ドラマ「ブラックリベンジ」元週刊文春記者が監修の復讐劇 木村多江に堀井新太

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年9月17日

ドラマ「ブラックリベンジ」主演は木村多江

10月5日からの日テレの木曜深夜ドラマは週刊誌とその裏側を描きます。

まず、「ブラックリベンジ」のあらすじを一言でまとめます。

週刊誌の捏造に復讐する女

ドラマの監修は元週刊文春のエース記者の中村竜太郎です。

復讐する女に薄幸顔と言われて独特な魅力を持つ木村多江、週刊文春の記者たちを佐藤二朗や平山浩行、堀井新太や岡野真也が演じます。

目次・ブラックリベンジ

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、スキャンダル捏造で夫を殺された妻が週刊誌に復讐


週刊誌の「週刊星流」契約ライターの今宮沙織が必死に働く原動力は会社への復讐だ。

政治家だった沙織の夫は捏造されたスキャンダルを苦に自殺した。

沙織はショックで子供を流産して田舎の療養施設で暮らす。

事件から5年後、沙織のもとにスキャンダルは捏造でその原因の3人の実名の情報が届く。

沙織は夫への復讐のためスキャンダルを報じた週刊星流に潜り込み容赦ないやり方で秘密を暴いていく。

キャスト、木村多江に佐藤二朗 平山浩行に堀井新太


今宮沙織 – 木村多江
週刊誌「週刊星流」の契約ライターで本名は寺田美幸、40歳。
政治家で夫の圭吾と幸せに暮らしていた。
週刊星流によるスキャンダルを苦に夫が自殺、子供を流産してしまう。
夫のスキャンダルが捏造と知り週刊星流への復讐を狙う。

福島勲 – 佐藤二朗
週刊星流の編集長で50歳。
仕事熱心で芸能スキャンダルの掲載に躊躇はない。

天満龍二 – 平山浩行
週刊星流のエースで編集部デスク、35歳。
5年前に圭吾のスキャンダルを掲載した本人だが捏造の真相は知らない。

高槻裕也 – 堀井新太
圭吾の元秘書で現在は投資家の28歳。
沙織の復讐を助けようとしながら好意も持つ。

芦原咲良 – 岡野真也
週刊星流の新入社員で23歳。
ファッション誌希望だったが週刊誌に配属されて凹む沙織のパートナー。

石山綾子 – 中村映里子
沙織の妹でシングルマザーの32歳。
夫の死で傷心の沙織を肉親として支え続けてきた。

寺田圭吾 – 高橋光臣
沙織の夫で身に覚えのないスキャンダルにより自殺した政治家。

田村雄大 – 竹内まなぶ(カミナリ)
週刊星流の編集部員でボケ役。

岡島まこと – 石田たくみ(カミナリ)
週刊星流の編集部員でツッコミ役。




Wikiwikiメモ「骨の髄まで炎上しなさい」

・キャッチコピーは「登場人物、全員ゲス」

・ドラマでは不倫議員やハニートラップ、罵倒音声などスクープ獲得の記者が使うテクニックも披露する

・木村多江の決めゼリフは「骨の髄まで炎上しなさい」

公式ツイッター、最近の木村多江の出演作品





概要とスタッフ

ドラマ放送日:10月5日スタート、毎週木曜23時59分~24時54分
放送局:日本テレビ(読売テレビ)
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@_blackrevenge_
チーフプロデューサー:柿本幸一、田中壽一
プロデューサー:福田浩之、尾上貴洋
脚本:佐藤友治
監修:中村竜太郎
原作:オリジナル
ドラマ撮影期間:2017年9月上旬から
ドラマ発表日:2017年8月30日

・2017年10月〜12月のドラマ情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

ドラマ「ブラックリベンジ」元週刊文春記者が監修の復讐劇 木村多江に堀井新太” への1件のフィードバック

  1. ゴールデンキャッスル

    頑張ってください。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)