ドラマ「黒革の手帖」武井咲が銀座の女王 原作は松本清張


最終更新日:2017年5月18日

ドラマ「黒革の手帖」武井咲が銀座の女王に

何度もドラマ化されてきた松本清張の名作が武井咲主演で2017年7月、毎週木曜よる9時からテレ朝で放送です。

まず、「黒革の手帖」のあらすじを一言でまとめます。

悪女が銀座の最年少ママとなり華やかな戦いを繰り広げる

1978年から1980年に連載した「黒革の手帖」が原作となったドラマの2004年版では武井咲の事務所の先輩の米倉涼子の出世作ともなりました。

2017年版で武井咲が24歳の最年少のクラブのママとなり、新しい「黒革の手帖」を作ります。

武井咲が運営するクラブで働くホステスたちを演じるのは誰か、現代らしいどんなアレンジを盛り込んでくるかに期待です。

目次・黒革の手帖

あらすじ、横領して銀座のママになる悪女
キャスト、主演は武井咲
wikiメモ、2004年版は米倉涼子
武井咲、ゴリ押し批判を覆せるか
概要とスタッフ

あらすじ、銀行員が横領して銀座で最年少のママになる

原口元子は父親が亡くなった後に母親が背負った借金の返済に悩んでいた。

東林銀行で派遣社員として働く給料では足りず、元子は銀座のクラブでホステスとしても働いていた。

元子は昼は銀行員、夜はホステスと働いてなんとか親の借金を返済したものの、銀行で派遣切りの目にあってしまう。

金持ちを目にして生きたてきた元子は銀行への復讐を決意、違法の口座からお金を奪い取り総額1億8000万円を横領した。

さらには違法な借名口座のリスト「黒革の手帖」を武器にして銀行と交渉、銀座の一等地でクラブ「カルネ」をオープンする。

元子は銀座最年少のママとなり、夜の世界で華やかな戦いを繰り広げていく。

キャスト、主演は武井咲


原口元子(はらぐち・もとこ) – 武井咲
親の借金を返済するため昼の銀行と夜のホステスで働いてきた。
派遣切りにあった銀行で違法な口座から金を横領した。
銀座で最年少ママとなってクラブ「カルネ」を運営する。

安島富夫 – キャスト未発表
議員の公設秘書。
政略結婚する野心家だが、元子との恋に悩む。

山田波子 – キャスト未発表
元子に拾われてクラブ「カルネ」のホステスとして働く。
若く美しい女で客に大人気の野心家。

紺野澄江 – キャスト未発表
クラブ「カルネ」のホステスでバツ1。
控えめだが客の扱いは上手い。




Wikiwikiメモ、2004年の米倉涼子版は高視聴率

・松本清張の「黒革の手帖」は連続ドラマ、スペシャルドラマ、舞台などの原作として人気

・これまで主人公の原口元子をドラマで演じてきたのは米倉涼子(2004年)、浅野ゆう子(1996年)、大谷直子(1984年)、山本陽子(1982年)

・2004年の米倉涼子版の平均視聴率は15.7%、最高視聴率17.7%だった

・2004年版で出演したのは米倉涼子のほか釈由美子や吉岡美穂、仲村トオルや柳葉敏郎

武井咲、ゴリ押し批判を覆せるか

武井咲がドラマの出演に決まるたびに、ネットで上がるのが「ゴリ押し」との批判の声です。

武井咲はオスカープロモーションに所属、現在23歳ながらデビュー11年目で数え切れないほどのドラマに出演しています。

あまりにドラマに出演するために「また武井咲か」との批判も多い。

テレビ局が米倉涼子を人気ドラマ「ドクターX」に出演するためバーターで同じ事務所の武井咲をドラマに出演させているとの意見は頻繁に目にします。

ただ、同じくゴリ押しで批判されてきた同じ事務所の剛力彩芽は2017年4月からのドラマ「女囚セブン」で初回視聴率7.5%と同時間帯では驚異的な数字を叩き出して意地を見せている。

「黒革の手帖」の主演が発表された5月18日、すでにネットで批判の声だらけですが、武井咲の奮闘に期待です。



概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年7月、毎週木曜21時
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:ー
監督:本橋圭太、片山修
脚本:羽原大介(NHK連続テレビ小説「マッサン」アニメ「プリキュアシリーズ」など)
ゼネラルプロデューサー:内山聖子
プロデューサー:中川慎子、菊池誠、岡美鶴
原作:松本清張
ドラマ発表日:2017年5月18日
原作連載期間:1978年〜1980年(週刊新潮)

ドラマ「黒革の手帖」のストーリーや出演者、情報まとめ

以上、武井咲が出演するドラマが発表されるたびにゴリ推しと批判されてさすがにかわいそうなドラマ「黒革の手帖」のストーリーや出演者、情報まとめでした。

・2017年7月〜9月のドラマ情報のまとめはこちら






コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)