ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」大森南朋に飯豊まりえと高杉真宙 韓国ドラマのリメイク

ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」大森南朋に飯豊まりえと高杉真宙 韓国ドラマのリメイク

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2019年6月15日

ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」大森南朋に飯豊まりえと高杉真宙 韓国ドラマのリメイク

2019年7月11日からのテレ朝の木9枠のドラマの主演は大森南朋です。

まず、「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」のあらすじを一言でまとめます。

遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが不都合な事実を隠ぺいする権力社会に立ち向かう

原作は韓国で2011年に放送されて人気だったドラマ。

正義を追求する法医学者の主人公を大森南朋でその弟子が飯豊まりえ、若手刑事を高杉真宙が演じます。

目次・サイン-法医学者 柚木貴志の事件-

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ

先進国の中でも最低レベルの解剖率で「死因不明社会」と言われる日本。

その現状を打破しようと、約25年前に国家機関「日本法医学研究院」が設立された。

研究院の設立以降は解剖数が飛躍的に伸びたが、人員不足が常に問題になっている。

また、無駄な解剖が増えたという批判や、死んだ人間に莫大な税金を使う事への反発も世論にはあり、近年では予算削減が検討されていた。

そんな日本法医学研究院で院長がもっとも信頼する解剖医が柚木貴志。

柚木は口が悪くて偏屈だが解剖の腕は超一流だ。

ある日、国民的人気歌手がライブ会場で死亡する事件が発生、柚木に司法解剖の依頼がやってくる。

しかし、想像を絶する巨大権力が暗躍し始めて柚木たちが導き出した真実は闇に葬り去られてしまう。

そして、あらゆる事件で柚木たちが突き止める真実と権力側がねつ造する真実が共存、両者の戦いが激しくなっていく。

キャスト、大森南朋に飯豊まりえ 高杉真宙と松雪泰子

柚木 貴志(ゆずき・たかし) – 大森南朋
真実と正義を追求する「日本法医学研究院」の解剖医。
院長・兵藤邦昭の一番弟子で、解剖の腕は超一流。
口が悪くて偏屈な無頼派だが、奥底には温かい心が宿っている。

中園 景(なかぞの・けい) – 飯豊まりえ
真摯に法医学と向き合う「日本法医学研究院」の新人解剖医。
師匠の柚木に虐げられながらも、くじけず食らいついていく。
過去に身内がある事件に巻き込まれている。

和泉 千聖(いずみ・ちさと) – 松雪泰子
警視庁捜査一課の管理官で女性初の捜査一課長を目指す野心家。
勝ち気で芯が強く、柚木貴志とはかつて恋人関係だった。
普段は冷静だが、酒癖が悪い。

高橋 紀理人(たかはし・きりと) – 高杉真宙
警視庁捜査一課の警部補で千聖の部下。
女たらしの一匹狼で若手だが仕事は優秀。
生意気だが、なぜか憎めない新世代刑事。

伊達 明義(だて・あきよし) – 仲村トオル
国立大学の法医学教授で権力側に寄り添う危険な男。
保身のためなら解剖結果の改ざんもいとわない。
兵藤邦昭と「日本法医学研究院」院長の座を争って負けたが、野心は消えていない。

兵藤 邦昭(ひょうどう・くにあき) – 西田敏行
「日本法医学研究院」の院長。
死者にも人権があると考える日本法医学界の良心。

春日 美晴(かすが・みはる) – 佐津川愛美
「日本法医学研究院」の薬毒物検査責任者。
ロック好きでパンクな性格でストレートにものを言う理系女子。

橘 祐輔(たちばな・ゆうすけ) – 淵上泰史
国立大学の法医学准教授。
同じ大学の法医学教授・伊達明義の忠実なしもべ。

松沢 大輝(まつざわ・だいき) – 吉田ウーロン太
「日本法医学研究院」の解剖医助手。
柚木貴志の腕は認めているものの、パワハラまがいの言動には手をこまねいている。

四方田 隼斗(よもだ・はやと) – 小久保寿人
「日本法医学研究院」の解剖医助手。
柚木貴志の威圧感に怯えながら畏敬の念も抱いている。

佐々岡 充(ささおか・みつる) – 木下ほうか
自由民政党副総裁の秘書。
権力の手先として暗躍する、悪の化身のような男。

下山 益男(しもやま・ますお) – 利重剛
警視庁・捜査一課長で和泉千聖や高橋紀理人の上司。
冷静に捜査の指揮をとる一方で、人間味もある。

北見 永士(きたみ・えいじ) – 横山涼
国民的人気歌手。
ライブ会場の控室で死んでいるのが発見される。

宮島 清花(みやじま・さやか) – 柳美稀
国民的人気歌手・北見永士を担当するスタイリスト。
北見がライブ会場の控室で死んでいるのを、最初に発見した人物。

会田 幹彦(あいだ・みきひこ) – 猪野学
国民的人気歌手・北見永士が所属する芸能事務所の社長。

島崎 楓(しまざき・かえで) – 森川葵
謎の女。
北見永士がライブ会場で死亡した事件の捜査線上に、その存在が突如浮かび上がる。




Wikiwikiメモ

・本作はドラマの定番である「事件解決もの」と「医療もの」のハイブリッド

・韓国版は実在の法医学鑑定機関「国立科学捜査研究院」が舞台だが日本では該当する国家機関がないため、「日本法医学研究院」という厚労省・警察庁共管の架空組織を設定した

公式ツイッター




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2019年7月11日スタート、木曜21時
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@sign_2019
脚本:羽原大介、香坂隆史
原作:キム・ウニ、チャン・ハンジュン
ドラマ発表日:2019年5月28日



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)