ドラマ「刑事7人 第5シリーズ」東山紀之が主演、倉科カナや塚本高史が再び集結

ドラマ「刑事7人 第5シリーズ」東山紀之が主演、倉科カナや塚本高史が再び集結

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2019年6月12日

ドラマ「刑事7人 第5シリーズ」東山紀之が主演

東山紀之が主演の刑事ドラマ「刑事7人」のシリーズ5作目が2019年7月10日から水曜よる9時にテレ朝で放送開始です。

まず、ドラマ「刑事7人 第5シリーズ」のあらすじを一言でまとめます。

有能な7人の刑事が凶悪犯罪に対峙

「刑事7人」は2015年から4年連続の鉄板シリーズ。

第5シリーズでは主役の東山紀之のほか倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也、田辺誠一、白洲迅の7人で続投です。

目次・刑事7人 第5シリーズ

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
漫画
概要とスタッフ

あらすじ、天樹悠たち7人の刑事が再集結

2019年夏、複雑化・高度化する超凶悪犯罪と難解な未解決事件に特化する警視庁独自の部署「専従捜査班」が正式に発足した。

警視庁で幾多の部署を渡り歩いてきた天樹悠は警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係と専従捜査班刑事の兼任になる。

天樹が所属する「刑事資料係」は捜査資料を保管・維持・管理する、警視庁内の巨大なデータバンクだ。

刑事たちから依頼された捜査資料の貸し出しや、資料の整理をこなしなして「人間犯罪ビッグデータ」となった天樹。

そんな天樹は事件が起きると、海老沢、環、拓海、青山、片桐らと「専従捜査班」の一員として独自の捜査を行う。

さらに、新しく正式に発足した「専従捜査班」は記者発表で世間にも存在を公表される。

専従捜査班は組織の論理にとらわれず、独自の判断で自由に捜査を行い、時には司法取引さえも武器にする。

超凶悪犯罪を徹底的に捜査する最強のチームとして、7人は熱い正義を胸に、巨悪に挑む。

キャスト、ヒガシに倉科カナ 塚本高史に吉田鋼太郎

天樹 悠(あまぎ・ゆう) – 東山紀之
「警視庁遺失物センター」「捜査一課12係」「機動捜査隊」「刑事資料係」を経て「専従捜査班」に配属された刑事。
物事を決めつけない堅実な捜査で高い捜査能力を持つ。
莫大な捜査資料と向き合い「人間犯罪ビッグデータ」になる。
12年前に妻と娘が臨海エリアで事故死した。

水田 環(みずた・たまき) – 倉科カナ
専従捜査班の刑事で冷静な帰国子女。
スパイとして仲間の動向を内偵していたが、仲間は裏切らなかった。

青山 新(あおやま・あらた) – 塚本高史
専従捜査班の刑事でかつてはワル。
法に縛られない正義を持ち危険な捜査方法を実行するも新人の教育で変わっていく。

片桐 正敏(かたぎり・まさとし) – 吉田鋼太郎
警視庁刑事部の専従捜査班長。
組織を大事にする超権力主義者ながら、確固たる正義感も持つ。

堂本 俊太郎(どうもと・しゅんたろう) – 北大路欣也
東都大学医学部・法医学教室の教授で12年前に事故死した天樹の妻の父。
新人の野々村を孫のように可愛がる。

海老沢 芳樹(えびさわ・よしき) – 田辺誠一
専従捜査班の刑事で正義感が強い。
環や青山の直属の上司で7年前の事件をきっかけに警察組織に不信感を抱いている。

野々村 拓海(ののむら・たくみ) – 白洲迅
専従捜査班の新人。
好奇心旺盛で無邪気すぎるため内勤に配属された。




Wikiwikiメモ、東山紀之は50歳のベテラン

・刑事7人の第一シリーズは2015年7月、第二シリーズは2016年7月、第三シリーズは2017年7月、第四シリーズは2018年7月に放送した

・2017年の第三シリーズの初回視聴率は11.8%と好評だった

・前々作での7人の刑事のうち、黒幕だった片岡愛之助と髙嶋政宏が交代、第四シリーズより田辺誠一と白洲迅が参加している

公式ツイッター

2017年のドラマ、オリジナル漫画も配信




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2019年7月10日スタート、水曜21時
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@keiji_7nin
脚本:吉本昌弘ほか
ドラマ発表日:2019年6月12日

・2019年7月〜9月のドラマ情報のまとめ



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)