ドラマ「時効警察はじめました」オダギリジョーに麻生久美子、吉岡里帆 伝説のコメディーミステリー 

ドラマ「時効警察はじめました」オダギリジョーに麻生久美子、吉岡里帆 伝説のコメディーミステリー 

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2019年9月14日

ドラマ「時効警察はじめました」オダギリジョーに麻生久美子、吉岡里帆 伝説のコメディーミステリー

2019年10月11日からの金11枠のテレ朝のドラマでは伝説のコメディーミステリーのシリーズが再開します。

(スペシャルドラマは9月29日放送)

まず、「時効警察はじめました」のあらすじを一言でまとめます。

時効が成立した元犯人と趣味で捜査する男の対決

2006~2007年に放送された「時効警察」シリーズが殺人事件の時効が廃止された2019年になって新シリーズとして登場。

前作と同じくオダギリジョーに麻生久美子が時効管理課で活躍します。

目次・時効警察はじめました

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、時効を迎えた事件を私的に捜査するという趣味を持つ男、霧山修一朗が活躍

2010年4月、殺人事件の時効は廃止された。

ただ、それ以前に時効が成立した事件は、山ほど残っている。

警察の窓際部署の時効管理課にいた霧山修一朗は2019年、アメリカのFBIから12年ぶりに帰国した。

出世コースに乗るかと思われた霧山だったが、帰国しての配属先は総武署の時効管理課。

時効管理課の主な仕事は時効になった事件の資料を検察へと送ること、その捜査資料の管理だ。

法律の改正によりますます窓際になった古巣に戻ってきた霧山は、時効を迎えた事件を私的に捜査するという趣味を再開。

真相を暴かれた犯人を心配させないため、霧山は犯人に一枚のカードを手渡す。

それは「誰にも言いませんよカード」だった。

キャスト、オダギリジョーに麻生久美子 吉岡里帆に豊原功補

霧山 修一朗(きりやま・しゅういちろう) – オダギリジョー
時効管理課から12年前にアメリカのFBIに出向。
帰国して再び、総武署の時効管理課に配属された。
「ポツネン」というあだ名があるくらい地味で、独身のアパート住まい。
天才的な観察力を持っているのに、その才能を仕事に生かす気はまったくない。

三日月 しずか(みかづき・しずか) – 麻生久美子
総武署の交通課課長補佐。
かつて霧山の恋人の座を狙っていたが、想いを伝えられないまま、
6年前に刑事と結婚したものの性格の不一致で離婚。
子どもはおらず、ひとり暮らしのアラフォー。

彩雲 真空(あやくも・まそら) – 吉岡里帆
総武署・刑事課の新人刑事。
ガンバリマス!が口癖の熱血女子。
小説からプロレスまで興味の対象は広い。

十文字 疾風(じゅうもんじ・はやて) – 豊原功補
総武署・刑事課のエース。
ナルシストだが唯一のコンプレックスは「三浪の過去」。

又来(またらい) – ふせえり
総武署・時効管理課に所属。
この12年のうちにバツ3へと華麗なる転身を遂げた。

サネイエ – 江口のりこ
総武署・時効管理課に所属。
通常は無表情で飄々としており、現在は妊娠中。

蜂須賀(はちすか) – 緋田康人
総武署・刑事課に所属し、常に十文字とペアを組んでいるベテラン刑事。
人はいいが、いい加減さと散漫な注意力がダメなところ。

諸沢(もろさわ)- 光石研
総武署・鑑識課に勤める鑑識官。
街で見かけたミョーなものを撮影するのが趣味。

熊本(くまもと) – 岩松了
総武署・時効管理課の課長。
主な仕事は時効事件のファイルに「時効」の判子を押すこと。

又来 康知 – 磯村勇斗
又来の息子かつ総部署の鑑識課で働く超優秀な理系男子にして若きエース。

浜田山 – 内藤理沙
交通違反を取り締まる交通課のメンバー。

久我山 – 田中真琴
交通違反を取り締まる交通課のメンバー。




Wikiwikiメモ

・前作までの「時効警察」は2006~2007年に放送、その後2010年に殺人事件の時効が廃止された

・今作では殺人事件の時効が廃止され、さらに窓際部署となった時効管理課が舞台

公式ツイッター




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2019年10月11日スタート、金曜23時15分
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@jikou2019
脚本:三木聡
原作:オリジナル
ドラマ発表日:2019年1月7日

・2019年10月〜12月のドラマ情報のまとめ



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)