映画「嘘喰い」ヤンジャンの人気漫画の実写化 続報なく2年半経過

映画「嘘喰い」ヤンジャンの人気漫画の実写化 続報なく2年半経過

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2018年12月3日
画像:週刊ヤングジャンプ

映画「嘘喰い」ヤンジャンの人気漫画の実写化 続報なく2年半経過

人気漫画の実写化の中でも期待が高まっているのが週刊ヤングジャンプで連載した「嘘喰い(うそぐい)」です。

まず、映画「嘘喰い」のあらすじを一言でまとめます。

ギャンブルと格闘が入り混じっての博打

原作は2006年から2018年まで迫稔雄が連載した漫画。

2016年5月12日の週刊ヤングジャンプで「実写映画化企画進行中」と発表されました。

「嘘喰い」の特徴は特殊なギャンブルでの勝負と、力と力のぶつかり合いの戦いの2つ。

主人公の斑目貘を誰が演じてギャンブルの凄みを見せつけるか、マルコや夜行さんでの戦闘シーンを監督がどう引き立たせるか。

「嘘喰い」は現代日本を舞台にしてるだけに実写化向きとも言え、キャスティング次第で名作に化けそうです。

実写化の発表から2年半が経っても続報がないだけに、本当に映画が公開されるかの不安も広がっています。

目次・嘘喰い

あらすじ
キャスト
wikiメモ
概要とスタッフ

あらすじ、伝説のギャンブラーの貘と梶が出会う

nag8e6vjbgisk_j1477576579_1477576608

梶隆臣はギャンブルに明け暮れて消費者金融に追われていた。

ある日、パチンコ屋で機械の演出の意味が解らず戸惑っていた銀髪の男にアドバイスする。

梶は銀髪の男からパチスロで大勝ちした恩返しと言われて自身の借金清算を手伝ってもらう。

機械のゲームにはうとい一方、人との駆け引きには天才的な読みを見せる銀髪の男の名は斑目貘。

カリカリ梅を口にほうばる貘は伝説のギャンブラー「嘘喰い」だった。

貘は手練れのギャンブラーの嘘を全て喰いつくして真剣勝負に勝ち続けている。

梶はそんな貘のペースに乗せられたまま、闇のギャンブルの世界に一緒に突入してしまう。

闇世界のギャンブルでは賭け事が最後まで成立するために絶対的な力を持つ秘密組織「賭郎」が重要な位置を占めていた。

貘はその秘密組織「賭郎」の長である「お屋形様」の座を奪い取る大勝負「屋形越え」を狙っていた。

キャスト、班目や梶とマルコを演じるのは誰か

斑目 貘(まだらめ・ばく) – キャスト未発表
銀髪の天才ギャンブラーで、「嘘喰い」と呼ばれている。
悪魔的な洞察力であらゆるギャンブルに勝ち続ける。
賭博組織「賭郎」に大きな勝負を挑んだ過去を持つ。

梶 隆臣(かじ・たかおみ) – キャスト未発表
ギャンブルにはまり消費者金融に追われていた青年。
パチンコ屋で貘と出会って行動を共にする。
小さな勝負しかできない人間だったが、貘の大胆さを学んでいく。

マルコ – キャスト未発表
戦地の原住民だったが、人体実験を受けて戦闘兵器と化した。
超人的な身体能力を持つが精神年齢は子供のまま。
穏やかな人格は「マルコ」、戦闘モードになると「ロデム」の人格になる。

伽羅(きゃら) – キャスト未発表
賭博組織「賭郎」でギャンブルの立会人を務めていた。
かつては貘の専属立会人だったが、組織を抜けたために賭郎から追われている。

夜行 妃古壱(やこう・ひこいち) – キャスト未発表
賭博組織「賭郎」でギャンブルの立会人を務めている。
最古参の立会人で口ひげを生やした老紳士だが、戦闘になると豹変する。

切間 創一(きるま・そういち) – キャスト未発表
賭博組織「賭郎」の21代目の組織のトップ「お屋形様」。
あらゆる勝負に勝ち続けている実力者。




Wikiwikiメモ、廃ビル脱出勝負やファラリスの雄牛がテーマになるか

・嘘喰いの実写企画が正式に発表されたのは2016年5月12日の週刊ヤングジャンプ

・夜行妃古壱は高齢ながら激しい戦闘をするキャラのため配役が難しい

・「廃ビル脱出勝負」や「ファラリスの雄牛」が映画のテーマにしやすそう




概要とスタッフ

映画公開日:ー
嘘喰い公式ツイッターアカウント:@usogui_10th
原作:迫稔雄
監督:ー
脚本:ー
原作発表期間:2006年24号〜現在(週刊ヤングジャンプ)



LINEで送る
Pocket

“映画「嘘喰い」ヤンジャンの人気漫画の実写化 続報なく2年半経過” に1件のコメントがあります

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)