ドラマ「サヨナラ、えなりくん」まゆゆが狂気の女(旧サヨナラきりたんぽ)


最終更新日:2017年5月14日

ドラマ「サヨナラ、えなりくん」情報まとめ、主演はまゆゆ

AKB48の現役エース、渡辺麻友(まゆゆ)が2017年4月30日の日曜深夜から狂気のドラマを演じています。

まず、ドラマ「サヨナラ、えなりくん」のあらすじを一言でまとめます。

まゆゆが婚活で出会った男に特殊能力を発揮する狂気の女

ドラマ「サヨナラ、えなりくん」は主人公を演じるまゆゆが婚活で出会った男たちと関係が上手くいかなくなり、男の内なる「えなり」を除霊するカオスで危険な女を演じます。

当初は昭和時代に恋人を殺害して男性器を切り取った阿部定事件の現代版の「サヨナラ、きりたんぽ」からの路線変更、これが吉と出るか凶と出るか。

ドラマや映画を解説する「あらすじ大全」が「サヨナラ、えなりくん」のストーリーやキャストをご紹介します。

目次・サヨナラ、えなりくん

あらすじ
キャスト
うんちく情報
超カオス、まゆゆの除霊
まゆゆの注目ツイート
タイトル変更騒動
解説、阿部定事件とは
概要とスタッフ

あらすじ、可愛い女性が裏切った男の内なる「えなり」を除霊する特殊能力を発揮


竹細工を作っては売っている一見すると穏やかで可愛らしい女性の桐山さおり。

20歳を超えたさおりは婚活に精を出していた。

かおりは婚活で出会う男たちに入れ込むも関係が上手くいかない。

相手の男たちは妻がいたり極度のマザコン、酒乱やDV男などダメ男ばかりなのだ。

自分の純愛が裏切られたと知った時、かおりは狂気の顔を見せる。

クズな男の心の内には邪悪なる「えなり」が存在しているに違いない。

かおりは出会ったクズ男たちに「ごましお」をふりかけ、男の内なる「えなり」を除霊する。

そして、かおりはまた新たな男を見つけるために婚活に精を出すのだった。

キャスト、まゆゆに池田成志 えなりかずきに上地春奈


桐山さおり – 渡辺麻友(AKB48)
竹細工の製造販売を営む女性。
婚活に全力を尽くしている。
相手の本性を知って感情が爆発すると「ごましお」を使って除霊する。

