ドラマ「続・下町ロケット」池井戸潤の原作で阿部寛 続編が2018年10月に

ドラマ「続・下町ロケット」池井戸潤の原作で阿部寛 続編が2018年10月に

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年8月15日

ドラマ「続・下町ロケット」 続編が2018年10月に

半沢直樹など実写ドラマ化で超人気作家の池井戸潤が原作の「下町ロケット」の続編が2018年10月、TBSの日曜9時の枠で放送されます。

主演は前作と同じく阿部寛、小説家の池井戸潤が2018年7月20日に発売する「下町ロケット ゴースト」が2018年版ドラマの原作。

2015年の前作に続いて阿部寛や土屋太鳳、竹内涼真らが出演します。

2018年5月24日の日刊サイゾーは下町ロケット続編には「山崎努も出演する」と報道しました。

目次・続 下町ロケット

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
ロケ地
概要とスタッフ

あらすじ、下町の工場「佃製作所」で順調だったロケット部品の納入に危機が訪れる

佃航平は元宇宙科学開発機構の研究員ながらロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っていた。

あきらめかけた夢のロケット製造では自社が開発したバルブシステムを使用、大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現。

順調な佃製作所だったがある日、帝国重工の社長交代によりスターダスト計画は次回で終わるかもしれないと告げられる。

ショックを受けた佃に追い討ちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。

性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始める。

そんな中、佃製作所の経理部長・殿村の父親が倒れる。

父親の看病と畑仕事の手伝いに週末ごとに帰省する殿村を見て、佃はあることに気づく──。

前作のキャスト、阿部寛に土屋太鳳 恵俊彰に吉川晃司

〜正式決定〜

佃 航平(つくだ・こうへい) – 阿部寛
宇宙科学開発機構の元研究員で佃製作所の社長。
自らのエンジンでロケットが墜落、父の仕事を継ぐもロケットへの夢を諦めなかった。
社長よりも技術者としての考え方が近い。

佃 利菜 – 土屋太鳳
航平の娘で理想を追い求めて離婚した父を快く思っていなかった。
父の前向きな姿勢を見ていくうちに考え方が変わり、帝国重工に就職する。

和泉 沙耶 – 真矢ミキ
航平の元妻でJAXS研究員。
家庭を省みない夫に愛想をつかして離婚した。

佃 和枝 – 倍賞美津子
息子の航平と孫娘・利菜の3人で暮らしている。

立花 洋介 – 竹内涼真
佃製作所技術開発部の若手エース。

・佃製作所の社員
殿村 直弘 – 立川談春
山崎 光彦 – 安田顕
江原 春樹 – 和田聰宏
迫田 滋 – 今野浩喜
津野 薫 – 中本賢
唐木田 篤 – 谷田歩
加納 アキ – 朝倉あき

神谷 修一 – 恵俊彰
神谷・坂井法律事務所代表の弁護士。
負ける裁判はしない方針で、裁判を戦った佃製作所の顧問弁護士となった。

水原 重治 – 木下ほうか
帝国重工の宇宙航空部本部長。

中川 京一 – 池畑慎之介
ライバル企業のイヤミな顧問弁護士。

〜前作での出演者〜

財前 道生 – 吉川晃司
帝国重工の宇宙航空部部長。
エリートコースを歩み中小企業に悪印象を持っていたが技術力に納得して佃製作所と協力した。

・出演の可能性が高い俳優
山崎努




Wikiwikiメモ、2018年は「下町ロケット3」か

・2015年のドラマ「下町ロケット」の最終回では土屋太鳳が帝国重工に入社、吉川晃司がスーツケースを持って出かけるなど伏線が多かったため、続編の可能性は高いと言われていた

・池井戸潤の作品は「半沢直樹」「花咲舞が黙ってない」「空飛ぶタイヤ」「陸王」など多くがテレビドラマ化、映画化されている

・2015年のドラマは小説「下町ロケット」と「下町ロケット2」の2作をベースにしたため、2018年版のドラマは「下町ロケット3」とも言える

・2015年のドラマは同枠で民放ドラマ最大の視聴率を獲得した

・2018年のドラマでは殿村の実家である米農家の撮影は新潟県燕市で大規模ロケを敢行

公式ツイッター

ロケ地

下町ロケットはタイトルの通り、下町でのロケットの部品を作る工場の物語です。

2015年のドラマでは下町らしい雰囲気を持つ工場の場所として東京都大田区のねじと特殊部品メーカー「桂川精螺製作所」が選ばれました。

会社の備品をほぼそのまま使ったロケ地が再び選ばれるのか。

続編でのロケ地にも注目です。

・2015年の下町ロケットの工場の撮影場所
名称:桂川精螺製作所
住所:東京都大田区矢口3丁目24−1




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年10月スタート、日曜21時
放送局:TBS
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@rocket_tbs
プロデューサー:伊與田英徳
脚本:丑尾健太郎、峠田浩
原作:池井戸潤
ドラマ発表日:2018年7月19日

・2018年10月〜12月のドラマ情報のまとめ



LINEで送る
Pocket

ドラマ「続・下町ロケット」池井戸潤の原作で阿部寛 続編が2018年10月に” に1件のコメントがあります

  1. 前作のロケ地、桂川精螺製作所は改築中で3年前の面影はまったくありません。あの番組がきっかけで相当業績を伸ばされたのでしょうか・・・・

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)