ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる(僕まだ)」足立梨花と白洲迅 台湾ドラマ「イタズラな恋愛白書」のリメーク

ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる(僕まだ)」足立梨花と白洲迅 台湾ドラマ「イタズラな恋愛白書」のリメーク

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年12月9日

ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる(僕まだ)」足立梨花と白洲迅 台湾ドラマ「イタズラな恋愛白書」のリメーク

台湾ドラマを日本版にリメークする初の作品が2019年にフジテレビが放送します。

まず、「僕はまだ君を愛さないことができる」のあらすじを一言でまとめます。

先に結婚したほうに奢ると賭けた男女の恋愛

原作は台湾で2011年に放送された「イタズラな恋愛白書(原題:我可能不會愛你)」。

主演の2人は足立梨花と白洲迅です。

目次・僕はまだ君を愛さないことができる(僕まだ)

あらすじ
キャスト
wiki
ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、「30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る」という賭けをする男女

靴メーカー勤務の御手洗陽は仕事が順調も恋愛面では失恋ばかり。

陽の親友は高校・大学時代の同級生で、デベロッパー勤務の石田蓮。

蓮は陽にとって、唯一本音を打ち明けられる大親友だった。

そんな2人は陽の29歳の誕生日に「30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る」という賭けをする。

自分たちが互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人。

その賭けがきっかけとなり、蓮の会社の後輩は積極的なアプローチを仕掛けてくる。

一方で陽は会社の後輩の急接近、さらに元カレと再会。

そのうちに2人の親友関係も徐々に変化していく。

キャスト、足立梨花と白洲迅

御手洗 陽(みたらい・よう) – 足立梨花
靴メーカー勤務のキャリアウーマン。

石田 蓮(いしだ・れん) – 白洲迅
都市の再開発などを手掛けるデベロッパー勤務。




Wikiwikiメモ

・原作のドラマ「イタズラな恋愛白書」は台湾で大ヒット、2012年台湾エミー賞を受賞など史上最多の主要7部門を独占

・本作は台湾版ドラマ「イタズラな恋愛白書」の舞台を東京に移して日本版にリメーク

・本作は「イタズラなKiss」「南くんの恋人」「きみはペット」などを手がけた製作チームが担当

・本作はFOD(フジテレビ・オン・デマンド)と地上波で配信・放送

公式ツイッター




概要とスタッフ

ドラマ放送日:2019年
放送局:フジテレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:ー
脚本:ー
原作:徐譽庭(台湾版の脚本)
発表日:2018年10月22日

・2019年月1〜3月のドラマ情報のまとめ



LINEで送る
Pocket

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)