映画「キングダム」人気漫画の実写化、山崎賢人に長澤まさみ 吉沢亮や本郷奏多

映画「キングダム」人気漫画の実写化、山崎賢人に長澤まさみ 吉沢亮や本郷奏多

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年5月24日
画像:漫画公式サイト

映画「キングダム」人気漫画の実写化、山崎賢人主演で2018年から撮影へ

実写化の噂のあった週刊ヤングジャンプの人気漫画の映画化がついに決定しました。

集英社は漫画「キングダム」の4月19日発売のコミックス第50巻を記念して実写映画化されることを発表。

作者の原泰久もこの1年に脚本会議に加わっており、これから大作を作り上げていきます。

キングダムは10周年を記念した実写動画を山崎賢人の主人公バージョンで2016年4月に公開しており、実写化は時間の問題と言われていました。

キャストや公開日などの正式発表はまだですが、2017年12月に週刊文春がキングダムの実写映画は2018年春から撮影が始まると報じており、主演は山崎賢人で長澤まさみも出演する可能性が高い。

吉沢亮や橋本環奈、本郷奏多や満島真之介も出演しそうです。

目次・キングダム

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
羌瘣役
概要とスタッフ

あらすじ、キャストの噂から王弟の反乱がテーマか

キングダムは中国の紀元前770年から紀元前221年までの春秋戦国時代の終わりを舞台にした物語です。

天下の大将軍を目指す戦争孤児の少年の「信」と後の始皇帝となる若者の「政」を中心として政治と戦争が繰り広げられる。

漫画は長い物語だけに実写映画ではどの部分に焦点を当てるのか。

最強の六大将軍の王騎が活躍した秦趙攻防戦か、主人公たちの国である「秦」が絶体絶命に陥る合従軍との攻防か。

ネットではキャスト情報として、政の弟にあたる成蟜のほか竭氏など王弟の一派が重要な位置を占めています。

これが正しければ原作では序盤の「王弟の反乱」と「暗殺者の襲来」あたりが主軸となりそうです。

なんにせよ原作ファンから大きな議論を呼びそうです。

キャスト、山崎賢人と長澤まさみは可能性大 吉沢亮や橋本環奈も出演か

・山崎賢人と長澤まさみは文春報道、その他はネット情報

〜〜主要キャラ〜〜
信(しん) – 山崎賢人(幼少期:大西利空)
戦争孤児の少年で天下の大将軍を目指す。
猪突猛進型で強い勇気を持つ。
秦王である政とは親友のような関係。

