キムタク主演ドラマ「BG~身辺警護人~」木村拓哉がボディーガード役

キムタク主演ドラマ「BG~身辺警護人~」木村拓哉がボディーガード役

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年2月18日

ドラマ「BG~身辺警護人~」キムタクがボディーガード役

2018年の木村拓哉は1月18日からのテレ朝、木9枠のドラマ主演で始まりました。

まず、「BG~身辺警護人~」のあらすじを一言でまとめます。

敏腕ボディーガードが復帰して奮闘する

木村拓哉が演じるのはかつて敏腕ボディーガードで紆余曲折あり、再びその職につく男。

脚本はキムタク主演の2003年のドラマ「GOOD LUCK!!」を手がけた井上由美子です。

キムタク主演ドラマは共演者も豪華になる傾向があり、本作では斎藤工に石田ゆり子、江口洋介、菜々緒、上川隆也、間宮祥太朗と豪華な俳優陣が揃いました。

目次・BG~身辺警護人~

あらすじ
キャスト
wikiメモ
ツイッター
斎藤工
ロケ地
概要とスタッフ

あらすじ、かつての敏腕のボディーガードが復帰する

島崎章はかつて敏腕のボディーガードだった。

ある出来事をきっかけに工事現場の警備員に転職、中学生の息子とふたり暮らしを続けている。

ある日、章が務める会社が身辺警護課を新設する。

ボディーガードの世界から身を引いていた章だが強い勧めで再び警護の世界に戻ってきた。

過去のキャリアを隠している章はチームには頼りない存在と思われている。

ボディーガードはあくまで民間人のために拳銃や殺傷能力の高い武器を持てず、正当防衛でないと反撃もできない。

民間の警備会社は警視庁からは素人の集団として厄介扱いされることもしばしばだ。

章は場合によってはボコボコにされるボディーガードとして、顧客をありえない危機から守っていく。

〜2月22日放送の第6話〜

元内閣総理大臣の鮫島匡一(橋爪功)が日ノ出警備保障に警護を依頼する。

通常、総理大臣経験者には警視庁のSPが警護につくものだが政府の決定でSP警護は終了になっていた。

しかし自宅に再三、無言電話がかかってくることもあり鮫島は民間の警備会社に警護を依頼したのだった。

警護にあたることになった章たちは鮫島の家の門柱に小石が4つ乗せられているのを発見、鮫島を監視する視線も感じる。

その後、民事党幹事長の五十嵐映一(堀内正美)の古稀を祝う会に出席する鮫島に同行した章たち。

そこで五十嵐の元秘書の植野(萩原聖人)が襲撃にやってくる現場に遭遇してしまう。

さらにそ鮫島の孫の彩矢(豊嶋花)を警護していたまゆから、彩矢が帰宅しないと連絡が入る。

身辺警護課総出で捜索すると公園で謎の男性と一緒にいる彩矢を発見した。

しかし、男は逃げてしまい見失ってしまう。

一方、章は元妻の仁美から「私の警護をしてほしい」と依頼されていた。

キャスト、木村拓哉に斎藤工 石田ゆり子に江口洋介

島崎 章(しまざき・あきら) – 木村拓哉
敏腕のボディーガードだったがある出来事により工事現場の警備員で働く。
会社が身辺警護課を新設したため過去を隠しながら再びボディーガードに。
中学生の息子とふたり暮らし。

高梨 雅也(たかなし・まさや) – 斎藤工
章と同じ身辺警護課で元自衛隊員。
卓越した能力のため他のメンバーを見下しがち。
まっすぐで情熱的だが思いこみが激しい。

菅沼 まゆ(すがぬま・まゆ) – 菜々緒
章と同じ身辺警護課で唯一の女性ボディーガード。
元柔道選手で仕事はお金のためと割り切っている。

沢口 正太郎(さわぐち・せいたろう) – 間宮祥太朗
就職活動に失敗して身辺警護課にやってきた若者。
物事を深く考えずノリが軽い。

村田 五郎(むらた・ごろう) – 上川隆也
新設された身辺警護課をまとめる課長で元警察官。
柔らかな物腰で常に冷静。

今関 重信(いまぜき・しげのぶ) – 永島敏行
章たちが働く民間警備会社「日ノ出警備保障」の社長。
6年前に人事の反対を押し切り章を採用、自分も身辺警護の仕事をした経験がある。

