実写ドラマ「東京アリス」 山本美月が主演、アラサー4人組の物語

最終更新日:2017年11月4日
画像:講談社

稚野鳥子の漫画「東京アリス」が実写ドラマ化 主演は山本美月

「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」や「東京タラレバ娘」など人気ドラマの原作が続いている講談社の雑誌「Kiss」からまた一つ、漫画が実写ドラマ化されます。

稚野鳥子(ちや・とりこ)が2005年から2015年まで連載した漫画「東京アリス」は8月25日発売のKiss10月号から新シリーズがスタート、合わせて8月25日よりAmazonプライム・ビデオにて実写ドラマが配信されました。

4人の大人の女性たちによる日常を描いた漫画「東京アリス」。

演じるのは主演に山本美月、トリンドル玲奈、高橋メアリージュン、朝比奈彩です。

男性陣は大谷亮平、大東駿介、白石隼也など豪華俳優陣によるAmazonプライム・ビデオのドラマとなります。

目次・東京アリス

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
原作者
予告映像
概要とスタッフ

あらすじ、ショッピング命のふうとアラサー女子たちの恋愛


アラサーのOLの有栖川ふうが愛や情熱を捧げるのはお買い物。

ブランドバッグを買おうとするために貯金を目指すも、すぐに買い物に走ってしまい毎月に多額のカードの引き落としに追われていた。

そんなふうは高校生時代からの同級生4人組と今でも頻繁にあっている。

心療内科医で女からもモテる桜川理央、育ちの良いお嬢様の円城寺さゆり、少女漫画家の羽田みずほ。

いろんな恋愛をしている3人をよそに、ふうは恋よりもショッピングに夢中だった。

ふうは新しく買ったバッグとは添い寝をするほどの変人だ。

ある日、ふうは終電を無くした時にタクシー代を払いたくないため、上司の奥薗慎二の家に強引に泊まってしまう。

そして、ふうたち4人のアラサー女子のショッピングと恋愛が盛り上がっていく。

キャスト、山本美月にトリンドル玲奈 高橋メアリージュンに朝比奈彩

有栖川ふう – 山本美月
デザイン制作会社のOL。
何よりもお買い物を大事にしている。

桜川理央 – 高橋メアリージュン
ふうの幼なじみで心療内科医。
同性のふうへの想いを隠している。

円城寺さゆり – 朝比奈彩
ふうの幼なじみで育ちの良いお嬢様。
付き合う男を頻繁に変えているが、家は結婚相手を決めようとしている。

羽田みずほ – トリンドル玲奈
ふうの幼なじみで少女漫画家。
ミュージシャン志望などダメ男ばかりと付き合っている。

奥薗慎二 – 大谷亮平
冷静で仕事の出来るふうの上司。
無表情なために「アイスマン奥薗」と呼ばれる。

翡山晃央 – 大東駿介
さゆりが惚れる不思議な男。

小田桐瞬 – 白石隼也
ふうの会社の同僚。

東雲ケン – 小関裕太
理央の幼馴染。

泉温斗 – 杉野遥亮
理央の病院の看護師。

香椎遊助 – 栁俊太郎
ふうが出会うカメラマン。

沢村環 – 佐津川愛美
奥薗の元カノで同僚。




Wikiwikiメモ

・漫画「東京アリス」を原作にした舞台が2009年、石川梨華・吉澤ひとみ・小川麻琴・木下智恵・吉野紗香らで行われた

・原作者の稚野鳥子の代表作「クローバー」は2014年に武井咲主演で実写化した

・雑誌Kissからは岩田剛典と杉咲花主演で2018年に映画「パーフェクトワールド」の公開も控えている

・「不思議の国のアリス」から名前を取る作品や団体は多く、ライトノベルの「東京アリスゴシック」や同人誌サークル「東京アリス」などがある

公式ツイッター




作者のツイッター、過去にもドラマ化を希望

予告映像

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年8月25日
放送局:Amazonプライム・ビデオ
ドラマ公式サイト:ー
ドラマ公式ツイッターアカウント:@tokyoalice0825
原作者ツイッター公式アカウント:@torikochiya
監督:瀬田なつき、菊地健雄
脚本:阿相クミコ(映画「ReLIFE」、ドラマ「カインとアベル」など)
主題歌:chay「恋はアヴァンチュール」
原作:稚野鳥子
旧シリーズの連載期間:2005〜2015年(講談社「Kiss」)

