ドラマ「相棒 シーズン16」水谷豊と反町隆史

最終更新日:2018年3月14日

ドラマ「相棒 シーズン16」2017年10月のシリーズも水谷豊のコンビは反町隆史

2017年10月18日から秋の定番となったテレ朝のドラマ「相棒」の新シリーズの放送が続いています。

相棒は2002年10月から始まったシーズン1から15年連続で続いている人気作品。

主演の水谷豊とコンビを組む相棒が誰になるのか話題になりますが、2017年版も反町隆史が続投です。

鈴木杏樹や川原和久、山中崇史が演じる定番キャラや重要度を増してきた仲間由紀恵も出演します。

次クールとなる2018年4月からのテレ朝の水9枠のドラマは井ノ原快彦の「特捜9」。

目次・相棒 season16

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
歴代の相棒の担当
概要とスタッフ

あらすじ、特命係の2人が脅迫罪で逆に訴えられる

超人的な推理力と洞察力を持ちながら慇懃無礼な態度で警視庁内の窓際部署「特命係」に所属されている杉下右京。

クセモノの右京は何人もの相棒と組みながら難解な事件を解決してきた。

右京の今の相棒を務めているのは元キャリア官僚の冠城亘だ。

二人がいる特命係はある日、大富豪の連続殺人容疑で容疑者に取り調べを行う。

自供を求める特命係に対して容疑者は起訴を目前に自供を全面否認、それどころか起訴前に取り調べを行った捜査官を脅迫罪で逆告訴した。

警視庁は当然のように無視するも、特命係を憎む法務事務次官は逆告訴の受理を装って特命係を違法捜査で立件しようと動き出す。

警視庁や検察庁などプライドや醜い政治に右京と冠城が巻き込まれていく。

キャスト、水谷豊に反町隆史 仲間由紀恵に浅利陽介


杉下 右京(すぎした・うきょう) – 水谷豊
警察庁キャリアから窓際部署の特命係に配属された変人。
慇懃無礼で横柄だが推理力と洞察力はピカイチ。

冠城 亘(かぶらぎ・わたる) – 反町隆史
右京にとって4代目の相棒で法務省のキャリア官僚だった。
捜査にのめり込み過ぎて法務省をクビになり、警視庁の特命係で右京とコンビを組む。

社美彌子 – 仲間由紀恵
警視庁総務部広報課課長のキャリアウーマン。
ロシア人との間にマリアという子供がいる。

青木年男 – 浅利陽介
警視庁のサイバーセキュリティ本部専門捜査官。
右京のチェス相手で警察嫌いな変わり者。

月本幸子 – 鈴木杏樹
小料理屋「花の里」の二代目女将。

伊丹憲一 – 川原和久
捜査一課の「両エース」の1人で相棒は芹沢。

芹沢慶二 – 山中崇史
捜査一課の「両エース」の1人で相棒は伊丹。

甲斐峯秋 – 石坂浩二
復権を狙う警察庁長官官房付。

衣笠藤治 – 大杉漣
甲斐と対立する警視庁副総監。

日下部彌彦 – 榎木孝明
右京を憎み特命係を陥れようとする法務事務次官。

田臥准慈 – 田辺誠一
上司の命令により特命係を叩こうとするエリート検察官。

平井陽 – 中村俊介
大富豪の連続殺人容疑をかけられるも捜査官を脅迫罪で逆告訴する。

・元旦スペシャルの出演俳優
健太郎、小原唯和、山下真人




Wikiwikiメモ

・水谷豊は2017年版の相棒について2016年版の終了時に「次もソリでしょ?」と発言していたという

・2017年のシーズン16の相棒役にはシーズン15で重要な役を務めた仲間由紀恵、元SMAPの稲垣吾郎なども報道で候補に上がっていた

・相棒のスタッフブログでは3月23日のシーズン15の完結時に「シーズン16は正式に決定していませんが、『ない』ことを証明するのは『悪魔の証明』ですので・・・」と、最終回のタイトルの「悪魔の証明」と引っかけて続編に含みをもたせていた

公式ツイッター

歴代の相棒の担当 寺脇康文・及川光博・成宮寛貴・反町隆史

亀山 薫(かめやま・かおる) – 寺脇康文
初代の相棒。
2000年のプレシーズンから2008〜2009年のシーズン7まで。

神戸 尊(かんべ・たける) – 及川光博
2代目の相棒。
2009〜2010年のシーズン8から2011〜2012年のシーズン10まで。

甲斐 享(かい・とおる) – 成宮寛貴
3代目の相棒。
2012〜2013年のシーズン11から2014〜2015年のシーズン13まで。

冠城 亘(かぶらぎ・わたる) – 反町隆史
4代目の相棒。
2015〜2016年のシーズン14から現在まで。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年10月18日〜2018年3月(2クール)、毎週水曜21時
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@AibouNow
原作:オリジナル
ドラマ発表日:2017年8月11日

