実写映画「セイント星矢」まさかの実写化、中国向け

Pocket

最終更新日:2017年5月20日
画像:東映アニメーション聖闘士星矢30周年公式サイト

「聖闘士星矢(セイント星矢)」まさかの実写化、中国向けに配給

「燃えろ!俺の小宇宙(コスモ)!」。

昭和時代の最後に華々しく輝いた伝説の漫画が禁断の実写化に踏み切ります。

セイント星矢の実写映画は日本人による日本人向けの作品ではありません。

東映アニメーションと、東映作品の中国配給を手掛ける香港の「A Really Good Film Company(ARGF)」が共同で製作、英語をベースにして中国向けに公開する予定です。

少年ジャンプの歴史的な傑作の実写化と言えば2009年のドラゴンボールの悲劇が有名。

果たしてセイント星矢の実写化は成功するのか、そもそも日本で話題になるのか。

続報に注目です。

目次・聖闘士星矢

あらすじ、ゴールドセイント編か
キャスト、日本人は出るのか
wikiメモ、DB実写は脚本家謝罪
注目セイント、アルデバランにデスマスク、シャカ
概要とスタッフ

あらすじ、黄金聖闘士編(十二宮編)を採用か

セイント星矢で最も人気があったのが黄金聖闘士編(ゴールドセイント編)です。

誕生日などで有名な各12星座ごとに強烈なゴールドセイントたちが主人公を待ち構える。

グレートホーンの使い手アルデバラン、最も神に近い男シャカ、エクスカリバーのシュラなど1970年〜1980年生まれの男性にとっては思い出のキャラたち。

当時の少年達は漫画を読んで自分の星座のキャラクターに関心を持ち、デスマスクという卑劣なセイントを割り振られた蟹座の子供達がショックを受けたほど。

実写化でもゴールドセイント編がストーリーに採用される可能性は高そうですね。

キャスト

2017年時点ではキャストは全くの不明です。

日本人が演じるのか、アメリカ人か、中国人か、はたまたギリシャ人が演じるのか。

実写映画「セイント星矢」はいわゆるハリウッド映画ではないため、奇抜なキャスティングにもなりそうです。



Wikiwikiメモ、ドラゴンボール実写化は脚本家が謝罪

・セイント星矢の実写映画化は2017年のフランスでのカンヌ国際映画祭で発表、英Screen Dailyが報じた

・セイント星矢の英語タイトルは「Saint Seiya:Knights Of The Zodiac」

・製作総指揮を務める東映アニメーション会長の森下孝三はアニメ版「聖闘士星矢」初代シリーズの監督とプロデューサーだった

・1986年〜1989年から放送したアニメのオープニングテーマ「ペガサス幻想」は「抱きしめた、心のコスモ」のフレーズで始まりテンションが高く、アニメ声優のライブなどで披露されることも多い

・少年ジャンプで世界的な人気漫画「ドラゴンボール」は2009年にハリウッド版「DRAGONBALL EVOLUTION」として実写化した。
その酷い出来具合に原作者の鳥山明も批判、2016年に脚本を手がけたベン・ラムシーが謝罪するという事態に陥った。

注目セイント、アルデバランにデスマスク、シャカ


・牡牛座(タウラス)のアルデバラン

屈強な体を持つ剛の者で得意技はグレートホーン。

主人公の星矢たちが十二宮にやってきて、最初に戦うゴールドセイント。

星矢たちをブロンズセイントとあなどり余裕をかまして腕組みのまま戦う。


・乙女座(バルゴ)のシャカ

最も神に近い男と言われる実力者。

自分の前に現れた星矢たちを一瞬にして葬り去り、不死身と言われたフェニックス一輝をこれでもかと追い詰める。

冷静沈着で聡明な男のイメージは強いが、原作では「唯一つ神と違うのは弱者への慈悲心が無いこと」と語り星矢たちをボロクソにけなす。

続編なども含めてセイント星矢シリーズで最強キャラとの声が多い。

・蟹座(キャンサー)のデスマスク

殺戮を好む残虐な性格で教皇の悪事を知りつつも仕えていた男。

相手の魂と肉体を分離させて冥界へ落とす一撃必殺の積尸気冥界波(せきしきめいかいは)の使い手。

漫画でのゴールドセイントたちは気高くプライドを持つ人間が多いが、デスマスクだけはクズ。

そのため、連載当時に小学生で蟹座生まれの男性はデスマスクを嫌いな人が多い。



概要とスタッフ

映画公開日:ー
公式サイト:ー
ツイッター公式アカウント:ー
監督:トメック・バギンスキー
プロデューサー:池澤良幸(東映アニメーション)
エグゼクティブプロデューサー:車田正美、森下孝三(東映アニメーション)
製作総指揮:森下孝三
開発、製作:東映アニメーション、A Really Good Film Company Limited(ARGF)
原作:車田正美
原作連載期間:1985年〜1990年(週刊少年ジャンプ)

実写映画「セイント星矢」の情報まとめ

以上、日本から見ると成功する糸口が見えないものの、中国向けだったら意外にヒットするのかもしれない実写映画「セイント星矢」の情報まとめでした。






Pocket

実写映画「セイント星矢」まさかの実写化、中国向け” への1件のフィードバック

  1. 抱きしめた心のコスモ

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)