映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」篠原涼子、広瀬すず、渡辺直美、真木よう子

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年10月22日

映画「SUNNY(サニー) 強い気持ち・強い愛」韓国の大ヒット映画を日本版でリメイク

2011年に韓国で観客動員740万人を記録した超ヒット映画を日本流にリメイクした映画が2018年に公開です。

まず、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」のあらすじを一言でまとめます。

1990年代の青春時代をアラフォーが取り戻す

原作の韓国映画は1970~80年代に青春時代を生きた40歳の現在の物語。

日本版では主演に篠原涼子で女子高生時代に広瀬すず。

監督は映画「モテキ」や「バクマン。」の大根仁でプロデューサーは「君の名は。」の川村元気です。

篠原涼子の親友には真木よう子や渡辺直美、小池栄子やともさかりえと主演クラスが揃いました。

目次・SUNNY 強い気持ち・強い愛

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、余命わずかの親友のため高校時代の仲間たちを探す

阿部奈美は仕事ができる夫と高校生の娘を持つ平凡な主婦だ。

奈美は平穏な生活をしながらもどこかで物足りなさを感じていた。

そんな時、奈美は病院で高校時代の親友でカリスマだった芹香と再会する。

芹香はガンにおかされて闘病中であり余命1ヶ月。

そんな芹香は奈美に「最後にみんなに会いたい」と告げる。

奈美と芹香は高校時代に仲良し6人グループ「SUNNY(サニー)」を作っていたのだ。

しかし、22年前のある事件によりサニーのメンバーは音信不通になっている。

奈美は芹香の最後の想いをかなえるため、かつての親友たちを探し始めた。

キャスト、篠原涼子に広瀬すず 真木よう子に渡辺直美

阿部奈美 – 篠原涼子(女子高生時代 – 広瀬すず)
40歳の平凡な専業主婦。
末期ガンの親友のため、女子高生時代の仲良しグループ「SUNNY(サニー)」の再集結に動く。

伊藤芹香役 – 真木よう子
サニーのリーダーで闘病中。
死ぬ前に仲間たちにもう一度会いたいと願う。

裕子 – 小池栄子
豊胸なセレブ妻。

心 – ともさかりえ
生活に苦しむ風俗嬢。

梅 – 渡辺直美
仕事のできない不動産の営業。

奈々 – キャスト未発表
ある事件の中心人物。




Wikiwikiメモ、韓国版は1970~80年代を彷彿とさせる

・2012年の韓国版映画のキャッチフレーズは「人生で一番輝いていた日々が また、やってきた」

・韓国版映画は1970~80年代を代表する洋楽が流れており、2018年の日本版では1990年代のJ-POPや流行のファッションを使ってアレンジする

・日本版の副題「強い気持ち・強い愛」」は小沢健二が1995年に発売したシングルのタイトル

・広瀬すずは1990年代の女子高生時代を演じるためミニスカートやルーズソックスなどコギャルファッションを披露する

・映画のロケ地は埼玉県狭山市や千葉県船橋市、神奈川県鎌倉市など

公式ツイッター、主演クラスの出演者たち




概要とスタッフ

映画公開日:2018年
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:ー
監督、脚本:大根仁(映画「SCOOP!」「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」など)
プロデューサー:川村元気(映画「電車男」「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」など)
原作映画:サニー 永遠の仲間たち
映画撮影期間:2017年10~11月
製作プロダクション:東宝映画、オフィスクレッシェンド
配給:東宝
映画発表日:2017年10月2日

・2018年の映画情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」篠原涼子、広瀬すず、渡辺直美、真木よう子” への1件のフィードバック

  1. 篠原涼子、広瀬すず、真木よう子、渡辺直美、小池栄子、ともさかりえで大コケしたら映画市場が小さいということだろう

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)