドメの接吻(2018年)」では主題歌「さよならエレジー」を歌った。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年7月スタート、金曜23時15分
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@sudayamada
監督:瀧本智行
脚本:本多孝好、金城一紀、瀧本智行、青島武、渡辺雄介、徳永富彦
原作:オリジナル
ドラマ発表日:2018年5月25日

・2018年7月〜9月のドラマ情報のまとめ






LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)