立原 愛子(たちはら・あいこ) – 石田ゆり子
人気キャスターから衆議院に立候補して厚生労働大臣にまで上り詰める。
高い地位を手にするためには手段を選ばない。
元ファン代表を名乗る人物から脅迫状を受け取る。

仁美 – 山口智子
章と別れた元妻。
誰かに狙われていると感じて章に警護を依頼する。

落合 義明(おちあい・よしあき) – 江口洋介
警視庁警備部警護課のSPで優秀な男。
武器を持たない民間会社が警護に当たることを良く思っていない。

氷川 修 – 宇梶剛士
SPをまとめる警視庁警備部警護課の係長だが落合とはソリが合わない。

清田 春孝 – 阿部進之介
警視庁警備部警護課のSPで落合の部下。

河野 純也 – 満島真之介
章が6年前に警護していたプロサッカー選手。

島崎 瞬 – 田中奏生
章の息子で中学生で母親は再婚した。
父親と暮らし始めるも距離がある。

・これまでのゲスト
第1話:勝地涼、伊武雅刀、でんでん
第2話:田中哲司、大塚寧々
第3話:西村まさ彦、三吉彩花
第4話:中尾彬
第5話:満島真之介
第6話:橋爪功、中村ゆり、豊嶋花




Wikiwikiメモ、脚本の井上由美子はグッドラック

・タイトルの「BG」の意味は「Body Guard(ボディーガード)」

・脚本は「白い巨塔」や「昼顔」を手がけた井上由美子で木村拓哉とのコンビは2003年のドラマ「GOOD LUCK!!」、2005年のドラマ「エンジン」以来、13年ぶり

・木村拓哉が出演したドラマではその配役の職業(グッドラックでは飛行機会社)の人気が急激に高まる現象があり、本作で例えるならばセコムなどの警備業になる

・本作でニュース番組のアナウンサー役を務めるのはフリーアナウンサーの新井恵理那で連ドラレギュラーは初

・初回視聴率は15.7%(関東、ビデオリサーチ調べ)で2018年1月のクールのドラマの中で最高だった

・木村拓哉の元妻役は山口智子で、二人がドラマで共演するのは1996年の大ヒットドラマ「ロングバケーション」以来、22年ぶり

公式ツイッター

ピックアップ俳優、斎藤工とは

斎藤工(さいとう・たくみ)とは1981年8月22日生まれの俳優。

高校時代に「MEN’S NON-NO」など雑誌のモデルとして活動、2001年に韓国映画「リメンバー・ミー」の日本リメイク版で俳優デビューする。

2014年のドラマ「昼顔」で主演の上戸彩の不倫相手を務めて一気に知名度を高める。

2016年にダウンタウンの年末の人気番組「絶対に笑ってはいけない」でお笑い芸人のサンシャイン池崎の真似を振り切って披露、「超絶怒涛のセクシー俳優!!」「全てのセクシーの生みの親」などと絶叫して誰もが知る俳優となった。

俳優だけでなく映画監督としても活動しており「サクライロ(2012年)」や「バランサー(2014年)」のほか、2014年からは映画館のない地域に映画を届ける移動映画館プロジェクト「cinema bird」を運営している。




ロケ地

・マラソン大会の撮影場所
住所:千葉県柏市

・霞ヶ関を想定したロケ地
住所:栃木県宇都宮市

・夏の季節の撮影場所
住所:千葉県千葉市

エキストラ募集サイト:リンク

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年1月1月18日スタート、毎週木曜21時
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@bg_tvasahi
脚本:井上由美子(ドラマ「営業部長 吉良奈津子」「お母さん、娘をやめていいです」など)
プロデューサー:川島誠史
原作:オリジナル
ドラマ発表日:2017年10月20日
ドラマ撮影期間:2017年12月上旬〜2018年3月中旬
初回視聴率:15.7%(関東、ビデオリサーチ調べ)

・2018年1月〜3月のドラマ情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

キムタク主演ドラマ「BG~身辺警護人~」木村拓哉がボディーガード役” に1件のコメントがあります

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)