・2018年4月〜6月のドラマ情報のまとめ

・次クールの水曜21時枠のドラマ






劇場版「コードブルー」山P、ガッキー、戸田恵梨香が7月に映画で再集結

最終更新日:2018年4月10日 

劇場版「コード・ブルー」ドラマの人気をひっさげて2018年7月に公開

山下智久や新垣結衣が出演するドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の劇場版が2018年7月27日、公開です。

2017年7月17日からのコードブルー第3期は名実ともに成長した山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香が揃う豪華ドラマでした。

2018年の映画版「コードブルー」では山下智久や新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介たちが再集結。

4月10日にはYouTubeで特報映像も公開(リンク)。

映画版の監督は2017年版ドラマの演出を担当した西浦正記、脚本も2017年版担当の安達奈緒子です。

目次・コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
ロケ地
山下智久
1期と2期の解説
概要とスタッフ

これまでのあらすじ、藍沢耕作はトロントに 白石恵はリーダーの力を伸ばす


救急現場にいち早く到着し、重傷の患者たちを救う医者を乗せるドクターヘリ。

翔陽大学付属北部病院の救命センターでは5人の若者たちが苦しみ、もがきながら人々を救っていた。

それから10年、翔北救命センターでは白石恵がフライトドクターのリーダー、冴島はるかはフライトナースのエース、藤川一男は整形外科専門の救命医と成長した姿で医者として活躍する。

一方、寡黙な藍沢耕作は救命センターを離れて脳外科医として医者としての技術を磨き、仲間と共にフライトドクターを目指していた緋山美帆子は周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩んでいた。

かつて若手医師として救命センターでフェローシップで学んだ5人はそれぞれに成長している。

そして、人不足により藍沢と緋山が救命センターに戻ってきた。

厳しくも優しい先輩たちに教えらえれたように、今度は藍沢や白石たち5人が医療を教える立場に変わった。

医者としての仕事や出世、妊娠、重病の子供。

命と真剣に向き合っていく5人は未熟な新人たちを引っ張りながら、厳しい現場に向かっていく。

危険に巻き込まれた藤川は救急から離れようとするも、ついに結ばれた冴島と一緒に現場を続ける。

緋山も産婦人科医には戻らず、白石はリーダーとして自分なりの救命を作っていく決意を固める。

そして、藍沢は医者としての技術を高めるためにトロントに旅立つ。

キャスト、山Pにガッキー 戸田恵梨香に比嘉愛未

藍沢 耕作(あいざわ・こうさく) – 山下智久
翔北救命センターで経験を経て、翔陽大学附属北部病院の脳外科医として働く。
冷静な自信家で患者と触れ合いながら成長してきた。
脳外科で世界屈指のトロント大のレジデント(臨床医師として訓練を受ける職員)の座を狙っている。

白石 恵(しらいし・めぐみ) – 新垣結衣
翔北救命センターの医師でフライトドクター。
精神的に成長してフェロー課程を卒業後、父の病院には行かずに翔北救命センターで働く。
救命救急センターでチームリーダーとして若手を育てるのに苦戦している。

緋山 美帆子(ひやま・みほこ) – 戸田恵梨香
翔北救命センターの医師で産婦人科医への道を進んだ。
勝ち気な性格で言葉遣いは荒い。
人手不足の救命センターに戻ってくる。

藤川 一男(ふじかわ・かずお) – 浅利陽介
翔北救命センターの医師でフェロー時代の落ちこぼれ。
整形外科専門の救命医として技術を磨いてきた。
明るいお調子者で仲間たちを笑顔にする。

冴島 はるか(さえじま・はるか) – 比嘉愛未
翔北救命センターの看護師でフライトナースのエース。
高い技術と医師以上の知識で現場を支えてチームの信頼は厚い。
ハッキリとモノを言う強気な性格で藤川との子供を身ごもっている。

橘 啓輔(たちばな・けいすけ) – 椎名桔平
救命センター部長で若い医師たちを支える。
妻の三井環奈と離婚したが復縁した。
重病の息子を抱えている。

三井環奈 – りょう
産婦人科と新生児医療専門のフライトドクターで息子を育てる橘啓輔の妻。

名取颯馬 – 有岡大貴(Hey! Say! JUMP)
フライトドクター候補生。
名取総合病院の院長の一人息子で医師の技術はあるがやる気はない。

灰谷俊平 – 成田凌
フライトドクター候補生。
真面目で優しいが未熟な技術がコンプレックス。

横峰あかり – 新木優子
フライトドクター候補生。
明るい性格で医療ドラマに憧れて医師になった。

雪村双葉 – 馬場ふみか
プライドが高く気が強い新人ナース。

新海広紀 – 安藤政信
高い技術を持つ脳外科医で人付き合いも得意な外科医のエース。
屈指の医療水準のトロント大からの医師の受け入れ枠を藍沢と争う。

梶寿志 – 寺島進
ドクターヘリのベテランのパイロット

西条章 – 杉本哲太
優秀な脳外科医で藍沢耕作とライバルの新海広紀を育てる。

天野奏 – 田鍋梨々花
14歳の天才ピアニストで脳外科医の藍沢が大好き。
小脳に腫瘍がある。

町田響子 – 伊藤ゆみ
ドクターヘリの運行の調整をするコミュニケーションスペシャリスト。

・劇場版でのゲスト
新田真剣佑、かたせ梨乃、山谷花純




Wikiwikiメモ、コードブルーとは医療界の業界用語

・過去シリーズの平均視聴率は第1期(2008年)、第2期(2010年)が共に同時期のドラマで最高、かつ唯一の15%超えだった

・コードブルー第1期(2008年)時点の実年齢は山下智久(23)、新垣結衣(20)、戸田恵梨香(20)、浅利陽介(21)

