2017年末の紅白歌合戦、出演者や曲順と特別企画 安室奈美恵は終盤 平成29年末

最終更新日:2017年12月31日

紅白歌合戦2017、出演者や曲順 特別企画まとめ

インターネットの普及でテレビを見る人が減ってきたとは言え、2016年末の紅白歌合戦(後半)の視聴率は40%超えと国民的番組の立ち位置は変わりません。

第68回となる2017年末の紅白歌合戦の総合司会は内村光良、白組司会が二宮和也に紅組司会が有村架純です。

紅組と白組の出演者は11月16日に発表されるも目玉と噂された安室奈美恵は正式な出演者に入らず。

ところが12月19日、NHKは安室奈美恵が特別出演歌手として出場すると発表しました。

12月23日には曲順・曲目も決定、トップはHey!Say!JUMPとLittle Glee Monster、トリは石川さゆりさんとゆず。

今年の紅白の放送日程は2017年12月31日(日)で前半が19時15分〜20時55分、後半が21時00分〜23時45分となります。

目次・紅白歌合戦2017-2018

出演者
曲目・曲順
総合司会、司会
紅組
白組
審査員
前年2016年の出演者

2017年の紅白歌合戦、出演者

・2017年紅白の出演者、結果発表
総合司会:内村光良(11月13日)、NHKの桑子真帆アナウンサー(11月16日)
白組司会:二宮和也(11月13日)
紅組司会:有村架純(11月13日)
紅組と白組(11月16日)
特別出演、安室奈美恵(12月19日)
ゲスト審査員(12月21日)
特別出演、桑田佳祐(12月22日)

<紅組出演者>
(カッコ内は出場回数)
【紅組】
AI(3)
E-girls(5)
石川さゆり(40)
市川由紀乃(2)
AKB48(10)
丘みどり(初)
倉木麻衣(4)
欅坂46(2)
坂本冬美(29)
椎名林檎(5)
SHISHAMO(初)
島津亜矢(4)
Superfly(2)
高橋真梨子(5)
天童よしみ(22)
TWICE(初)
西野カナ(8)
乃木坂46(3)
Perfume(10)
松たか子(3)
松田聖子(21)
水森かおり(15)
Little Glee Monster(初)

<白組出演者>
嵐(9)
五木ひろし(47)
X JAPAN(8)
エレファントカシマシ(初)
関ジャニ∞(6)
郷ひろみ(30)
三代目 J Soul Brothers(6)
SEKAI NO OWARI(4)
Sexy Zone(5)
竹原ピストル(初)
トータス松本(初)
TOKIO(24)
氷川きよし(18)
平井堅(8)
福田こうへい(4)
福山雅治(10)
Hey! Say! JUMP(初)
星野源(3)
三浦大知(初)
三山ひろし(3)
山内惠介(3)
ゆず(8)
WANIMA(初)

<特別出演歌手>
安室奈美恵、桑田佳祐

・2016年紅白の実績と発表日
白組司会:相葉雅紀、11月12日
紅組司会:有村架純、11月12日
総合司会:武田真一NHKアナウンサー、11月24日
白組、紅組発表:11月24日
スペシャルゲスト「タモリ、マツコ・デラックス」:12月7日
曲目の発表:12月19日
ゲスト審査員:12月21日
曲順の決定:12月25日




曲目と曲順、トップは平成ジャンプにリトグリ 大トリはゆず

・前半「19時15分〜20時55分」

1.(白)Hey!Say!JUMP(初) 「Come On A My House」
2.(紅)Little Glee Monster(初) 「好きだ。~歌を歌おうver.~」
3.(白)山内惠介(3) 「愛が信じられないなら~貴公子たちの舞踏会~」
4.(紅)E-girls(5) 「Love ☆ Queen」

〜審査員紹介〜

5.(紅)SHISHAMO(初) 「明日も~紅白2017年ver.~」
6.(白)三山ひろし(3) 「男の流儀~けん玉世界記録への道~」
7.(紅)AI(3)×渡辺直美 「キラキラ」
8.(白)竹原ピストル(初) 「よー、そこの若いの」
9.(紅)丘みどり(初) 「佐渡の夕笛」
10.(白)Sexy Zone(5) 「ぎゅっと」
11.(紅)市川由紀乃(2) 「人生一路」
12.(白)福田こうへい(4) 「王将」

13.(白)三代目 J Soul Brothers(6) 「HAPPY~紅白スペシャルバージョン~」
14.(紅)天童よしみ(22) 「道頓堀人情」
15.(白)SEKAI NO OWARI(4) 「RAIN」
16.(紅)倉木麻衣(4) 「渡月橋~君 想ふ~」

17.(紅)TWICE(初) 「TT-Japanese ver.-」
18.(白)三浦大知(初) 「三浦大知 紅白スペシャル」
19.(紅)水森かおり(15) 「早鞆ノ瀬戸」
20.(白)WANIMA(初) 「ともに」
21.(紅)島津亜矢(4) 「The Rose」
22.(白)郷ひろみ(30) 「2億4千万の瞳~GO!GO!バブルリミックス~」

