ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年8月11日

ドラマ「バイプレイヤーズ(バイプレ)~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」、おっさん萌えドラマ

日本のドラマ史上、かつてない渋い作品が誕生しました。

テレビ東京が2017年1月13日から放送しているのが名脇役6人が主人公の深夜ドラマ「バイプレイヤーズ(バイプレ)」。

まず、ドラマ「バイプレイヤーズ」のあらすじを一言でまとめます。

名脇役6人によるテラスハウス

ドラマ「バイプレイヤーズ」は遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人が本人役として、共同生活を送るストーリー。

ドラマや映画で刑事・犯人・おじさん・変質者の役まで務める多才な6人の共同生活の物語は2017年1月〜3月期の大ヒッドラマになっています。

目次:バイプレイヤーズ

あらすじ
キャスト
wikiメモ
各話のゲスト
別荘のロケ地
概要とスタッフ
最終回の結末とネタバレ
主なハッシュタグ

あらすじ、大杉漣や遠藤憲一など稀代の名脇役が揃う


遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研。

この6人は日本の映画やドラマで主演を支える名脇役(バイプレイヤー)と呼ばれる。

ある日、6人は中国のネット配信動画チャンネル「友中」で開局記念番組「七人の侍」リメイク版のオファーを破格のギャラで受けた。

世界的に有名なチャン・イーモウ監督からは高額な報酬の代わりに「役作りで絆を深めるために、シェアハウスで3カ月間の共同生活を送る」ことを要求される。

主役の役所広司がやってこないものの、6人のおじさんは大作ドラマのために共同生活を始める。

おおじさんたちは家事の分担や朝食のメニューで喧嘩し、若者文化のLINEを使いながらきずなを深めていく。

しかし、この6人は過去に自主制作映画「バイプレイヤーズ」を作ろうとしていたが、熱くなりすぎて大げんかしたために映画の制作を挫折していた。

名脇役6人が共同生活を進めていた時、主役の役所広司の降板の噂が立ってシェアハウスに衝撃が起きる。

バイプレイヤーズのメンバーは各自ドラマに出ながらも共同生活を続ける。

大杉漣は過去に6人で撮った制作途中の映画「バイプレイヤーズ」のフイルムが盗まれていた。

誰がフイルムを盗んだのか、大杉漣は名脇役たちを密かに監視しているのだった。

主要キャスト、6人の脇役たち


遠藤憲一(本人役)
えんどう・けんいち、1961年6月28日生まれ。
鋭い目つきから悪役が多い。
2016年は大河ドラマ「真田丸」の上杉景勝役として活躍、愛称は「エンケン」
遠藤憲一公式サイト:http://www2u.biglobe.ne.jp/~ENS/

大杉漣(本人役)
おおすぎ・れん、1951年9月27日生まれ。
刑事やサラリーマンから変質者まで幅広い役を務めて通称「300の顔を持つ男」。
2016年は映画「蜜のあわれ」で二階堂ふみと恋愛をする老作家を演じた。
芸能事務所ザッコ公式サイト:http://zacco.co.jp/artist/OHSUGI_REN/

田口トモロヲ(本人役)
たぐち・ともろを、1957年11月30日生まれ。
元エロ劇画家でミュージシャンなど多彩な活動をする。
2016年はNetflixのwebドラマ「火花」などにも出演した。
芸能事務所マッシュ公式サイト:http://mash-info.com/profile/t_taguchi.html

寺島進(本人役)
てらじま・すすむ、1963年11月12日生まれ。
渋い外見から刑事やチンピラなど幅広い役を務める。
2016年はドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」で88代目賢丈役などを務めた。
オフィス北野公式サイト:http://office-kitano.co.jp/talentposts/599

松重豊(本人役)
まつしげ・ゆたか、1963年1月19日生まれ。
2012年に開始したドラマ「孤独のグルメ」シリーズの主演で人気が爆発した。
2016年も孤独のグルメのスペシャル番組で活躍した。
公式ブログ:http://matsushige.cocolog-nifty.com/blog/

光石研(本人役)
みついし・けん、1961年9月26日生まれ。
優しいおじさんから、一転して悪役までお手のもの。
2016年は映画「海賊とよばれた男」などに出演した。
芸能事務所鈍牛倶楽部公式サイト:http://www.dongyu.co.jp/profile/KenMitsuishi/

ジャスミン – 北香那
6人と行動を共にする中国の配信会社のアシスタントプロデューサー。
シェアハウスに出入りして中国なまりの日本語を話す。

鬼屋敷 – 岩松了

・その他の出演者
役所広司、荒川良々、池松壮亮、山口紗弥加、滝藤賢一、清水富美加、野村周平、志田未来、川島海荷、平田満、竹中直人、古舘寛治、森下能幸、眞島秀和、椎名桔平、安田顕、村上淳、ダンディ坂野、松村邦洋



Wikiwikiメモ、「ゆるシブコメディー」

・ドラマは渋くてカッコイイのにゆる面白い「ゆるシブコメディー」をうたっている

・シェアハウスでは6人が手製のルーレットで家事を分担する。中身は皿洗い、洗濯、ゴミ出し、掃除、風呂掃除、御飯の6つ

・ヒロイン役の北香那は350人のオーディションから選ばれた

・「バイプレーヤー(byplayer)」とは和製英語で脇役という表現を避けるためにも使われる

・英語で脇役を正確に表現すると「supporting actor」

・ドラマの本編終了後には6人によるフリートークの「バイプレトーク」が流れる

・第1話では寺島進の「俺もみんなもよ、主役やってるよ? 松重だって遠藤だって」に対して光石研が「テレ東だろ?」とツッコミ、遠藤憲一が「おい、テレ東の何が悪いんだよ」と反論したシーンが話題になった

