映画「人間失格」太宰治の原作 小栗旬に宮沢りえ、二階堂ふみと沢尻エリカ

映画「人間失格」太宰治の原作 小栗旬に宮沢りえ、二階堂ふみと沢尻エリカ

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年12月3日

映画「人間失格」太宰治の原作 小栗旬に宮沢りえ、二階堂ふみと沢尻エリカ

太宰治の名作「人間失格」を題材にした映画が小栗旬主演で2019年に公開します。

まず、「人間失格」のあらすじを一言でまとめます。

3人の女の目線から描く太宰治の「人間失格」の誕生秘話

世界で最も売れている日本の小説と言われる太宰治「人間失格」をそのまま映画化するのではなく、その誕生秘話を描くノンフィクション。

11月21日の日刊大衆は宮沢りえがヒロインと報道。

撮影現場の目撃情報からは二階堂ふみと沢尻エリカも出演する可能性が高い。

目次・人間失格

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ 「恥の多い生涯を送って来ました」

恥の多い生涯を送って来ました。

そんな書き出しで始まる太宰治の名著「人間失格」。

女に不自由せず放蕩生活を送った男が落ちていく物語だ。

その「人間失格」は太宰治の自伝的な小説とも言われる。

太宰は破天荒な言動と私生活を送り、文壇からは嫌煙されるも人気小説を連発した天才だった。

私生活では正妻と2人の愛人がおり、自殺未遂を繰り返す。

さらには愛人と川に身を投げた。

文学界の大スターのスキャンダルは、社会的事件として世間の注目を浴びた。

その裏に隠された太宰の人生、3人の女との恋愛とはいったいどんなものだったのか。

3人の女たちの目線を通じ、その真相に迫っていく。

キャスト、小栗旬に宮沢りえ 沢尻エリカと二階堂ふみも出演か

太宰 治 – 小栗旬
青森県の大地主の六男として生まれた。
自殺未遂を繰り返しながら「斜陽」「走れメロス」などの人気作品を発表。
酒飲みで荒れた私生活を送る。
1909年(明治42年)6月19日生まれ、1948年(昭和23年)6月13日に亡くなる。

役名不明 – 宮沢りえ

役名不明 – 沢尻エリカ

役名不明 – 二階堂ふみ




Wikiwikiメモ

・原作は2010年に生田斗真主演で映画化、寺島しのぶや石原さとみ、小池栄子や伊勢谷友介などが出演した

・原作の人間失格はインターネットの電子図書館「青空文庫」で公開されている(リンク

・蜷川実花監督の2012年の映画「ヘルタースケルター」では沢尻エリカが主演を務めた

・宮沢りえは結婚した森田剛と蜷川実花監督の父親の故・蜷川幸雄の2016年の舞台「ビニールの城」で共演した

公式ツイッター




概要とスタッフ

映画公開日:2019年
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@NSmovie2019
監督:蜷川実花
脚本:ー
原作:太宰治
映画発表日:2018年12月3日
映画撮影期間:2018年11〜12月

・2019年の映画情報まとめ



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)