〜紅白ハーフタイムショー、渡辺直美・ブルゾンちえみ with B オースティン・マホーン〜

・後半「21時00分〜23時45分」

23.(紅)欅坂46(2) 「不協和音」
24.(白)関ジャニ∞(6) 「なぐりガキBEAT」
25.(白)福山雅治(10) 「トモエ学園」
26.(紅)坂本冬美(29) 「男の火祭り」
27.(紅)西野カナ(8) 「パッ」
28.(白)TOKIO(24) 「AMBITIOUS JAPAN!」
29.(白)五木ひろし(47) 「夜空」
30.(紅)乃木坂46(3) 「インフルエンサー」

〜白組特別企画、紅白歌手全員「いつでも夢を」〜

〜紅組特別企画「ひよっこ 紅白特別編」〜

31.(紅)松田聖子(21) 「新しい明日」
32.(白)平井堅(8) 「ノンフィクション」
33.椎名林檎(5)&トータス松本(初)「目抜き通り」
34.(紅)Perfume(10) 「TOKYO GIRL」
35.(白)X JAPAN(8) 「ENDLESS RAIN 2017 紅白スペシャル」
36.(紅)AKB48(10) 「視聴者が選んだ夢の紅白SPメドレー」
37.(白)エレファントカシマシ(初) 「今宵の月のように」
38.(紅)松たか子(3) 「明日はどこから」
39.(白)星野源(3) 「Family Song」
40.(紅)Superfly(2) 「愛をこめて花束を」

〜紅組特別企画「ひよっこ 紅白特別編 Part2」〜

41.(白)嵐(9) 「嵐×紅白スペシャルメドレー」
42.(紅)高橋真梨子(5) 「for you…」
43.(白)氷川きよし(18) 「きよしのズンドコ節」

〜安室奈美恵「Hero」〜

〜桑田佳祐「若い広場」〜

44.(紅)石川さゆり(40) 「津軽海峡・雪景色」
45.(白)ゆず(8) 「栄光の架橋」

総合司会は内村光良 白組司会は二宮和也に紅組は有村架純

2017年11月13日、NHKは紅白の総合司会にお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良、白組司会に嵐の二宮和也、紅組司会に有村架純だと発表しました。

白組司会は嵐のメンバーが有力視されていたため、二宮和也は驚きのない結果に。

紅組司会は2017年のNHK連続ドラマ小説「ひよっこ」の主人公として多くの視聴者の支持を得た大本命の有村架純で2年連続の大役。

サプライズは総合司会。

これまでNHKのキャスターが多かった取り仕切りの役に内村光良の抜擢です。

11月16日にNHKの桑子真帆アナウンサーも総合司会を務めると発表されました。

〜司会に関する週刊誌の報道〜

白組司会は嵐の大野智か櫻井翔に内定(日刊大衆、9月26日)

嵐は2020年の東京五輪のNHKメインパーソナリティに内定しているため、2016年から2020年まで5人が順番に一人ずつ白組の司会を担当する(日刊大衆、9月26日)

NHK紅白歌合戦の総合司会にはNHK桑子真帆アナウンサー(30)が内定した(11月16日、日刊スポーツ)




紅組の出演者、目玉の安室奈美恵は特別出演歌手で出場

紅組の出演者予想で最大の目玉として幾度となく報道されていたのが、来年9月に引退を発表した安室奈美恵。

NHKの上田良一会長は10月5日の定例会見で安室奈美恵の出演希望を明言していました。

ただ、安室奈美恵本人が紅白出場に否定的、交渉は難航しているとの報道も出ていた。

NHKは11月6日、特集番組「安室奈美恵 告白」を11月23日の木曜(祝日)の22〜23時で放送すると発表。

何としてでも紅白に安室奈美恵を出場してもらおうとNHKの努力が伺えますが、11月16日の出演メンバーに安室奈美恵は含まれず。

ただ、NHKは12月19日に安室奈美恵が特別出演歌手として出場すると発表しました。

NHKの必死の交渉が実ったようです。

安室奈美恵は1995年から2003年まで9回連続で紅白に出場、その後は参加していませんでした。

安室奈美恵は3回目の出場となった1997年の紅白では紅組のトリとして「CAN YOU CELEBRATE?」を歌って人々を感動させた経験を持っています。

・紅組関連の事前報道

松たか子が18年ぶりに紅白に帰ってくるようです(週刊女性、10月25日)

Little Glee Monster「リトル・グリー・モンスター(リトグリ)」、丘みどりが内定(スポニチ、11月13日)

TWICE、SHISHAMO(シシャモ)が初出場(サンスポ、11月16日)

白組の出演者、星野源に平成ジャンプ 竹原ピストルにトータス松本

2017年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌を担当したのが桑田佳祐。

例年通りにサザンオールスターズの年越しライブがあるものの、中継での出演が有力視されていしたが出演メンバーに含まれず。

スポニチは10月10日、小沢健二は1996年以来21年ぶりに出場することが内定したと報じましたが外れました。

スポニチは11月13日、ブルゾンちえみが「地球上に男は何人いると思ってんの。35億、あと5000万人」のネタに使うテーマ曲「ダーティ・ワーク」を歌うオースティン・マホーンの白組からの正式出場を決めたと発表するも正式発表に含まれず。

