ドラマ「コンフィデンスマンJP」長澤まさみに東出昌大 脚本は古沢良太

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年1月4日

ドラマ「コンフィデンスマンJP」長澤まさみに東出昌大 脚本は古沢良太

「リーガルハイ」シリーズなどコミカルな展開に定評のある古沢良太が脚本のオリジナルドラマが2018年4月、フジテレビの月9枠で登場です。

まず、「コンフィデンスマンJP」のあらすじを一言でまとめます。

詐欺師たちの予想もつかない騙し合い

本作はだましだまされ二転三転する物語「コンゲーム」のジャンルで詐欺師たちが入り乱れる。

主演には長澤まさみ、相棒には東出昌大と小日向文世。

フジテレビの月9としては脚本と俳優ともに実力派を揃えた異色作になりそうです。

目次・コンフィデンスマンJP

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
長澤まさみ
概要とスタッフ

あらすじ、3人の詐欺師が悪徳大富豪から金を巻き上げようと画策する

ダー子は年齢不詳、正体不明、とにかく規格外で無軌道な人間だ。

おいしい食べ物に目がない、やや天然なダー子は都内の高級ホテルのスイートルームに居を構えている。

そんなダー子は悪徳大富豪から莫大な財産をだまし取ろうと日々、詐欺の計画を練っている。

ダー子と行動を共にするのは小心者のボクちゃんと百戦錬磨のリチャード。

3人は悪徳企業のドンやマフィアのボスなど金の亡者たちから、あらゆる手段を使って金を巻き上げようとする。

3人の詐欺師たちと手強い大富豪との騙し合い。

時には味方さえ欺く奇想天外なトリックを使っただまし合いが始まる。

キャスト、長澤まさみに東出昌大 小日向文世

ダー子 – 長澤まさみ
天才的な知能と抜群の集中力を持つコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)。
仲間たちにとんでもないターゲットと常識外れの計画を持ち込むリーダー的存在。
天然の性格でいい加減、詰めが甘い。

ボクちゃん – 東出昌大
小心者でダー子に振り回されてばかりのコンフィデンスマン(信用詐欺師)。
お人よしゆえだまされることも多く、詐欺稼業から足を洗いたいと思っている。

リチャード – 小日向文世
ダー子とボクちゃんを支える百戦錬磨のコンフィデンスマン(信用詐欺師)。
超一流の変装の技術を持ちどんな職業人にでもなりすます。




Wikiwikiメモ

・タイトルの「コンフィデンスマンJP」のJPはジャパンの意味

・長澤まさみは劇中でさまざまなコスプレを披露する

・ドラマ公式はゲーテの「人に欺かれるのではない。自分が己を欺くのである」という言葉を引用している

公式ツイッター

ピックアップ俳優、長澤まさみとは

長澤まさみ(ながさわ・まさみ)とは1987年6月3日生まれの女優。

1999年度の東宝のオーディションで当時、史上最年少の12歳でグランプリに選ばれて芸能界入りした。

2004年の映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロインとして出演、白血病治療で脱毛症を抱えた亜紀の役を演じて実際にスキンヘッドになり迫真の演技で高い評価を得る。

2007年4月の月9ドラマ「プロポーズ大作戦」で月9初主演(山下智久とダブル主演)、いくつものドラマや映画の主演を務める女優になる。

2011年以降は舞台などにも出演、映画「モテキ(2011)」「海街diary(2015)」ではいくつもの映画賞を受賞する演技派として成長した。

父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年4月、毎週月曜21時
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@confidencemanJP
脚本:古沢良太
企画:成河広明
プロデュース:草ヶ谷大輔、古郡真也
演出:田中亮、金井紘
原作:オリジナル
ドラマ発表日:2017年12月14日

・2018年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)