・2017年10月〜12月のドラマ情報のまとめはこちら






映画「望郷、光の航路・夢の国」湊かなえ原作、大東駿介や貫地谷しほりが出演

最終更新日:2017年8月12日

映画「望郷、光の航路・夢の国」大東駿介や貫地谷しほりが出演

売れっ子作家の湊かなえの作品がまた一つ、映画化されます。

湊かなえ原作の連作短編集「望郷」より「夢の国」「光の航路」が映画化されて2017年9月16日より公開です。

撮影は広島県の瀬戸内海周辺で因島を中心に行いました。

貫地谷しほり、木村多江、大東駿介、緒形直人などが出演します。

目次・望郷、光の航路・夢の国

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ(光の航路)、若手の小学校教師が地元で悩む


瀬戸内海に浮かぶ自然の美しい白網島。

小学校の若手教師の大崎航は異動願いを出して故郷の白西小学校に赴任してきた。

航の父は島で熱血教師として働いて20年前に亡くなった。

父と同じように学校の教師を務める航のクラスで、いじめ問題が起きてしまう。

航はいじめっ子の母親に話を持ち込むがその母親は我が子は被害者であると主張して問題がこじれていく。

そして、仕事に悩んだ航の自宅で火事が起きる。

病院に入院した航の前に父の教え子の畑野忠彦が見舞いにやってきた。

畑野は航の父のおかげでいじめから立ち直り、中学校の教員になったという。

畑野と打ち解けあった航は、自分が子供の頃に父親が教え子と白綱島の造船所で作られた最後の船の進水式に行った話をする。

航にとってその進水式は父親が自分ではなく名も知らない教え子を優先した一つの事件だったのだ。

航は父といじめ問題について畑野と語り合い、自分のクラスの問題について向き合っていく。

主要キャスト、貫地谷しほりや大東駿介


大崎航 – 大東駿介
若手の小学校の教師。
5年間の教師生活を過ごした後に生まれ故郷の白網島に赴任してきた。
イジメ問題に悩んでいる。
亡くなった父親も教師だった。

夢都子 – 貫地谷しほり
島のしきたりに縛られ窮屈さを感じて育った。

夢都子の母 – 木村多江

航の父 – 緒形直人

畑野忠彦 – キャスト未発表
大崎航の父親の教え子。
中学教師だった大崎航の父を尊敬している。

深田碧 – キャスト未発表
大崎航が教えるクラスの生徒。
いじめっ子で親は地元の有力者。

深田碧の母 – キャスト未発表
いじめっ子の母親。
教師の大崎航に対して、自分の子供こそが被害者だと主張する。




Wikiwikiメモ

・湊かなえの小説「望郷」は「光の航路」など6作の短編集

・「望郷」は瀬戸内海の白綱島という架空の島を舞台にしており、湊かなえが出身の広島県の因島(いんのしま)がモデルになっている

・映画のロケ地は広島県尾道市にある「内海造船」や広島県福山市の「三世代テーマパークみろくの里」など

・映画の撮影で同じ時期に近い場所で長澤まさみと高橋一生の映画「嘘を愛する女」があったため、瀬戸内海で大きな話題になった

公式ツイッター

概要とスタッフ

映画公開日:2017年9月16日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@bokyo_movie
監督:菊地健雄(映画「ディアーディアー」など)
脚本:杉原憲明
主題歌:moumoon「光の影」
原作:湊かなえ

・2017年の映画情報のまとめはこちら