歌唱力とダンススキルの双方に評価の高い三浦大知は11月13日の各スポーツ紙が一斉に「当確」と報じました。

11月15日には大手スポーツ紙が「平成ジャンプが初出場内定」と発表していました。

NHKは12月22日、連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌を歌った桑田佳祐が特別出演歌手として出場すると発表、特別企画として「ひよっこ 紅白特別編」を披露します。

・白組関連の事前報道

Hey!Say!JUMPと三浦大知は当確、GENERATIONS(EXILEファミリー)も出る可能性は高い(週刊女性、10月25日)

BOYS AND MEN(ボイメン)が内定した(週刊女性、10月25日)

WANIMA、竹原ピストルが有力(スポニチ、11月13日)

三浦祐太朗、純烈を推す声もある(スポニチ、11月13日)

Hey! Say! JUMPが初出場内定(日刊スポーツ、スポーツ報知、11月15日)

エレファントカシマシが初紅白内定(日刊スポーツ・スポニチ、11月16日)

WANIMA(ワニマ)、竹原ピストルが初出場(サンスポ、11月16日)




2017年紅白の審査員

加藤一二三、鈴木亮平、高橋一生、林真理子、宮本信子、村上茉愛、村田諒太、吉岡里帆

〜審査員の事前報道〜

藤井聡太四段、加藤一二三九段、浅田真央、宮里藍(日刊大衆、9月27日)

昨年2016年末の紅白の出演者の一覧

順番、白紅組、名称、出場回数、曲名。
・前半
1【白】関ジャニ∞(5)「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」
2【紅】PUFFY(初)「PUFFY 20周年紅白スペシャル」
3【白】AAA(7)「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」
4【紅】E-girls(4)「DANCE WITH ME NOW!」
5【紅】欅坂 46(初)「サイレントマジョリティー」
6【白】三山ひろし(2)「四万十川~けん玉大使編~」
7【白】山内惠介(2)「流転の波止場~究極の貴公子編~」
8【紅】miwa(4)「結 -ゆい-」
9【白】Sexy Zone(4)「よびすて 紅白 ’16」
10【紅】天童よしみ(21)「あんたの花道」
11【白】SEKAI NO OWARI(3)「Hey Ho from RPG」
12【紅】市川由紀乃(初)「心かさねて」
13【白】三代目 J Soul Brothers(5)「Welcome to TOKYO」
14【紅】香西かおり(19)「すき~真田丸スペシャル Ver.~」
15【紅】椎名林檎(4)「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016-」
16【白】福田こうへい(3)「東京五輪音頭」
17【紅】絢香(8)「三日月」
18【白】郷ひろみ(29)「言えないよ」
19【白】V6(3)「Smile!メドレー」
20【紅】水森かおり(14)「越後水原~白鳥飛翔~」
21【紅】いきものがかり(9)「SAKURA」
22【白】ゆず(7)「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」

企画「紅白HALFTIME SHOW」渡辺直美・ピコ太郎

・後半
23【白】RADWIMPS(初)「前前前世 [original ver.]」
24【紅】乃木坂 46(2)「サヨナラの意味」
2.【白】福山雅治(9)「2016 スペシャルメドレー」
26【紅】島津亜矢(3)「川の流れのように」
27【白】RADIO FISH(初)「PERFECT HUMAN」
28【紅】西野カナ(7)「Dear Bride」
29【白】桐谷健太(初)「海の声~みんなの海の声バージョン~」
30【紅】AI(2)「みんながみんな英雄」
31【紅】AKB48(9)「夢の紅白選抜SPメドレー」
32【白】五木ひろし(46)「九頭竜川」
33【白】KinKi Kids(初)「硝子の少年」
34【紅】Perfume(9)「FLASH」
35【白】星野源(2)「恋」
36【紅】大竹しのぶ(初)「愛の讃歌」
37【紅】坂本冬美(28)「夜桜お七」
38【白】TOKIO(23)「宙船」
39【紅】松田聖子(20)「薔薇のように咲いて 桜のように散って」
40【白】X JAPAN(7)「紅」
41【紅】高橋真梨子(4)「ごめんね…」
42【白】THE YELLOW MONKEY(初)「JAM」
43【白】氷川きよし(17)「白雲の城」
44【紅】宇多田ヒカル(初)「花束を君に」
45【紅】石川さゆり(39)「天城越え」
46【白】嵐(8)「嵐 × 紅白スペシャルメドレー」

・2017年末、2018年始のテレビ番組のまとめはこちら






【2016年末】年末テレビ番組まとめ、あらすじやキャスト一覧【2016年版】

最終更新日:2017年1月1日 

【2016年末】年末テレビ番組まとめ、あらすじやキャスト一覧【2016年版】

2016年の年末を迎えました。

2016年は1月からSMAPの解散騒動が沸き起こり、ついには年末に解散するという事態になってしまいました。

テレビ業界ではSMAPが話題の中心になり続けた年だったと言えますね。

ドラマの低視聴率が続く中で健闘したのは4月の春ドラマで嵐の大野智と波瑠の「世界一難しい恋(セカムズ)」、10月の秋ドラマで恋ダンスが大ヒットしたガッキーこと新垣結衣の「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」。

