映画「検察側の罪人」木村拓哉と二宮和也が共演

最終更新日:2018年1月8日

映画「検察側の罪人」、キムタクとニノが夢の共演

元SMAPの木村拓哉と嵐の二宮和也が共演する夢の映画が2018年8月24日に公開されます。

まず、映画「検察側の罪人」のあらすじを一言でまとめます。

ベテラン検事と若手検事が互いの正義を巡って対立する

「検察側の罪人」はベテラン検事をキムタク、若手検事をニノが演じて正義を巡り対峙します。

雫井脩介による原作は時効や復讐など重いテーマの物語で忠実に映画化するならダークな木村拓哉が見られるかもしれません。

ヒロインには吉高由里子、クセのある登場人物に松重豊や山崎努など実力派の俳優が揃いました。

目次・検察側の罪人

あらすじ
キャスト
wikiメモ
注目点、黒キムタク(ネタバレなし)
概要とスタッフ

あらすじ、若手とベテランの検事が正義を巡って対立


蒲田で老夫婦の刺殺事件が起きた。

事件を担当する検事はベテランの最上毅と若手の沖野啓一郎。

容疑者の名前を調べた最上は驚愕する。

そこには、かつて最上が世話になった寮の管理人夫妻の一人娘を殺害した容疑のある松倉の名前があった。

松倉は殺人事件の容疑があったものの決定的な証拠が出ず、事件は時効を迎えてしまった。

復讐心に火がついた最上はなんとしても松倉を今回の老父婦殺人事件の犯人にしようとする。

正義を貫こうとするあまりに苛烈な取り調べを続けていく最上を見て、沖野は反発する。

正義とはいったい何なのか。

二人の検事がそれぞれの正義を抱えて対決する。

キャスト、キムタクとニノ 吉高由里子に松重豊


最上毅 – 木村拓哉(元SMAP)
東京地検のベテラン検事。
何よりも正義を重んじる真っ直ぐな検事。
知人を殺した疑惑がありながら時効を迎えた松倉に対して怒りを抱いている。

沖野啓一郎 – 二宮和也(嵐)
最上の教え子の若手検事。
老夫婦の刺殺事件について容疑者の松倉への取り調べを担当する。
口を割らない容疑者の松倉と強引な先輩の最上との間で正義について悩みだす。

橘沙穂 – 吉高由里子
老夫婦の刺殺事件の立会事務官。

諏訪部利成 – 松重豊
銃などを取り扱う裏稼業のブローカー。
物は売っても人は売らないがポリシー。

白川雄馬 – 山崎努
人権派の大物弁護士。

弓岡嗣郎 – 大倉孝二
殺人事件の容疑者の1人。

丹野和樹 – 平岳大
最上の重要な決断に影響を及ぼす国会議員。

小田島誠司 – 八嶋智人
沖野とともに検察との闘いに挑む弁護士。

松倉重生 – キャスト未発表
老夫婦の刺殺事件の容疑者の一人。
最上が住んでいた学生寮の管理人の娘を殺害した容疑があった。
かつての事件では証拠が出ずに時効を迎えた。

久住由季 – キャスト未発表
最上が若い時に住んでいた寮の管理人の娘。
中学生の時に殺害されてしまう。

水野比佐夫 – キャスト未発表
老夫婦の刺殺事件を追う記者。

・出演が決定した俳優
矢島健一、音尾琢真(TEAM NACS)、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜




Wikiwikiメモ「正義とはこんなにいびつで、こんなに訳の分からないものなのか」

・キムタクにとってSMAP解散後に撮影する初めての映画

・元SMAPと嵐のメンバーが同じ作品に出演するのは初めて

・木村拓哉がSMAPを卒業することで、グループごとの垣根がなくなり共演が可能になったと言われる

・キャッチコピーは「正義とはこんなにいびつで、こんなに訳の分からないものなのか」

・原作通りにいくと、2つの事件の容疑者の松倉はこれでもかと言うぐらいに胸糞悪いキャラクター

・映画のロケ地は埼玉県の三郷市や草加市

・アガサ・クリスティの法廷サスペンス小説「検察側の証人」とは全く別の物語

注目点、黒キムタク いつもの正義100%とは違う姿か(ネタバレなし)

映画「検察側の罪人」でキムタクはベテラン検事の最上毅を演じます。

原作では最上毅は法律と正義、復讐と正しさなどに葛藤してある意味で暴走していく人間です。

これまでキムタクが演じてきたキャラクターと言えば、絶対に正しく周りからも認められる正義100%の白キムタクでした。

ただ、「検察側の罪人」では原作から多少のアレンジがあったとしてもキムタクが演じる検事が完全に正義でいるのは困難。

映画「検察側の罪人」では復讐に燃えてダークな部分を見せる黒キムタクが登場しそうです。

概要とスタッフ 監督は原田眞人

映画公開日:2018年8月24日
公式サイト:ー
監督・脚本:原田眞人(映画「クライマーズ・ハイ」「関ヶ原」など)
音楽:富貴晴美、土屋玲子
配給:東宝
映画撮影期間:2017年7月12日〜9月上旬
原作:雫井脩介
原作発売日:2013年9月10日(文藝春秋)

