映画「二度目の夏、二度と会えない君(ニドナツ)」村上虹郎と吉田円佳のバンドの恋

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年8月9日 
画像:ガガガ文庫

実写映画「二度目の夏、二度と会えない君(ニドナツ)」あらすじまとめ、主演は村上虹郎

タイムリープものの傑作が2017年9月1日に実写映画化で公開されます。

ライトノベル小説を原作にした映画「二度目の夏、二度と会えない君」、通称「ニドナツ」が村上虹郎主演でスクリーンに映し出されます。

まず、「二度目の夏、二度と会えない君(ニドナツ)」のあらすじを一言でまとめます。

少年がタイムリープして、2度目は少女に告白しない

高校生、タイムリープ、不治の病、バンド、文化祭と青春の要素がつまった物語。

主演の村上虹郎はギターを担当、ボーカルで短命の少女を5人組ガールズバンド「たんこぶちん」のMADOKA(吉田円佳)が演じます。

目次・二度目の夏、二度と会えない君

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイート
特報映像
スタッフと概要
原作のネタバレ

あらすじ、告白した後に死んだ女の子への後悔とタイムリープ


青葉北高の3年に転校してきた森山燐は活発な女子高生だ。

バンド活動禁止の校則に負けずに同級生の篠原智たちを巻き込みバンドを結成。

文化祭では見事にライブを成功させる。

しかし、不治の病を抱えていた燐はライブが終わった後に倒れてしまう。

燐の命の火が消えようとしているとき、智は「おまえが好きだ」と告白するが燐に激しく拒絶される。

智は燐の死の間際に思いを伝えたことを後悔したまま2カ月を過ごしていた。

すると、智は半年前に初めて凛と出会った時までタイムリープする。

凛は1度目の夏と同じようにバンドを結成して文化祭での成功を目指す。

智は自分の気持ちを隠し、凛が人生を笑顔で終えられるように二度目の夏を生きる。

キャスト、村上虹郎と吉田円佳 加藤玲奈に金城茉奈


篠原智(しのはら・さとし) – 村上虹郎
転校生の燐に恋する男子高生でギター担当。
燐が死ぬ間際に告白したのを後悔していると、タイムリープをして2度目の夏を迎える。

森山燐(もりやま・りん) – 吉田円佳(たんこぶちん)
青葉北高に転校してきた女子構成でボーカル担当。
明るい性格でバンド活動を引っ張るが夏の終わりに亡くなった。

菅野瑛子 – 加藤玲奈(AKB48)
バンド活動禁止の校則を守ろうとする生徒会長。

花京院姫子 – 金城茉奈
智と燐のバンドのドラム担当。

石田六郎 – 山田裕貴
智と燐のバンドのベース担当。

・その他のキャスト
菊池亜希子、本上まなみ。



Wikiwikiメモ、劇中の曲はすべて「たんこぶちん」

・劇中の曲はすべて「たんこぶちん」の楽曲を使用する

・村上虹郎は2016年のドラマ「仰げば尊し」でもギターを担当した

・映画のロケ地はライブ会場が立川市、文化祭のシーンが八王子市

注目ツイッター、人気上昇中の若手俳優たち

特報映像




概要とスタッフ

映画公開日:2017年9月1日
公式サイト:http://nido-natsu.com/
ツイッター公式アカウント:@nidonatsu
監督:中西健二(「青い鳥」「花のあと」など)
原作:赤城大空
映画撮影日:2016年10月1日~10月28日
原作発売日:2015年1月20日

原作「二度目の夏、二度と会えない君(ニドナツ)」のネタバレ

〜ここから原作のネタバレ〜
・1度目の夏では智は燐が死ぬ間際に告白、燐は動揺して「ごめんなさい」との手紙を残す

・2度目の夏では智は燐に好意を見せないが、かえって燐から好かれてしまう

・2度目の夏で燐が死ぬ時は「わたしもきっと、智君と同じ気持ちだったよ」との手紙を残す

・2回の夏を過ごし、燐の魂は一つになって天に昇っていく

・智は燐がいなくなった後もバンドを続けていく






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)