・2017年7月スタートの第3期では放送時の実年齢は山下智久(32)、新垣結衣(29)、戸田恵梨香(29)、浅利陽介(30)

・「コード・ブルー(Code Blue)」とは緊急の蘇生が必要な患者が発生したという意味の医師、看護師の業界用語

・続編の主題歌も1期と2期と同様にMr.Childrenの「HANABI」だった

・第3期のドラマはフジテレビオンデマンドの見逃し再生数は2100万回と史上最高になった

公式ツイッター、劇場版公式サイトが2月26日午前8時に向けてカウントダウン中




第3期のドラマの病院のロケ地は日本医科大学付属千葉北総病院、栃木県鹿沼市でも撮影

ドラマのコードブルーは「翔陽大学付属北部病院」がメインの舞台になります。

その病院のロケ地になっているのが日本医科大学付属千葉北総病院です。

実際にドクターヘリのある病院のためヘリポートも存在しています。

2018年公開の映画では神田外語大学が撮影場所になっています。

〜2018年の劇場版のロケ地〜
・病院のロケ地
名称:神田外語大学
住所:千葉県千葉市美浜区若葉1−4−1

〜2017年のドラマのロケ地〜

・病院のロケ地
名称:日本医科大学付属千葉北総病院
住所:千葉県印西市鎌苅1715

・前作と同様の病院内の食堂のロケ地
名称:千葉経済大学
住所:千葉県千葉市稲毛区轟町3丁目59−5

・第1話の祭りの会場
名称:銀座通り
住所:栃木県鹿沼市銀座1丁目及び2丁目

・山P、ガッキー、戸田恵梨香が飲んでいたバー
名称:覆面レストランデストロイヤー
住所:千葉県千葉市中央区富士見2丁目21−8




ピックアップ俳優、山下智久とは

山下智久とは(やました・ともひさ)とは1985年4月9日生まれのジャニーズ事務所所属の俳優、歌手。

2003年9月にアイドルグループ「NewS」の結成メンバーとなった。

2005年に亀梨和也と堀北真希とドラマ「野ブタ。をプロデュース」に出演、主題歌として亀梨との期間限定ユニット「修二と彰」のシングル「青春アミーゴ」がミリオンセラーの大ヒットとなった。

ドラマや映画、CDなど単独での活躍が多く2011年10月にアイドルグループ「NEWS」を脱退してソロ活動に専念する。

ドラマでは2013年の「SUMMER NUDE」や2015年の「アルジャーノンに花束を」など主演を務め続けている。

2017年7月スタートのドラマ「コード・ブルー 第3期」では再び主役を演じる。

愛称は先輩の滝沢秀明が命名した山P(やまぴー)。

1期と2期の簡単な解説

いち早く人を救うために世界中で配備の始まったヘリコプター救急。

医師がヘリコプターに乗って人を救う姿からドクターヘリと呼ばれる。

特殊な訓練を必要とするフライトドクターの候補生として藍沢耕作、白石恵、緋山美帆子、藤川一男ら4人の医師が翔陽大学附属北部病院救命救急センターに赴任してきた。

冷静で野心家な藍沢、温和でやや臆病な白石、熱心だがプライドの高い緋山、お調子者の藤川は切磋琢磨しながらフェローシップ(専門研修制度)を受けていく。

自信家の藍沢は若手ながらも巧みな技術で人を救っていくが、次第に自分の仕事の重さに気づいて苦悩しながら成長する。

自分をかばうために指導医が右腕を切断する事故にあった白石は仕事を辞めようとするも仲間たちに救われて前向きに仕事に取り組んだ。

緋山は自身の怪我や訴訟事件のトラブルなどにより仲間たちと一緒にフェロー課程を卒業できなかったものの、医療への道を突き進む。

救命センターの看護師でフライトナースの冴島はるかは知識の劣る若い医師たちを馬鹿にしていたが、次第に心を打ち解けて良き仕事仲間になっていった。

藍沢はそんな仲間たちとの経験を武器に脳外科へ進み、いつかは救命に戻って人を救おうとする。

ドラマの概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年7月17日スタート、毎週月曜よる9時
映画公開日:2018年7月27日
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
劇場版公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@code_blue2017
ドラマ脚本:林宏司(1期と2期)、安達奈緒子(3期)
映画脚本:安達奈緒子
映画監督:西浦正記
主題歌:Mr.Children「HANABI」(1期、2期、3期)
プロデュース:増本淳(1期、2期、3期)
原作:オリジナル
ドラマ撮影期間:2017年6月5日から
初回視聴率:16.3%

・2017年7月〜9月のドラマ情報のまとめはこちら