ドラマ「anone(あのね)」主演は広瀬すず 脚本はカルテットの坂元裕二

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年11月14日

ドラマ「anone(あのね)」主演は広瀬すず

2018年1月の日テレの水10枠のドラマは広瀬すずが10代最後の連ドラになります。

まず、「anone(アノネ・仮タイトル)」のあらすじを一言でまとめます。

家族を失った少女が老齢の女と出会い、人を信じられない2人が真実の人間愛を探す

原作なしのオリジナルで脚本は2016年のドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」、2017年の「カルテット」を手がけた坂元裕二。

ベテラン女優の田中裕子が広瀬すずを支えて深みのある作品を作り出します。

目次・anone(あのね)

あらすじ
キャスト
wikiメモ
ツイッター
広瀬すず
概要とスタッフ

あらすじ

19歳の少女は人に裏切られて社会からはぐれて生きていた。

生きる方法を見失いネットカフェで暮らしていた少女はある日、高齢の女性に出会う。

人を信じる心を失っていた2人は何かを感じ合い、女性は少女をかくまう。

ニセモノの人生と記憶を抱えてきた2人。

一緒に暮らし始めた2人が、世間を欺く衝撃的な計画を企てる

キャスト、広瀬すずに田中裕子

少女 – 広瀬すず
人に裏切られて社会からはぐれた19歳の少女。
ネットカフェで暮らしていた。

高齢の女性 – 田中裕子
社会を信用していない女性。
身寄りのない19歳の少女をかくまう。




Wikiwikiメモ

・スタッフは日テレのドラマ「Mother(2010年)」「Woman(2013年)」と同じ脚本が坂元裕二と演出は水田伸生で、田中裕子も2作品に出演していた

・広瀬すずはスケートボードに乗って動き回る設定(11月14日時点、日刊スポーツ)

・広瀬すずの単独ドラマ主演は2015年の日テレのドラマ「学校のカイダン」以来

・ドラマを発表した11月14日時点ではタイトルの「anone(アノネ)」は仮扱い

・2018年1月クールのドラマについて、10月26日の日刊ゲンダイが「広瀬すずは日テレの主演ドラマが内定」と報じていた

ツイッター




ピックアップ俳優、広瀬すず

広瀬すず(ひろせ・すず)とは1998年6月19日生まれの女優。

姉のアリスが専属モデルをつとめていた雑誌「Seventeen」のイベントで芸能事務所フォスタープラスに誘われて芸能界入り。

2012年の「Seventeen」のモデルオーディションでグランプリに選ばれる。

2014年末の全国高等学校サッカー選手権の応援マネージャーを務めて話題になった。

ドラマや映画では活発な少女から悲しげな役まで圧倒的な演技力を披露、2015年の映画「海街diary」では数多くの映画賞で新人賞を独占する。

映画単独主演を務めた2016年の「ちはやふる」では人気の原作漫画の主人公の綾瀬千早の躍動感を現実に表現、原作者から原作ファンまで実写化を認めさせる実力を持つ。

「ちはやふる」で共演した新田真剣佑、野村周平、矢本悠馬などとは仲の良い人間関係を深めてツイッターでじゃれ合う。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年1月、毎週水曜22時
放送局:日本テレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@anone_ntv
脚本:坂元裕二
演出:水田伸生
プロデューサー:次屋尚
ドラマ発表日:2017年11月14日

・2018年1月〜3月のドラマ情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)