嬴政(えいせい) – 吉沢亮
秦国の若き王で後の始皇帝。
多くの民のため中華を統一する最初の王になると公言、内外の敵と戦う。
冷静沈着で深い洞察力を持つ。

漂(ひょう) – 吉沢亮(幼少期:南出凌嘉)
信の幼馴染の親友で共に武芸に励んできた。
政とソックリの容姿のために影武者として王宮で働く。

河了貂(かりょうてん) – 橋本環奈
山民族の末裔で蓑を被っている少女。
兵法を学んで軍師として政と信に協力する。

羌 瘣(きょう・かい) – キャスト不明
伝説の刺客一族「蚩尤」の少女。
高い戦闘力で信を支える。

王騎(おうき) – 大沢たかお
秦国六大将軍の一人で中華全土に名を馳せた最強の武人。

騰(とう) – 要潤
常に王騎の傍にいる忠実な副官。

昌文君(しょうぶんくん) – 高嶋政宏
政に忠誠を誓う秦国の文官。

壁(へき) – 満島真之介
生真面目な昌文君の副官で信の兄貴分。

〜〜山の民〜〜
楊端和(ようたんわ) – 長澤まさみ
女性ながら「山界の死王」と呼ばれる山の民の最大勢力の王。

バジオウ – 阿部進之介
戦で滅んだバジ族の生き残りで満足に言葉は使えず荒い気性。

タジフ – 一ノ瀬ワタル
石球を使う巨大な戦士。

〜〜王弟の一派〜〜
成蟜(せいきょう) – 本郷奏多
政の異母弟の王弟で臣下を道具のように扱う残虐な性格。
平民の血を引く兄の政を憎んでいる。

竭氏(けつし) – 加藤雅也
秦国の元左丞相の野心家で成蟜と共にクーデターを狙う。

肆氏(しし) – 石橋蓮司
竭氏の参謀で王弟のクーデターの指揮をとる。

左慈(さじ) – 坂口拓
肆氏の片腕かつ竭氏の人斬り長でクーデターに参加する。

魏興(ぎこう) – 宇梶剛士
肆氏の指示に従いクーデターに参加する。

ランカイ – 阿見201
圧倒的な巨体と怪力を持ち成蟜に買われて虐待されている。

敦(とん) – 大内田悠平
成蟜の側近を務める青年。

〜〜暗殺部隊〜〜
朱凶(しゅきょう) – 深水元基
ムタ – 橋下じゅん

〜その他〜
里典 – 六平直政
小さい頃の信や漂を下僕として扱う。




Wikiwikiメモ

・原作者の原泰久は「この1年、脚本会議にも加えて頂き、意見を尊重して頂き、感謝しております」と述べたうえ、「納得の脚本です!! 予算も破格!! キャストの皆様も超豪華!!」と期待を高めた

・キングダムは漫画10周年を記念して山崎賢人が実写動画を既に制作して配信しており、実写化の計画が進んでいると噂が広がっていた

・本作は秦の始皇帝の若き頃をテーマにしているため、漫画などで暴君として扱われがちな秦の始皇帝が善人として描かれている

・橋本環奈は4月に中国で映画撮影をしているとテレビで明らかになっていおり、キングダムの撮影中と見られる

・映画「いぬやしき」の5月5日のラインライブで木梨憲武が本郷奏多に「今の撮影は佐藤信介監督の中国映画か」と確認しており、ネットに流れたキャスト情報の確度が高まった

ツイッター、実写化の下準備は十分か

2016年版の動画、羌瘣役の山本千尋が話題に

2016年版のキングダムの実写動画では羌瘣役の山本千尋が話題になりました。

漫画さながらの女剣士・羌瘣の華麗な全力剣舞シーンを演じたのが3歳より太極拳を学び、2012年の第4回世界ジュニア武術選手権大会で優勝した山本千尋です。

山本千尋は2017年9月から山﨑賢人や窪田正孝、柴咲コウや竹内結子のいるスターダストプロモーション(スタダ)の所属になりました。

強い事務所の力を背景に山本千尋が実写映画版キングダムの羌瘣役を務めれば原作ファンを納得させられるかもしれません。

・2016年版、実写動画のキャストとスタッフ
信 – 山﨑賢人
羌瘣(キョウカイ) – 山本千尋
龐煖(ホウケン) – 五城健児
監督:大野大樹
音楽、プロデューサー:Thomas Suess
コンポーザー:Robster Henke
ナレーター:吉永幸一

キングダム10周年記念動画:リンク




概要とスタッフ

映画公開日:ー
公式サイト:ー
原作ツイッター公式アカウント:@kingdom_yj
監督:佐藤信介(可能性大)
原作、脚本協力:原泰久
原作連載期間:2006年〜現在
映画正式発表日:2018年4月8日
映画撮影期間:2018年春から(文春報道)

・2018年の映画情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

映画「キングダム」人気漫画の実写化、山崎賢人に長澤まさみ 吉沢亮や本郷奏多” に14件のコメントがあります

  1. キョウカイは中華の女優クラスでないと本当はタンワも
    でもキャストみる限り王都奪還編で終わりでないか
    つか橋本環奈が幼少期テンて変じゃね、小さいからだろうけど
    テンはそこまで可愛い設定じゃないはずだしね、逆に可愛さを消せたらすごいけど
    総合で考えてもまぁ爆死だろうな

  2. キヨウカイはこじるりがいいなぁ。
    内容的にやるなら合従軍がいいだろうけど、それだと人件費がめちゃくちゃ高そうだなぁ。

  3. 匿名

    ホントに映画になるのなら嬉~ キャストの発表が待ち遠しい 映画の話しはデマだったなんて言わないでほしい‼

  4. 山崎賢人は少女漫画の実写化は上手い。
    一方、ジョジョや斉木楠雄、氷菓はコケた。
    するとキングダムは?

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)