映画界では「シン・ゴジラ」が火を吹き、「君の名は。」が歴史的ヒットになり好調な一年でしたね。

そんな2016年末の年末テレビ欄の情報をまとめて、随時更新していきます。

2016年の年末のテレビ番組の一覧(放送終了)

1fj4pjj633fmjjw1478609189_1478609204

20日(火)

・19時
TBS「池上彰が選んだ2016年 決定的瞬間!〜教えてもらう前と後〜」:バラエティ(19〜21時)

日テレ「火曜サプライズ 今年ブレークした芸能人が大集合&豪華アポなし連発の2時間SP!」:バラエティ(19〜21時)

フジテレビ「 クイズやさしいね2時間SP」:バラエティ(19〜21時)

・21時
フジテレビ「クリスマスドラマSP・わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」:ドラマ(21時〜22時48分)

TBS「マツコの知らない世界【スーパー銭湯の世界&人生ゲームの世界】」:バラエティ(21〜22時)

日テレ「幸せ!ボンビーガール クリスマス2時間SP」(21〜23時)

・22時
TBS「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」最終回:ドラマ(22時〜23時09分)

21日(水)

・19時
フジテレビ「おじゃMAP!!スペシャル」:バラエティー(19時〜20時54分)

TBS「林修の歴史ミステリー 徳川家260年最大の謎 隠された財宝3000億円徹底解明スペシャル」:徳川埋蔵金もの(19〜22時)

テレ朝「くりぃむクイズ ミラクル9 3時間スペシャル」(19〜22時)

・22時
フジテレビ「モノサシふたり」:バラエティー(22時〜23時24分)

22日(木)


・19時
フジテレビ「世界の」いたずらドッキリ映像35連発:バラエティー(19時〜20時54分)

日テレ「ぐるナイ ゴチになります!17今夜クビが決まる!大精算4HSP」(19〜23時)

TBS「モニタリング&三代目 4時間スペシャル」(19〜23時)

・21時
フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」:バラエティー(21時〜23時18分)

テレ朝「ドクターX~外科医・大門未知子~(最終回)」:ドラマ(21〜22時) 

23日(金)

・18時
フジテレビ「全日本フィギュアスケート選手権2016 男子ショートプログラム」(18時30分〜21時24分)

・19時
テレビ朝日「ミュージックステーション」:音楽(19時〜23時10分)

日テレ「超問!真実か?ウソか?日テレ系人気キャスター大集合SP」:バラエティ(19〜21時)

・20時
TBS「ぴったんこカン・カンスペシャル」:バラエティ(19時56分〜22時54分)

・21時
日テレ「金曜ロードSHOW!『ベイマックス』」:映画(21〜23時)

フジテレビ「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」:映画(21時30分〜23時50分)

24日(土)

・15時
フジテレビ「世にも奇妙な物語SMAPの特別編」:ドラマ(15時〜17時30分)

・18時
フジテレビ「全日本フィギュアスケート選手権2016 女子ショートプログラム 男子フリー」(18時30分〜23時10分)

・19時
TBS「ジョブチューン〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!3時間SP」:バラエティ(19時〜22時)

日テレ「エンタの神様&有吉の壁 クリスマスイブは爆笑パーティーで盛り上がろう!SP」:バラエティ(19時〜23時34分)

テレ朝「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル 保存版!未確認生物UMA大図鑑SP」:バラエティ(18時56分〜21時24分)
・21時
テレ朝「バイオハザードV:リトリビューション」:映画(21時30分〜23時06分)

・23時
TBS「新チューボーですよ!最終回ですよ!スペシャル」:料理(23時30分〜24時)



25日(日)

・19時
フジテレビ「全日本フィギュアスケート選手権2016 女子フリー」(19時〜21時30分)

TBS「珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービーSP」:バラエティ(18時55分〜21時)

テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル たけし&爆笑問題の2016をザワつかせた30人」(18時57分〜23時10分)

・21時
TBS「林先生が驚いた2016年10大ニュースの初耳学SP」:バラエティ(21時〜)

日テレ「行列のできる法律相談所 話題の芸能人が生放送で懺悔!!2時間SP」(21〜23時)

26日(月)

・18時
フジテレビ「SMAP×SMAP 最終回SP」(18時30分〜23時18分)

TBS「TBS人気番組大集合 テレビ殿堂入り映像祭2016」(18時30分〜)

・19時
日テレ「有吉ゼミ超豪華年末4時間半SP」(19時〜23時30分)

テレビ朝日「列島警察捜査網 THE追跡 2016冬の事件簿」(19時〜23時10分)

・21時
TBS「ビリギャル」:映画

・24時
TBS「ゴールドラッシュ〜イロモネアへの道〜」:バラエティ

27日(火)


