ドラマ「カルテット」30代の男女4人による音楽と恋愛


記事公開日:2016年11月30日
最終更新日:2017年2月14日 

ドラマ「カルテット」あらすじまとめ、主演は松たか子

松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平の4人のドラマが話題になっています。

2017年1月17日から開始したTBSの「火10」のドラマ枠が「カルテット」。

まず、ドラマ「カルテット」のあらすじを一言でまとめます。

30代の男女4人による音楽と恋愛

カルテットは2016年末に大流行したドラマ「逃げ恥」の後釜の高いハードルを超え、ドラマ通から高評価を受けています。

高橋一生が逃げ恥でのヒラマサロスを癒したと話題になっていますね。

では、ドラマや映画などのあらすじを解説する「あらすじ大全」が「カルテット」のストーリーやキャストをご紹介します。

目次・カルテット

あらすじ
キャスト
うんちく情報
ライブレストランのロケ地
解説・カルテットとは
ドラマのスタッフ

ドラマ「カルテット」のあらすじ


音楽を愛しながらも夢が叶わなかった4人の30代の男女がいた。

女ふたり、男ふたりの4人は輝かしい経歴を持てずになんとなくの人生を過ごしていた。

そんな4人がある日、偶然に出会う。

演奏への情熱を残していた真紀、すずめ、家森、別府の4人はカルテット「ドーナツホール」を組む。

別府司は祖父が軽井沢に所有する別荘をカルテットの4人のために提供する。

ヴァイオリンの巻真紀は家庭があるため週末だけ軽井沢の別荘にやってくる。

チェロの世吹すずめは無職のために別荘に住み着く。

ヴィオラの家森諭高はこだわりが多い変わった男だ。

そうして奇妙な30代の男女4人の共同生活が始まる。

すずめにはカルテットに加わった目的があり司には秘密があり、カルテットの4人の中では愛も渦巻く。

すずめは子供のころ、父親の詐欺の一貫で「魔法少女」としてテレビに出て、その後にバッシングを受けた。

家森は実は既婚者のうえに離婚しており子供もいて、元妻との間にトラブルを抱えている。

周囲の人間たちから巻真紀は失踪した夫を殺そうとしたのではないかとの疑惑も浮かび上がる。

男女4人の共同生活のテーマは音楽だけではなく、不思議な関係が続いていく。

ドラマ「カルテット」の主要キャスト

巻 真紀(まき・まき) – 松たか子
カルテットの第一ヴァイオリンを担当。
家庭とは都内で生活し、音楽のため軽井沢には週末に通う。
ネガティブ思考で仲間たちとは一歩引いている。

世吹 すずめ(せぶき・すずめ) – 満島ひかり
カルテットのチェロを担当。
無職のため司の祖父が所有する軽井沢の別荘に住みついている。
寝てばかりだがチェロを手に取ると人が変わる。
家森を好きだと言うが別府が好き。

家森 諭高(いえもり・ゆたか) – 高橋一生
カルテットのヴィオラを担当。
こだわりが多い変わり者で理屈っぽい。
ライブレストラン「ノクターン」の従業員の来杉有朱に恋をして振り回されている。
6000万円の宝くじが当たったが引き換えずに大金を逸した。

別府 司(べっぷ・つかさ) – 松田龍平
カルテットの第2ヴァイオリンを担当。
音楽一家の育ちで会社勤めのかたわらヴァイオリンを弾いている。
カルテットのメンバーの中で冷静なリーダー的存在。
巻のことが好き。

来杉 有朱(きすぎ ありす) – 吉岡里帆
真紀たち4人が通うライブレストランの従業員。
元地下アイドルで笑顔を振りまくが、その目は笑っていない。
諭高を振り回し、すずめに恋愛のアドバイスをする魔性の女。