・遠藤憲一は2009年のドラマ「湯けむりスナイパー」、松重豊は2012年からシリーズ化したドラマ「孤独のグルメ」でテレ東の主役を務めた

・第1話のドラマ放送で6人の可愛らしさに「おっさん萌え」した人たちが続出、「推しメン」は誰か論争が起きた

各話のタイトルとゲスト、ストーリー要約

・第1話「バイプレイヤーとシェアハウス」(1月13日深夜)
ゲスト:役所広司
ストーリー要約:6人のおじさんがシェアハウスで共同生活を始める。

・第2話「バイプレイヤーと共演NG」(1月20日深夜)
ゲスト:荒川良々、池松壮亮
ストーリー要約:遠藤憲一と松重豊がキャラ被りのため共演NGという噂が立ち、二人が主演のドラマ「相方」が始まる。

・第3話「バイプレイヤーとスキャンダル」(1月27日深夜)
ゲスト:滝藤賢一、山口紗弥加
ストーリー要約:光石研がドラマ共演者の山口紗弥加の自宅を訪れた時、写真週刊誌に狙われていた

・第4話「バイプレイヤーとアクション」(2月3日深夜)
ゲスト:清水富美加、平田満
ストーリー要約:直感派の寺島進と理論派の田口トモロヲは気が合わず、共演したアクション映画で反発し合う

・第5話「バイプレイヤーと撮影中止」(2月10日深夜)
ゲスト:野村周平、佐藤日向
ストーリー要約:バイプレイヤー6人がミュージックビデオに出演、「フケメンパラダイス」でおっさんダンスを披露する

・第6話「バイプレイヤーとパクリ疑惑」(2月17日深夜)
ゲスト:竹中直人、滝藤賢一、古舘寛治、眞島秀和、森下能幸
ストーリー要約:過去の自主制作映画「バイプレイヤーズ」を竹中直人がパクった疑惑が発生、問い詰める

・第7話「バイプレイヤーと悪役」(2月24日深夜)
ゲスト:椎名桔平、松村邦洋
ストーリー要約:悪役が板につく寺島進がファンの声で悩む

・第8話「バイプレイヤーとキー局制覇」(3月3日深夜)
ゲスト:志田未来、滝藤賢一
ストーリー要約:大杉漣は「七人の侍」の企画が頓挫していたのを隠していた。仲間からの信頼を回復するため大杉が動く。

・第9話「バイプレイヤーと監督」(3月10日深夜)
ゲスト:安田顕、川島海荷、村上淳、ダンディ坂野、岩松了
ストーリー要約:10年前の映画「バイプレイヤーズ」を担当した鬼屋敷監督を探し出し、ラストシーンを撮ってもらおうと動く。

・第10話「バイプレイヤーとマドンナ」(3月17日深夜)
ゲスト:夏川結衣、大地洋輔(ダイノジ)
ストーリー要約:盗まれたはずの映画のフィルムが夏川結衣の家で見つかる。夏川に恋心を持つ光石が揺れる。

・第11話「バイプレイヤーとタブー」(3月24日深夜)
ゲスト:佐々木希、岡田将生、大森南朋
ストーリー要約:映画のフィルムを発見したものの、芸能界のドンと言われる人物が愛人と映りこんでおり、公開を断念しようとする。

・第12話「バイプレイヤーとバイプレイヤーズ」(3月31日深夜)
ゲスト:池松壮亮、佐々木希、大森南朋、岡田将生、天海祐希
ストーリー要約:映画を制作したが日本アカデミー賞の受賞会場で大杉漣が監督の鬼屋敷に刺される。そして、バイプレイヤーズに最後の時がくる。




バイプレイヤーズが集まる別荘のロケ地


ドラマ「バイプレイヤーズ」では大杉漣の別荘に6人の名脇役が集います。

名脇役たちが集う別荘のロケ地は千葉県館山市にある貸し別荘「Cairns House(ケアンズ ハウス)」です。

千葉県のリゾート地の一つの館山にそびえる貸し別荘では周囲にはヤシなどの植物や海から潮の香りがする大自然を満喫できる好立地。

昼にはバーベキュー、夜には星空を楽しめるオシャレな場所だけに、友人たちと集まってバイプレごっこをするのも楽しそうですね。

・ドラマ「バイプレイヤーズ」のロケ地
名称:ケアンズハウス
住所:千葉県館山市見物535-1
画像、公式サイト:リンク

概要とスタッフ

放送日:2017年1月13日スタート、毎週金曜深夜24時12分
ドラマ公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/byplayers/
放送局:テレビ東京系列
監督、脚本:松居大悟
監督:横浜聡子、竹村謙太郎、守下敏行
脚本:ふじきみつ彦、宮本武史
オープニングテーマ:10-FEET「ヒトリセカイ」
エンディングテーマ:竹原ピストル「Forever Young」
チーフプロデューサー:浅野太
制作:テレビ東京、ドリマックス・テレビジョン

最終回の結末とネタバレ

芸能界のドンに追い詰められたバイプレイヤーズ。

自分たちのプライドを守ろうとするも、岡田将生を人質に取られてバイプレイヤーズは誰が犠牲になるかじゃんけんを始める。

誰か一人が死ななければいけないと決意した6人のおじさんたち。

しかし、全ては鬼屋敷監督がラストシーンを撮るための演技だった。

バイプレイヤーズの6人はまた歩き出す。

最後に、当初に撮影するはずだった「七人の侍」の主役の役所広司がシェアハウスに現れて6人と握手を交わす。

バイプレのTwitterでの主なハッシュタグ

#バイプレイヤーズ
#バイプレ
#バイプレ祭り
#テレ東だろ
#テレ東冬のおっさん祭り

・話題の2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)