ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」


記事公開日:2017年2月2日
最終更新日:2017年2月24日 
画像:角川書店

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」あらすじまとめ、主演は観月ありさ

2017年4月のフジの日曜よる9時の枠のドラマは不思議なミステリー小説が原作になります。

まず、ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のあらすじを一言でまとめます。

3度の飯より骨が好きな変人お姉さんの探偵物語

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は骨好きの変人お姉さんが独自の視点から怪事件を解決していく物語。

残念美人お嬢さんと言われる主人公を演じるのは本作で26年連続の連ドラ主演となる観月ありさです。

では、ドラマや映画などのあらすじを解説する「あらすじ大全」が「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のストーリーやキャストをご紹介します。

目次・櫻子さんの足下には死体が埋まっている

あらすじ
キャスト
うんちく情報
ドラマの概要

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のあらすじ


平凡な高校生の館脇正太郎には風変わりな知り合いがいる。

一見すると美しいお姉さんだが、その実体は三度のメシより骨が好きな変人の九条櫻子さん。

櫻子さんは骨が好きなあまり標本士になってしまった残念美人と言われる。

ある日、正太郎の母親が経営するアパートで入居者が死んでいる事件が起きた。

密室での死亡事故で警察も困惑している時、櫻子さんは骨と死体の状態から真実を探るのだ。

そして、正太郎は櫻子さんの不思議な推理に付き合わされていく。

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の主要キャスト

九条 櫻子(くじょう・さくらこ) – 観月ありさ
古くから建つ屋敷で生活する美しい女性。
三度の飯より骨が好きな変人。
骨好きが高じて標本士としての資格を持つ。

館脇 正太郎(たてわき しょうたろう) – キャスト未定
平凡な高校生ながら真面目な人生を過ごしてきた。
櫻子と知り合ってから振り回されながら事件解決に協力する。

鴻上 百合子(こうがみ・ゆりこ) – キャスト未定
正太郎の同級生。
正太郎と櫻子の仲が気になっている。

沢 梅(さわ・うめ) – キャスト未定
櫻子の屋敷で働くおばあさん。
強気な櫻子に説教が出来る唯一の人物。



「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のうんちくポイント

・2017年2月2日付の週刊文春が4月からの日曜よる9時ドラマは「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」で主演は観月ありさと報じた

・観月ありさは1992年のドラマ「ボクたちのドラマシリーズ『放課後』」から26年連続での連続ドラマ主演となる

・原作での九条櫻子の年齢は20代半ばと言ったところで、40歳になった観月ありさがどう櫻子さんを演じるのかに話題が集まっている

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の概要

ドラマ放送日:2017年4月、毎週日曜21時
放送局:フジテレビ
公式サイト:ー
脚本:山岡潤平(ドラマ「マジすか学園」シリーズ、「家政夫のミタゾノ」)
音楽:菅野祐悟
原作:太田紫織
プロデューサー:森安彩

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のストーリーや登場人物、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」による「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のストーリーや登場人物、うんちく情報まとめでした。

・2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら







コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)