ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」主演は吉岡里帆 井浦新に田中圭、高橋一生も

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」主演は吉岡里帆 井浦新に田中圭、高橋一生も

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年5月25日
画像:小学館




ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」主演は吉岡里帆 井浦新に田中圭、高橋一生も出演か

2018年7月からのフジ(カンテレ)の火9枠のドラマは吉岡里帆が主演です。

まず、「健康で文化的な最低限度の生活」のあらすじを一言でまとめます。

生活保護受給者を支援するケースワーカーの物語

原作は小学館の雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」で柏木ハルコが連載している漫画。

共演は井浦新に田中圭、遠藤憲一で、今後に発表されるキャストは高橋一生の可能性があります。

目次・健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
吉岡里帆
概要とスタッフ

あらすじ、生活保護受給者を支援する新人のケースワーカーが悪戦苦闘する

義経えみるは安定志向で無事に公務員に就職した。

配属先は生活保護受給者を支援するケースワーカーと想定外の事態に。

えみるは社会福祉制度に全く知識を持たないも、いきなり110世帯の担当を任される。

鈍感な性格のえみるは、多くの人間と接しなければならないケースワーカは自分に向いていないと悩む。

必死に仕事を覚えていくもある日、担当の生活保護を受けていた男性が自殺してしまう。

虐待を受けているような子供、精神的に追い詰められている女性からの罵詈雑言。

えみるの担当する110世帯には、奥の深いそれぞれの人生があった。

どうすれば生活保護受給者は希望ある明日へ向かうことが出来るのか。

えみるは不器用ながらも担当する人たちの人生に向き合い、自立への道筋を模索していくようになる。

キャスト、吉岡里帆に井浦新 田中圭に遠藤憲一

義経 えみる(よしつね・えみる) – 吉岡里帆
鈍感な性格で安定志向の22歳の新人公務員。
生活保護受給者を支援するケースワーカーに配属されて混乱する。
受給者のある事件をきっかけに、仕事に真剣に向き合うようになる。

半田 明伸 – 井浦新
えみるを支える指導係。
心優しく信念は強いケースワーカー。

京極 大輝 – 田中圭
常に冷静に厳しい判断をするえみるの上司。
受給者やケースワーカーの甘えを許さず、金を出すか出さないかを決める。

阿久沢 正男 – 遠藤憲一
えみるがケースワーカーとして初めて深く関わる生活保護受給者(第1話)。

・出演の可能性が高い俳優
高橋一生




Wikiwikiメモ

・原作は2015年度「このマンガがすごい!オトコ編」第10位で累計発行部数は50万部超

・4月25日にビジネスジャーナルがフジの火9枠で吉岡里帆が出演と報道して公式発表と一致、記事の中にあった出演者の高橋一生もこれから正式に公表される可能性は高い

・脚本は「コウノドリ」や「毒島ゆり子のせきらら日記」を手がけた矢島弘一

公式ツイッター

ピックアップ俳優、吉岡里帆とは


吉岡里帆(よしおか・りほ)とは1993年1月15日生まれの女優。

映像関係で働く親を持ち、高校3年から俳優養成所に通い始める。

小劇場の舞台に立った後に2012年末から芸能事務所エーチームに所属した。

出身の京都から2015年に上京してドラマの出演が増え、2016年のドラマ「ゆとりですがなにか」で民放連続ドラマに初レギュラー出演を果たす。

2017年冬のドラマ「カルテット」では不思議で魔性の女の来杉有朱を演じて全国的な知名度を高めた。

そのドラマ「カルテット」の最終回、満面の笑みで裕福な外人と腕を組み「人生、チョロかった!」と明るく発したセリフが有名になった。

グラビアアイドルとしても活動、隠れ巨乳の一人として名前が上がることが多い。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年7月スタート、火曜21時
放送局:フジテレビ(関西テレビ)
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@kbss_ktv
監督:本橋圭太
脚本:矢島弘一
プロデュース:米田孝、遠田孝一、木曽貴美子、本郷達也
原作:柏木ハルコ
ドラマ発表日:2018年5月14日

・2018年7月〜9月のドラマ情報のまとめ






LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)