ドラマ「義母と娘のブルース(ギボムス)」綾瀬はるかに竹野内豊

ドラマ「義母と娘のブルース(ギボムス)」綾瀬はるかに竹野内豊

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年5月20日
画像:ぶんか社

ドラマ「義母と娘のブルース(ギボムス)」綾瀬はるかに竹野内豊

2018年7月からのTBSの火10ドラマの枠の主演は綾瀬はるかです。

まず、「義母と娘のブルース」のあらすじを一言でまとめます。

キャリアウーマンが子持ちと結婚して母になろうとする

原作は2011年に発売された桜沢鈴の4コマ漫画。

義母として悪戦苦闘する女性に綾瀬はるか、その夫を竹野内豊が務めます。

目次・義母と娘のブルース

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
綾瀬はるか
概要とスタッフ

あらすじ、キャリアウーマンが子持ちの男性と結婚し義母になる

岩木亜希子は業界トップの金属会社で働くバリバリのキャリアウーマン。

誰よりも真面目で普段からビジネス用語を多用し、趣味を楽しむことなど考えない。

亜希子はその真面目さゆえに「土掘り土下座」という宴会芸まで編み出してしまうツワモノだ。

そんな亜希子はライバル会社で働く包容力の大きい宮本良一からプロポーズされる。

ただ、その良一には8歳の娘がいた。

良一と結婚した亜希子はなんとかその子の母親になろうと、畑違いの家事や育児に奔走する。

これは当たり前の喜びや悲しみ、小さな奇跡をつなぐ家族の10年間の物語。

キャスト、綾瀬はるかに竹野内豊

岩木 亜希子(いわき・あきこ) – 綾瀬はるか
業界トップの金属会社で働くバリバリのキャリアウーマン。
誰よりも真面目でビジネス用語を多用する。
趣味や人生を楽しむことなど知らない仕事の虫。

宮本 良一(みやもと・りょういち) – 竹野内豊
老舗の金属会社に勤めて8歳の娘を持つ。
朗らかな性格で小さな奇跡を見つける目利き。
「みやもっちゃん」の愛称で親しまれて職場では年齢性別を問わず大人気。




Wikiwikiメモ

・原作の設定では、竹野内豊が演じる宮本良一は妻が病死、自分も余命わずかになり娘のために新しい母(綾瀬はるか)を見つける

・脚本の森下佳子は「世界の中心で愛を叫ぶ」(2004年)、「JIN─仁─」(2009年、2011年)、「天皇の料理番」(2015年)などヒットドラマを手掛けてきた

・6月9日の土曜日には綾瀬はるかが出演した映画「海街diary」が地上波で放送される

・TBSの公式サイトでエキストラを募集中(リンク

原作者、公式ツイッター

ピックアップ俳優、綾瀬はるかとは


綾瀬はるか(あやせ・はるか)とは1985年3月24日生まれの女優。

広島県出身で中学3年生の時に中国地区の駅伝大会に出場するなどスポーツが得意。

2000年のホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞して芸能界に入った。

2004年のドラマ版「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロインに抜擢、2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」では主演を務める。

その美貌と透明感から老若男女を問わず人気で、オリコンが2006年から断続的に実施している「恋人にしたい女性有名人ランキング」では2017年までの10回中5回も首位に輝いた。

当初はグラビアアイドルとしての活躍も多く、2009年の映画「おっぱいバレー」は綾瀬はるかだからこそ出来る作品だった。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2018年7月スタート、火曜22時
放送局:TBS
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:ー
脚本:森下佳子
プロデュース:飯田和孝、大形美佑葵
原作:桜沢鈴
発表日:2018年5月1日

・2018年7月〜9月のドラマ情報のまとめ






LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)