・2017年以降の嵐メンバーのドラマや映画の出演作品まとめ

・2018年の映画情報のまとめ






映画「関ヶ原」原作は司馬遼太郎、岡田准一と松山ケンイチが同志

最終更新日:2017年8月19日
画像:新潮社

映画「関ヶ原」主演の石田三成を岡田准一、直江兼続は松ケン

日本の戦国時代の歴史の一大ハイライトの「関ヶ原」をテーマにした映画が2017年8月26日に公開します。

司馬遼太郎の大作で主演を務めるのはジャニーズの実力派の岡田准一です。

まず、映画「関ヶ原」のあらすじを一言でまとめます。

司馬遼太郎が描いた純粋武将・石田三成を岡田准一が演じる

日本の歴史小説の大家の司馬遼太郎が1960年代に描いた「関ヶ原」が初めての映画化です。

西軍を率いた石田三成を岡田准一が演じ、東軍の総大将の徳川家康は役所広司が担当して壮大なストーリーが描かれる。

監督の原田眞人が熱望していた映画「関ヶ原」はどれだけの迫力を持ってスクリーンに出てくるのかに期待です。

目次:関ヶ原

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
特報映像
解説:関ヶ原の戦い
ロケ地
スタッフ

あらすじ、徳川家康と石田三成による天下分け目の決戦


日本の戦国時代は英雄たちの死によって最終局面を迎えていた。

覇王と呼ばれ天下統一の目前で倒れた織田信長、その意志を継いだ豊臣秀吉も病死した。

石田三成は能力の高さから豊臣秀吉に愛され、豊臣家に深い忠誠を誓っている。

だが、五大老の1人だった前田利家が亡くなると徳川家康は天下への野心をあらわにした。

石田三成は五大老のひとり上杉景勝と部下の直江兼続と共に徳川家に対抗しようとする。

徳川家康は上杉家に謀反の疑いがあると使者を送るが、上杉家からは挑戦状(直江状)が返ってきた。

徳川家康はその挑発にのり上杉家の征伐を決意する。

天下を手中に収めた豊臣家分裂をきっかけとした争いは関ケ原にて徳川家康と石田三成の天下分け目の決戦となっていく。

キャスト、岡田准一や役所広司 松ケンや有村架純


石田三成 – 岡田准一
豊臣家に忠誠を誓う純粋すぎる武将。
豊臣家を中心とする正義を信じ、直江兼続らと共謀して徳川家康と対峙する。

徳川家康 – 役所広司
豊臣秀吉が亡くなると天下への野心を明らかにする。
老練な武将で豊臣家の顔を立てながら実質的な支配力を強めていく。

直江兼続 – 松山ケンイチ
上杉景勝の重臣で正義を愛する石田三成と親友。
徳川家康を挑発する直江状をしたためる。

初芽 – 有村架純
石田三成の部下で、三成を女性の立場で支える。

島左近 – 平岳大
石田三成の家臣でありながら師匠のような人物。
理想に走りがちな三成を現実的な視点で補佐する。

小早川秀秋 – 東出昌大
石田三成ら西軍に所属しながらも東軍の徳川家康と通じている。

豊臣秀吉 – 滝藤賢一
日本を手中に収めた天下人。

・その他のキャスト
花野 – 中越典子
井伊直政 – 北村有起哉
蛇白 – 伊藤歩
福島正則 – 音尾琢真
黒田長政 – 和田正人
北政所 – キムラ緑子
前田利家 – 西岡徳馬
尼僧妙善 – 壇蜜



Wikiwikiメモ、国宝級の建造物でもロケ

・撮影は滋賀、京都が中心で国宝級の建造物でもロケが実施される

・監督の原田眞人25年前から関ケ原の映画化を熱望しており、島左近や小早川秀秋、島津維新入道などの主役バージョンも考えていた

・原作の関ケ原は物語は徳川家康と部下の本多正信、石田三成と部下の島左近の4人が中心となって物語が展開していく

・クライマックスの合戦シーンでは約4000人のエキストラや300頭の馬を集める

公式ツイッター、空前絶後の戦国エンタテインメント

特報映像




解説・関ヶ原の戦いとは

関ヶ原の戦いとは西暦1600年10月21日現在の岐阜県不破郡関ケ原町を主戦場とした戦い。

天下統一を果たした豊臣秀吉が亡くなり、豊臣家での対立と徳川家康の台頭などにより争いが起きた。

徳川家康を総大将とする東軍と、総大将が毛利輝元で石田三成が中心となった西軍の二つに分かれる。

石田三成の西軍が有利と見られていたが、西軍の小早川秀秋の裏切りにより徳川家康の東軍が勝利を収めた。

内通していたはずも動かない小早川秀秋に対して徳川家康が威嚇射撃をし、驚いた小早川軍が動いたという逸話が有名。

ロケ地

概要とスタッフ 監督と脚本は原田眞人

映画公開日:2017年8月26日
映画公式サイト:http://sekigahara-movie.com/
ツイッター公式アカウント:@sekigaharamovie
監督、脚本:原田眞人(映画「突入せよ! あさま山荘事件」「クライマーズ・ハイ」など)
原作:司馬遼太郎
配給:東宝、アスミック・エース(共同配給)
映画撮影期間:2016年8月~10月
原作連載期間:1964年7月~1966年8月

・2017年のその他の映画情報のまとめ