ドラマ「ぼくは麻里のなか」池田エライザ、吉沢亮、中村ゆりか

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年10月21日
画像:漫画公式サイト

ドラマ「ぼくは麻里のなか(ぼく麻里)」男女の入れ替わりミステリー

大ヒット映画「君の名は。」よりも先に男女の不思議な入れ替わりの漫画を原作にしたドラマが10月16日、フジテレビの深夜ドラマとして始まります。

まず、「ぼくは麻里のなか」のあらすじを一言でまとめます。

男女の意識の入れ替わりのミステリー

原作は押見修造が2012〜2016年に漫画アクションで連載していた漫画です。

2017年3月31日にフジテレビオンデマンドで配信、そこから地上波での放送となりました。

主人公の麻里には池田エライザ、引きこもりの大学生には吉沢亮と2017年に入って人気が爆発している二人が不思議な物語を演じます。

目次・ぼくは麻里のなか

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
予告映像
概要とスタッフ

あらすじ、引きこもりの男子大学生が女子高生と入れ替わる


大学生の小森功は友人作りに失敗して引きこもりになっていた。

功は唯一の外出先のコンビニで出会う女子高生の麻里に恋をしている。

ある日、功が目を覚ますと異変が起きた。

功はコンビニの天使と呼んでいた麻里のなかに入ってしまっていたのだ。

功は麻里として日常を過ごそうとするも、クラスメイトの柿口依には中身が別人であるとばれてしまう。

功と依は真相を突き止めるために小森功に訪れるも、そこにいた男には麻里の意識は入っていなかった。

麻里と功の意識が入れ替わったのではなかったのか?

功と依はいなくなった麻里と元に戻る方法を探そうとしていく。

キャスト、池田エライザに吉沢亮 中村ゆりか

吉崎 麻理 – 池田エライザ
地方から上京してきた大学生。
友達作りに失敗して引きこもりになった。
コンビニでよく見かける女子高生に恋をするが、気がついた時にはその女子高生の姿になっていた。

小森 功 – 吉沢亮
コンビニでチョコレートと飲み物を買う女子高生。
学校では友人も多く人気がある。

柿口 依 – 中村ゆりか
麻理のクラスメイト。
麻理が本当の麻理ではないと気付く。

麻里の母 – 西田尚美

麻里の弟 – 西岡健吾

麻里のクラスメイト – 中島健

麻里のクラスメイト – 永尾まりや




Wikiwikiメモ、「君の名は。」と比較される

・2017年3月31日には全8話を一挙にライブストリーミングで配信した

・男女の意識の入れ替わりというテーマのため2016年の大ヒット映画「君の名は。」としばしば比較される

・「君の名は。」の監督の新海誠は映画の企画書で漫画「ぼくは麻理のなか」を現時点での入れ替わりの最新表現と絶賛していた

公式ツイッター、池田エライザに吉沢亮




予告映像

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年10月16日スタート、24時25分
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@bokumari_drama
脚本:下田悠子
プロデュース:櫻井雄一
演出:スミス、横尾初喜、戸塚寛人
主題歌:Shiggy Jr.「僕は雨のなか」
オープニングテーマ:indigo la End「鐘泣く命」
原作:押見修造(漫画アクション)
原作連載期間:2012年3月〜2016年9月

・2017年10月〜12月のドラマ情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)