映画「あさひなぐ」主演は乃木坂46の西野七瀬、舞台版は齋藤飛鳥


記事公開日:2017年2月22日
最終更新日:2017年3月5日 
画像:小学館

映画「あさひなぐ」あらすじまとめ、主演は乃木坂46の西野七瀬、舞台版は齋藤飛鳥

乃木坂46の「ななせまる」と「あしゅ」が熱血の薙刀漫画を原作とした映画と舞台で主演を務めます。

まず、映画「あさひなぐ」のあらすじを一言でまとめます。

女子高生の薙刀部での青春

原作となるこざき亜衣の漫画「あさひなぐ」は薙刀(なぎなた)に青春をかける女子高生たちの熱き物語です。

2017年秋公開の映画の主演を西野七瀬、5月20日スタートの舞台は齋藤飛鳥が主人公となって乃木坂の魂を見せつける。

では、ドラマや映画などのあらすじを解説する「あらすじ大全」が映画「あさひなぐ」のストーリーやキャストをご紹介します。

目次・あさひなぐ

あらすじ
キャスト
うんちく情報
概要とスタッフ

映画「あさひなぐ」のあらすじ


高校に入ったらどんな部活動を選べばいいか。

バスケやテニス、バレーボールなどはスポーツ経験者たちの独壇場だ。

しかし、マイナー競技の薙刀部では「スポーツに縁のなかった人間でも全国にその名を轟かすことができる」。

二ツ坂高校の薙刀部は「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム」をうたい文句に部員を勧誘している。

中学時代は美術部に所属していて運動音痴の東島旭はかっこよい先輩に憧れて薙刀部に入部する。

旭は憧れの先輩や同じ学年の仲間たちと共に青春のすべてを薙刀にかける。

映画「あさひなぐ」の主要キャスト

東島 旭(とうじま・あさひ) – 西野七瀬(乃木坂46)
二ツ坂高校の一年生。
運動音痴だが持ち前の根性で薙刀に熱中していく。
メガネが特徴的なため「ボンヤリメガネ」と呼ばれる。

・舞台版に出演する乃木坂46メンバー
齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子

・舞台版でのその他のキャスト
真琴つばさ、石井一彰、則松亜海



映画「あさひなぐ」のうんちくポイント

・原作でのキャッチフレーズは「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム」

・舞台は東京・EXシアター六本木などで上演する

・「あさひなぐ」の意味は主人公の旭(あさひ)が薙刀で薙ぐ(なぐ=打ち払う)という意味

概要とスタッフ

映画公開日:2017年秋
舞台公開日:2017年5月20日
公式サイト:リンク
映画監督:英勉(映画「ヒロイン失格」「トリガール」など)
配給:東宝
舞台脚本、演出:板垣恭一
原作:こざき亜衣
原作発表期間:2011年8号〜現在(ビッグコミックスピリッツ)

映画「あさひなぐ」のストーリーや登場人物、うんちくまとめ

以上、世の中の物語のあらすじをまとめる「あらすじ大全」による映画「あさひなぐ」のストーリーや登場人物、うんちく情報まとめでした。

・2017年の映画情報のまとめはこちら








映画「あさひなぐ」主演は乃木坂46の西野七瀬、舞台版は齋藤飛鳥” への2件のフィードバック

  1. ついに西野七瀬が世間に知られる時がきた。
    AKBも乃木坂もドラマや映画の出演が増えてきた。
    さー、映画通の批判が大きくなってくるぞ。

  2. あしゅ可愛い。
    あしゅをモット世間が知ってほしい。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)