ドラマ「ノーサイド」大泉洋 企業のラグビー部の再建、原作は池井戸潤

ドラマ「ノーサイド」大泉洋 企業のラグビー部の再建、原作は池井戸潤

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2019年2月18日

ドラマ「ノーサイド」大泉洋 企業のラグビー部の再建、原作は池井戸潤

2019年7月からのTBSの日9枠のドラマの主演は大泉洋です。

まず、「ノーサイド」のあらすじを一言でまとめます。

左遷されたサラリーマンが企業のラグビー部の再建に挑む

原作は「半沢直樹」や「下町ロケット」など人気ドラマを連発する池井戸潤。

主人公の大泉洋をサポート、対立するキャスト陣の今後の発表にも注目が集まります。

目次・ノーサイド

あらすじ
キャスト
wiki
概要とスタッフ

あらすじ

君嶋隼人は大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマンだ。

君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていた。

ただ、上司が主導する企業買収に反対した結果、左遷されて地方の工場に総務部長として赴任。

その赴任先で会社のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーの兼務も命じられる。

かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振に。

出世の道を絶たれてラグビーの知識も経験もない君嶋に、チーム再建という重荷が課せられた。

キャスト、主演は大泉洋

君嶋 隼人 – 大泉洋
大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン。
上司の意に背いたことで地方の工場に左遷される。
ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーも兼務して再起に挑む。




Wikiwikiメモ

・プロデューサーは伊與田英徳、演出は福澤克雄でTBSのこれまでの池井戸作品と同じスタッフ

・ドラマの撮影に先立ち、オーディションを大々的に開催する

・日本初のラグビーW杯は本作の放送直後の9月20日〜11月2日に開催する




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2019年7月スタート、日曜21時
放送局:TBS
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:ー
脚本:丑尾健太郎など
原作:池井戸潤
ドラマ発表日:2019年2月18日

・2019年月4〜6月のドラマ情報のまとめ



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)