・18時
フジテレビ「クイズやさしいねSP」:クイズ(18時30分〜20時54分)

TBS「ぶっこみジャパニーズ7」:バラエティ(18時30分〜)

・19時
日テレ「踊る!さんま御殿!!2016話題の人が大集合4時間半大忘年会SP」(19時〜23時24分)

テレビ朝日「林修の今でしょ!講座 2時間スペシャル」(19〜21時)

・22時
TBS「スポーツ!天国と地獄〜語られなかったあの名場面のウラ側〜」(22時〜)

28日(水)

・18時
フジテレビ「世界の何だコレ!ミステリーSP」:バラエティー(18時〜20時54分)

TBS「実録!犯罪列島2016」:警察もの(18時30分〜21時57分)

・19時
日テレ「笑ってコラえて!年末スペシャル」:バラエティ(19時〜23時30分)

テレビ朝日「帰れま10史上最大の挑戦! 朝・昼・夜 3軒連続帰れまトライアスロン!」:バラエティ(19時〜23時10分)

・21時
フジテレビ「バイキング年末ゴールデンSP 坂上忍の怒りたい人・褒めたい人」:バラエティー(21時〜23時43分)

・22時
TBS「余談大賞2016 激動の今年総ざらい!重大ニュース㊙話祭り」:バラエティー(21時57分)

TBS「余談大賞2016【文春VSサンミュージック所属芸人&築地移転で老舗店が劇的変化】」:バラエティ(21時57分〜23時54分)
・24時
TBS「あらびき団オールナイト祭!第1部」:バラエティ(24時10分〜)

テレビ朝日「緊Q速報」:ドラマ(24時20分〜25時20分)

29日(木)


・18時
フジテレビ「いただきスーパーハイジャンプ」:バラエティー(18時〜19時)

TBS「爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2016」:バラエティ(18時30分〜21時)

・19時
フジテレビ「人気芸能人にイタズラ!仰天ハプニング100連発」:バラエティ(19時〜22時48分)

日テレ「あのニュースで得する人損する人年末年始に食べたい7大家族料理の得ワザ総決算」:料理(19時〜23時24分)

テレビ朝日「 池上彰2016総ざらい 今年のニュースとあのニュースの今!? 年末4時間SP」:ニュース(19時〜23時10分)
・21時
TBS「ニュースキャスター 超豪華!芸能ニュースランキング 2016決定版」:バラエティ(21時〜23時30分)

・22時
NHK「ドラゴンクエスト30th ~そして新たな伝説へ~」:ゲーム解説(22時〜?)

・24時
テレビ朝日「恋するJKゾンビ」:ドラマ(24時20分〜25時20分)



30日(金)

・15時
テレビ朝日「とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 直前スペシャル」:バラエティ(14時55分〜16時50分)

フジテレビ・映画「謎解きはディナーのあとで」:映画(14時55分〜17時40分)
・16時
TBS「第58回 輝く!日本レコード大賞」:音楽(17時30分〜)

・17時
日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!! DASH島開拓史2016」(17時〜18時30分)

・18時
フジテレビ「ボクシングフェス2016」:格闘技(18時〜20時54分)

日本テレビ「うわっ!ダマされた大賞 2016年末4時間半SP」(18時30分〜22時54分)

テレビ朝日「アメトーーーーーーーーーーク!年末5時間スペシャル」(18時30分〜23時30分)
・21時
フジテレビ「逮捕の瞬間! 警察24時 歳末特別編」(21時〜22時52分)

・22時
TBS「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」:スポーツ(22時〜)

・23時
NHK「SONGS選『KinKi Kids~硝子(がらす)の少年達(たち)の“今”』」:音楽(23時25分〜23時50分)

NHK「SONGS選『RADWIMPS~“前前前世”を生んだバンドの今』」:音楽(23時50分〜24時15分)
・24時
TBS「クイズ☆正解は一年後」:クイズ(23時55分〜)

テレビ朝日「おっさんずラブ」:ドラマ(24時40分〜25時40分)

31日(土)

・15時
テレ朝「なら≒デキ 大晦日スペシャル」:バラエティ(15時〜16時30分)
・16時
TBS「第25回全日本高校女子サッカー選手権2回戦~未来のなでしこ高校最後の青春ドラマ」:スポーツ(15〜16時)

フジテレビ「もうかるジャーナル ミヤネ式どうやってもうけましたん?大忘年会SP」:バラエティ(16時〜17時40分)

日テレ「0 ぐるナイ!~今夜はおもしろ荘~売れっ子芸人ネタ放出で大反省SP」:バラエティ(16時10分〜17時20分)

テレビ朝日「大みそかだよ!ドラえもん1時間スペシャル」:アニメ(16時30分〜17時30分)
・18時
フジテレビ「RIZIN」:格闘(18時〜23時45分)

テレビ朝日「くりぃむVS林修! 年越しクイズサバイバー2016」:クイズ(18時〜25時)

日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』」:お笑い(18時30分〜24時30分)

TBS「史上最大の限界バトル KYOKUGEN2016」:スポーツ(18時〜)

・19時
NHK「第67回紅白歌合戦」:音楽(19時15分〜23時45分)

