アニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう(さよ朝)」岡田麿里が初監督

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年1月2日
画像:公式サイト

アニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう(さよ朝)」

人気アニメのカリスマ脚本家と言われる岡田麿里が初監督を務めるアニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」が2018年2月24日に公開です。

岡田麿里は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」や「心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)」で引きこもりに脚光をあてた作品で有名です。

岡田麿里が「作品で自分をさらけだす」ことを考え抜いた本作がどんなものになるのか。

メインキャストは新人の石見舞菜香、そのほかは入野自由や茅野愛衣、梶裕貴や杉田智和など人気声優が揃いました。

目次・さよならの朝に約束の花をかざろう

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
概要とスタッフ

あらすじ、数百年の寿命を持つイオルフの民の少女と普通に成長していく少年が出会う

ヒビオルと呼ばれる布を織りながら静かに暮らすイオルフの民は人里離れた土地に住んでいた。

イオルフの民は10代半ばで外見の成長が止まり、数百年の寿命を持つため「別れの一族」とも呼ばれる。

世界では伝説とされるイオルフの民で、両親のいないイオルフの少女マキアひとりぼっちを感じていた。

ある日、イオルフの長寿の血を求めてメザーテ軍が攻め込んでくる。

イオルフ一の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが想いを寄せていた少年クリムは行方不明に。

マキアはなんとか逃げ出すが仲間も帰る場所も失う。

絶望しながら森をさまようマキアは親を亡くしたばかりのひとりぼっちの赤ん坊のエリアルに出会う。

マキアは赤ん坊のエリアルと共に日々を過ごしていく。

少年へと成長していくエリアル、時が経っても少女のままのマキア。

時間がたつにつれマキアとエリアルの絆の形が変化していく。

声優キャスト、石見舞菜香に入野自由 茅野愛衣に梶裕貴

マキア – 石見舞菜香
10代半ばで成長が止まり数百年生き続けるイオルフ族の少女。
イオルフの長寿の血を求めた軍の侵攻で帰る場所を失う。

エリアル – 入野自由
仲間を失ったマキアと出会う赤ん坊。
マキアと共に少年へと成長していく。

レイリア – 茅野愛衣
イオルフの民で随一の美女。

クリム – 梶裕貴
イオルフの民でマキアが想いを寄せている少年。

ラシーヌ – 沢城みゆき

ラング – 細谷佳正

ミド – 佐藤利奈

ディタ – 日笠陽子

メドメル – 久野美咲

イゾル – 杉田智和

バロウ – 平田広明




Wikiwikiメモ

・本作で初監督を務める岡田麿里は小学校から高校まで不登校の生活を送った

・岡田麿里は自身の経験を基にアニメの脚本を手がけ、2017年には「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」を出版した

・キャッチコピーは「愛して、よかった」

公式ツイッター

概要とスタッフ

映画公開日:2018年2月24日
映画公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@sayoasa_jp
監督、脚本:岡田麿里
チーフディレクター:篠原俊哉
キャラクター原案:吉田明彦
キャラクターデザイン、総作画監督:石井百合子
美術監督:東地和生
美術設定、コンセプトデザイン:岡田有章
音楽:川井憲次
音響監督:若林和弘
主題歌:rionos「ウィアートル」
アニメーション制作:P.A.WORKS
配給:ショウゲート

・2018年の映画情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

アニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう(さよ朝)」岡田麿里が初監督” への1件のフィードバック

  1. つまりエルフの女と人間の男の話ね

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)