巻 鏡子(まき・きょうこ) – もたいまさこ
真紀の義母で自分の息子が真紀に殺されたと考えている。
すずめに真紀の秘密を調べるように頼んでいる。

谷村 大二郎(たにむら・だいじろう) – 富澤たけし(サンドウィッチマン)
ライブレストラン「ノクターン」のシェフ。
多可美の夫。

谷村 多可美(たにむら たかみ) – 八木亜希子
ライブレストラン「ノクターン」の責任者でホール担当。
大二郎の妻。

九條 結衣(くじょう ゆい) – 菊池亜希子
別府司の同僚で結婚を控えている。
別府司とは最後に一夜を共にした後、他の男と結婚した。

半田 温志(はんだ あつし) – Mummy-D
家森諭高を追う謎の男。
実は家森諭高の元妻の新しい男の父親の部下。

大橋茶馬子 – 高橋メアリージュン
家森諭高の元妻で「ちゃまこ」。
諭高の子供と新しい男と生活している。

朝木 – 浅野和之
音楽プロデューサー。
カルテット「ドーナツホール」にクラシック音楽のフェスティバルに参加しないかと誘う。

巻 幹生 – 宮藤官九郎(クドカン)
真紀の夫。
失踪して真紀に殺されたとの疑惑があったが、カルテットの前に現れる。



ドラマ「カルテット」のうんちくポイント

・松たか子は2012年のドラマ「運命の人」以来、5年ぶりの連ドラ出演

・1991年のドラマ「東京ラブストーリー」の脚本を手がけた坂元裕二にとってデビュー30周年となる

・ドラマのロケ地は東京都の昭島市や国立市のほか、長野県北佐久郡軽井沢町のショッピングセンターなど

・ドラマではゲーム「ドラゴンクエスト」のテーマも演奏した

・主題歌はドラマ出演者の松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平による番組限定ユニット「Doughnuts Hole」の「おとなの掟」で作詞・作曲は椎名林檎が担当した

・番組限定ユニット「Doughnuts Hole(ドーナツホール)」の意味は「音楽家はドーナツ」、何かが抜けているという意味

・劇中ではX JAPANの曲「紅」を松田龍平が歌った

・第2話では物語のキーとなる曲としてSPEEDの「WHITE LOVE」をカラオケや演奏の場面で使った

・第5話ではカルテットのメンバーがファンタジーなコスプレをさせられて戦闘型カルテット「愛死天ROO」になった

ライブレストラン「ノクターン」のロケ地は軽井沢燻製工房「煙事」


ドラマ「カルテット」では松たか子ら4人の演奏家たちがライブレストランで活躍します。

サンドウィッチマンの富澤たけしが運営しているライブレストラン「ノクターン」のロケ地は軽井沢燻製工房「煙事」です。

軽井沢にある燻製で「格好いい男」が仕事の疲れを癒したり女性を口説いたりするのに適したお店。

ドラマのファンであれば軽井沢旅行には思わず立ち寄りたくなるカルテットの聖地ですね。

・カルテットのロケ地詳細
名称:軽井沢燻製工房 煙事
住所:長野県北佐久郡 軽井沢町大字長倉字中山628-9
画像、公式サイト:リンク

解説・カルテットとは

カルテットとは四人組のことで英語表記は「quartet」。

音楽でのカルテットとは四つの楽器による重奏を指す。

ドラマ「カルテット」での第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの組み合わせをヴァイオリン属4本の楽器からなる弦楽四重奏という。

「弦楽四重奏の父」と言われるハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンやシューベルトなど多くの作曲家が弦楽四重奏(カルテット)の曲を発表した。



ドラマ「カルテット」の概要

放送日:2017年1月17日スタート、毎週火曜日22時
放送局:TBS
ドラマ公式サイト:http://www.tbs.co.jp/quartet2017/
脚本:坂元裕二(映画「世界の中心で、愛をさけぶ」ドラマ「最高の離婚」「東京ラブストーリー」など)
演出、チーフプロデュース:土井裕泰(映画「ビリギャル」ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」など)
主題歌:Doughnuts Hole「おとなの掟」

ドラマ「カルテット」のストーリーや登場人物、ロケ地情報まとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」によるドラマ「カルテット」のストーリーや登場人物、ロケ地情報まとめでした。

・話題の2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら








ドラマ「カルテット」30代の男女4人による音楽と恋愛” への2件のフィードバック

  1. ドラマは最高に良い。シナリオもテンポを楽しい。松たか子も高橋一生も満島ひかりも良い。松田龍平の場所が違う人だったら、視聴率もモット上がった。

  2. 第3話から満島ひかりが急激に可愛くなってきた。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)