・22時
TOKYO MX「FateProject大晦日TVSP~First&NextOrder~」:アニメ(22時〜23時58分)

・23時
TBS「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2016→2017」:音楽(23時45分〜)

フジテレビ「ジャニーズカウントダウン2016-2017」:音楽(23時45分〜24時45分)

2016年末のテレビ番組まとめ、あらすじやキャスト一覧

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」による2016年末のテレビ番組まとめ、あらすじやキャスト一覧など情報まとめでした。



乃木坂46「あの教室」MV(PV)〜解説と考察まとめ〜

最終更新日:2017年8月11日

乃木坂46「あの教室」MV(PV)〜解説と考察まとめ〜

乃木坂46の16thシングル「サヨナラの意味」はカップリング曲までも難解なMV(PV)になりました。

橋本奈々未の卒業シングルとなる楽曲「サヨナラの意味」のカップリング曲が「あの教室」。

MVの主役は齋藤飛鳥と堀未央奈。

まず、乃木坂46「あの教室」MV(PV)のあらすじを一言でまとめます。

齋藤飛鳥が不思議ちゃんな女子高生

「あの教室」MV(PV)では齋藤飛鳥がクラスの人と馴染めない不思議ちゃんな女子高生を演じます。

一方、堀未央奈はそんな齋藤飛鳥を近くで見ている普通の女子高生。

Music Videoのテーマは「淡い高校時代の心証風景を描いたストーリー」と公式に発表されています。

MVは細かい設定というよりはイメージ重視の作りになっていそうです。

では、ドラマや映画、経済事象などのあらすじを解説する「あらすじ大全」が乃木坂46「あの教室」MV(PV)のあらすじやストーリーの紹介、考察をしてみます。

乃木坂46「あの教室」MV(PV)のあらすじ

ある高校で先生は悩んでいた。

クラスに馴染まない生徒の齋藤飛鳥が頭に紙袋を被っていたからだ。

先生が齋藤飛鳥に「何やってんだ、袋好きなのか?」と問いかけると「」「好きじゃないです」との答えが返ってくる。

齋藤飛鳥は先生の質問を無視したかと思うと突然、「島田がタバコ持ってます」と言い放つ。

先生は生徒の島田を一瞬は疑うも齋藤飛鳥が嘘を付いたと気づく。

齋藤飛鳥は席をたち、教室を出る時に謎のポーズを残して去っていく。

そんな不思議な齋藤飛鳥をクラスで友達の多い堀未央奈はただ眺めていた。

ある時、廊下で齋藤飛鳥と堀未央奈は互いを見つめる。

堀未央奈は興味を持って近づこうとするも齋藤飛鳥は去ってしまう。

掃除の時間。

生徒たちは机を運んで箒で教室を綺麗にしているが、齋藤飛鳥は机の上に座っているだけ。

また、齋藤飛鳥は校庭で無造作に寝ている時もあった。

そんな自由な齋藤飛鳥を見て堀未央奈の気持ちも変わっていく。

堀未央奈は黒板に描かれた計算式を突然に消して、自由に歌って踊れる世界を夢見る。

学校の屋上で気ままに踊っている齋藤飛鳥、それを見る堀未央奈。

そして、普通の人たちに好かれて普通の人生を生きて来た堀未央奈は不思議な齋藤飛鳥と一緒に踊る世界を選ぶ。

その後、ある日の教室。

堀未央奈が頭に紙袋を被って座っている。

先生は紙袋を取れと言うが、堀未央奈はただ笑うだけだ。

そんな教室の屋上で、齋藤飛鳥は佇んでいたのだった。



乃木坂46「あの教室」MV(PV)の考察、解説

・紙袋の意味

(画像:COMICO

紙袋は頭に紙袋を被った男子高校生の松原くんを中心にした物語「こえ恋」のイメージがありそうです。

齋藤飛鳥が不思議な少女、というテーマを表現するための道具でしょうか。

途中、一般の生徒たちが紙袋を被っているのは「齋藤飛鳥は芸能人、普通の生徒は一般人」という意味もありそうですね。

・教室を出る時の齋藤飛鳥の謎のポーズ

齋藤飛鳥が先生に反抗しているのではなく、不思議ちゃんだというアピールでしょうか。

・二人が踊っているシーン

齋藤飛鳥と堀未央奈が二人で演劇の舞台のような場所で踊っているシーンが何度も挿入されています。

これは、学校に溶け込まない齋藤飛鳥、仲良しの多い堀未央奈のどちらも乃木坂46というアイドルグループで芸能人として活動している比喩でしょうか。

MVのテーマは「齋藤飛鳥と堀未央奈の2人の学校生活」、「クラスに馴染まない齋藤、クラスに溶けこみすぎている堀」と公式に発表されています。

MVの監督が二人の学校生活を聞いて、学校では全く立場が異なる二人でも乃木坂でアイドルとして活躍している、ことを表現したかったように見えます。

二人が踊っている時に生徒たちが紙袋を被っているのは芸能人と一般人の例えでしょうか。

・ラストで堀未央奈が紙袋を被る

ラストで堀未央奈が紙袋を被ったのは、普通の学生を止めて芸能界に入った象徴かもしれません。

堀未央奈の大笑いは普通の学生生活を捨てて乃木坂46に入って楽しい、との意味ですかね。

・齋藤飛鳥が最後に屋上で佇む

可愛いですね。

乃木坂46「あの教室」MV(PV)の主要キャスト

・齋藤飛鳥
1998年8月10日生まれの東京出身。
2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格。
2016年6月6日、乃木坂46の15thシングル「裸足でSummer」で初のセンターを務めた。