えなりくん – えなりかずき
チャラい男たちの心の内に潜む悪霊。
さおりによって除霊される。

片栗 – 上地春奈
結婚に焦る35歳。
婚活パーティーで狙う男がさおりと被ってしまう。

村木沢茂 – 池田成志
さおりのいけつけのバーの店長で40歳。
さおりの除霊の能力を知る人物であだ名は「村ちゃん」。

下野倉保 – 石垣佑磨
第1話のえなり。
輸入雑貨店を営むイケメン社長。
婚活で出会うさおりの身体に興味がある。

坊園林太郎 – 渡部豪太
第2話のえなり。
華道「坊園流」の次期家元で改革派。

小玉置太志 – 内田朝陽
第3話のえなり。
アウトドアが趣味のワイルドな男。



うんちくポイント、演技バトルでまゆゆが優勝して主演ドラマを獲得

・ドラマは現代を舞台にした1話完結のストーリー

・2016年4月〜9月のAKB48グループ出演のドラマ「AKBラブナイト 恋工場」の演技バトルで渡辺麻友が1位を獲得し2017年春ドラマの主演が決まった

・前回の演技バトルの優勝者の島崎遥香は2016年10月からの月曜24時の枠でドラマ「警視庁ナシゴレン課」の主演を務めた

・本作の監督の佐藤太は2012年にテレ東の深夜ドラマでまゆゆ主演の「さばドル」でも監督を務めた

・主題歌を担当するのはまゆゆの「守ってあげたくなる」でソロ6枚目のシングル

超カオス、まゆゆが「ごま塩」を使って男からえなりを吐き出し除霊


4月30日の深夜から放送を開始したドラマ「サヨナラえなりくん」が超カオスだと話題です。

当初の男性の下腹部を切断する設定から一変、まゆゆが男の中に潜む「えなり」を除霊する物語になりました。

男の本性を知るとまゆゆが「さてはえなりだな!?」と切れて、男を拘束してごま塩を振りかける。

「えなりなるもの、えなりなるものたち…、えなり、こい!」。

まゆゆが男を叩くと、その体から「諸悪の根源えなり」が出てくる。

そして、まゆゆはこう告げる。

「男を惑わすえなりの魂よ、彼方へと去れ!」。

まゆゆは男の中にある「えなり」を除霊するのだ。




注目ツイート、まゆゆかわいい

タイトル変更騒動、「きりたんぽ」から「えなりくん」に変更

テレビ朝日は3月4日、2017年4月の日曜深夜のドラマのタイトルを「サヨナラ、きりたんぽ」と発表した。

きりたんぽ(切蒲英)とはつぶしたご飯を棒に巻き付けて焼いて、その後に食べやすく切る食品で秋田県の郷土料理だ。

当初はまゆゆが男性の下腹部を切り取る狂気のストーリーだった。

きりたんぽの長い棒(男性の下腹部)を切って食べるところが、ドラマの題名「さよなら、きりたんぽ」のイメージ。

ドラマのストーリー発表後、秋田県庁やきりたんぽ発祥の地の鹿角市のほか大館市、北秋田市の市役所に苦情が相次ぐ。

秋田県は特産品のきりたんぽが不適切に扱われていると主張、テレビ朝日は申し入れを受けてタイトルを変更。

3月8日時点で、ドラマの公式サイトでは「サヨナラ、きりたんぽ」が「タイトル未定」に差し替えられ、4月21日に「サヨナラ、えなりくん」に変わった。

解説、阿部定事件とは


阿部定(あべ・さだ)とは1905年(明治38年)5月28日生まれの芸者、売春婦。

美少女として生まれたものの不良少女として育ち芸者として働き始めた後に売春婦となる。

料理店で働いた時の店長の石田と交際して駆け落ち、セックスで窒息プレイなどをして相手を殺害してしまった時に男性器を切り取る。

猟奇的な殺人犯と見られた阿部定を新聞などが煽り、捜索の際には阿部定パニックが起きた。

裁判で阿部定は相手と一緒にいたかったためにペニスを切り取ったと供述、懲役6年の判決が下る。

出所後に有名人となった阿部定は偽名で生活するも「お定本」と呼ばれるエロ雑誌などが出回り生活に苦労した。

その後に一連の阿部定事件をモチーフにした小説などが製作され、1997年の大島渚監督の映画「愛のコリーダ」や1990年代の「失楽園」が大ヒットした。

男性の性器を切り取る事件が起きると「平成の阿部定事件」などと呼ばれやすい。

阿部定本人は1974年ごろに失踪、1990年前後に亡くなったと言われる。

俳優の阿部サダヲは芸名を阿部定からとった。

概要とスタッフ 喜安浩平にさばドルの佐藤太、主題歌もまゆゆ

ドラマ放送日:2017年4月30日、毎週日曜深夜24時40分〜25時10分
放送局:テレビ朝日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@sayonaraenari
まゆゆのツイッター表アカウント:@karaage_mayu
脚本:喜安浩平(映画「桐島、部活やめるってよ」「ディストラクション・ベイビーズ」など)、松本哲也
監督:佐藤太(ドラマ「さばドル」など)
主題歌:渡辺麻友「守ってあげたくなる」
原作:秋元康

ドラマ「さよなら、えなりくん」のストーリーや出演者、うんちくまとめ

以上、タイトル変更騒動で完全にまゆゆがとばっちりのドラマ「さよなら、えなりんくん」のストーリーや登場人物、うんちく情報まとめでした。

・話題の2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら


・元AKB48グループメンバーが2017年に出演するドラマ・映画まとめはこちら







コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)