映画「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」シリーズ20作目 2018年12月14日公開

映画「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」シリーズ20作目 2018年12月14日公開

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年7月10日
画像:ドラゴンボール公式サイト

映画「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」シリーズ20作目 2018年12月14日公開

世界レベルの超人気漫画「ドラゴンボール」の第20作となる映画が公開されます。

タイトルは「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」で2018年12月14日に公開です。

映画公開は千葉・幕張メッセで2017年12月16日に開催した「ジャンプフェスタ2018」で発表されました。

前作に続いて原作者の鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを担当、本家の劇場版として人気を集めそうです。

目次・「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
過去作品
概要とスタッフ

あらすじ

2018年版の劇場版ドラゴンボールのテーマは「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」。

主人公の孫悟空はこれまでにスーパーサイヤ人、ゴッド、ブルーと進化を遂げてきました。

少年ジャンプで連載した漫画は1995年に終了、その後にテレビや映画でもドラゴンボールの専売特許とも言える強さのインフレは続く。

劇場版20作目となる記念作品では悟空やベジータなど「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」の強さの原点を描いた作品になります。

時間軸はテレビアニメ「ドラゴンボール超」の次のエピソードです。

声優キャスト

孫悟空 – 野沢雅子
惑星ベジータ生まれの戦闘民族サイヤ人で生まれてすぐに地球に送り込まれた。
本来の人類絶滅の目的ではなく地球を守る孫悟空として活躍する。
とにかく強い敵と戦うのが大好きで性格は明るく雑。
サイヤ人としての本名は「カカロット」。

ベジータ – 堀川りょう
惑星ベジータの王子で数少ない生き残り。
プライドやエリート意識が高く冷酷な性格だった。
悟空やフリーザとの戦いに敗れた後は地球人ともそれなりの関係を築き、ブルマとの間にトランクスという子供をもうける。




Wikiwikiメモ

・映画の発表は2017年12月16日に開催した「ジャンプフェスタ2018」

・3月21日に特報映像が公開された(リンク

公式ツイッター

ドラゴンボール劇場版、過去作品のタイトルと公開日

1作目「神龍の伝説」(1986年12月20日)
敵:グルメス王

2作目「魔神城のねむり姫」(1987年7月18日)
敵:ルシフェル

3作目「摩訶不思議大冒険」(1988年7月9日)
敵:鶴仙人・桃白白兄弟

4作目「ドラゴンボールZ」(1989年7月15日)
敵:ガーリックJr.

5作目「この世で一番強いヤツ」(1990年3月10日)
敵:Dr.ウィロー

6作目「地球まるごと超決戦」(1990年7月7日)
敵:ターレス

7作目「超サイヤ人だ孫悟空」(1991年3月19日)
敵:スラッグ

8作目「とびっきりの最強対最強」(1991年7月20日)
敵:クウラ

9作目「激突!!100億パワーの戦士たち」(1992年3月7日)
敵:メタルクウラ

10作目「極限バトル!!三大超サイヤ人」(1992年7月11日)
敵:人造人間13号、14号、15号

11作目「燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」(1993年3月6日)
敵:ブロリー

12作目「銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」(1993年7月10日)
敵:ボージャック一味

13作目「危険なふたり!超戦士はねむれない」(1994年3月12日)
敵:復活ブロリー

14作目「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」(1994年7月9日)
敵:バイオブロリー

15作目「復活のフュージョン!!悟空とベジータ」(1995年3月4日)
敵:怪物ジャネンバ

16作目「龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」(1995年7月15日)
敵:幻魔人ヒルデガーン

17作目「最強への道」(1996年3月2日)
敵:レッドリボン軍(リメイク)

18作目「神と神」(2013年3月30日)
敵:破壊神ビルス

19作目「復活の『F』」(2015年4月18日)
敵:フリーザ




概要とスタッフ

映画公開日:2018年12月14日
映画公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@DB_super2015
監督:長峯達也
原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
映画発表日:2018年12月16日

・2018年の映画情報のまとめはこちら



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)