・堀未央奈
1996年10月15日の岐阜県出身。
2013年3月、乃木坂46第2期生オーディションに合格。
2013年11月27日、7thシングル「バレッタ」で初選抜、センターを務めた。



乃木坂46「あの教室」MV(PV)のうんちくポイント

・撮影は2016年の10月上旬に神奈川県三浦市の学校と都内のスタジオで行った。

・MVでの靴下は30種類も用意されてシーンごとに変わり、「女の子の心情はコロコロ変わる」との意味を持っている

乃木坂46「あの教室」MV(PV)の概要

発売日:2016年11月9日、「サヨナラの意味」C/W曲
ダンス振付け:イデビアン・クルー(「東京事変」「星野源」のMV、「NODA・MAP」の振付けなど)
監督:山岸聖太(MVでは乃木坂46のほか「星野源」「KANA-BOON」「ASIAN KUNG-FU GENERATION」「チャットモンチー」など)

・乃木坂46の関連リンク






乃木坂46「サヨナラの意味」MV(PV)〜解説と考察まとめ〜

最終更新日:2017年8月11日

乃木坂46「サヨナラの意味」MV(PV)の考察と解説、橋本奈々未の卒業ソング

人気アイドルグループ乃木坂46の新曲「サヨナラの意味」が2016年11月9日に発売しました。

乃木坂46として16枚目のシングルは2011年から1期生として活躍してきた橋本奈々未の卒業シングルとなりました。

まず、乃木坂46「サヨナラの意味」のMV(PV)のあらすじを一言でまとめます。

橋本奈々未と西野七瀬主演のファンタジー物語

「サヨナラの意味」のMV(PV)は、感情の起伏で身体に棘が出てくる「棘人(しじん)」と呼ばれる人種と普通の人間とのやりとりを描いたファンタジーものです。

棘人側の代表が卒業する橋本奈々未で、通常の人間側の代表が西野七瀬となっています。

サヨナラの意味のMVの大筋のストーリーは感情が高ぶると体にトゲが出てくる「棘人(しじん)」と、普通の人たちが住んでいる村で、毎年開催される「棘人」と「人」とのお祭りの物語です。

橋本奈々未は「サヨナラの意味」が初センターかつ最後の選抜となり、誕生日の2017年2月20日を目安に乃木坂46を卒業、さらには芸能界からも引退しました。

目次・サヨナラの意味

PVのストーリー
選抜メンバー
うんちく情報
PVのロケ地
曲の概要
発売後の売り上げ

あらすじ、トゲのある「棘人」と「人」の触れ合い

棘刀式(しとうしき)。

それは身体に鋭いトゲを持つ「棘人」のトゲを切り落とす伝統儀式。

「人」と「棘人」の代表者が一ヶ月の稽古をした後に棘刀式を行う。

今回の棘刀式では人側の代表は西野七瀬が選ばれた。

西野七瀬は棘人について書かれている本「棘人とネコ」を読むのが好きだった。

棘刀式では人の西野七瀬、棘人の橋本奈々未とその父親が相対する。

橋本奈々未の父は棘刀式について、「かつてこの村で争っていた私たち棘人と人が共に生きていくことを誓ったその契りを忘れぬための儀式」と説明する。

橋本奈々未の父親は西野七瀬と橋本奈々未に握手を促す。

ただ、「人」の西野七瀬が恐る恐る手を出す姿勢を見て、「棘人」の橋本奈々未は不愉快になり握手をせずに立ち去ってしまう。




棘刀式の儀式の練習、人と棘人の間にある壁

村の人たちは棘人を見て「ああ、あの人たち…」と距離を置く。

棘刀式の儀式の練習で西野七瀬は棘人の橋本奈々未の棘を切り落とそうとするも躊躇する。

棘刀式の練習をカメラで撮ろうとする「人」に対し、橋本奈々未の妹で「棘人」の齋藤飛鳥はカメラを止めようとする。

そんな人と棘人のいざこざを収めようとした西野七瀬は棘人のトゲで傷ついてしまう。

それでも西野七瀬は棘人との交流を諦めない。

ある日、西野七瀬が「棘人とネコ」の本を読んでいると、目の前に絆創膏が落ちてくる。

橋本奈々未が棘人のトゲで傷ついた「人」の西野七瀬のため、絆創膏をそっと投げてくれたのだ。

西野七瀬が「ありがとう」と感謝を伝えると、橋本奈々未は自分が持っている本を見せる。

それは「棘人とネコ」。

お互いに同種類の本が好きだったことを知って笑顔になった西野七瀬は本を交換しようと伝え、橋本奈々未も同意する。

それは人と棘人の交流の一つの形となった。

棘刀式の当日、奇跡が起きる

「人」と本を交換した橋本奈々未だが、儀式を執り行う人物からその本を没収される。

一方、西野七瀬は橋本奈々未から受け取った本に「帝都ユキ」の切符のようなものを見つける。

人に迫害される棘人の橋本奈々未は村から離れてどこかに去っていきたいのだろうか。

人と棘人が暮らす村では「棘人危険」などの張り紙が貼ってある。

棘人代表の橋本奈々未は棘刀式を前にいろんなつらさを感じて村から逃げ出し、草原で一人、涙をこらえる。

その橋本奈々未の姿を見て西野七瀬は棘人に対して人の代表の自分に何ができるかを考える。

そして、棘刀式の当日。

西野七瀬は儀式での橋本奈々未のトゲを刀で切り落とす行為を止める。

「棘人とネコ」の本では、棘人のトゲをそのままにして手を握る人の行為が書かれてあった。

西野七瀬は棘人のトゲを切り落として両者の関係を保つのではなく、ありのままの棘人を受け入れようと決意したのだ。

恒例の儀式を取りやめた西野七瀬はトゲが生えたままの橋本奈々未の手を握る。

二人が手を取り合って踊ると、多くの人と棘人たちも笑顔で手を取り合う。

西野七瀬と橋本奈々未の2人によって棘人と人のわだかまりは解消したのだ。

儀式が終わった後、西野七瀬は改めて橋本奈々未に会いに行く。

しかし、橋本奈々未はその場所からいなくなっていた。

橋本奈々未はトゲがあるままの自分を受け入れてくれた人に感謝し、違う世界に去っていったのだった。




選抜メンバー、ななみんの最後の輝き

センター:橋本奈々未

1列目:高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、白石麻衣、生田絵梨花

2列目:若月佑美、松村沙友理、堀未央奈、齋藤飛鳥、衛藤美彩、秋元真夏

3列目:中元日芽香、井上小百合、新内眞衣、桜井玲香、生駒里奈、星野みなみ、北野日奈子、伊藤万理華

MV(PV)のうんちくポイント

・棘人側は橋本、白石、松村、衛藤、井上、齋藤飛鳥、若月

・人間側は西野、高山、生田、桜井、秋元、伊藤万理華、生駒、中元、新内、堀、星野、北野

・橋本奈々未が2015年8月28日に発売した1st写真集のタイトルは「やさしい棘(とげ)」

・冒頭に棘人の読み方を「とげじん」ではなく「しじん」と説明するシーンがある

・儀式の仲介役を務める人物を演じる嶋田久作は2016年の夏の欅坂46のドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」での徳山大五郎役だった

・MVで出てくる「帝都ユキ」の切符の日付はシングルの発売日の11月9日

・「帝都ユキ」の切符には第二章の文字があり、橋本奈々未の乃木坂46後の人生を示唆している

・棘人について書かれている本「棘人とネコ」には「それでも、御三家は永遠だから」という一文が入っている

・徳山大五郎を演じた嶋田久作の出世作が1988年の映画「帝都物語」と1989年の「帝都大戦」

・2016年9月下旬に行ったMV(PV)のロケ地は山梨県・静岡県で河口湖周辺




ロケ地、撮影場所は山梨県の河口湖


「サヨナラの意味」ではPVのロケ地がどこかにも話題が集まりました。

PVで橋本奈々未が佇んでいる場所が河口湖にある「鵜の島(うのしま)」です。

富士マリーナから河口湖に進むと撮影場所にたどり着けますが、水位によっては橋本奈々未が立っていた「ななみん島」が見えない日もあります。

メンバーたちが踊っていたのは静岡県富士宮市の人穴という地名の草原です。

・サヨナラの意味のロケ地詳細
名称:富士マリーナ(ななみん島)
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3828-1
画像、富士河口湖 総合観光情報サイト:http://www.fujisan.ne.jp/search/info.php?ca_id=2&if_id=568

CD発売後の売り上げなど

・9日発売の「さよならの意味」は集計期間が7~13日のオリコン週間ランキングで1位、売上枚数は82万8000枚で自己最多だった

・シングル1位は2012年5月発売の「おいでシャンプー」から15作連続。女性グループの連続記録としては、AKB48、SKE48に次いで歴代3位。

・発売初日9日の出荷枚数は101.3万枚となり初めて100万枚を突破

・AKB48以外のアーティストのシングルがミリオン認定(12月)されるのは、秋川雅史の「千の風になって」(06年5月発売、07年8月ミリオン認定)以来、9年4カ月ぶり。

概要

発売日:2016年11月9日
作詞:秋元康
作曲:杉山勝彦(乃木坂46「君の名は希望」、AKB48「夢の河」、SKE48「前のめり」など)
プロデュース:秋元康
B面:孤独な青空
Type-A:あの教室
Type-B:ブランコ
Type-C:2度目のキスから
Type-D:君に贈る花がない
通常盤:ないものねだり